大阪学院大学 就職・キャリア
  1. 大阪学院大学ホーム
  2.  > 就職・キャリア
  3.  > 卒業生からのメッセージ

卒業生からのメッセージ

自分で考え、行動する力を今、サッカー選手として生かす モンテディオ山形 大槻 周平さん 2012年 経済学部 卒業(京都府 福知山成美高校 出身)

自分で考え、行動する力を今、サッカー選手として生かす

大学時代は、ほぼすべての時間をサッカーにささげた。僕よりうまい選手はたくさんいたから、人一倍努力を続けてきた。それが今、サッカー選手でいられる理由だと思う。 サッカー部の監督は、いつも僕たちの考えを尊重してくれた。そこで学んだことは、自分で考え、行動することの大切さ。プロになっても自分の発想でプレーすることが求められ、それができなければ生き残っていけない。学生のころから習慣づけていたことの結果が、今、形になっている。 プロとして何よりも大切なのは、試合に出続けること。ヴィッセル神戸からモンテディオ山形に移籍したのは、「J1昇格のための力になりたい」という思いがあったから。ヴィッセル神戸で戦い続けることもできたけれど、自分の可能性を広げ、価値を高めていきたい。そんな思いでの決断だった。

夢をあきらめずにいられた先生のあの言葉

OGUの先生は、学生一人ひとりに丁寧に対応してくださった。特にゼミナールの先生には、サッカー選手になるか、一般企業に就職するか迷っていたとき、「好きなことを仕事にするのが一番。夢に向かって頑張れ!」と背中を押していただいた。あのときの言葉がなければ、湘南ベルマーレの練習に参加して、プロになるチャンスをつかむこともなかったと思う。 夢に近づくために大切なことは、自分の能力よりも少し難しいことに挑戦すること。プロになってからも、いつも自分を変えたいという気持ちで挑戦を続けている。

いつかはOGUでプロの厳しさ、楽しさを伝えたい

ヴィッセル神戸では、ルーカス・ポドルスキ選手やアンドレス・イニエスタ選手と同じチームでサッカーができるという幸運に恵まれた。その試合を見に来てくれた大学時代の友人が、「試合を見て感動した」「仕事を頑張ろうと思えた」と言ってくれた。自分が頑張って結果を出すことで、みんなを幸せにできる。だから、できるだけ長くプロであり続けたいと思った。今の目標は、チームの熱い思いに応えて、J1昇格のための力になること。責任は重いけれど、先頭に立ってチームを引っ張れる存在になりたい。そして、いつかは指導者としてOGUの後輩たちに、自分が経験したプロの厳しさや楽しさを伝えていきたい。一人でも多くの後輩たちに、プロの世界を味わってほしいと思っている。

.

卒業生からのメッセージ一覧に戻る

このページの先頭へ
.