大阪学院大学 大学紹介
  1. 大阪学院大学ホーム
  2.  > 大学紹介
  3.  > 大阪学院大学短期大学部 学則(総則、学科・学生定員・修業年限、学年・学期及び休業日、授業科目、履修方法及び算定方法)

大阪学院大学短期大学部 学則

第1章 総則

第1条

本学は実践的な大学教育を施すことを目的とし、専門職業に必要な高等の学術を教育及び研究し、わが国産業の発達に貢献することを使命とする。

第2章 学科・学生定員・修業年限

第2条

  1. 本学の学科及び学生定員は、次のとおりとする。
    学科 定員
    入学定員 総定員
    経営実務科 50名 100名
  2. 本学の学科における人材の養成に関する目的、その他の教育研究上の目的については、 別にこれを定める。

第3条

  1. 本学の修業年限は、2カ年とする。
  2. 本学に在学する年限は、4年を超えることができない。

第3章 学年・学期及び休業日

第4条

学年は、毎年4月1日に始まり、翌年3月31日に終る。

第5条

学年度を分けて次の2学期とする。
前期 4月1日から9月30日まで (前期期間中に第1ターム、第2ターム及びサマーセッションを設ける)
後期 10月1日から3月31日まで (後期期間中に第3ターム、第4ターム及びスプリングセッションを設ける)

第6条

  1. 休業日は、次のとおりとする。
    (1)日曜日
    (2)国民の祝日に関する法律に規定する日
    (3)本学創立記念日 6月2日
    (4)夏期休業 9月上旬から9月30日まで
    (5)冬期休業 12月下旬から1月7日まで
  2. 前項に定めたものの他必要に応じて学長は、臨時に授業を休止することができる。

第4章 授業科目

第7条

本学の授業科目及び単位数は、別表のとおりとする。
ただし、学科目及び単位数は教授会の議を経て変更することがある。

第5章 履修方法及び算定方法

第8条

  1. 本学生の卒業に必要な授業科目及び単位数は、次のとおりとする。
    授業科目 単位数(経営実務科)
    総合基礎 10単位以上 必修科目10単位を含む。
    ビジネスファウンデーション 6単位以上 必修科目4単位と選択必修科目2単位を含む。
    マネジメント・コントロール 8単位以上 必修科目4単位と選択必修科目4単位を含む。
    会計・金融 4単位以上 必修科目4単位を含む。
    アドミニストレーション 修得した単位は、卒業単位数に充当できる。
    単位認定
    合計 62単位
  2. 本学は正規の授業の他に特別講座を開設することができる。

第9条

各学科の授業科目の単位数は、次の基準によって計算する。
(1)講義及び演習については、15時間から30時間までの授業をもって1単位とする。
(2)実習及び実技については、30時間から45時間までの授業をもって1単位とする。

第10条

  1. 授業科目を履修しその試験に合格した者には、所定の単位を与える。
  2. 学習の評価は、S・A・B・C・D・Eとし、S・A・B・Cは合格、D・Eは不合格とする。

第11条

  1. 本学が教育上有益と認めるときは、他の短期大学又は大学(外国の短期大学・大学を含む)で履修した授業科目について修得した単位及び文部科学大臣が定める教育施設等における学修について、本学における授業科目の履修とみなすことができる単位を教授会の議を経て30単位を超えない範囲で卒業に必要な単位として認定することができる。
  2. 本学が教育上有益と認めるときは、入学前に短期大学又は大学において履修した授業科目について修得した単位(科目等履修生として修得した単位を含む)及び文部科学大臣が定める教育施設等における学修について、本学における授業科目の履修とみなすことができる単位を教授会の議を経て卒業に必要な単位として認定することができる。
  3. 前項の単位数は、本学において修得した単位以外のものについては、第1項により修得したものとみなす単位数と合わせて30単位を超えないものとする。
    ただし、外国の短期大学又は大学で修得した単位を含む場合は、45単位を超えないものとする。
このページの先頭へ
.
.