大阪学院大学 学生生活
  1. 大阪学院大学ホーム
  2.  > 学生生活
  3.  > 学修に関する総合相談窓口(教育開発支援センター)

学修に関する総合相談窓口(教育開発支援センター)

教育開発支援センターの取り組み

教育開発支援センター ~学生の視点に立つ教育改善~

所長 白川雄三 経済学部教授

教育開発支援センターは、本学の「建学の精神」に基づく大学教育の改善を目的に、平成18年10月に開設されました。
本学学生の視点に立ち、社会のニーズに対応するための教育システム開発の研究部門、それらを実践かつ支援する教職員支援部門、学生の学修を支援する部門の3部門の教育支援の活動を行っています。
これらの支援活動を通して、学生にとって、
① 「わかりやすく確実に学力がつく講義」
② 「充実した学生生活」
③ 「豊かな将来の保証」を目指しています。

.
教育の四つの柱

1. 四年間一貫した少人数ゼミナール (人間力教育と専門教育)
2. 確かな学力と充実した学修支援
3. 一人ひとりに応じた魅力的なキャリア教育支援
4. 英語力を確実に伸ばすプログラム

学修支援

教育開発支援センターは学生の4年間の学修を見守ります。

初年次教育の重要性

高校までの受動的な授業ではなく、大学での学修は自主的に取り組み、学生自らが学生生活を組み立てる必要があります。その学ぶ姿勢の転換がうまくできず、キャンパスライフに馴染めない学生が今増えています。その結果としての出席率の低下、4年間での卒業率の低下が問題視されています。そうならないためにも、今大学において、初年次にスムーズな転換を図るための教育が重要となっています。

大阪学院大学の初年次教育について
「フレッシュマンスキル」

この科目はキャリアデザインからの視点で行う初年次教育です。大阪学院大学の歩みを知り、建学の精神、学部の教育目的、学位授与方針、教育課程編成・実施の方針を理解します。アカデミックスキルはもちろん、本学の施設設備を活用し、充実した学修環境について学びます。
この科目は、「OGU教育」(1単位)と同様、初年次生は履修しなければいけない科目です。大学四年間の学修だけでなく、1年次後期から始まる「キャリアデザイン科目」に先立ち、社会人基礎力を養成します。

初年次生対象教育懇談会

5月に「初年次生対象の教育懇談会」を開催し、ゼミ担当教員と保護者・学生との懇談を行っています。 平成29年度は、5月20日(土)に開催します。入学後の履修・出席状況や大学生活の様子に関する相談を通して、今後の学修に役立てて頂く良い機会となります。親子揃ってのご出席をお勧めします。

.
  • 初年次生対象教育懇談会
  • 初年次生対象教育懇談会
  • 初年次生対象教育懇談会
キャリア教育(体系的なキャリアデザイン)

キャリア教育は、「キャリアデザイン入門Ⅰ」(1年次後期2単位)、「キャリアデザイン入門Ⅱ」(2年次2単位)、「キャリアデザインⅠ」(2年次2単位)、「キャリアデザインⅡ」(2年次2単位)、「キャリアデザインⅢ」(3年次2単位)の計5科目で構成されています。
また、学生の進路に応じたキャリア形成を選択できるように、企業向け、公務員向け、教員養成等のクラスをそれぞれ開講しています。また、平成28年度からは、1年次から「女子専用クラス」を設けています。 「キャリアデザインⅠ」はSPI等、「キャリアデザインⅡ」は自己PR・面接、「キャリアデザインⅢ」は業界研究を行っています。
平成29年度からは1年次前期第1セメスターに「フレッシュマンスキル」を履修義務の科目として配し、キャリア教育のスムーズな移行をめざします。
さらに、キャリアデザイン科目では、アクティブ・ラーニングやPBL(Project-based learning)を取り入れ、学生が主体的に学べるような学習法を取り入れています。

PBL学習法

教育開発支援センターでは、「学問と産業のつながり」や「学問と社会のつながり」を深く理解し、考え、行動できる課題解決能力を持った人材の育成に力を入れています。そのため、キャリアデザイン科目に、平成28年度から産学連携や地域志向教育のリアルな課題に対して「アクティブ・ラーニング」手法を取り入れ、課題解決型PBL学習法の開発・推進に取り組みました。

1. 吹田市との官学連携PBL…平成28年度後期開講の「キャリアデザイン入門Ⅰ」において、吹田市の「魅力ある新サービスの開発」という行政課題に取り組みました。そして、12月21日(水)の課題解決発表会では、池田副市長をはじめ、都市魅力部シティプロモーション推進室等の職員が見守る中、取り組みの成果として、電車とバスの路線を織り込んだマップの作成、日本の漫画文化に触れられるホテルを作ること、吹田市キャラクター「すいたん」とのサッカー教室の開講などが発表されました。最後に、「大学生と小学生による『体験型クイズラリー』」を提案したグループが最も魅力的なプレゼンテーションを行ったとして選ばれ、池田副市長より、記念品が手渡されました。

.

  • 課題に取り組む学生達(グループ学習)
  • 課題解決発表会の様子と最優秀グループの学生に記念品を手渡す副市長
.

2. 産学連携PBL…2年次生の「キャリアデザイン入門Ⅱ」では、社労士から「ブラック企業」や「ブラックバイト」の実態についての課題が与えられ、また、3年次生の「キャリアデザインⅢ」では、第1線で活躍する企業の経営者や営業に従事する実務人から課題が提示され、学生達は課題解決のために、グループ学習を行いました。

.
  • キャリア教育
    産業社会の課題について発表
  • キャリア教育
    課題の提示の様子
  • キャリア教育
    課題解決発表会の様子
.

平成29年度も未来志向の産学連携や地域志向教育のPBLを通して、未来を切り開く人材の育成を推進します。

.
このページの先頭へ
.
.