.
大阪学院大学 在学生の皆様へ
  1. 大阪学院大学ホーム
  2.  > 在学生の皆様へ
  3.  > 大学の学修について

大学の学修について

大学では、「単位制」を採用しています。

単位とは、一定の質の勉学ないし学修の量を示す基準となるものです。大学で開講している各授業科目には、それぞれ単位数が定められており、これらの科目を履修し、所定の試験に合格すれば、その単位を修得したことになります。このように、大学において学修する場合は、すべてこの単位数が勉学の達成度を見る基準となり、卒業判定の際は、この単位数に基づき可否が決定されます。

自己の進路・学問的興味ならびに勉学条件等に応じて学修計画を立て、学部・学科に設けられた多くの授業科目の中から希望する科目を選択し履修することになります。したがって、高等学校のように学校が指定した時間割に従って学修するのではなく、大学では自由に学修することができます。

しかし、大学における授業科目は、教育上その科目の性格や教科内容の難易度を考慮し、効果的な学修ができるよう履修順序(年次配当)等種々の履修条件を設けているため、自由だからといって無計画に履修登録を行うと、途中で授業に出席しなくなったり、試験を欠席したりする要因となり、4年間(短期大学部では2年間)での卒業が困難になります。また、この履修条件を無視したり見落したりすると、卒業要件を充足できず、卒業が不可能となることもありますので十分注意してください。

そのため、各自の責任において自主的に学修する態度が必要であり、授業科目の選択および履修の計画にあたっては、本学が定めた諸条件を把握し、4年間(短期大学部では2年間)を通して、目的を持った履修計画を立てることが必要です。

履修上不明な点がある場合は、自己流の解釈や伝聞等に頼って思わぬ苦境に追い込まれることのないよう、そのつど担当教員あるいは教務課に確認することが大切です。

.
このページの先頭へ
.