大阪学院大学 就職・キャリア
  1. 大阪学院大学ホーム
  2.  > 就職・キャリア
  3.  > 卒業生からのメッセージ

卒業生からのメッセージ

先生の姿から学んだ理想のリーダー像 UNCHI株式会社 代表取締 松村 貴大さん 2010年 経営科学部※ 卒業(大阪府立 柴島高校 出身)※現 経営学部

先生の姿から学んだ理想のリーダー像

店先には行列ができ、目の前ではお客様が自分の作ったラーメンを満面の笑みですすっている――。そんなラーメン屋を構えるという夢のために、入学したのがOGU。自由かっ達な校風でアイデアが生まれやすい環境で卒業生には起業家も少なくない。けれど、アイデアだけで成功できるほど世の中は甘くないので、基礎から経営論を学ぼうと選んだゼミナールで、挨拶の大切さなど社会人としての心構えも教わったと同時に、学生を見守り、さりげなく手を差し伸べてくれる先生の姿から、理想のリーダー像が形づくられていった。

先輩の厳しさが成功の礎に

起業の礎は、講義のほか課外活動でも培われた。4年間所属した硬式庭球部では、授業の前後にみっちり練習し、自主トレにも取り組んだ。その後は、開店資金を稼ぐために深夜までアルバイトに明け暮れる毎日。1日24時間では到底足りない。ならば、時間を効率よく使えばいい。創意工夫する自分に、成長を感じた。先輩方には、練習だけではなく、挨拶のしかたまで厳しく指導していただいた。それが今、お客様にとって気持ちのいい「いらっしゃいませ! 」につながっている。年上の実業家の方々の経営ノウハウを間近で吸収できるのも、OGUでの経験のおかげ。社会人に必要な礼儀礼節を教わったからこそ、経営者の方々と同じ土俵に立つことができているのだと思う。

世界で愛されるラーメン屋をめざして

「ラーメン屋になる」という小さいころからの夢。実現したとたんに、違う景色が見えてきた。「もっとおいしいラーメンを提供したい」「居心地のいい店を作りたい」――。思いのまま追究しているうちに、ラーメン屋ではなく、実業家になっている自分がいた。昨年末、忘年会に参加した社員は66人。5年前、起業した年の忘年会は、たった3人だったことが昨日のことのように思える。今、ものすごいスピードで会社は成長し、海外出店に向けた準備も順調に進んでいる。1日24時間では足りない? いや、そんなことはない。だって今は、一人じゃないから。仲間となら、どんな困難も乗り越えられる。ゴールは、世界中で愛されるラーメン屋を作り、自分のラーメンで世界を変えること。夢はどんどん大きくなっている。

.

卒業生からのメッセージ一覧に戻る

このページの先頭へ
.