アメリカ~センテナリー大学(谷脇 愛弓)

| コメント(0) | トラックバック(0)

外国語学部2年次生 谷脇 愛弓

Ayumi friends.jpg 友人たちと【本人中央)

留学が始まってから、3ヶ月が過ぎました。この間留学前から興味があったボランティアにやっと参加することができました。今回参加できたのは、マンハッタンでのボランティアで、お金がないため十分にご飯が食べられない家族やホームレスの人たちに食料を提供するものです。週に5回ほどこの活動が行われており、毎回朝、昼、晩あります。私はお昼の部に参加しました。1回につき10人弱のボランティアがいて、各担当が振り分けられます。私は野菜の部門を担当しました。私の部門の他に、お肉やお魚、飲み物、保存食など様々な食材が倉庫のようなところに保管されていて、決められた個数を渡します。

私はこのボランティアで驚いたことが2つあります。

1つ目は、びっくりするほど充実した食料の量と種類です。1週間で食べられるかどうかというほどの量があり、私の担当していた野菜部門は、レタス1玉、日本では見られないほど大きなニンジン2本、大きな玉ねぎ2玉、他にも色々な種類の野菜、いちごまで渡しました。みんな持ちきれないので、大きなカートを持ってきて、それでも溢れてしまうほどの量を一度にもらっていました。

2つ目は、もらっているという立場にも関わらず、不満を言う人や、お礼を言わない人がいることです。誰にでも食べ物の好き嫌いはあります。でも、日本人である私から見れば、「もらったものは黙って食べたらいいのに。そして、いくらおいしくなくても、いただいた行為に対して感謝をすべきなのでは」という気持ちになりなした。しかし、あの時に食料をもらいに来ていた人たちは、「野菜は嫌いだからいらない」、「え?これだけ?」、「もっとちょうだいよ!」と言ったり、物だけとって、何も言わずに帰る人も少なくありませんでした。

NYCでは貧富の差が大きく、ホームレスの人もたくさんいます。その人たちに対しての対策がこんなに手厚くなされていることを知りませんでした。きっとこのボランティアに参加しなければ、一生知らない事実だったと思います。このボランティアに対して、素晴らしいと思う反面、不平等だと思う気持ちもあります。人間は生活するために、食べるために、生きるために、働かなければいけません。ですが彼らは働かずにあんなにもバランスのとれたたくさんの食料をただでもらうことができます。これも生きていくための方法だと考えることもできますが、すごく複雑な気持ちになりました。留学前は、少しでもホームレスの人たちの役に立って、数を減らす助けをしたいと思っていましたが、このボランティアに参加して、ホームレスの方自身も気持ちを変えないと、変わらない現実なのかなもしれないと思いました。

また、これからも色々なボランティアに参加して、自分の目で現実を見ていきたいと思います。

韓国~スンミョン女子大学(藤田 莉香子)

| コメント(0) | トラックバック(0)

外国語学部2年次生 藤田 莉香子

こんにちは!久しぶりの更新です。藤田 莉香子です。 

韓国に留学に来てもうすぐ4ヶ月がすぎようとしています。

語学堂はもう2学期目が始まり、今回レベル5のクラスに上がることができました。レベル4のクラスとは違って単語の量や文法が難しくなってきました。授業にちゃんとついていけるようにもっと努力しないといけないなと感じています。

韓国にきてからいろんな良い体験をしました。

まずは友達の親戚の結婚式に出席させてもらいました。韓国の結婚式に行くのは初めてなので緊張しましたが、参加されていた方々とたくさん話ができたので楽しかったです。

Rikako Hanbok.jpg 結婚式で(本人左)

次は、友達の家でキムチ作りに参加させてもらいました。テレビやドラマなどでは見た事ありましたが、実物のやり方を見てびっくりしました。韓国でしかできない事なのでとても良い経験になりました。

Rikako 白菜.jpgRikakoキムチ.jpg

最後に、大学ではテコンドーの授業があります。日本で言ったら空手のようなスポーツです。これも日本ではなかなかできない経験なので、毎回楽しく学んでいます。

Rikako テコンドー.jpg

こちらでは色々な経験ができ、とても充実した生活を送っています。日本に帰って後悔しないように、語学の勉強もそうですが、日々ここでしかできない経験ができるようにしようと思います。

