コンピュータサイエンス研究科

コンピュータサイエンス研究科/コンピュータサイエンス専攻の教育研究上の目的
1. 情報化社会を支えるコンピュータ技術の発展を担う有能な人材を養成することを目的とし、専門性を重視した実践的な指導を通じ、絶え間なく進む技術革新に対応できる知的体力を保つ教育を行う。
2. 修士課程は、1.に基づき、次のとおり産業界で活躍ができる技術者を養成するとともに、教育・指導を通して、豊かな人間性を備えた人材を養成する。
  (1)新しい発想でのシステム、ネットワーク開発能力を備えた技術者
  (2)利用者の視点に立ったシステムの構築能力を備えた技術者
  (3)総合的能力を有するシステムエンジニア
カリキュラムの特色
 次々と新しいハードウェアやソフトウェアが開発され、情報技術の核心となるコンピュータ技術の急速な発展とともに、通信技術やネットワーク技術の発達を加えて、社会の情報化が急激に進んでいます。
 本研究科では、ネットワークアプリケーション、情報とセキュリティ、情報システム、ソフトウェア開発論、知能情報メディア技術、高信頼化設計、システムCADなどネットワーク、マルチメディア、VLSIシステムなどの分野で、利用者の観点からの新しい発想での開発能力、総合的な能力を持つシステムエンジニアの育成を目指し、演習と一体化した講義とともに企業研修を伴う実習科目を設け、実社会での活躍に向けたカリキュラムを構成しています。