商学研究科

商学研究科/商学専攻の教育研究上の目的
1. 商学・経営学・会計学の学術研究を通じ、多彩なビジネスの現場で活躍できる能力を備えた高度専門職業人および研究者を養成する。
2. 修士課程は、1.に基づき、論理的思考力を有し主体的に物事に取り組む姿勢、および高度な職業倫理を養うことを目的とし、本学の伝統・特色である会計・税務分野における教育実績を基に、専門的な実践教育を行い、豊かな人間性を備えた高度専門職業人を養成する。
3. 博士課程は、1.に基づき、ビジネス研究に必要とされる高度な分析・調査能力、およびその基礎となる豊かな学識を養うことを目的とし、創造性豊かな優れた研究・開発能力と深い学識を備えた研究者を養成する。
カリキュラムの特色
  商学研究科は,おもに流通・ビジネス(経営)およびアカウンティング(会計)に関する高度の専門的職業人の養成を目的としております。本研究科は,本学の流通科学部・経営学部・企業情報学部を主な基盤としておりますが,もちろん出身大学・学部を問いません。商学・経営学・会計学の重要領域に関する学科目を開講し,各人の目的に応じたビジネスの最新の専門的知識と技術を備えた高度な専門家たる能力の育成を目指しております。
 商学研究科は,40年を超える歴史と伝統を有しております。大学等の研究者として巣立つ人もいますが,なによりも最大の業績は,税理士・公認会計士の分野に多数の有能な人材を送り出していることです。また,近年,ニーズが高まっている,流通・ビジネス・ファイナンス関係の起業家・事業承継者・コンサルタントやアナリスト等,多様な分野へ進出する人も徐々に増えております。