韓国~ペッソク大学(和田 茉奈実)

| コメント(0) | トラックバック(0)

経営学部ホスピタリティ経営学科4年次生 和田 茉奈実

ペッソク大学に留学しているホスピタリティ経営学科4年次生の和田茉奈実です。あっという間に時間が過ぎ、帰国日まで1ヶ月を切りました。

私が留学に行く前に、留学から帰ってきた友達が、留学は時間が過ぎるのが早いから後悔のないように時間を遣った方がいいよと言っていました。最初は4ヶ月もあるので軽く考えていましたが、今となっては友達の言葉にすごく共感出来ます。

私のルームメイトは中国人です。最初は、韓国語が出来ないことに不安を感じていましたが、ルームメイトはとても親切で性格も似ているため、とても仲良くなりました。私もルームメイトもお互いの言語が話せないので、必ず韓国語で会話しています。毎日ルームメイトとの会話や韓国語クラスでも日本人が一人なので、以前よりも韓国語を使う機会が増え、少し話せるようになったと思います。前より自分から韓国語で話すようになったため、中国人や韓国人の友達の中に一人混ざって遊びに行くことが増え、楽しい毎日を過ごしています。

Manamiチムチルバン.jpg 友人たちとチムチルバンで(本人前列)

また、最近では言語交換のプログラムに参加しています。大阪学院大学でいうBuddyプログラムです。日本語を勉強したい韓国人学生と韓国語を学びたい私達が2人ずつペアになって、言語や文化を教え合い、韓国人学生との交流も増やすことが出来ます。毎週12回約束し、定期的に会っています。他にも毎週一緒に遊んでいる韓国人の友達と少し遠出し、ハンボック(韓国の民族衣装)を着て食べ歩きしました。毎日がとても楽しいです。

Manamiハンボック.jpg

Manami friend.jpg

最近生活していて、特にリスニングが苦手だと気付いたので、韓国ドラマや音楽、ラジオなどを聞いて練習しようと思います。再来週には、期末テストもあるので、満足のいく点を取れるように勉強したいと思います。 

最後残り1か月、勉強面・生活面で悔いのないように時間を過ごしたいと思います。

(2016.12.01)

台湾~静宜大学 (金谷 悠生)

| コメント(0) | トラックバック(0)

外国語学部2年次生 金谷 悠生

台湾の静宜大学に留学している外国語学部2年次生 金谷悠生です。台湾での生活には慣れ、毎日を楽しく過ごしています。勉強面では、ほとんど初心者だった中国語が先生の発音を聞いたり、直されたりして、少しずつ前進しているかな?といったところです。言語習得に共通ですが、やはり単語を覚えることが難しく、発音が重要なので時々苦戦します。しかし、クラスメイトやルームメイト、仲の良い日本人の力を借りたり、仲間に聞いたりして、少しずつですが前に進めるよう頑張っています。まだまだ中国語で日常会話ができるほどではないので、これからも頑張っていきます。

IMG_6685.JPG

聴講なので単位には関係ありませんが、台湾に来ている在米韓国人の男性が毎週水曜に英語で2時間開講してくれている授業に時々行っています。受講生は中国人が多く、彼らの英語力の高さにびっくりしました。内容はやはりキリスト教の話で“神”や“地球の始まり”などトピックでとても難しいですが、聞いたことのある話があり、興味を持ちつつ受講しています。

IMG_6686.JPG

日本語学科の授業では、日本人ヘルパーとしてビジネス日本語を台湾の学生たちと一緒に学習しています。ビジネス日本語なので、謙譲語、敬語や私たち日本人でも難しいと感じる内容も含まれており、静宜大学の日本語学科のレベルの高さを毎週痛感しています。大阪学院大学にもこのように海外からの留学生と一緒に語学の授業を受けたり、学生からネイティブの言い回しなどが学べたりするような環境があればいいなと思いました。

