大阪学院大学 大学紹介
  1. 大阪学院大学ホーム
  2.  > 大学紹介
  3.  > 内部質保証

内部質保証

大阪学院大学・大阪学院大学短期大学部の内部質保証システム

1.基本方針

 大阪学院大学・大阪学院大学短期大学部(以下「本学」という。)は、建学の精神に則り、その教育研究水準の維持・向上を図るため、自律的に絶え間なく質を保証する体制を整備するとともに、一定期間ごとに全学的な自己点検・評価を実施し、その結果を内外に公表することにより、社会的責任を果たすものとする。

2.組織・体制

 内部質保証システム全体を統括する組織として、大学協議会とその担当事務局である庶務課がこれに当たる。

(1)
恒常的な質保証
ア.
個々の教職員レベル
 このレベルでは、主として「各授業の内容・方法」に関する有効性の検証を行うこととし、実施主体は個々の教職員にある。
 教職員は、設定された単位に見合った授業の実施、シラバスで提示した内容と実際の授業内容の整合性、厳格な成績評価の実施等を振り返るとともに、学生による授業評価結果や学修ポートフォリオを踏まえた改善方策を立てることが必要となる。
 個々の教職員による自己点検・評価の結果は、所属学部等や教育開発支援センター等の組織体に報告することにより、部局レベルの改善へと繋げる。
イ.
部局レベル
 このレベルでは、各学部・学科や部局ごとに、教育開発支援センターと緊密に連携しつつ、教育課程の体系性や学修成果に関する検証をはじめ、学修支援の適切性、教員組織の適切性、社会のニーズとの適合性、施設・設備の適切性等について確認を行い、その都度、自律的に改善を図るものとする。
ウ.
全学レベル
 このレベルでは、学部長会議が中心となり、部局間に跨る課題や複数部局による横断的プログラムについて、全学的観点から検証を行う。
 また、部局レベルまでの質保証システムが有効に機能しているかについても確認する。
(2)
定期的(年1回)な自己点検・評価

 「大阪学院大学・大阪学院大学短期大学部 自己点検・評価規程」及び「大阪学院大学・大阪学院大学短期大学部 自己点検・評価委員会規程」に基づき、以下のとおり年1回、自己点検・評価を行う。

 まず、自己点検・評価 基本構想委員会(以下「基本構想委員会」という。大学協議会がこれにあたる。)が、自己点検・評価に関する基本構想を策定する。
 続いて、この基本構想に基づき、全学自己点検・評価実行委員会(以下「全学評価委員会」という。)が、自己点検・評価の実施要領を作成するとともに、部局ごとの組織である個別機関自己点検・評価委員会(以下「個別評価委員会」という。)に実施を指示する。
 個別評価委員会は、全学評価委員会が策定した実施要領に基づき、点検・評価を行ったうえで、評価報告書を全学評価委員会に提出する。
 全学評価委員会は、個別評価委員会での点検・評価結果を検証し、全学的な視点による総合的かつ体系的な点検・評価を加えた報告書を作成するとともに、過去の自己点検・評価において「将来への発展方策」として示された点に関する進捗状況について、基本構想委員会を通じ学長(総長)に報告する。

 学長(総長)の諮問により、大学協議会は、点検・評価結果及び「将来への発展方策」の進捗状況を踏まえ、学部長会議を通じ、全学に改善の指示を行う。
 この指示内容は、部局レベル又は個々の教職員レベルで日常的に展開されているPDCAサイクルに取り入れられ、速やかな改善が図られるとともに、その結果等については、次年度の自己点検・評価に反映されるようになっている。

3.システムの機能向上

 本学は、上述した質保証システムの機能向上を図るため、客観的なデータに基づき検証することを旨とし、これらを系統的・継続的に収集するよう努めるとともに、IR(Institutional Research)機能の充実・強化を進める。
 また、教育開発支援センターによるFD・SD活動等を通じ、全教職員が、内部質保証の意義や重要性を絶えず共有できるよう図るとともに、大学協議会(基本構想委員会)において、既存システムの在り方それ自体についても不断の検証を行う(「大阪学院大学・大阪学院大学短期大学部 自己点検・評価委員会規程」第2条第2項)。

4.自己点検・評価結果等の公表

 自己点検・評価結果をはじめ、本学の教育研究活動や学生の学修状況、それらの特色や傾向、或いは改善の進捗等について、その都度速やかに、積極的かつ分かり易く、Web(ホームページ)等を通じ、広く社会に公表するものとする。

明らかになった課題についての改善の進捗状況

 平成25年度、平成26年度および平成27年度の自己点検で明らかになった課題を確実に、恒常的なPDCAサイクルへ取り込み、各種委員会での改善の進捗状況を示す(将来に向けた発展方策を中心として)。
 ・平成25、26、27年度の自己点検・評価での明らかになった課題の進捗状況について各種委員会での改善の進捗状況を以下に示す。

大阪学院大学

自己点検・評価報告書

このページの先頭へ
.