大阪学院大学 学部学科・研究科

経営学部 ホスピタリティ経営学科

.

2014年01月07日更新

1年次生向け合同ゼミナールで「企業実習 体験者報告会」を開催!

ホスピタリティ経営学科の「ゼミナールⅠ」では、2年次から始まる「企業実習」に向けて、合同ゼミナールを開催しました。

ゼミの様子 ゼミの様子

まず、「企業実習」の事前事後指導を担当している森重喜三雄 教授から、ホテルでの実習は厳しいが、将来就職するうえで必要な「人間力」の向上に役立つ有意義なものであるとのお話がありました。また、ブライダル関係を希望する学生が多いことから、来年度はハウスブライダルでも実習できる予定です。

ゼミの様子 ゼミの様子

続いて、今年度ホテルで300時間の実習を終えた3人の先輩が体験報告をしました。3年次生の学生は、ANAクラウンプラザホテル京都のカフェレストラン コージーで実習し、実習修了後もアルバイトとして働いています。同じく3年次生の学生は、ホテルアウィーナ大阪で宴会係として働き、接客で担当したお食い初めの会は、特に印象に残っているそうです。この学年まで「企業実習」は必修科目でしたが、現在の2年次生からは新カリキュラムで選択科目になりました。

ゼミの様子 ゼミの様子

自らの意志で実習への参加を決めた2年次生の学生は、以前から憧れていたヒルトンホテル大阪での実習が叶い、スカイラウンジ ウインドーズ オン ザ ワールドでグリートレス(レストランの案内役)として働きました。外資系ホテルならではの英語の苦労もありましたが、積極的に仕事に取り組んだ結果、ホテルの現状など多くのことを学び、実習に行って本当に良かったと実感し、1年次生にもぜひ参加して欲しいと強く勧めてくれました。そして現在は、日系のホテルでベルガールとして勤務し、新たなことを学ぶ日々を送っています。

ゼミの様子

最後に「企業実習」担当の川越 一 教授は、実習に対する心構えを話されました。

.
このページの先頭へ
.