IMG_6688.JPG

また、以前参加していたTeam SOSで仲良くなった学生たちとの再会も果たし、人との繋がりは世界中どこに行っても重要だなと思いました。週末に高雄、台南を旅行した時に、Team SOSで私のグループにいた学生たちとコンタクトを取り、高雄で再会し、23日の旅行のガイドをしてくれたり、その場でしか食べられないもの、お勧めのものを教えてもらったりしながら、とても有意義で楽しく旅行することができました。

IMG_6689.JPG

私の留学生活は本当にあっという間に過ぎていきます。これからもきっと風のように過ぎて行くだろうと思っています。その中で、私に残された“留学”をどれだけ有意義に、どれだけ“中国語”や“時間”を自分のものにするかを大切に、残された11日を過ごしていきたいと考えています。

(2016.12.01)

大学院商学研究科 徐 蕾

モントレーは私の大好きな海もあり、また気候もとても良く快適に過ごしています。

大学で普段接し、話す機会があまりないフランス、イギリスや他の国の方々と知り合いになり、遊びに出かけたり出来た事は、とても楽しい経験です。そしてこちらの先生方はとても親切で熱心に教えてくれます。

こちらに来て、何事にもとりあえず挑戦してみようという姿勢が身に付きました。3ヶ月が経ちましたが、自分にとって人生の一番大きな一歩を踏み出すことができました。広い視野で物事を見られるようになり、人とのつながりの素晴らしさを知り、そして先生と友達が様々なことを教えてくれることに感謝の気持ちがいっぱいです。

 

人生の初めてのThanksgiving Day

サンクスギビングは、アメリカの一年で一番大きくて大切だといわれているホリデーウィークです。クリスマスより位置付けは高くて、学校も仕事も基本的には何日か休みになります。アメリカ人は普段会えない親戚や家族に会い、そしておいしいアメリカサンクスギビング用の伝統料理をみんなで食べます。私もアメリカのサンクスギビングデーをアメリカ人の友達と一緒に過ごしました。通常のサンクスギビングディナーの伝統料理ではなく、みんなが自分作った料理をシェアする感じのパーティーでした。みんな話し合い、今までの一番楽しかったサンクスギビングディナーのストーリーをシェアし、自分がこの一年で一番感謝したことについて話をしました。私にとってサンクスギビングで一番感謝したいと思ったのは、自分の親といつも支えてくれた先生たちです。今、この時にアメリカにいて、サンクスギビングを祝うことが信じられなくて、感謝の気持ちで一日を過ごすことができました。


IMG_5998.JPG Thanksgiving dinner

IMG_6129.JPG

 

アルカトラス島の観光

アルカトラス島は、監獄島とも呼ばれているサンフランシスコで1位の観光名所です。昨日、友達10人と一緒に監獄島を観光しました。牢屋の中にはトイレと机・椅子しかありませんでした。この島では、昔14回の脱獄事件が起きて、それに関与した受刑者は36人だったとされています。しかし、このうちのたった3人の受刑者のみがアルカトラスから脱獄できましたそうです。この島にまつわるストーリー、受刑者の生活と脱獄できた受刑者の賢さに驚きしました。日本や中国と違う異文化を感じ、勉強になった一日でした。


IMG_6166.JPG

IMG_6176.JPG

(2016.11.30)

オーストラリア~CQ大学 (福山 繭良)

| コメント(0) | トラックバック(0)

外国語学部3年次生 福山 繭良

オーストラリアに来て、2ヶ月が経ちました。日本と違い、オーストラリアはこれからが夏になります。毎日日差しがきつく、気付けば汗をかいています。唯一の救いは、日本みたいに湿気が多くなく、カラッとした暑さなので、じめじめすることはありません。このように季節感が真逆すぎて毎日驚いていますが、暑さに負けず、毎日楽しく、充実した生活を送っています。

私は、この2ヶ月で様々な体験や、出会いと別れを経験しました。それは、寮生活をしたこと、ホームステイに変わったことです。 

まずは、不安で始まった6週間の寮生活について。正直初めは、6週間って結構長いなと思っていました。ですが、今思うととても短かったように感じます。何をするのにも気を遣うことなく、すべてにおいて自由で、とても快適な生活でした。毎週末、友達と夜中まで騒いだり、ビーチに行ったり、ショッピングセンターに行ったりなどもしました。また、私が寮を出て、ホームステイに変わるのとほぼ同時期に、寮に住んでいた日本人たちも彼らのここでの生活を終え、帰国の時期になりました。彼らには本当に良くしてもらったので、とても寂しい気持ちになりました。ですが、また日本のどこかで会えることを信じています。彼ら日本人だけでなく、大学自体が休暇に入ってしまったため、他にも色々な人との別れがありました。別れはとても寂しい気持ちになりますが、みんなと一緒に寮で共同生活をしたことは、この留学の中の一つの思い出としてとても良い経験になったと思います。

