大阪学院大学 学部学科・研究科

経済学部 経済学科

.

2017年11月01日更新

[海外留学]平成29年度前期 グローバル・エコノミーコース「海外での語学学習」体験報告(鈴木 颯)

   経済学部のグローバル・エコノミーコースでは、「海外での語学学習」と「専門分野留学」の2度の海外体験を通じて、「経済を広い視野で読み解く力」と「英語力」を鍛え、グローバル社会で活躍できる能力を身につけることをめざしています。

   今回、経済学部2年次生の2名が「海外での語学学習」の選考をパスし、カナダのバンクーバにある語学学校(SELC Canada)で3月~7月の留学を終えて帰国しました。「授業」「体験」「成果」についてレポートします。

経済学部 2年次生 鈴木颯

【授業】
   入学当初は、日本では見たことがない授業風景に圧倒されました。生徒たちは、文法の間違いを恐れず積極的に発言し、授業で意見を交換しあうことも多々ありました。自分に足りないのはこういうところだと感じさせられました。日が経つにつれ友達ができ、自分も少しずつ発言できるようになりました。英語で話して伝わったときの喜びは大きなもので、それがあると「また頑張ろう!」と思えました。

【体験】
   ボランティアで、看護関係の人たちの会食のスタッフとして参加者の案内をしました。英語での案内は苦労しましたが、ボディランゲージをフルに活用し応対しました。現地の人たちは、私の拙い英語を察してくれて、気長に優しく待ってくれました。
   その他、カナダ建国150周年の日本人パレードの代表のひとりとして参加でき、とても光栄でした。
   現地の人たちはすごくフレンドリーで、バスを待っているときにも話しかけてきて、街中でもお互い知り合いでない人たちがいきなり会話をしている場面をよく見かけました。

【成果】
   留学前の自分は、道に迷っている外国の方を見かけても、英語力の問題以前に、単純に声をかけるという一歩を踏み出す勇気がありませんでした。しかし、留学を体験し日本に帰国してからは、英語で自分から話しかけて案内できるようになりました。
   留学先では日本にいるときと違い、年齢・性別・国籍に関係なく、様々な人たちに出会える機会がありました。留学経験者は留学を強く勧めますが、実際、自分も留学しないと手にすることができない、出会いや体験を得ることができたと思います。先入観にとらわれず、何事にも挑戦してみることが大事だと気づきました。

.
このページの先頭へ
.