大阪学院大学 就職・キャリア
  1. 大阪学院大学ホーム
  2.  > 就職・キャリア
  3.  > 卒業生からのメッセージ

卒業生からのメッセージ

サークルで培った集客ノウハウが起業の自信に 株式会社AmidAホールディングス代表取締役 社長 CEO 藤田 優さん 1994年 法学部 卒業(大阪府 上宮高校 出身)

サークルで培った集客ノウハウが起業の自信に

起業のきっかけは、インターネットとの出合い。パソコンで、父が経営する飲食店のメニューやPOP、ホームページを作っているうちに、サービスや商品を提供するようになった。 「ハンコヤドットコム」を起業したのは、車庫証明を取るために必要な実印が1週間経ってもできず、車はあるのに車庫証明を取れないという経験をしたことから。「1日でも早くオーダーメイドの印鑑を届けることができたら…」。そこに商機があると思い、起業。即日出荷できるシステムを構築し、今では1日に約2万5000人以上(2018年6月期実績)が訪れるサイトに成長した。この集客のノウハウは、学生時代にイベントサークルの代表をしていた経験から得た。どうしたら人を集められるのかと、勧誘チラシのデザインを考え尽くした結果、年間300人を超える人が入会してくれたことは、今でも思い出深い。

大学時代の友人が今の自分の基盤に

学業も大切だが、大学は友人作りにも欠かせない場。大学時代の友人が自分の人格形成に大きな影響を与え、未来を作ると考えていた。OGUには経営者の後継者が多く、今でも相談できる友人がいて、OGUの卒業生でよかったと感じている。 起業は1人でできても、経営は1人では絶対にできない。だから、友人しかり会社のスタッフしかり、人との縁は大切にすべきだ。そうすれば、うまくいかないことがあっても、後にうまくいくことが多いと思う。インターネットビジネスでは、お客様の姿は見えないけれど、見えているときと同じように丁寧な接客をしなければならないという父のアドバイスもずっと守っている。

社員を大切にする会社作りを心掛けて

起業してからずっと順風満帆だったわけではない。最初は正社員よりも学生アルバイトやフリーターを雇用していたため、社内にスキルが蓄積されず、苦しい事態に。そこから組織作りを見直し、めざしたのが上場だった。その目標を果たせた今、会社の規模や売り上げをさらに伸ばすことを考えている。お客様に満足していただくことで、雇用の拡大にもつながり、経営者として社会に貢献できると信じている。 会社の規模が大きくなると、仲間も増える。社員は今、約120名だが、何年か後には何千人、何万人と仲間を増やしたい。今後も経営者として、社員を大切にする会社作りを自分の課題としながら、突き進んでいきたい。

.

卒業生からのメッセージ一覧に戻る

このページの先頭へ
.