Mayura friends pary 2.jpgMayura friends pary.jpg

寮の仲間たちとパーティー

次に、ホームステイについて。ここで一つの奇跡が起こりました。それは、2年前に、仲の良い先輩が私のホストファミリーの所でホームステイをしていたということです。すごく驚いたのと同時に、安心感も持てました。また、来てすぐに、ホストファミリーから、「あなたは私たちの家族だからね」と言ってもらえてすごく嬉しかったです。ファミリーには小さな子どもが3人います。彼らはとても人懐っこくて、何に対しても好奇心旺盛なので、家の中は毎日にぎやかです。一人っ子の私にとって、彼らは本当の姉弟、姉妹みたいでとても可愛い存在です。ホームステイに変わってもうすぐ1ヶ月になりますが、家族と一緒にビーチの近くに23日の旅行に行ったり、家族が所有している農場に行って馬や牛にえさやりをするなど、ホームステイでないと体験をすることができないこと色々としています。つい2週間程前には、家族が休暇を取ってクルーズ旅行に行ったので、その間一人暮らしをしていました。最初は放置されることに対してすごく怒りもありましたが、やってみると意外に楽しく、また、日本で実家暮らしをしている私にとって、すごく刺激的な体験になりました。

Mayura Halloween.jpg 

子供たちと一緒にハロウィンパーティーに参加 (魔女,カボチャ,猫の仮装をしているのが私のホストシスター&ホストブラザー)

Mayura beach.jpg ホストファミリーと一緒に行ったビーチ

牧場Cows.jpg 牛のえさやり

牧場Cooking.jpg 牧場でクッキング【本人左から2人目)

このような感じで、私のオーストラリアでの生活は半分を終えました。楽しかったことが大部分ですが、悩んで苦しかった時もありました。周りのすごさに圧倒されたり、自分の立場に押しつぶされそうになったり。でも、「人は人、自分は自分。比べてもしょうがない。自分のやりたいことをやればいいんだ」と思うことができ、切り替えることができました。ここでの生活はもう半分しかないと思うのか、まだ半分あると捉えるのかは自分次第だと思います。だから、残りの半分で私にしかできない経験をして、たくさんの体験をしたいと思います。

(2016.11.30)

中国~大連工業大学 (西沢 安那)

| コメント(0) | トラックバック(0)

外国語学部4年次生 西沢 安那

ありきたりですが、時間が過ぎるのは本当に早いです。長いと思っていた留学も、残り1カ月になりました。今は早く日本に帰りたいと思う気持ちと、もう留学が終わってしまう寂しいと思う気持ちが入り混じっています。きっと残りの1カ月も一瞬で過ぎてしまうので、もう二度と戻ってこないこの貴重な時間を大切にしたいです。では、最近の出来事について少しお話します。

以前にもブログに書きましたが、私は現地の学生と授業を受けています。私が履修している授業は、主に人事管理学科のものが多いです。つい最近“人員素質の測定と評価”という授業が終了し、レポート提出の課題がありました。しかし、この授業はこの学科の専攻授業であり、私には少し難しいと担当の先生から言われ、別の内容を出されました。丁度私は四年次生のため、就職活動を経験しているという事で、その経験とこの授業の内容を結びつけるような内容でした。初めて中国語でレポートを作成し、さらに自分自身の就職活動を振り返る事ができ、非常に有意義でした。この出来事から言いたいのは、どんな事も一歩踏み出す勇気が大事という事です。私は3年次生になるまではそれなりに中国語を話せる自分に、中国語留学なんて必要ないし、意味がないと思っていました。しかし、留学に来てみると、きちんと私に合ったレベルのものが用意されているのです。自分で経験をして、初めて分かる事がたくさんあるのです。どんな事も少しでも気になるのであれば、やってみるべきなのだと実感しました。

