大阪学院大学 就職・キャリア
  1. 大阪学院大学ホーム
  2.  > 就職・キャリア
  3.  > 卒業生からのメッセージ

卒業生からのメッセージ

国際的な視野での学びをお客様へのサービスに生かす 日本航空株式会社 吉田 綾華さん 2014年 国際学部 卒業(兵庫県立 豊岡総合高校 出身)

国際的な視野での学びをお客様へのサービスに生かす

客室乗務員(CA)としてやりがいを感じるのは、乗務員が一体となってサービスができ、機内全体が幸せな雰囲気に包まれたとき。降機するお客様をお見送りする際に、「ありがとう」と言ってくださる表情から、満足していただけたことを感じ取れる。そんなフライトを作りあげるために大切なのは、お客様の立場や気持ちを察し、自分にできる限りのサービスをすること。在学中は異文化に触れる機会が多く、現在の仕事でも、お客様の中には異なった文化を持つ方もいらっしゃることを理解したうえで、その立場を考えられるようになったのは、OGUで学んだおかげだと思う。

OGUで培った決してあきらめない心

国際学部を選んだのは、海外に興味があったから。けれど、留学したときに、自分の英語が全く通じなくてとても悔しい思いをした。英語でうまく話せたら、もっと自分の気持ちを伝えられるのに…。帰国して、OGUの中にあるI-Chat Loungeに通い、外国人スタッフとの英会話に慣れていった。思い切って1年間休学し、アメリカに留学しようと決めたとき、国際センターのスタッフが親身になってアドバイスしてくれ、心強かった。留学中はCAをめざし、TOEICのスコアが合格ラインに届くように勉強に打ち込む日々。何事もできないと決めつけず、粘り強く挑戦する姿勢はこのころに身につけた。今も困難に思えることでもあきらめず、別の方法はないかと考えることができている。

学生生活で身につけた学ぶ姿勢は、今も変わらない

ゼミナールの先生は国際協力が専門で、世界情勢について学べたほか、学修への取り組み方も教えていただいた。日常に疑問を持ち、「なぜそうなったのか」「なぜそう思うのか」を考えるよう指導され、深く考えることの大切さを知った。「海外で活躍したい」という同じ目標を持つたくさんの友人たちと共に切磋琢磨し、それを先生がサポートしてくださった大学時代は、今思い返してもかけがえのないものだと思う。JALのフィロソフィの一つに、「一人ひとりがJAL」という言葉がある。お客様にとっては、その方に接する一人がJALのすべて。一人ひとりがJALの一員である、という思いを常に胸に刻んでいる。今後、ファーストクラスを担当するための訓練が控えている。OGUで身につけたことを忘れず、懸命に、着実に、もっとお客様に喜んでいただけるための努力を続けて、さらなる夢をかなえたい。

.

卒業生からのメッセージ一覧に戻る

このページの先頭へ
.