スウェーデン~リネアス大学(白水 悠登)

| コメント(0) | トラックバック(0)

外国語学部2年次生 白水 悠登

こんにちは。2018年も始まって早一か月が経過しました。リネアス大学では、Autumn Semester が終わり、Spring Semesterが始まりました。新たな出会いもありましたが、もちろん別れもありました。また心機一転してがんばらないといけないと思っている今日この頃です。私は、後期からスウェーデン語を履修しています。全て一からなのでとても大変ですが、同時にとても充実しています。 

前期も終わり、この約5か月間に多くの事を学びました。自分のある程度通用したかなと感じている点、全く通用しなかった点など多々ありましたが、やっぱり通用しなかった点が圧倒的に多かったです。いろいろある中でも、私が特に大事だなと感じたことは、「目標設定を妥協しない」という事です。例えば試験の際に、この大学ではABCDEFの評価基準が採用されています。A~Eが合格で、Fは不合格、そして再試験を意味しています。始めの頃は、このようなことを考える余裕もなかったので、まだよかったのですが、時間が経過していくうちに「DEが取れればよい」と思ってしまう自分がいました。そうすると不思議なことに、これは私だけの経験になるかもしれませんが、最初の頃に比べて勉強に対する集中力が明らかに落ちているのを感じました。そこで、あえてハードルの高い目標を設定してみると、いい意味でバカになれた自分がいました。バカと言ってしまえば響きが悪いですが、つまりは吹っ切ることができたということです。高い目標設定をするだけで、それまで胸の中にあったモヤモヤ感をなくすことができたのです。もちろん、ただ目標設定をすればいいというわけではありません。日々の生活での予習復習はもちろんのこと、設定することがすき間時間にできること、例えば移動中などにできることの発見、明確化にも一役買っていると思っています。見た目はものすごく小さなことかもしれませんが、続けていけば大きな花を咲かせることができると思っていますので、小さいことからコツコツと続けて、この後期の生活を前期のように、またそれ以上のものにできるようにがんばっていきたいと思います。

堅苦しい話を続けてしまったので、ここからは年末年始をどのように過ごしたのかを書いていこうと思います。毎年、年末年始は家族と過ごしていたので、そのようにできればよかったのですが、さすがに距離が距離なのでそれはできませんでした。でも、大阪学院大学からヨーロッパに留学している同級生達と最高の思い出を作ることができました。なんとみんなでイングランドへ行きました。年越しが大きな目的の一つでしたが、1年次生の時にLEIで指導していただいていたミンナ先生に会いに行くというのももう一つの目的でした。約一年ぶりに再会することができ、少しは成長した自分をみせることができたのかなと思っています。

England 2.jpg ロンドン

England 1.JPG ミンナ先生(右から2人目)を囲んで(本人左端)

年が明け、数回授業があった後、また一週間程の休みがあったので、オランダとベルギーにも行きました。特にベルギーはヨーロッパに来た際に行きたかった国の一つでもあったので訪問できて本当によかったです。3月には、前期のクラスメイトに会いに、ドイツに行こうと思っているので、それまではしっかりと勉学に励みたいと思っています。

Netherlands.JPG アムステルダム

Belgium.JPG ベルギーの小便小僧

本当に良くも悪くもいろいろなことを経験できた2017年を漢字一文字で振り返ってみると、「悔」という字が浮かびました。この字には、こうしておけばよかったという後「悔」と、自分の設定していた目標に届かなかったという「悔」しさの二つ意味が込められています。もちろん、後「悔」や「悔」しさだけでなく、充実感も大いに味わう事もできました。これらの経験を活かし、2018年は、「妥協をせず、オンとオフのメリハリをつける」を目標にして、去年と同じもしくはそれ以上に、ワンダフルな一年にしたいと思いますし、その実現のために一生懸命頑張ろうと思います。

外国語学部3年次生 真栄城 好美

Konomi.png

私の4ヶ月の留学生活がついに終わりました。初めは慣れないことも多く、時間が過ぎて行くのがとても遅く感じ、4ヶ月という期間がとても長いと思っていましたが、実際終わりを迎えて見てみるととても早く、ほんの一瞬で終わった感じがして少し心寂しくなります。この4ヶ月は本当に濃くて、絶対に忘れることはできないと思います。周りの人にすごく支えられ、自分と向き合うことができ、楽しみながら学業に集中できるいい機会でした。実際日本にいるとアルバイトがあって、毎日せかせかと忙しいことが当たり前のような毎日でした。しかし留学先ではアルバイトに費やしていた時間がまるまる空きます。しかも、留学中はたくさん時間があり、その使い方は自由です。アルバイトをする必要もなければ、少し眠たくなったらお昼寝をすることもできます。自分磨きにかける時間はとても大切だと思います。もちろんずっと休憩しっぱなしはいけませんが、たまには何もせずにボーッとする時間も大切です。それが自分自身と向き合う時間であったり、気分転換になったり、学業にとことん時間をかけてみたりできます。簡単にできそうでそうでもないことができることはとても幸せな上に、自分のことも知ることができて、一石二鳥だなと思います。

