外国語学部3年次生 名山 瑛未里

Emiri0518.jpg

Emiri0518_2.jpgEmiri0518_3.jpg

こんにちは、アメリカのミシシッピ大学に2学期間留学していた外国語学部3年次生の名山瑛未里です。この10ヶ月は私の人生の中で一番濃い時間でした。今日本に帰国してから携帯の写真ホルダーに入っている写真を見返したり、思い出を振り返ったりしてもすべてが夢のようで十ヶ月間アメリカに過ごしていたことが嘘のようで、とても信じられません。

まず初めに日本に帰ってきて空港に降りた瞬間、アメリカとの違いを感じることができました。空港で国内線の乗り継ぎの場所わからなく空港のスタッフさんに訪ねました。しかし、とても急いでいて説明は雑でとても無愛想でした。次にエスカレータを待っていたら、男の人に列を抜かされた事です。アメリカではレディーファーストが当たり前だったのでとてもびっくりしました。これは日本の文化だとしても、海外からの訪問者はびっくりしますし、良いことだとは思わないと思います。アメリカでは知らない人でも目が合えばお互いに挨拶し、笑いかけあうことが普通でした。日本にいてもアメリカの文化を忘れないでいようと思いました。

アメリカ生活は振り返れば楽しかった事ばかり思い出しますが、実際には英語力が伸び悩み、周りと比較してまったり、英語を話すことも聞くことも嫌になる時期もありました。1学期目は日本人が多く、同じ寮にいた日本人学生たちと関わることが多かったように思います。イベントに参加してもアメリカ人より日本人と話すことが多く、しかも他の日本人のほうが私より英語を話せる人が多かったので、英語を話す機会があってもその人たちに頼ってしまう、というよりも会話のチャンスを譲っていました。私が答えるよりも話せる人が伝えた方がアメリカ人にとってもわかりやすいし、物事がスムーズに進むとあまり答えることをしていませんでした。当たり前ですがそんなことをしていては英語力を伸ばす事はできないし、留学に来ている意味がありません。そんな感じで最初の23ヶ月は過ぎていきました。

変わるきっかけは、11月の中頃にサンクスギビングデイというイベントで1週間ぐらいの休みがありその期間に友達5人と行ったニューヨーク旅行でした。その旅行では友達とは別行動することが多く、一人でいることが多かったです。一人でいると頼れる日本人も私より英語が話せる友達がいない状態だったので、何かあっても自分で誰かに聞くしかありませんでした。初めは不安でしたがだんだん慣れていき、自信に持てるようになってきました。この事がきっかけで、冬休みには一人で旅行をし、WOOFFというアメリカ人の農家に滞在しながら、仕事を手伝うというプログラムにも参加しました。この冬休みの経験もさらに自信につながり、積極的に話せるようになりました。今考えれば、悩んでいた最初の数ヶ月がとてももったいなかったです。

この10ヶ月の留学を通して、将来海外に住み、色々な国の人と関わる仕事がしたいという夢は強くなりました。アメリカと日本の文化の違いもこの目と体でしっかり体験してきました。これらを通じて、アメリカのことを日本に取り入れ、アメリカに日本のことを取り入れたいなど感じあることもありました。将来はこれらを伝えられるような仕事に就きたいです。英語を使って仕事をするには、私の英語力ではまだまだです。これからは海外でのインターンなどに参加し、TOEICTOEFLなど受け、もっと英語力を伸ばしておく必要があると感じています。この留学生活は私にとって、これからのスタート地点になりました。

韓国~ハルリム大学(松村 早紀)

| コメント(0) | トラックバック(0)

法学部3年次生 松村 早紀

こんにちは。ハルリム大学に留学中の松村早紀です。韓国に来て早3ヶ月が経ちました。こちらでの生活はだいぶ慣れ、友達もたくさん出来ました。最近の学校生活はまず5月に中間テストがありました。日本にいたときはテスト前でも「まあどうにかなるや」と思い、あまり勉強することがありませんでした。しかし、留学に来てその意識はもちろん良くないし、同じ寮に住んでいる友達やルームメイトが勉強を頑張っている姿を見ると私も頑張らなくてはいけないと思い、テスト一週間前からテストが終わるまでの二週間ぐらいの間、毎日夜の2時から3時までテスト勉強を頑張りました。だいたい韓国人の友達と一緒に勉強することが多かったので、分からない部分があればすぐ聞いたり、お互いに勉強を助け合いました。まだ返却されていないテストもありますが、今のところどのテストも点数が良くて、頑張った甲斐がありました。 

