.
大阪学院大学 在学生の皆様へ

課外活動

1. 課外活動の意義

大学生活の根幹を成すものは、学問の追究にあることは言うまでもないことですが、大学は学友との交友の場でもあります。

教室における正課の授業とは別に、みなさんの旺盛な研究心や、芸術、スポーツに対する強い関心を満たす場として、また、心身を鍛練する場としての課外活動は、人格形成に極めて大きな影響を与えるものであり、正課の授業とともに大学教育の両輪を担うものです。しかし、同時に、課外活動のために本来の目的である学問追究がおろそかにならないよう自覚が必要であることは言うまでもありません。したがって、課外活動を始めるにあたっては、一時的あるいは衝動的な選択を慎み、自己の性格や適性、能力、興味、勉学との関係など諸条件を十分に検討したうえで自分に最も適したクラブ・サークルに入られることを期待します。

現在本学には、体育系・文化系など合わせて約100のクラブ・サークルがあり、在学生の約3割が所属し活発な活動を行っています。

なお、各クラブ・サークルの活動内容については、学友会が発行(配布)するパンフレット「APPLAUSE」を参照してください。

2. サークルを結成するには

学内において、新たにサークルを結成しようとする場合は、所定の「サークル結成願」に必要事項を記入し、「顧問承諾書」・「サークルに関する規約」・「役員ならびに部員(会員)名簿」などを添え、学生課に提出してください。(顧問は、本学専任教職員に限る。詳細は学生課に問い合わせてください。)

なお、クラブ・サークルが本学の教育目的に沿わない不祥事を起こしたり、学生部長の指示に従わない場合は、活動停止・便宜供与の停止・公認取消・解散等の処置を行うことがあります。

3. クラブ・サークルに入部するには

みなさんのクラブ・サークルへの入部は、勧誘等の機会を含め随時可能です。「APPLAUSE」を参照し、各クラブ・サークルをよく知り、希望のクラブ・サークルがあれば直接部室等へ出かけるなどにより入部の申し込みをしてください。

4. ミーティング・行事を行うときは

学生またはクラブ・サークルが学内もしくは学外においてミーティング・行事を行うときは、所定の書類に必要事項を記入し、実施の10日前までに学友会を経て学生課へ届け出、学生部長の許可を受けてください。

5. 掲示を行うときは

学生またはクラブ・サークルが学内において掲示を行うときは、その掲示物に責任者名を明記し、学友会を経て学生課へ届け出、学生部長の許可を受けてください。

掲示用紙の大きさは自由ですが、(立看板の場合は180cm×90cm以内)掲示場所は学生課の指示に従ってください。

6. 印刷物の配布を行うときは

学生またはクラブ・サークルが学内において学生・教職員あるいは外来者に対し、新聞やビラなどの印刷物の配布を行うときは、所定の書類に必要事項を記入し、実施の10日前までに学友会を経て学生課へ届け出、学生部長の許可を受けてください。

.
このページの先頭へ
.