 

この間、友達に北京旅行に連れてってもらいました。なぜ北京かと言いますと、友達のチームが全国大学生ネットビジネスのプレゼン大会で勝ち進み、最終選考の場所が北京の大学でした。私も観光がてら一緒に行きました。

Anna1130_1.jpg

Anna1130_2.jpg

しかし、友達の一言で予想外な出来事が起こりました。友達が私もプレゼンに出るという提案をしてきたのです。そして私は日本からの交換留学生として、プレゼンの内容と少し関連がある日本の物流概念について、簡単に日本語で説明してから中国語で訳すという形で出ました。私が話した部分は合計30秒ぐらいでしたが、すごく貴重な経験が出来たなと感じています。嬉しい事に、友達のチームは一番良い賞を取りました。観光はもちろん楽しかったのですが、こんな経験が出来たのは本当に幸運だったと思います。この留学で私が想像した以上のものを得ることが出来ているなと思っています。残りもしっかり楽しみます!!

Anna1130_3.jpg

Anna1130_4.jpg 北京の街の様子

ブログを読んでいただき、ありがとうございました。

アメリカ~ミシシッピ大学(三上 紗槻)

| コメント(0) | トラックバック(0)

外国語学部3年次生 三上 紗槻

みなさん、こんにちは!かなりお久しぶりの更新です。三上 紗槻(みかみさつき)です。 

さて、今学期も終盤になりました。ついこの前アメリカ生活が始まった気がします。

今日は普段の生活の時間の過ごし方とアメリカの大イベント「サンクスギビングデー(感謝祭)」について書きたいと思います。

私の授業は全て午前中で終わります。そのため午後からは自分の時間が十分に確保出来ています。留学が始まった頃は時間使い方がイマイチ上手く出来ず、部屋で一人過ごしたり、宿題に時間をかけていたりしていたのですが、最近では部屋に一人でいる事が減りました。それは日本語クラブの友達ができた事が大きく影響していると考えられます。日本語クラブとはミシシッピ大学に通っている現地の学生で、日本語を学んでいたり、日本や日本語に興味がある学生達の集まりで、私たち日本人はその学生たちに日本語を教える手伝いをすします。

⑧.JPG

最近では日本語クラブの学生とスポーツやカラオケ大会、テレビゲームをしたり、友達の誕生日を祝ったりと充実した時間を一緒に過ごせていると感じます。

⑦.JPG

⑨.JPG

さて、話はサンクスギビングに移ります。サンクスギビングデーの週は授業が休みになり、土日合わせて9日間の休みがありました。わたしはその期間を利用しシカゴへ旅行しました。

⑤.JPG シカゴピザ

シカゴはオックスフォードと比べて気温も低く、建物も高かったです。オックスフォードの生活に慣れてきてしまっていたので、また新たな刺激を受けました。シカゴでは予定通り希望していた場所を制覇できたので凄く満足した旅行になりました。

①.JPG④.JPG (右)ミレニアムパーク (左)シアター

⑥.JPG 自然史博物館で

サンクスギビング当日は現地の友達の実家に一緒に帰省させてもらいました。実家には従妹やおじさんが集まっていて、総勢15人ほどで自家製ターキーをいただきました。一般家庭のサンクスギビングデーの過ごし方を経験できてとても良かったと思います。

今学期の授業も残り5日になりました。1学期間で帰ってしまう留学生とも残りの時間を目一杯一緒に過ごしたいと思います。

ドイツ~トリア大学 (仲本 征生)

| コメント(0) | トラックバック(0)

国際学部3年次生 仲本 征生

こんにちは。トリア大学に留学している国際学部3年次生の仲本征生です。今回が2回目のブログの投稿となります。ここへ来て2ヶ月が経ち、非常に時間の流れが早く感じます。ここ最近の出来事については10月から本格的なドイツ語クラスが始まり、同時に言語クラス以外の授業も始まりました。只今私はドイツ語プログラムの他に社会学の授業も履修していますが、ついていくのに必死で日々大変な思いをしていますが、その分充実しています。

IMG_6403.JPG 友人たちと(本人左から2人目)