また、今までは日本学科の先輩や友達、日本人の友達ばかりと仲良くしていましたが、最近はルームメイトと遊びに行ったり、会話することが増えました。ルームメイトは最初は日本語ばかりで話しかけてくれていましたが、それでは意味がないと私が積極的に韓国語を使って話しかけるとだんだんと韓国語やハンボノ(日本語と韓国語を混ぜたもの)で話しかけてくれるようになり、少しずつ韓国語の実力が伸びているような気がします。 

休日はルームメイトや友達とソウルへ出かけたり、チムジルバンへ行ったり、学校の近くでサイクリングをしたり、映画を見たりと充実しています。

最近の中で一番印象深い思い出は学園祭です。5月の3週目に学園祭があり、昼は模擬店、夜は運動場で野外公演があり、私は寮の先輩、友達達と韓国で有名な歌手Psy(サイ)の公演を観に行きました。鮮明な写真ではありませんが、本当に人が多くて熱気が凄かったことが伝われば良いなと思います。私はPsyの曲をほとんど知りませんが、周りのノリに合わせて約1時間半ほどひたすら飛び跳ねて楽しみました。

Saki0523.jpg

5月ももう終盤でもうすぐ1学期の終わりが近づいてきました。私が寮で週に1回行っているチューター授業も来週で終わります。最初日本人の中から選考された時は正直したくない気持ちもありましたが、思い返せばやりがいのある経験をさせてもらいました。自分で2時間分の授業内容を考えて、どうすれば簡単に伝えることが出来るか、どうすれば少しでも楽しんでもらえるか悩むこともありましたが、授業に参加してくれる皆が疲れている中、真剣に聞いてくれて嬉しかったです。

今学期の期末試験は発表課題が多いので、遊ぶことも大切ですが、勉強も頑張りたいです。

(2018.5.23)

韓国~スンチョンヒャン大学(西井 愛永)

| コメント(0) | トラックバック(0)

外国語学部4年次生 西井 愛永

こんにちは!外国語学部4年次生の西井愛永です。韓国に来て、2か月半が経ちました。とても早いです。心配していたホームシックにはなりませんでした。最初は全然できなかった韓国語での会話も少しできるようになりました。意味は全部わからなくても、相手が言いたいことは少しずつ分かるようになりました。 

韓国の春はとても短くて、もうすっかり夏になりました。スンチョンヒャン大学の桜は有名で、大学の広場に近所の人などが車で遊びに来ていてとても賑わっていました。他にも、ライトアップしていて大学側の催し物がいくつかあって楽しかったです。願い事を書いたり、週末になれば桜の木の下でみんなでご飯を食べました。大きな大学でしか味わえない経験なので、とても楽しかったです。 

Manae1.jpeg 夜桜、

Manae2.jpeg 願い事ツリー

学校の近くにある天安(チョナン)で日本のラーメンを見つけました。ラーメンは人気で他にも学校の隣り駅やソウルなどにたくさんあると聞きます。お店には日本語の曲が流れていて、日本語のメニューもありました。しかし、店員さんは日本語が話せませんでした。韓国では、とんこつラーメンが人気だそうです。

Manae3.jpeg

5月の初めに、一緒に暮らすスイートメイトたちと一緒に全州(チョンジュ)に行きました。韓国の昔の街並みが残っていてとても綺麗でした。全州で有名な「トッカルビ」を食べました。日本のハンバーグをよりお肉感を出した感じでとてもおいしかったです。他にも、「チョコパイ」や「カステラ」も食べました。全州はビビンバも有名だそうです。夜はチムジルバンに泊まりました。日本でいうスーパー銭湯のようなものでした。韓国の女の子がチムジルバンに行けば必ずする「羊」を作ってもらいました。タオルもこのようにおしゃれにするという韓国の知恵はすごいと思いました。ただ寝るときは、寝る場所が足りないので、事前に探さなければいけませんでした。また、日本とは違いカラオケや小さなゲームセンターもお金が別にかかってしまうので、気を付けなければいけないと思いました。

Manae4.jpegManae5.jpeg トッカルビとパンチャン(付け合せ)