中国語は台湾に留学に行って中国語を勉強すればいいと思って日本を出たものの、最初は数字も1から10まで数えることも、自分の名前を正確に言うことさえもできませんでした。それが今となっては、まだまだ中級程度までには及ばないかも知れませんが、自分の言いたいことを簡単な言葉で話せるレベルにまで向上させることができました。自分自身でもすごく驚いています。時々、勉強して行く中で壁にぶち当たることもありましたが、楽しい!もっと学びたい!あの人と中国語で話したい!そういったちょっとしたことが中国語の勉強のモチベーションにも繋がりました。中国語の授業は毎日がとても楽しみで、新しいことを学ぶことにとてもワクワクしました。その上、習った単語や文法を実際に使って会話をして、コミュニケーションが成り立ったり、褒められたりするととても嬉しくて、もっともっとモチベーションが上がりました。これからもその気持ちを忘れずに、どんどん向上させられるように頑張ろうと思います。

4ヶ月と言う期間は本当に短く、留学と呼ぶには短すぎるかもしれませんが、その中で学んだこともたくさんあり、留学しなければ絶対できなかっと思うことばかりです。留学生活で感じたこと、成長したことを今後に人生に生かしてきたいと思います。

WWOOF in the UK

| コメント(0) | トラックバック(0)

国際学部2年次生 中村 穂野花

こんにちは。オランダのフォンティス応用科学大学に留学中の中村 穂野花です。 

今回、冬休みの110日から25日までの約2週間の間に参加したWWOOF UKについて書きたいと思います。

私がこのWWOOF UKに参加した理由は、留学中の10月に自分の英語力について悩んでいました。そのころは英語での会話といえば韓国人の友達と話すばかりで、ヨーロッパの人たちと話す機会が少なく、自分の英語力にとても不安と焦りを感じていました。そしてその頃、特に授業がない約1ヶ月半の冬休みをどう過ごすかについても悩んでいました。私は前に海外で食事と滞在は無料で、その代わりに働くという記事をインターネットで見たことがあり、それを思い出して調べてみました。

しかし日本人で経験した人が少ないのか、検索してもあまりヒットするプログラムがなく、英語で調べた結果でてきたのがWWOOF UKでした。そこで体験した人のレビューをたくさん見て、私も参加したいと思いました。しかし、このWWOOF UKに登録するには£20(約3000円)かかり、少し不安に感じながらも登録しました。登録後、自分がどの場所、働き方などを選択し、私は子供がいる家族を主に探しました。

なぜオランダのWWOOFに登録しなかったかというと、子供がいる家族のところに行きたかったので、オランダ語が理解できないと難しいかなと思ったのと、自分が知らない土地に行ってみたいと思ったからです。子供がいる家族が何件かヒットして、仕事内容とホームページに掲載されてある写真をもとに行き先を選び、自己紹介を書いたメールを送りました。そして期間や仕事内容、待ち合わせ場所などをやり取りしました。メールのやり取りをしたのはWWOOFに参加する3ヶ月前の10月だったので、正直キャンセルされないか、待ち合わせ場所に本当に来てくれるかすごく不安でした。

WWOOF5.jpg

しかし一週間前、前日に確認のメールなどを送ってくれ少し不安が和らぎました。私が行った場所はイギリスのモンマスという田舎で、車で20分ぐらい走らないとスーパーがないような場所です。そこでWWOOFの家族と初めて会い、みんながフレンドリーでとても温かく迎えてくれました。

