大阪学院大学 学部学科・研究科

教員紹介

国際学研究科

佐古 丞  Sako, Susumu

国際学研究科 教授

【担当科目】
国際関係・安全保障研究【研究指導担当】
国際学文献研究
国際関係・安全保障特殊研究【研究指導担当】
.

略歴

学歴・取得学位

京都大学 法学部 卒業 学士
京都大学大学院 法学研究科 修士課程 修了 法学修士
京都大学大学院 法学研究科 博士後期課程 単位取得満期退学

主な職歴

(株)住友銀行 勤務
文部省 勤務
大阪学院大学 国際学部 講師
大阪学院大学 国際学部 助教授
ペンシルヴァニア大学 歴史学部 客員研究員
大阪学院大学高等学校 校長
大阪学院大学 国際学部 教授

.

所属学会

日本国際政治学会
日本政治学会
国際安全保障学会
軍事史学会

研究課題

日本外交史
ヨーロッパの安全保障

主な研究業績(著書・論文等)

『松岡洋右の中国認識と対応-満州事変まで』(論文) 『法学論叢』第121巻6号
京都大学法学会
1988.09
『ドイツ再軍備を巡る米仏関係』(論文) 『軍事史学』第26巻1号 1990.06
『フランスとNATO-自律か協調か-』(論文) 『大阪学院大学国際学論集』
第1巻1号
1990.12
『松岡洋右と中国-満州事変以後』(論文) 『大阪学院大学国際学論集』
第1巻2号
1991.03
『吉田茂と松岡洋右』(論文) 吉田茂記念財団編『人間吉田茂』
中央公論社
1991.08
『経済外交の時代 1924-29』(論文) 『大阪学院大学国際学論集』
第2巻1号
1991.11
『転換期の日本外交』(論文) 『大阪学院大学通信』
第23巻12号
1993.03
『戦後日米関係年表』(共著) PHP研究所(単行本) 1995.07
『日米・戦後史のドラマ』(共著) PHP研究所(単行本) 1995.12
『有田八郎「馬鹿八と人はいう」』(論文) 『日本外交思想史入門』
ミネルヴァ書房
1999.05
『戦後安全保障論議の負の遺産』(論文) 『大阪学院大学通信』
第30巻6号
1999.09
『雑誌に見る戦間期日本の人口問題』(論文) 『姫路法学』
第29・30合併号
2000.03
『未完の経済外交-幣原国際協調路線の挫折』(著書) PHP研究所(新書) 2002.03
『日米安保とはなにか』(論文) 『セキュリタリアン』523号 2002.06
『変容する国際政治』(著書) 晃陽書房(単行本) 2003.01
『大正期経済外交-国家像の再構築-』(論文) 『大阪学院大学国際学論集』
第15巻第2号
2004.12
『「理」の力を失った日本人』(論文) Voice
平成17年10月号
2005.09

主な社会的活動等

講演 「松岡洋右と中国」 防衛研究所戦史部 1989.1
「欧州通常戦力削減交渉(経緯と見通し)」に関する調査研究会委員
日本国際問題研究所・外務省 1989.9-1990.3
全国市町村国際文化研修所 非常勤講師 1994.4-
「世界の中の日本とアジア」研究会委員 国際経済交流財団・通商産業省 1995.4-1996.3
『高坂正堯著作集』(全8巻 都市出版)編集委員 1997.10-2000.11
政策研究フォーラム安全保障研究委員会委員 2005.10-2006.10

講義など協力可能なテーマ

国際政治学
外交史
安全保障問題など

このページの先頭へ
.