大阪学院大学 学部学科・研究科
  1. 大阪学院大学ホーム
  2.  > 学部学科・研究科
  3.  > 経営学部 ホスピタリティ経営学科(学科概要)

経営学部 ホスピタリティ経営学科

学科概要

ホスピタリティ産業における固有の理論を学び、実践的な経験を通じて、学問的知識と豊かな人間性を備えた人材を育成します。

本学科は、ホスピタリティ業界のリーダーに必要な企業経営の知識を学べる日本初の学科として誕生しました。柔軟性やチームワーク、ホスピタリティ精神とともに、グローバル化に対応する語学力と国際感覚を身につけます。これらのビジネスコミュニケーションスキルを基に、ホスピタリティ業界の職業倫理を理解し、現場で力を発揮する人材を育てます。

学びの特色

ホスピタリティ産業の経営、運営について理論、実践、応用と段階的に学べる。

身につく力

主にホスピタリティ企業の経営者に必要な経営・運営知識、国際感覚やマナー、語学力が身につく。

めざす進路

ホテル、ブライダル、ツーリズム、外食、エアラインのスペシャリスト、ホスピタリティ経営に精通した人材になれる。

.
◆取得可能資格
●支援資格・検定試験

◆博物館学芸員資格     ◆図書館司書資格 
●旅行業務取扱管理者(国内・総合) ●ホテルビジネス実務検定試験
●ホテル実務技能認定検定 ●ホテル産業・職業能力検定フロント レベル1・2
●TOEIC ●色彩検定

.

CLOSE UP

ホテル、ブライダル、エアラインやテーマパークなどの現場を見学

実務経験のある教員を擁する本学ならではのネットワークを生かし、ホスピタリティ業界の現場を見学することができます。ホテル、ブライダル、エアラインやテーマパークなどの現場で実際に学んだり、働いている方を講師に招いた講義や対話を実施しています。顧客の視点ではなく、実際の現場でなければ分からない、仕事の内容や働き方などを学びます。

3年次の合同ゼミナールによるキャリア演習

社会で求められる知識や能力を学ぶために、ホテル、ブライダル、エアライン業界やテーマパークなど、ホスピタリティ関連企業の採用担当者や現場の方々、および外部講師や内定者などを招いた合同ゼミナールを開催しています。採用に当たって重視される内容など、生きた情報を自らのキャリア形成に生かします。

ホスピタリティ業界で生かせる英語を修得

本学科では、ホスピタリティ業界に特化した英語を4年間かけて修得。特に英語力のある学生は、1・2年次から英語に特化したゼミナールで、経営学や国際マネジメントを学ぶことができます。ネイティブスピーカー教員の指導により、語学力だけでなく、国際感覚や国際的な思考法なども身につけることができます。

業界活性化に貢献する学産連携イベントの実施

ホスピタリティ業界との連携により、学生の企画を実践する場を設けています。例えば、ブライダルで重要なテーブルコーディネートを企画し、実際にホテルのブライダルフェアで披露します。ホテル業界出身の教員の呼びかけにより、他大学も参加するコンテスト形式を採っており、フェア来場者にプレゼンテーションを行い、評価を競い合っています。ブライダル事業にかかわる専門家の方々との交渉も行うため、専門知識の修得やプレゼンテーションの方法なども具体的に学ぶことができ、大きな成長の機会となっています。また、既婚の夫婦が誓い(バウ)を新たにする儀式として海外では一般的なセレモニー「バウリニューアル」をホテルと協同で開催し、新たな文化の提案としてメディアにも大きく取り上げられています。

4年間の流れ

ホスピタリティ産業の経営と知識を学びます。

ホスピタリティ関連企業の見学などを通じて業界研究を行うとともに、ホスピタリティ産業を経営の視点から理解するため、会計や財務の知識を修得。ほかとは異なるホスピタリティ産業の特色を理解します。

業界別の知識を究めて現場での実習を体験します。

興味に応じて、ホテル、ブライダル、ツーリズムやエアラインなど、業界別、職種別の知識を修得します。さらに京阪神のホテルやテーマパークなどで「企業実習」を体験。現場で必要なコミュニケーション能力などを身につけます。

ケーススタディーを通して業界知識の運用法を学びます。

積み重ねてきた知識とスキルの具体的な運用法を事例研究を通して学びます。ホスピタリティ業界の最新の動きを把握し、将来進みたい業界についての専門的な理解を深めます。

学修の成果をキャリア形成へつなげます。

これまで学んだことを踏まえ、活躍したい業界や職種に関連したテーマを選択。卒業研究や、ゼミナール単位で実施するホスピタリティ経営学に関するプロジェクトを完成させます。