Honoka WWOOF.jpg

WWOOF2.jpg ホストファミリーの子どもたち

WWOOFでの仕事内容は、リンゴジュース(約3000本)にラベルを貼ることや畑の掃除、食器洗い、子供たちのお世話などです。一日のだいたいの流れは、朝の9時半からお父さんといっしょに作業をし、家にいる1歳の男の子と遊んだり、ご飯を食べさせたりなどをし、小学校に通っている10歳の男の子と7歳の女の子たちと話したり遊んだりしました。毎回家族揃って食事をしたので、私はこの2週間、睡眠時間以外は家族と楽しい時間を過ごすことができました。一日の中でこんなにもたくさん英語を話すのは初めてでしたし、自分があまりイギリス英語に慣れていなかったため、毎日が英語の勉強をしているようなもので、とても疲れてしまい小学生以来のほぼ毎日21時に就寝というとても健康的な生活を送ることができました。いつも一緒にご飯を食べていたのですが、話すスピードが早すぎてついていけない時も多々ありましたが、ホストのお父さんとお母さんが私に対して話すことや質問などにはあまり問題は感じませんでした。恐らく私に対しては分かりやすい英語を使ってくれていたのだと思います。でも子ども達が話してる内容が理解できなかったり、私が言っていることが通じなかったりすることもあり、やはり自分の英語力はまだまだだなと痛感しました。それでも子ども達はいつも私に話しかけてくれ、私に英語の単語を教えてくれたり、学校ではやっている遊びを教えてくれました。そんな子ども達が今までにきたWWOOFの人たちの中で私が1番と言ってくれたのが本当に嬉しかったです。この2週間の滞在の間に、家族みんなに日本語を教えたり、日本食を作ったりしました。みんなが日本食を気に入ってくれ2回も作りました。さらに「日本に帰る前にまた来てね」と言ってくれて、それがとても嬉しかったです。

WWOOF3.jpg リンゴジュールのラベル貼り

WWOOF4.jpg 家族で一緒に食事

このWWOOFの体験を通してもっと自分の英語力に自信が持てるようになりました。そして2週間の間にイギリス英語の発音や表現が気に入り、私もこんな風に話したいと思いました。もうすぐ次のセメスターが始まりますが、前学期と同じ失敗をしないように、さらに自分の英語力や自分自身がもっと成長できるように、一日一日を大切に過ごしていきたいと思います。最後まで読んでいただきありがとうございました。

農業体験 in Berkeley, the U.S.A.

| コメント(0) | トラックバック(0)

商学部2年次生 耿尼克

こんにちは、米国ミシシッピ大学で交換留学をしている商学部の耿尼克です。

冬休み期間中にウーフ(WWOOF https://wwoofusa.org/)という活動に参加しました。WWOOFWorld-Wide Opportunities on Organic Farmsは有機農業(Organic Farming)を行っている農園などの場所でオーナーのお手伝いをする活動です。農園以外にも家畜管理、野菜栽培、果実栽培、地域マーケット、葡萄園、ガーデン、コミュニティ貢献など様々な種類の活動があります。 このプログラムでは、農園で労働をする代わりに、活動主催者からは無料の宿泊先と食事が提供されます。自分が出す費用は現地までの交通費および必要であればビザ申請やその手続きなどの費用だけです。応募の順番としては、WWOOFホームページで会員費約$40を支払い、ホームページで各農園の仕事内容、連絡先、経験者レビュー、食事の種類などの情報を観閲することができます。内容を確認して自分が希望する場所に応募をすることができます。また、WWOOFは世界各国にあるので、それぞれの国で行われている独自の有機農業の知識を学べます。海外各地でチャレンジすることをお勧めします。

私の場合は葡萄園の栽培や管理を学びたいと思いワイン生産地で有名なカリフォルニア州に応募することにしました。しかし、季節やクリスマスシーズンだったため、私が希望していた受入れ先がほとんど運営していない状態でした。最終的にはサンフランシスコ近隣にあるオークランドのバークレーでガーデンの仕事をすることになりました。

Flower Nike.jpgRose Nike.jpg

ガーデンのオーナーであるゴードンさんからは、1991年にカリフォルニア州では大規模な火災、地震そして津波があり、バークレーの家もその災害により焼失し、生活が一時どうしようもない状況に陥ってしまったことを聞きました。また、救急車が丘の上に行くのに時間がかかってしまい、多くの人が亡くなられ、丘の周辺にある樹木や植物が大量に失われたと言われていました。彼はこれをきっかけに樹木や花などの植樹を始め、いつ来るか分からない自然災害を予防するためのガーデンをボランティアで運営して地域社会に貢献したいと考えてガーデンを始めたそうです。仕事内容としては植樹やその他の植物栽培をし、植える植物の種類によって使用する道具も様々です。私はほぼ毎日ジャックハンマーを使いおよそ10本の苗木を植えました。また、ローズの栽培もあり、専門家に指導してもらってローズの剪定方法を学びました。月曜日から金曜日の午前中が作業時間なので、午後は自由時間でした。ゴードンさんはとても親切でオークランドにあるいろいろ有名なレストラン、市内にある自然植物園やUCバークレー校などの有名スポットに観光につれていってくれました。また宿泊先はオーナーの友人であるティムさんとツィーサさんの家でした。二人はとても親切な老夫婦で、いつも仕事で疲れた私のためにディナーを用意し、そして週末には私をサンフランシスコにも連れて行ってくれました。