勉強以外でも充実していることがあります。それはスポーツです。ドイツではサッカーやテニスなどのスポーツが盛んで、野球やバスケットはマイナーなスポーツになってしまいます。しかし、偶然にもトリア大学にはソフトボールチームがあり、とりあえず野球経験者ということで所属しました。そこでは週に2回という少ない練習時間ですが、ドイツ人との交流もたくさんあり、楽しく過ごしています。さらに来年の夏にはリーグ戦もあるとのことなのでワクワクしてます。その他、週に1回は近くにあるサッカー場でサッカーをしたり、ジムに行って筋トレしたりしています。

14731105_1215068858564815_486608380913027935_n.jpg ソフトボールクラブの仲間たちと

最後に先日大変だったことをお話しします。結論からいうと部屋から締め出されました。理由は鍵を部屋に忘れ、そのまま外へ出てしまったからです。一般家庭や別の大学がどうなっているかはわかりませんが、トリア大学の寮はオートロックになっています。それがたまたま日曜日の夜だったので、月曜の朝になれば管理人さんに頼んで開けてもらえたから良かったものの、それが金曜や土曜だと管理人さんが休みなので部屋には入れません。金曜、土曜でも入れないことはありませんが、その場合には25ユーロも払わないといけません。もしこれを読んでいる学生の中で、来年トリア大学への留学を考えている人がいたら、ぜひこれを忘れないで、くれぐれも気をつけてください。私も今後同じことがないように気をつけます。以上で終わりとします。読んでいただきありがとうございました。

ドイツ~トリア大学 (岩田 剛)

| コメント(0) | トラックバック(0)

外国語学部2年次生 岩田 剛

こんにちは、ドイツのトリア大学に留学している岩田剛です。すでにドイツに来て2ヶ月半ほど経過し、生活には慣れたのですが、ドイツ語にはまだまだ慣れていません。10月のオリエンテーションを終え、11月から本格的に授業が始まりました。授業は主にドイツ語を勉強しており、その他に日本の歴史をドイツ語で勉強をしています。ドイツ人とご飯に行った時に、ドイツ人同士で話をされると自分は全く会話に入れず、黙りこんでしまいます。いつももっと勉強しないといけないなと思わされます。

Go1118.jpg クラスメートたちと(本人前列左から3人目)

Go1118_2.jpg

私はあるサッカーチームと契約することができました。なぜ私が契約することができたかというと、小、中学生の時にお世話になっていたコーチの知り合いがドイツでサッカー選手の代理人をしていたからです。その方の紹介のおかげで契約することができました。本来なら代理人の方に多額のお金を払わないといけませんが、全て無料でしてもらっています。自分は本当に恵まれた環境を与えられていると感じました。サッカーと授業でしんどいと感じることがあるのですが、どちらも中途半端にすることはせず、全力で取り組もうと心がけています。先週の日曜日に公式戦に出場することもできました。チームメイトや監督など、みんな親切で自分がドイツ語で言われたことが理解できない時は、英語で説明してくれます。また、チームメイトが家にも招いてくれたりします。授業の空き時間には、同じ大学のチームメイトとフットサルなどをしたりして、できるだけ空き時間利用して練習するようにしています。

ある日ドイツ人と飲みに行った時、日本人とドイツ人の優しさの違いに気付きました。一緒に行った人がまともに歩いて帰ることができないぐらい酔っ払いました。自分はその人を介護しながら何回も捨てて帰ろうと思いましたが、帰り道で通りすがりの車が何台も停車してくれ、大丈夫か?と声をかけてくれました。ドイツ人の優しさを感じ、その人を捨てて帰れませんでした。日本人なら車を止めてまで声をかけないと思います。

Go1118_3.jpg

日々このように色々なことを経験しながら暮らしています。

 

最近のコメント

アイテム

  • Ayumi friends.jpg
  • Rikako テコンドー.jpg
  • Rikako 白菜.jpg
  • Rikakoキムチ.jpg
  • Rikako Hanbok.jpg
  • Manamiチムチルバン.jpg
  • Manami friend.jpg
  • Manamiハンボック.jpg
  • IMG_6689.JPG
  • IMG_6688.JPG

ウェブページ