Manae6.jpeg チムジルバン

Manae7.jpeg スイートメイトたちと(本人左後方)

韓国で過ごせるのも残り1か月余りです。韓国人は私たちよりも早く退寮してしまうため、今からお別れを考えると悲しくなります。私は、4年次生で留学の延長もできないので、今のうちにたくさん思い出を作りたいです。最近は、韓国人だけでなく他の国の留学生たちとも仲良くなってきたので、どんどんコミュニケーションを取っていきたいと思います。

(2018.05.19)

韓国~スンチョンヒャン大学(熊野 由希)

| コメント(0) | トラックバック(0)

国際学部3年次生 熊野 由希

こんにちは。韓国のスンチョンヒャン大学に留学している国際学部の熊野由希です。 

留学してから、もう3か月が経とうとしています。2か月間と少しの間にたくさんのことがありましたが、主に印象に残っている3つの出来事について書こうとおもいます。 

まず41日にJapanese Villageに住んでいる、韓国人と日本人でロッテワールドへ行きました。4月だったのであまり話したことのない人もいましたが、これを機に、友達が増えました。アトラクションの待ち時間に日本人は韓国語を韓国人は日本語しか話してはいけないゲームなどをして、楽しかったです。

YukiK05.jpg(本人後列左から3番目)

2つ目に4月中旬にKorea Filmという韓国の文化を映画で学ぶ授業で、グループで動画を作る課題のために学校の最寄り駅の隣りの温陽温泉(オニャンオンチョン)駅というところで、韓国の屋台を紹介する動画を撮りました。グループのメンバーが、アメリカ人、中国人2人、そして私の4人だったのですが、英語と韓国語しか使わない日だったのでとても疲れましたが、すごく充実した1日になり、改めて韓国語も勉強しないといけないけれど、英語ももっと勉強しておけば良かったと感じた1日でした。

YukiK05_2.jpg (本人前列中央)

3つ目は56日にスイートメイト達と全州(チョンジュ)という韓国で最も韓国らしいと言われている都市へ旅行に行きました。もともと韓服をきて古い建物を見たり、食べ歩きをする予定だったのですが、残念ながら雨が降り韓服を着ることはできませんでした。しかし、全州名物であるビビンバを食べたり、チムジルバンに行って泊まって帰ったり、とても楽しかったですYukiK05_3.jpg (本人左奥)

最後に留学して3か月が経とうとしていますが、スイートメイト達も日本語が上手で前半は甘えが出てしまい韓国語を使わなかったりしましたが、最近は韓国語で話すようにしています。私は2学期間、韓国で留学するのですが、今学期は勉強の面でもっと来る前に韓国語と英語をしておくべきだったと後悔することばっかりだったので、次の学期は後悔しないように勉強しなければいけないと思っています。

 (2018.05.19)

 

ドイツ~トリア大学 (橋本 知也加)

| コメント(0) | トラックバック(0)

経営学部ホスピタリティ経営学科3年次生 橋本 知也加

こんにちは!トリア大学に留学中の橋本知也加です。ドイツに来てはや2ヶ月が過ぎました。5月に入り暑い日が続いたかと思えば、いきなり寒くなるというような気温の変化の中、多くの人と出会い新しいことを体験して、毎日充実した生活を送っています。 

ドイツ語が全然出来ない中ドイツに留学し、英語で何とか凌いできましたが、少しずつドイツ語が聞き取れるようになっているので成長を感じ嬉しく思います。 

授業ではクラスに日本人が私しかいないので、日本語に頼ることが出来ない環境です。授業が分からなくてもドイツ語か英語で質問しなければならないので、とても勉強になります。

大学に入学する前に、私は2週間ヨーロッパを旅行しました。その中で感じたことが、英語が使えないということでした。もちろん、英語を話せる方はとても多いのですが、やは母国語が英語では無いので、話せない方もいます。日本人が外国へ行って日本語が聞こえたら安心するように、他の国の人も日本に来て、母国語が聞こえたら安心出来ると思います。たとえ英語が話せない方でも安心して日本に旅行しに来て欲しいので、私はもっと色々な国の言葉を勉強して、完璧に話せなくてもコミュニケーションがとれるくらいになりたい。そして、外国の方に安心を届ける存在になりたいと今まで以上に強く思うようになりました。その旅行の中で、博物館やお城の説明がドイツ語しかないものもあり、留学の後に来ていたらもう少し理解できて、もっと楽しかったのかなと思い、もう一度行きたいと思いました。