Berkley Nike.jpg

(左側からゴードンさん、ティムさん、ツィーサさん、本人)

このプログラムを通して、今まで使うことがなかったような英語の表現や単語を使うことができ、語学力が一歩成長をしたと感じています。またアメリカでのボランティア活動を行うことがとても貴重な経験だと思います。さらに活動だけでなく、地域の歴史や環境、そして人々の生活スタイルと習慣を知ることができ、視野も広がったと思っています。

農業体験 in Berkeley, the U.S.A.

| コメント(0) | トラックバック(0)

外国語学部2年次生 名山 瑛未里

こんにちは。外国語学部2年次生でミシシッピ大学に留学中の名山瑛未里です。 

私はアメリカの大学の冬休み中に「WWOOF (Working Weekends on Organic Farms)」というプログラムに参加していました。このプログラムはアメリカの色々なところで募集されているプログラムで、畑や牧場などの手伝いをし、その代わりに寝る部屋とご飯を提供してくれるというものです。最初の登録料として$50払うだけで1年間有効で、それ以外に宿泊費や食料費は一切必要ありません。応募している場所によって条件があり、応募する前に確認することができます。例えば、住むところはホストの家やテント、キャンピングカーなど。またペットがいるかどうか、ベジタリアンを募集しているなどの情報が確認することができます。

私はフロリダ州のマイアミとカルフォルニア州のサンフランシスコに応募しました。理由はどちらも他の州と比べて暖かい、そして旅行もしたい、そして私は牛や馬などが少し苦手なので、庭や畑だけを運営しているところを選びました。各州2つずつくらい応募し、その結果私はサンフランシスコのバークレイという丘のガーデンに決まりました。仕事時間は決まっていて月曜から金曜の9時から13時で、土日はオフでした。花の植え替えや雑草を抜いたり、木を植えたり思っていたより重労働でした。しかしここのガーデンのホストであるゴードンさんは仕事をしながら色々なことを教えてくれました。私の仕事をしていた丘は1991年に大きな火事があり多くの人が亡くなり、たくさんの人が家を失い、家族を失いとても悲しい歴史がありました。消防車を呼んでも丘の上なので到着するまでに時間がかかり、雨もほとんど降らないので消火するまでに時間がかかったそうです。サンフランシスコの湖の水をヘリコプターで丘に降らして消火させたそうです。ゴードンさんはこの丘にたくさんのガーデンを持っていて、他にもいろんな場所で花や植物を植える活動をしています。私はこの話を聞いて、この活動はとても意味のあることで、少しでもバークレイの丘に貢献したいと思いました。また、ゴードンさんはバークレイのすぐ側にあるオークランドという市にある石像や有名なモニュメントを見に連れて行ってくれました。普通の観光では行かないような所に行き、観光では知ることのないようなことをたくさん教えてくれました。

Emiriゴードンさん.jpg ゴードンさんと

作業の様子.jpg 作業の様子

私が10日間滞在していたところはゴードンさんの近所の家族の家です。ミシシッピ大学では寮に住んでいるので、この滞在した家族は私のホストファミリーのような存在になりました。とても暖かく、私の英語に耳を傾けて、理解してくれようとしてくれました。大学にいる時よりも英語を話す機会が多く、もっと会話力が伸びたような気がしました。家族の事を話し、お互いの国の話などをしてとても良い経験になりました。仕事が終わった後や休みの日にはサンフランシスコに観光に行ったり、ゴードンさんとごはんを食べに行ったり、とても充実した生活を送ることができました。私はWWOOFに参加したことで、アメリカで体験してみたかったホストファミリーとの生活、誰かを助けること、アメリカでの就労経験をすることができました。そしてたくさんの人との出会い、とても貴重な思い出と経験ができました。私の学校のあるミシシッピでも募集していたので、また機会があれば挑戦してみたいと思います。 

 

