大阪学院大学 学部学科・研究科

経営学部 ホスピタリティ経営学科

.

2015年01月28日更新

稲田ゼミⅣ&Ⅲの合同研究発表会を開催

稲田ゼミで卒業論文作成中の4年次生とグループ研究中の3年次生による合同研究発表会を開催しました。ゲストコメンテーターとして、マーケティングに携わる実務家2名の方と本学科の照屋先生から貴重なコメントとアドバイスを頂きました。稲田ゼミの発表テーマは、次のとおりです。

【4年次生】 卒業研究

「城崎温泉の観光戦略」、「エンターテインメント業界におけるAKBビジネス」、「スポンサー契約について」、「LINEの現状」、「旭山動物園の再生」、「ディズニーランドの成功の理由」、「高知家プロジェクト」、「タカラ・トミーのブランド戦略」

【3年次生】文房具に関する共同研究

「パイロットの起こしたイノベーション~消せるボールペンフリクションのケース」、「カモ井加工紙のマスキングテープが売れている理由について」

稲田ゼミの特徴の1つは、ホスピタリティ業界の分野はもちろんのこと、幅広い分野でマーケティングやブランドの視点でとらえようとすることです。今回の発表では、ゲストコメンテーターの方々からも一定の評価を頂き、パワーポイントスキル、発表スキルのレベルを上げることができました。

論理的に考える、客観的に証明することは難しいことです。データを揃え、必要な論理を導き出し、ストーリーを考えることには相当の努力を伴いますが、努力の成果と比例するように確実にレベルアップしていることに誇りを持ってほしいと思っています。

.
このページの先頭へ
.