経済学研究科

経済学研究科/経済学専攻の教育研究上の目的
1. 経済学の幅広い学術研究を通じ、現代社会に必要とされる分析能力・問題解決能力を備えた高度な専門職業人や研究者を養成する。
2. 修士課程は、1.に基づき、経済学分野における基礎研究と事例研究を通じ、高い知的能力を有する人材の養成を目的とする。
3. 博士課程は、1.に基づき、高度な研究能力とともに、創造性豊かな研究者や専門職業人を養成する。
カリキュラムの特色
  経済学の高度な分析手法を身につけた研究者をはじめ、公共政策や税務の専門家を育成しています。
  経済政策分野では、広い視野に立って経済政策の妥当性を検証するとともに、具体的な政策提言ができるよう、高度な分析能力、論理的思考力、実証・応用能力を養います。
  公共政策分野では、将来の地方分権を見越し、地方自治体職員の政策立案能力・交渉力を強化すべく、経済学的なデータの裏づけや論理展開ができるよう指導します。
  また、吹田市等、近隣自治体と連携した科目を設置することにより、教育研究交流や地域貢献を図っています。
  特に、財政学の研究指導を通じ、税務の専門家を数多く輩出した実績を有しています。