WWOOF(ウーフ)は1971年にロンドンで設立されたNGO団体で、農業体験と交流を推進する活動をしています。今この活動は世界中に広がり、日本でも参加することができます。この団体の活動に参加する人をWWOOFer(ウーファー)と呼ぶそうです。ご参考までに日本のウーフのサイトを掲載します。

https://www.wwoofjapan.com/main/index.php?lang=jp

外国語学部2年次生 芦田 真衣

Mai Times Square.JPG

留学を決意したことは私の人生にとって大きな挑戦となった。私は、アメリカに留学し語学力を習得しただけでなく、自分自身が成長できたと思う。留学する前は内気で消極的だったが、アメリカで生活するには自信を持って積極的に自分を出していかないと通用せず、様々な事に積極的に参加することで、留学でしか経験できないことを経験することができた。特に差別や異文化、その国の習慣などを実際に肌で感じた。カルチャーショックもあったが、日本では体感することのできないことを経験できたと思っている。また、私はOGUCETルームシェアプログラムに参加した時に出会ったアメリカの友人と現地で再会することができた。これはアメリカに留学する前からの一つの目標だった。これが留学中の勉強に対するモチベーションにも繋がった。 

留学を通して得たことの一つに母国である日本の良さや魅力に気づいたことがある。例えば、交通の面では日本では電車が時間通りに運行するのは当たり前で、電車の本数も多い。しかし、アメリカでは電車の発着時間が曖昧で、移動の時間配分に困ったりすることもあった。店員さんの接客態度も適当だったりした。これは日本とは大きく違った。

しかし一方で、店員さん同士は、ワイワイ話しながら楽しそうに仕事をする姿を見て、海外で働くことに魅力を感じた。もともと英語を使った仕事をすることを目標としているため、もっと語学力を向上させ、異文化を理解できるようにして将来につなげたいと思う。これからもTOEICや様々な検定に挑戦し、目標に向かって頑張りたい。

大学ではBuddy ProgramCETにも積極的に参加したいと思っている。今までも参加したことがあるが、留学を終えてまた違った目線で留学生をサポートできると思う。そして、サポートしながら留学生との交流を深めていきたい。

最後に、留学中にどれだけの人々に支えられているのかを実感することができた。家族や、友人、国際センターの職員の皆さんのおかげで、私は留学生活を無事に終えることができた。みんなの期待に応えられるよう、これからの学校生活を送っていきたい。

異文化交流 in Australia

| コメント(0) | トラックバック(0)

年9月から12月までオーストラリアのCQ大学で交換留学生として学んだ外国語学部2年次生酒井 雲母(きらら)さんが現地で異文化交流イベントに参加しました。クイーンズランド州ロックハンプトンキャンパスで学んでいた6名の日本人学生たちが、ロックハンプトンの西側にあるブラックウォーター、スプリングシュア、エメラルドという街を訪問し、農場にファームステイし、その地域の小学校を訪問して日本を紹介しました。その報告がCQ大学の広報誌に掲載されました!

20180118092542_00001.jpg

20180118092542_00002.jpg

Christmas in the world!

| コメント(0) | トラックバック(0)

番外編として、留学生たちが暮らす各国のクリスマスの様子をお届けします!

Christmas2017 Kirara.jpgChristmas 2017 Kirara2.jpg

Rockhampton, Australia (photo by Kirara)

Christmas 2017 Kazuya2.jpgChristmas2017 Kazuya1.jpg

Trier, Gremany (photo by Kazuya)

クリスマスフォト.jpg

Mainz, Gremany (photo by Yutaka)

Christmas 2017 Moeka.jpg

Venlo, the Netherlands (photo by Moeka)

Christmas 2017 Yuto.jpg

Växjö, Sweden (photo by Yuto)

Christmas 2017 Emiri.jpg

Santa Monica, the US (photo by Emiri)

Christmas 2017 Mai.jpg

NY (Trump Towere), the US (photo by Mai)

Christmas 2017 Nike.jpg

Las Vegas, the US (photo by Nike)

Christmas 2017 Ayame.JPG

Tainan, Taiwan (photo by Ayame)

Christmas 2017 JAPAN.jpg

JAPAN

Wish you a merry Christmas and a happy new year!

