TOP

大阪学院大学 大学院

博士課程 大学院秋季入学者選抜試験受験要項

全研究科共通2020年度

1.研究科・専攻・募集人員
研究科 専 攻 選抜方法 募集人員
一般選抜 社会人特別選抜 外国人留学生
商 学 商 学 - 若干名
経済学 経済学
国際学 国際学 -
法 学 企業・自治体法務

(注) ○印は、入学試験の実施を示す。

2.出願資格
  1. 一般選抜
    (1)
    修士の学位を有する者、または2020年9月修士の学位取得見込みの者
    (2)
    外国において、修士の学位またはこれに相当する学位を授与された者
    (3)
    その他本大学院において、修士の学位を有する者と同等以上の学力があると認めた者
    以上のいずれかに該当する者
  2. 社会人特別選抜〔経済学研究科〕
    企業、官公庁及び教育・研究機関等において2年以上の職業経験等のある者で、以下のいずれかに該当する者
    修士の学位を取得している者
    (1)
    2020年9月修士学位の取得見込みの者
    (2)
    修士学位の取得者と同等以上の学力があると本大学院が認めた者(出願資格の認定審査を希望する者は、出願期間開始の4週間前までに大学院教務事務室へ申し出てください。)
  3. 社会人特別選抜〔法学研究科〕
    (1)
    法曹資格を有する者
    (2)
    弁理士、公認会計士、税理士、司法書士、不動産鑑定士またはこれらに準ずる資格を有し、かつ修士の学位を取得している者と同等以上の学力があると本大学院が認めた者。
    (3)
    企業、官公庁および教育・研究機関等において5年以上勤務している者で、修士の学位を取得している者または取得見込みの者。
    以上のいずれかに該当する者
  4. 外国人留学生
    外国人で、次のいずれかに該当し、入学に際して「出入国管理および難民認定法」に定める「留学」の在留資格を取得または更新できる者。
    (1)
    外国において、修士の学位に相当する学位を取得または取得見込みであること。
    (2)
    日本の大学において、外国人として修士の学位を取得または取得見込みであること。

    (注)大学院の授業は原則として日本語で行われますので、留学生には大学院の授業を理解できる高度な日本語能力が求められます。それを示す資料として、出願時に次のいずれかの日本語試験結果を提出してください。提出された試験の成績は選考の対象となります。

    • ア.日本語能力試験(N1):「日本語能力試験認定結果及び成績に関する証明書」
    • イ.日本留学試験(日本語):「日本留学試験成績に関する証明書」
3.試験日・出願期間・合格発表日
試験日 2020年7月4日(土)
出願期間※1 2020年6月11日(木)から6月24日(水)
合格発表日※2 020年7月10日(金)
入学手続締切日※3 1次締切 2020年7月27日(月)
2次締切 2020年8月24日(月)
※1.
出願期間最終日の消印有効。
※2.
郵送にて通知。来学・電話などによる合否の照会にはいっさい応じません。
※3.
<1次締切>入学金の納付。
<2次締切>入学金を除く学費等の納付および入学手続書類の提出。
4.出願書類

必要事項は全て黒ボールペンで、出願者本人が自筆により記入してください。

No. 出願書類 必要の有無 注意事項
一般選抜 社会人特別選抜 外国人留学生
1 入学志願書 本大学院所定用紙。
専修・専攻志望科目欄は、「専修・専攻科目および担当教員」を参照の上、志望研究科で専修または専攻しようとする学科目を選定し記入すること(担当教員が複数の学科目については、第2・第3志望の担当教員も記入すること。なお、入学時に指導体制を勘案し、指導教員を変更する場合があります)。
指導教員欄には専修・専攻志望科目欄に記入した科目の担当教員のみを記入すること。第2・第3志望欄に別の科目の担当教員を記入しないこと。異なる科目の担当教員を記入した場合、第1志望の担当教員についてのみ有効とする。
写真(注3.参照)を枠内に貼付すること。
2 志願票 本大学院所定用紙。
志願票に写真(注3.参照)を枠内に貼付すること。
3 各種証明書 出願前3か月以内に発行されたもの。
(1)修士を修了した者は、修士の成績証明書および学位授与証明書。
(2)修士を修了見込みの者は、修士の成績・学位取得見込証明書。
(3)証明書に記載されている氏名が、婚姻等により現在の氏名と異なる場合は、同一人物であることを証明する公的書類(戸籍抄本等)を添付すること。
4 修士論文 修士論文および要旨(3,000字程度)を各3部、他に著書・論文(コピー可)があれば併せて提出すること。修士課程において論文を提出していない場合は、修士論文に代わる研究報告書を提出すること。
5 志望理由書 本大学院所定用紙(記入は出願者の自筆に限る)。
6 研究計画書 本大学院所定用紙(記入は出願者の自筆に限る)。
(外国人留学生は日本語または英語で書かれたもの)
(1)記入内容が3ページ以上にわたる場合は、所定用紙の裏面を必要分コピーして記入すること。
(2)担当教員が複数の学科目については、第1志望の指導教員を記入すること。
7 語学試験の結果 次のいずれかの日本語試験の結果を提出。
(1)日本語能力試験(N1)
「日本語能力試験認定結果及び成績に関する証明書」(2019年7月実施、または2019年12月実施分)
(2)日本留学試験(日本語)
「日本留学試験成績に関する証明書」(2019年6月実施、または2019年11月実施分)
8 推薦書 最終出身校において指導を受けた教員またはこれに代わる推薦者によるもの。
9 履歴書 本大学院所定用紙(記入は出願者の自筆に限る)。
10 パスポートおよび在留カードのコピー パスポートは、本人に関する記載事項のすべての欄、来日歴のある者は日本への出入国歴が記載されている箇所のコピーを提出。
在留カードは、表裏両面のコピーを提出。
11 奨学金の証明書類 国費またはそれに準ずる奨学金の受給が決定している者は、証明書のコピー。(該当者のみ)
(注)1.
「必要の有無」欄の○は必ず提出するものを示し、△は任意提出資料を示す。
(注)2.
「健康診断書」を提出する必要はないが、場合により提出を求めることがある。
(注)3.
写真:上半身正面脱帽、背景なし、縦4㎝・横3㎝、出願前3か月以内に撮影したものとし、裏面に氏名を記入すること。
5.入学検定料

35,000円

(1)
入学検定料は、すべて銀行振込(電信扱)にしてください(郵便普通為替証書、現金による納付は認めません)。
※ATM(現金自動預入払出機)での振り込みはできません。
(2)
振込用紙は、志願票・入学検定料振込領収書・入学検定料振込依頼書が一枚綴りになっているので、所定事項を記入し、切り離さずに入学検定料を添えて銀行窓口へ提示してください。
(3)
振り込み後、志願票(取扱銀行収納印のないものは無効)を出願書類とともに郵送してください。
なお、入学検定料振込領収書(取扱銀行収納印のないものは無効)は各自で保管してください。
(4)
既納の入学検定料は、返還しません。
6.専修・専攻科目および担当教員、試験時間・試験科目

各研究科をご確認ください。

博士課程では、研究指導が可能な学科目のうちから、専修もしくは専攻科目を選定しなければなりません。なお、研究指導を担当する教員(指導教授)は、変更になる場合があります。また、履修規程、シラバス等については、本学 大学院ホームページを参照してください。

大阪学院大学 大学院教務事務室 〒564-8511 大阪府吹田市岸部南2-36-1
Tel : 06-6381-8434 (代表)  /  E-mail : gsoffice@ogu.ac.jp