試験科目免除制度を利用して税理士をめざす
試験科目免除制度を利用して税理士をめざす

税理士受験

税理士受験

修士の学位を取得で免除
修士の学位を取得で免除
商学研究科

商学・経営学・会計学の学術研究を通じ、多彩なビジネスの現場で活躍できる能力を備えた高度専門職業人および研究者を養成する。

経済学研究科

経済学の幅広い学術研究を通じて、現代社会に必要とされる専門的学識および分析能力・問題解決力を備えた高度専門職業人、研究者を含む専門性の高い多様な分野で活躍できる人材を養成する。

法学研究科

企業および自治体等において、法的問題の処理・解決に携わる専門的・実践的知識および能力を備えた法務職業人を養成する。

税理士試験科目の免除制度

税法科目、会計学科目のそれぞれで1科目以上の合格をした一部合格者のうち、大学院で自己の修士の学位等取得にかかる研究について国税審議会の認定を受け、認定が下りた場合に税法科目であれば残り2科目、会計学科目であれば、残りの1科目にも合格したことになって試験が免除になります。

教員からのメッセージ

教員からのメッセージ

八ツ尾順一教授
八ツ尾順一教授(法学研究科)

担当科目租税法研究Ⅱ

破線
八ツ尾順一教授

修士論文を作成するには、まず、租税法の中で興味のあるテーマを選択し、それに関する論文等をできるだけ多く読むこと(インプット)が必要です。そして、そのテーマに関する多角的な議論を自分なりにそしゃくし、そこでの論点の理解を深め、それを基に、自分の意見を論文の中で展開すること(アウトプット)が求められます。インプットが多ければ多いほど、素晴らしいアウトプットを期待することができます。

田中将教授
田中将教授(法学研究科)

担当科目租税法研究Ⅲ

破線
田中将教授

法律学に関する修士論文においては、適切なテーマを選定して関連文献を収集・検討し、法解釈論を中心とした自説を論理的に展開していく必要があります。また、文献の適切な引用及び表記方法に関する知識なども不可欠です。しかし修士課程はわずか2年間ですから、まず法律学における基礎的な知識や思考方法を速やかに体得していただくこと、その上で、できる限り多くの時間を討論に充てることを、修士論文指導の方針としています。

入試について

入試について

大学入試ガイドへ
資料請求はこちら
大学院TOPへ