大阪学院大学 大学紹介

教育課程編成・実施の方針

  • 通信教育部

    商学部(通信教育)では、学位授与の方針に掲げる能力を養成するため、以下のとおり教育課程を編成・実施する。

    • マーケティング、グローバルビジネス、財務情報に関する各種科目を設け、さらにその周辺科目も多数配することで、商学の体系的な学修による経済社会についての情報収集・分析・発信能力の涵養を促す。
    • 順次性をもって学修できるように、専門科目の年次配列に配慮し、効果的な学修を促進している。
    • 視野の広い実践的な人格・社会人としての正しい見識や倫理感を培い、獲得した知識・技能等を総合的に活用して課題を解決する能力の涵養を促す。
    • 簿記や販売士など多数の資格関連科目を設け、積極的に資格取得を促すことで、実学を重視したキャリア関連教育にも留意している。

    履修科目の単位認定にあたっては、科目の性質に応じて筆記試験、リポート試験、平常点などを適切に組み合わせて評価し、その方法と配点は開講前にシラバスに明示する。

    このページの先頭へ
  • 通信教育部

    • 共通科目による幅広い教養、専攻科目による体系的なカリキュラムの編成と、それに応じた授業内容の構築。
    • 経済社会に関する情報収集・分析・発信能力の養成。
    • 実学を重視した授業の実施。
    • 社会人としての正しい見識や倫理感の養成。
    • 視野の広い実践的な人格や態度に基づいて、獲得した知識・技能等を総合的に活用し、課題を解決する能力の修得。
    • 上記方針を通信教育課程の授業形態(通信授業、面接授業)に沿って実施。
    このページの先頭へ
.