大阪学院大学
CLOSE
認定心理士養成課程(09年度生より適用)
1. 認定心理士とは
認定心理士養成課程とは、心理学の専門家として仕事をするために必要な最小限の標準的基礎学力を養うための課程である。本学の国際学部に設置している課程であるが、他の学部の者も履修することができる。(経営学部ホスピタリティ経営学科は12年度入学生より履修可)
なお、本課程を修了した者は、所定の審査に合格することにより、財団法人日本心理学会の認定を受けることができる。
2.履修手続
認定心理士養成課程の履修希望者は、1年次前期および後期に行われるいずれかの認定心理士養成課程説明会に出席し、「認定心理士養成課程履修カード」に必要事項を記入の上、教務課に申し込むこと。
手続完了者は、当該学期以後、履修登録時に「認定心理士養成課程に関する科目」を履修登録すること。
3. 課程修了の要件
認定心理士養成課程を修了するためには、次の要件を満たさなければならない。
(1) 本学の卒業に必要な単位数を修得すること。
(2) 「認定心理士養成課程に関する科目」に示す所定の単位を修得すること。
4. 資格取得方法
認定心理士の資格を取得するには、以下の資格認定要件を満たしていなければならない。認定の可否は日本心理学会認定心理士資格認定委員会の審査によって決定される。同委員会の配布する「認定心理士申請書類」に必要事項を記入して審査料とともに送付すると、審査が実施され、認定の可否が通知される。認定の通知のあった者が認定料を納めると、学会の名簿に氏名が登録され、認定証とIDカードが届けられる。
5. 資格認定要件
次の条件を卒業見込みの学年度において満たしている者は、申請することができる。
(1) 16歳以降通算2年以上日本国に滞在した経験を有する者。
(2) 学校教育法により定められた大学、または大学院における心理学専攻、教育心理学専攻、または心理学関連専攻の学科において、以下に掲げる科目を履修し、必要単位を修得し、卒業または修了した者、および、それと同等以上の学力を有すると認められた者。
6. 認定心理士養成課程に関する科目
認定心理士養成課程科目は「基礎科目」区分3領域、「選択科目」区分5領域、「その他の科目」区分1領域で構成されており、各分野から所定の単位を修得すること。
16年度以前入学生 (PDF:115KB)
17年度以降入学生 (PDF:119KB)


PAGE TOP
Copyright (C) OSAKA GAKUIN UNIVERSITY. All Rights Reserved.