OGUだけ! Only 1を体験できる!
CETルームシェア プログラム

CETを通じてアメリカの大学から留学生を受け入れているのは、
日本国内でOGUだけ!!
OGUには、その留学生と共同生活をおくることができる
「CETルームシェアプログラム」があります!
英語が話せなくても参加OK!
語学能力を高めたいなら、まずは世界とつながろう!

CETルームシェアプログラムでできること

What you can experience through the program

CETを通してアメリカから日本語を学びに来ている大学生と、大学周辺のアパートでルームシェア(共同生活)しながら、お互いの習慣や文化を学びあうなど異文化体験ができます。イベントや旅行など様々な交流を通じて、異文化理解を深めながら、コミュニケーション力を高めます。

例えば、こんな人におすすめのプログラムです。

コミュニケーション力を
向上させたい

互いに刺激を与え合い
積極性や表現力を身につける。

異文化交流が
したい

共同生活を通じて
お互いの文化の違いを学ぶ。

留学生を
サポートしたい

留学生の日本語学習や
日常生活をサポート。

海外にネットワークを
広げたい

プログラムを通じて築いた人脈を
きっかけに世界とつながる。

CETとは?

About CET Academic Programs

CETは、
アメリカ合衆国ワシントンD.C.に本拠地を置く、
アメリカ人学生のための留学派遣機関です。

CET Academic Programs

CETは、ワシントンD.C.に拠点を置く民間の海外留学機関で、1982年以来、革新的な教育を企画・運営をしています。ブラジル、中国、チェコ共和国、インド、イタリア、日本、ヨルダン、チュニジア、ベトナムでの学期別留学プログラムに夏季留学プログラムを加え、短期留学や特注の教育プログラムを世界規模で提供しています。CETは、高い教育水準、教育手法への革新的なアプローチ、そしてきめ細やかな学生達のマネージメントで定評があり現在、毎年1,100名ものアメリカ人学生を世界に送り出しています。CETの多彩な留学プログラムは、学生を海外の地域社会の中へと溶け込ませることで、学生と地域社会との間に長期的な関係を築きます。CETの社名は、CETの前身であるChina Educational Toursに由来します。

大阪学院大学CETルームシェアプログラム

CET Room Share Program @ OGU

大阪学院大学が日本で唯一のCET留学生の受け入れ先として行う異文化体験プログラムとして、2010年にスタートしました。年間3回(夏学期・秋学期・春学期)実施しており、その都度、アメリカ人留学生との共同生活に参加してくれるOGU生を募集しています。生活を共にするアメリカからの留学生は、アイビー・リーグといわれる名門大学をはじめ全米各地の大学に通っている優秀な学生たちで、日本語学習と日本文化の体験を目的に来日します。
夏学期は、共同生活中に留学生と日本語でコミュニケーションをとることが求められますが、これは2か月間という短期留学生の日本語学習に配慮したもので、夏のプログラムに参加するための条件となります。秋春学期も含め、留学生と日常を共有することにより、文化や物事の捉え方、考え方などの違いを知り、異文化に対する理解を深めながら、コミュニケーション力を高めることができます。イベントや旅行をとおしてルームメイト以外の留学生とも交流が深められ、グローバルな視野がより一層広がるでしょう。

■カレンダー(過去の実績)
夏学期:
6月上旬~7月下旬(2ヶ月間)
秋学期:
8月下旬~12月下旬(4ヶ月間)
春学期:
1月中旬~5月中旬(4ヶ月間)

CETルームシェア参加者の声

Interviews

参加者インタビュー

日常に発見がいっぱい。

1年次生のとき、秋学期と春学期の2回ルームシェアに参加しました。留学生との生活は新鮮で、日常の何げないこと一つひとつが楽しかったです。英語も特にヒアリング力が向上しました。難しかったのは、コミュニケーションの面です。留学生は日本語が上手でしたが、日本人と違い遠回しな言い方をしても伝わりません。はっきりと自己主張することの必要性を実感しました。このプログラムの一番の良さは世界に友人ができることです。今後の人生の楽しみが広がり、留学に行く前に良い経験ができたと思います。

北原 康太郎 くん

北原 康太郎 くん

(国際学部 国際学科)

参加者対談

共同生活を通じて多くのことが学べるのがこのプログラムの魅力です。

なぜ、ルームシェアに参加しようと思ったのですか?

山  地
説明会で話を聞いて興味を持ちました。文化の違いなどを留学生との共同生活から学べるところがいいなと思いました。留学生の日本語のレベルが分からないので言葉の壁に対する不安は少しありましたが、ジョナサンとすごく仲良がよくなれたので、苦労したことは全くないです。参加して良かったです。
岩  元
私は、留学生とコミュケーションできるのが楽しくて、2回目のルームシェアに参加しました。初めて参加した時は2人部屋だったので戸惑いましたが、 2回目は個室もあって自分の時間をちゃんと持てたので、気持ちにゆとりが持てました。

自分自身が成長したと感じるところはありますか?

山  地
沢山あります。特に積極的にいろんな人とコミュニケーションが取れるようになったと思います。今では、街なかで困っている外国人の人がいたら助けてあげたいと思っています。ジョナサンとは毎日つまらないことでもちゃんとコミュニケーションをとることを心掛けて、とにかく何でも話をしました。
岩  元
周りからはよく「明るくなったね」と言われます。自分では気づいていなかったんですが、自信がついたんだと思います。ケイリーとも最初はお互いにすごく気を使っていて、うまくコミュニケーションがとれなかったのですが、今はそんなことはないです。

一番心に残るルームメイトとの思い出は?

ジョナサン
甲子園に行く予定がだめになって、ユウスケの地元でお寿司を食べて、二人で温泉に行っていろいろ語り合ったことです。ルームシェアはほんとにいいプログラムだと思いますが、期間が短いのが少し残念でした。アメリカでも日本語の勉強はできるけど、日本で本当の日本語を勉強できてよかったです。ユウスケがいつもサポートしてくれて嬉しかったです。
ケイリー
チカと一緒にお好み焼きを食べにいったことです。宿題が多くて毎日本当に大変でしたが、とても優しいチカと出会えて本当によかったです。
岩  元
私は一緒に新世界に行ったことが一番の思い出です。通天閣に上ったあと、おいしい串カツも一緒に食べました。次は4ヶ月のプログラムに参加しますし、また別のプログラムにもどんどん参加して、今回の経験を活かしたいと思っています。
山  地
一生忘れられない思い出ができました。誕生日にジョナサンが手作りのアルバムをプレゼントしてくれたんです。2か月という短い期間でしたが他にもたくさんの思い出ができました。ぜひまた参加したいと思います。
岩元智佳さん

岩元智佳さん

C.ケイリーさん

岩元さんのルームメイト

C.ケイリーさん

山地優介くん

山地優介くん

T.ジョナサンくん

山地くんのルームメイト

T.ジョナサンくん