トリア大学にはタンデムという語学パートナー制度があります。私はそのタンデムパートナーとの会話の中で、簿記の話になりました。彼女は経済学部なので簿記を勉強していて、将来は日本で就職したいらしいです。もし、経理などに就職した時のために日本語の簿記用語を教えて欲しいと言われて、ドイツ語から日本語に訳して使い方を教えたりしています。日本で取得した簿記検定の知識がこんな所で発揮されるとは思ってもいなかったし、専門用語のドイツ語も勉強ができて、新しい知識が増えることがとても楽しいです!

20180510_204250376.jpgBeautyPlus_20180331114350_save.jpg

20180511_140625784.jpg

(2018.5.11)

ドイツ~マインツ専門大学(福島 由隆)

| コメント(0) | トラックバック(0)

外国語学部3年次生 福島 由隆

こんにちは。ドイツに留学している福島由隆です。気温が上がり始め、暑かったり、涼しかったりと天候があまり安定しない日々が続いています。部屋にエアコンがないので暑いと窓を開けるしかないのですが、窓の外を虫が飛んでいることが多く、開けたくても開けられない時があり、困っています。 

新学期が始まりました。前学期とは違った内容の科目などもあり、新しいことを学ぶ毎日です。前学期と比べると更に忙しくなりました。イライラすることも多々ありますが、新しいことを学ぶのはやはり楽しいです。また、今学期から新しく来た留学生や新しい授業でのクラスメイトなどの友達も増え、毎日が充実しています。 

年末年始の休暇や春休みがあったため、イギリス、フランス、そしてドイツのミュンヘンを訪れました。ロンドン、パリなど昔から憧れていた場所を周る、本当に楽しい時間でした。今回はそのことについて書きたいと思います。

年末年始、留学中初となる旅行で、LEIの仲間と共にイギリスへと向かいました。どうしても欲しかったブーツとレザージャケットを購入し、ショッピングを楽しみ、博物館や美術館で歴史的な芸術に触れ、そして1年間LEIで英語を教えてくださったミンナ先生に会いました。ミンナ先生が住んでいる町を案内していただいた後、フィッシュ&チップスを食べました。かつて教えていただいていた先生と一緒にお酒を飲むという時間は、とても感慨深いものがありました。

写真①Yutaka.jpg

そして、ロンドン旅行でのメインイベント、カウントダウンの花火イベントへ行きました。初めての海外での年越しでした。

写真②Yutaka.jpg

春休みにはフランスへ行きました。人生で初めての一人旅行です。最初に訪れた場所はモンサンミッシェルです。中学生の時にテレビで見て以来、ずっと行きたいと思っていた場所です。天候にも恵まれ、感動的な景色を見る事が出来ました。

写真③Yutaka.jpg

そしてベルサイユ宮殿。ヨーロッパで見た中でも、もっとも綺麗な建築物だと感じました。

写真④Yutaka.jpg

フランスで最も行きたかった場所、ルーブル美術館へも行きました。この場所も中学生の時からずっと行きたいと思っていました。時間を気にしていたのですが、工事の関係で見ることが出来なかった一枚の絵を除き、見たかった作品全てを見ることが出来ました。フェルメールの絵は息を呑みました。

写真⑤Yutaka.jpg

そして3月、休日を利用しLEIの仲間とミュンヘンを訪れました。ここでは歴史的な建築物を中心に周りました。小さいところまで作り混まれた市庁舎は圧巻でした。また、いくつか教会を周りました。どの教会にも違った特徴がありとても面白かったです。

写真⑥Yutaka.jpg

旅行ではありませんが、最近住んでいるマインツでオーケストラのコンサートを鑑賞しました。人生で二度目のオーケストラ鑑賞でした。初めて生で聴いたドビュッシーの楽曲はとても綺麗でした。

人生で初めての経験続きで、本当に恵まれているなと日々感じています。いろいろな人への感謝を忘れず、残りの約4ヵ月間悔いのないように頑張りたいと思います。

(2018.5.11)

スウェーデン~リネアス大学(屋嘉比 聖弥)

| コメント(0) | トラックバック(0)

