スペシャルプログラム ニュース

.

起業支援プログラム「実践する起業」 開催報告

2016年12月12日 更新

   ベンチャー支援を行っている石田宜久氏(株式会社事業創造ラボ)を講師に迎え、全3回の起業支援プログラム「実践する起業」を開催しました。

第1回(平成28年10月15日)
   「設立実務」をテーマに、法人設立や個人事業の開業に伴う手続きを説明していただきました。学生は商法・税法上の設立手順に加え、実際に時間や費用がどれくらいかかるのか、また、何から着手すれば効率的であるのかについて、実際の提出書類を作成しながら学びました。

第2回(平成28年11月12日)
   「手続実務」をテーマに、法人設立後および個人事業開業後の手続きを説明していただきました。学生は各種届出書類の提出先や提出方法等について、実際の提出書類を作成しながら学びました。また、事業計画書作成の必要性を事務手続きの観点から説明していただきました。

第3回(平成28年12月3日)
   第2回までの内容をふまえ、学生は改めて起業することと会社等に勤めることの違いや起業することの目的、起業することでしか実現できない内容などを考えて発表しました。他者の意見を聞くことで、目的意識を明確化しました。

   参加した学生からは、「どういった手順を踏んで起業するのか分かりやすかったです」「起業するためには、今よりもっと責任を負えるよう人間的に成長しなければならないと思いました」「起業に関する知識を深めることができたと同時に、自分の本気度にも気付けたので良かったです」といった感想が寄せられるなど、プログラムから多くの学びを得ることができました。

【講師プロフィール】

石田 宜久 氏

石田 宜久 氏
株式会社事業創造ラボ

昭和52年6月13 日生まれ。兵庫県出身。
近畿大学文芸学部文化学科卒業。平成21 年に公認会計士試験に合格。その後、上場企業で有価証券報告書作成等の開示業務や取締役会資料の作成業務、業務改善等に従事。平成26 年にアパレル会社を設立するため同社を退社。翌年、株式会社事業創造ラボを設立し、会計知識と起業経験を活かしベンチャー支援を行う。支援先ベンチャー企業のCFO として、主にファイナンスや事業モデルの構築を担う。ベンチャー企業の更なる躍進のためには会計士の力が必要と思い、平成28 年に会計士専門の転職エージェント会社である株式会社PCP の大阪事務所長に就任。

.
スペシャルプログラムのページへ