.
4年間の流れ図

ゼミナール紹介

ホスピタリティ産業の現場を想定した実践的できめ細かな個別指導により、自らテーマを発見して専門分野を絞ります

ゼミナールⅢA

心理学の視点から商学の様々な面を考える

近い将来、ツーリズム(観光産業)は日本経済において重要な役割を果たすでしょう。本ゼミナールではケーススタディを通して、様々なツーリズムのビジネス・モデルを学んでいきます。興味あるツーリズムを選択し、自ら深く研究するとともに、観光ツアーの計画や宣伝の作成方法も身につけます。ツーリズム産業が日本経済に与える影響を理解し、ツーリズムの効果的な使い方を考えます。

ゼミナールⅢB

テキストで理論を、ケーススタディで実際をその両面からマーケティングを学ぶ

強い企業は優れた戦略を持っており、優れた戦略とはおもしろいストーリーであることが多いものです。では、優れた戦略の条件とは何か。戦略とはどのように決まるのか。このような問題を想定しながら、興味深いと思うブランドやホスピタリティに関する現象からテーマを見つけ出し、企業の戦略について学びます。学生どうしで意見交換や議論を活発に行い、専門的な知識と理解を深めます。

コア科目

経営学の基礎知識や、ホスピタリティ業界に特化した総合的な知識を修得します

経営に必要な基礎知識を学び、幅広いホスピタリティ業界についてしっかり学修することで、その後の専門的な業界知識をきちんと身につけられるようになります。

ホスピタリティ経営学について学ぶ6つの専門科目群

将来の目標を見据え、各専門を深く学びます。

6つの専門科目群図

教員紹介

教員紹介(経営学部) にリンクしています。

開講科目

(2016年度入学生用)

開講科目

履修モデル

ホテル総支配人をめざす者

  1年次 2年次 3年次以上
基礎科目群 *ビジネス・スキルI
*ビジネス・スキルII
*ホスピタリティ英語I
*ホスピタリティ英語II
*基本パソコン演習I
*基本パソコン演習II
ホスピタリティ英語III
ホスピタリティ英語IV
経営学基礎科目群 *基礎経営学
基礎会計学
 
ホスピタリティ
経営学科目群
*ホスピタリティ
 ・マネジメント概論
*ホスピタリティ
 ・マーケティング
ホテル・ビジネス入門
レストラン・ビジネス入門
ホスピタリティ
 ・マーケティング
ホスピタリティ会計学
ホスピタリティ人材マネジメント
ホスピタリティ統計学
ホスピタリティ財務管理
ホテル・ビジネス論
ホテル宿泊オペレーション
ホテル料飲オペレーション
ホテル危機管理
ブランド・ビジネス論
マーケティング
 ・コミュニケーション
マーケティング論
ホスピタリティ組織行動論
企業実習
ホスピタリティ情報システム
ホスピタリティ法規
ホスピタリティ特別講義
ホテル経営ケーススタディ
ホテル総支配人論
レストラン・ケーススタディ
ブライダル・ビジネス
 ・マネジメント
ホスピタリティ
 ・イベント企画
ブランド・マーケティング
まちづくりケーススタディ
中小企業マーケティング
ホスピタリティ
 ・コーポレートファイナンス
リーダーシップ論
ホスピタリティ運営戦略
その他の学科科目     経営財務論(経営学科開講)
演習科目 *ゼミナールIA・IB *ゼミナールIIA・IIB ゼミナールIIIA・IIIB
ゼミナールIVA・IVB

※は、必修科目を示す。

旅行業界マネジャーをめざす者

  1年次 2年次 3年次以上
基礎科目群 *ビジネス・スキルI
*ビジネス・スキルII
*ホスピタリティ英語I
*ホスピタリティ英語II
*基本パソコン演習I
*基本パソコン演習II
経営学基礎科目群 *基礎経営学
基礎会計学
 
ホスピタリティ
経営学科目群
*ホスピタリティ
 ・マネジメント概論
*ホスピタリティ
 ・マーケティング
ホテル・ビジネス入門
観光ビジネス入門
トラベル・ビジネス入門
ホスピタリティ会計学
ホスピタリティ人材マネジメント
ホスピタリティ統計学
ホスピタリティ財務管理
ホテル・ビジネス論
観光ビジネス論
トラベル・ビジネス論
ブランド・ビジネス論
マーケティング
 ・コミュニケーション
情報メディア論
マーケティング論
企業実習
ホスピタリティ情報システム
ホスピタリティ法規
ホスピタリティ特別講義
テーマパーク
 ・ビジネス論
地域ブランド論
ホスピタリティ
 ・イベント企画
ブランド・マーケティング
まちづくりケーススタディ
マスメディア論
リーダーシップ論
ホスピタリティ運営戦略
その他の学科科目   消費者行動論
(流通科学部開講)
 
演習科目 *ゼミナールIA・IB *ゼミナールIIA・IIB ゼミナールIIIA・IIIB
ゼミナールIVA・IVB

※は、必修科目を示す。

このページの先頭へ
.