外国語学部3年次生 屋嘉比 聖弥

Seiya friend05.jpg

こんにちは。スウェーデンのリネアス大学に留学中の屋嘉比聖弥です。もうすぐ帰国まで残り1ヶ月を切ろうとしています。最近は特に時間の経過が早いと感じる一方で、留学をすれば、自然と英語も伸びると思っていた自分の甘さに若干の後悔が残ります。もっと自分から何かしら行動出来たなともつくづく思います。ですが、留学を選択したことについては全く後悔はありません。留学を通して将来的に自分が何をしたいのかというビジョンが見えたからです。また、そのために何をすることが必要かなど容易に今なら考えられるので結果的にプラスだと思っています。悔いが残らないように残りの毎日を大切にしていきたいと思います。自由な時間があるときも積極的に英語に触れられる環境に周りを変えていき、スウェーデンにいつか留学に来る人のために日々の中で魅力を発見し発信できるように心がけたいと思います。

また、留学のもう一つの楽しみは旅行だと思います。私はこの留学中にたくさんの国を訪れました。その中でも一番訪れて良かったと思う場所が、誰もが歴史を学ぶ過程で一度は聞いたことのあるポ一ランドのアウシュヴィッツ強制収容所です。現地では、唯一の日本人ガイドを付け、当時のユダヤ人に関することやアンネフランクという少女の話、そこから得た今私たちがすべきことなど、教科書では学べないリアルな話をたくさん聞くことが出来ました。

様々な国に行くと、国ごとに日本と同じように英語を話せる人はごく少数の国もあれば、それぞれの国で建物の造りが微妙に違ったり、物価の違いがだったりと、同じヨ一ロッパでも色々なことが違いとても面白いなと思いました。いろんな国に行くことでその場所を知ることができ、そのことが前に述べた将来的なビジョンと関係していていると思うのでいい経験が出来て何よりです。

改めて言うことになりますが、今の一瞬一瞬を大切にし、留学してよかったなと思えるようにまた何かしらそこから得ることが出来るように頑張りたいと思います。そして、最後まで最初に掲げた目標通りに行動を心がけていきます。

(2018.5.9)

外国語学部4年次生 矢野さりか

こんにちは!外国語学部4年次生の矢野さりかです。少し前まで肌寒い気候でしたが、ここ23日で気温が25℃前後まで上がり、もう夏です。部屋にエアコンがないので窓を開けずには居られません。でも、最近とても天気が良く過ごしやすいです。

自分の部屋からの景色.jpg 自分の部屋からの景色

PR & Social Mediaという授業でグループ別でプロジェクトをしているので少し紹介させていただきます。私のグループでは、インスタグラムを使ってオランダでの日常生活など、留学生の生活をメインに投稿しています。フォンティス応用科学大学は留学生向けのホームページがなく、情報が少ないため、色々疑問を持ったままオランダに来た留学生が多かったので、これからフォンティスまたはオランダに渡航する予定がある留学生に、少しでも情報を提供出来るようにと思い、インスタグラムを使うことに決めました。興味がある方は、fontys_Internationalで検索してみてください!

プロジェクトのインスタグラム.jpg プロジェクトのInstagram

先日、大学のSocial EventRotterdamに行きました。全員で遊覧船に乗りました。その後は、自由行動だったので友達と有名な場所を周りました。

Social Eventで行ったRotterdam.jpg

また、先週は、オランダにあるチューリップで有名なKeukenhofという公園に行きました。開花には少し早いかなと思いましたが、それでもとてもチューリップがたくさん咲いていて綺麗でした。

Keukenhof(チューリッップ).jpg

今は、こちらでエントリーシートと適性検査に追われている日々ですが、残り少ない留学生活を楽しみたいと思います。 

(2018年4月19日)

ドイツ~トリア大学(中村 主哉)

| コメント(0) | トラックバック(0)

外国語学部4年次生 中村 主哉

こんにちは、ドイツ・トリア大学に留学中の中村主哉です。今回の記事で私の留学生活の報告は最後になります。時が経つのは本当に早いもので、ドイツへ来てもう8ヶ月が過ぎようとしています。残りの期間も3ヶ月となり、時々焦りと名残惜しさを感じながらも楽しい留学生活を過ごしています。

