大阪学院大学 学部学科・研究科

経営学部 ホスピタリティ経営学科

.

2010年06月30日更新

ホテル見学を通し、業界を肌で感じる「補習授業」

シーサイドホテル舞子ビラ神戸のブライダル施設を見学!

大学での座学により、学生は豊富な知識を得る。黒板で説明された理論は、時に、遠い存在に感じられる。そこで、D.M.アラカキ教授は、学生にホスピタリティ産業のことをもっとリアルに感じてもらうため、企業現場で見学の機会も取り入れている。見学は、授業後や休日に実施するため、参加は強制ではないにも関わらず、参加した学生に感想を聞くと、「行く価値があった。楽しかった。」と述べている。 そこで、キャリア教育の一環として、近年、兵庫県神戸市にある「シーサイドホテル舞子ビラ神戸」のブライダル施設の見学を実施している。当ホテルの森重喜三雄 代表取締役社長(本学経営学部教授)に、実際に現場を案内をしていただきました。


ホテルの庭で森重社長と話す受講生たち。
(2009年5月の見学)

受講生たちと森重社長の会話風景。
(2009年5月の見学)
.

結婚式のキャンドルの説明を聞く受講生たち。
(2009年11月の見学)

ホテル内のレストランで料理を楽しみました。
(2009年11月の見学)
.

チャペルで、ブライダル課の方より説明を聞きました。
(2010年6月の見学)

新婦専用控室を見学しました。
(2010年6月の見学)
.

ブライダルサロンで体重ベアの重さを確認する学生たち。
(2010年6月の見学)
.
このページの先頭へ
.