今年も一年ありがとうございました。また、来年も海外で学ぶ留学生たちからの便りをアップしていきますので、どうぞよろしくお願いします。

 

ドイツ~マインツ専門大学(福島 由隆)

| コメント(0) | トラックバック(0)

外国語学部2年次生 福島 由隆

こんにちは。ドイツのマインツに留学している福島由隆です。ドイツに来てから早くも4か月が経ち、2017年が終わろうとしています。

12月に入り、授業ではプレゼンが続いていました。マーケティングやビジネスにおける文化の違いなどに関するプレゼンは今までやったことがなかったのでかなり不安でしたが、同じクラスの人たちが助けてくれ、どうにか完成させることができました。彼らのサポートをありがたいと思いながらも、もっと頑張らないといけないなと感じました。

Yutaka12写真①.jpgYutaka12写真②.jpg

冬になり、雪も降り始めました。ドイツでは冬の間太陽が出ることが稀で、毎日どんよりとした空が続いています。ですが街に行くとクリスマスマーケットが開かれており、毎日賑わっています。

Yutaka12写真③.pngYutaka12写真⑥.jpgYutaka12写真④.jpgYutaka12写真⑤.jpg

Yutaka12写真⑦.jpgYutaka12写真⑧.jpg

食べ物や飲み物などすべてが自分にとって初めてで、毎日行きたくなるほど楽しいマーケットです。初めドイツ語が分からず注文するときに困ったのですが、ドイツ人の友達が案内してくれ、より楽しむことができました。

Yutaka12写真⑨.jpg

残り7か月となりました。後悔することのないよう、頑張っていきたいと思います。

ドイツ~バイロイト大学(前田 理央)

| コメント(0) | トラックバック(0)

外国語学部2年次生 前田 理央

こんにちは。ドイツのバイロイト大学に留学中の前田理央です。ドイツは10月を過ぎたあたりから急激に寒さが増し、これ以上寒くなったら自分はどうなるのかと不安な日々を過ごしています。ドイツでは今、有名なクリスマスマーケットが始まっています。いろんな種類のお店があり、今、このブログを書いている瞬間も街がいつも以上に輝いています。初めて海外でクリスマスを過ごすことになるのでとても楽しみです。 

こんな生活を送っている僕は、すでにドイツ国内の色々なところに旅行したのですが、それ以上に僕の中で鮮明に残っていることがあります。友達のお母さんの誕生日をお祝いするために、自分を含めた仲の良い学生たちが総出で友達の家に行ったことです。ドイツでは102030と節目にあたる誕生日はとても大切で今年はちょうどその年だったので、皆で盛大にお祝いしました。

Rio12.jpg

ドイツに来て初めて一人暮らしをしている僕は、ここで家族の存在がどれだけ自分にとって大きかったかを考えさせられました。自分のやりたいことをサポートしてくれて、母が家の掃除や洗濯を当然の様にしてくれることは自分にとっては日常的なことだったので、それが日常でなくなった今僕は家族にとても感謝しています。

そんな僕はドイツに来てもうすぐで3ヶ月になろうとしています。僕個人の変化としてはドイツ語が少し理解できるようになり、簡単な日常会話であればドイツ語で話せるようになりました。初めて自分のドイツ語が通じた時、僕は大きな喜びを感じてそれがきっかけでもっとたくさんのドイツ語を覚えたいという意欲につながり、新しいことを学ぶ楽しさに気づくきっかけになりました。ドイツ語のみならず現在履修している韓国語でも韓国人の友達に新しい言葉を教えてもらいながら勉強中です。ドイツ語、韓国語ともに日常会話を話せるぐらいに成長して帰りたいと思います。ドイツに留学をし、世界中に友達ができ、今僕は日本で経験したことのないことや知らなかった知識をたくさん吸収しています。着実にこの留学が自分自身の成長に繋がっていると感じるだけに、留学生活は残りまだ半年以上あるにもかかわらず、今は時間がとても惜しく感じます。まだまだ貪欲に成長していきたいと考えているので、今以上に努力し楽しんでいきたいです。

P.S.クリスマスを迎える頃には学校も冬休みに入るので、僕はヨーロッパに留学中のOGU2年次生の学生たちと一緒にイギリスのロンドンで年越しをすることになっています。それだけでなく昨年LEIでお世話になったミンナ先生にも会えるということなので、皆に成長した姿を見せられるよう引き続き意欲的に学習に取り組んでいきたいです。

最近のコメント

アイテム

  • Belgium.JPG
  • Netherlands.JPG
  • England 1.JPG
  • England 2.jpg
  • Konomi.png
  • WWOOF4.jpg
  • WWOOF3.jpg
  • WWOOF2.jpg
  • Honoka WWOOF.jpg
  • WWOOF5.jpg

ウェブページ