Kazuya2.jpg

2ヶ月間あった春休みを利用して、スペインとポルトガルへ旅行しました。留学期間中にスペインに行くのは2度目ですが、今回は観光だけではなくてサッカーの試合観戦が主な目的でした。ヨーロッパでのサッカー観戦は、幼い頃からサッカーと共に人生を歩んできた私にとって、今まで目にしたことのないレベルの高い興奮する試合でした。ポルトガルは金銭的な理由もあり、滞在時間を多くとることができなかったので、ここでポルトガルの魅力を紹介することは難しいのですが、町並みがとても美しく物価も他のヨーロッパの国々に比べて安かったので私にとっては生活しやすい環境でした。 

Kazuya Stadium.jpegKazuya Stadium2.jpeg

Kazuya travel.jpeg

長かった春休みも終わりを迎え、夏学期が先週から始まりました。前学期よりもひとつ上のクラスでの授業は、私にとって新しい学びが増えることの期待と、以前よりもレベルの高い授業についていけるかという不安があります。ですが、クラスの学生達の顔ぶれも大幅に変わり、新鮮な気持ちで授業に挑むことができています。授業の回数も前学期に比べて少ないので、ドイツ語能力を向上させていけるように、授業の予習や復習など個人的な学習の時間をより増やしていきたいと考えています。また、空いた時間を利用してタンデム(ドイツ人学生との言語学習)も継続していきます。 

残り3ヵ月となった留学生活も充実させたものにしていきたいです。ヨーロッパに訪れることは、少なくとも学生生活の中では最初で最後の経験だと思うので最高の思い出を作りたいです。私は、イタリアやフランスにも旅行したいですし、ドイツ国内の歴史ある都市を周ってみたいとも考えています。勉強もたくさんして今まで以上にドイツ語を理解できるようにもなりたいです。まだまだやり残したことがある私の留学生活を有益なものにするためにも、残された時間を大切にして、帰国するときには自分に自信を持てるようになりたいです。時間はあっという間に過ぎていく、ということを忘れずに残りの生活を過ごしていきたいと思います。

(2018年4月18日)

韓国~ハルリム大学(岩崎 亜由美)

| コメント(0) | トラックバック(0)

国際学部3年次生 岩崎 亜由美

こんにちは。ハルリム大学に留学中の岩崎 亜由美です。韓国にきて早くも一ヶ月以上が経ち、生活にも慣れてきました。授業の方はと言うと説明も全て韓国語なのでついていくのに必死です。こっちに来て本当に予習復習の大切さを知りました。一度、予習復習をせず、授業を受けたのですが、その時間は本当に何の話をしているかわからなくて、とても無駄な時間を過ごしてしまいました。来週からは中間テストが始まるのでそれに備えてよりいっそう勉強に励みたいと思います。 

次に少し私のルームメイトの話をしたいと思います。私のルームメイトは二人いて、一人は日本学科のイ・ジィエさん、もう一人は社会学科のチョン・ヒョニョンさんです。二人は日本語が話せるのでつい日本語で会話してしまうのですが、最近は韓国語と日本語を混ぜながら話しをするように心がけています。私はこっちに来てから風邪を引いてしまったのですが、その時、二人が病院へ連れて行ってくれました。病院は日本語が通じない上、外国で風邪を引いて不安だったのですが、二人が助けてくれて本当に有り難かったです。また、一緒に語学の勉強をしたり、週に一回はデリバリーして三人で食べたりと家族のように過ごしています。 

私はHID(Hallym International Dormitory)という寮に住んでいます。この寮には多くの外国人学生と外国に興味のある韓国人学生が住んでいて、様々なイベントがあります。この間はスポーツ大会があり、国ごとのグループに分けられドッチボールやミッションリレーなど色々な種目で競いました。私達のチームは4チーム中2位で、食券をもらいました。疲れましたがとても楽しかったです。その日の夜チームの皆でチキンを食べに行き、二次会でカラオケにも行きました。ここの寮に住んでいるおかげで友達がたくさんできたので本当に良かったと思いました。

Ayumi.jpg 本人後列右端

(2018年4月13日)

最近のコメント

アイテム

  • Emiri0518_3.jpg
  • Emiri0518_2.jpg
  • Emiri0518.jpg
  • Saki0523.jpg
  • Manae7.jpeg
  • Manae6.jpeg
  • Manae5.jpeg
  • Manae4.jpeg
  • Manae3.jpeg
  • Manae2.jpeg

ウェブページ