大阪学院大学 大学紹介
  1. 大阪学院大学ホーム
  2.  > 大学紹介
  3.  > 大阪学院大学短期大学部 学則(卒業及び学位、入学・転学・退学・休学・留学、賞罰、入学検定料・入学金・授業料・施設設備費・聴講料及び受講料、図書館、職員組織〈抜粋〉、教授会〈抜粋〉、聴講生・科目等履修生・単位互換履修生・外国人留学生、別表)

大阪学院大学短期大学部 学則

第6章 卒業及び学位

第12条

  1. 本学を卒業するためには、本学に2年以上在学し、第8条に定めるところにより必要な単位を修得しなければならない。
  2. 前項の条件を満たした者については、教授会の議を経て学長が卒業を認定し、学位を授与する。
  3. 本学卒業者の短期大学士の学位は次のとおりとする。
    学科 学位
    経営実務科 短期大学士(経営実務学)

第7章 入学・転学・退学・休学・留学

第13条

入学の時期は、学年度の始めとする。

第14条

本学に入学できる者の資格は、次の各号の一に該当する女子とする。
(1)高等学校若しくは中等教育学校を卒業した者
(2)通常の課程による12年の学校教育を修了した者(通常の課程以外の課程によりこれに相当する学校教育を修了した者を含む)
(3)外国において学校教育における12年の課程を修了した者又はこれに準ずる者で文部科学大臣の指定したもの
(4)文部科学大臣が高等学校の課程と同等の課程を有するものとして認定した在外教育施設の当該課程を修了した者
(5)文部科学大臣の指定した者
(6)高等学校卒業程度認定試験規則による高等学校卒業程度認定試験に合格した者(旧規程による大学入学資格検定に合格した者を含む)
(7)本大学において、個別の入学資格審査により、高等学校を卒業した者と同等以上の学力があると認めた者で、18歳に達したもの

第15条

入学者は、試験によって決定する。入学試験の方法は、その都度これを定める。

第16条

入学に必要な手続きは、別にこれを定める。

第17条

学生が疾病その他やむを得ない事由のため、休学又は退学を願い出たときは、これを許可することができる。休学の期間は、第3条に規定する在学期間に算入しない。

第18条

前条により退学者が再入学を願い出たときは、試験のうえ許可することができる。

第19条

学長の許可を受けることなく、他の大学へ入学又は編入学を願い出ることはできない。

第20条

  1. 本学が教育上有益と認めるときは、休学することなく、外国の短期大学又は大学等に留学することを許可することができる。
  2. 留学に関する規程は、別にこれを定める。

第8章 賞罰

第21条

特に品行方正・学術優秀・志操堅固な者は、これを表彰する。

第22条

本学の規則に違反したとき、又は学生の本分にもとる行為があると認めたときは、懲戒を加える。

第23条

懲戒処分は、謹慎・停学及び退学とする。退学は、次の各号の一に該当する者について行う。
(1)性行不良で改善の見込がないと認められる者
(2)学力劣等で成業の見込がないと認められる者
(3)正当の理由がなくて出席が常でない者
(4)本学の秩序を乱し、その他学生としての本分に反した者

第9章 入学検定料・入学金・授業料・施設設備費・聴講料及び受講料

第24条

本学に入学を志願する者は、入学検定料を納付しなければならない。

第25条

本学に入学又は編入学を許可された者は、入学金・授業料・施設設備費並びに設備維持費を所定の期日までに納付しなければならない。

第26条

学生は、授業料を前期と後期に分納することができる。

第27条

  1. 聴講生は、聴講料を納付しなければならない。
  2. 科目等履修生は、受講料を納付しなければならない。

第28条

第24条の入学検定料、第25条の学費並びに第27条の聴講料・受講料は、別表のとおりとする。

第29条

既納の入学検定料及び学費その他は、如何なる事情があっても返付しない。

第30条

  1. 授業料その他の学費の納付を怠った者は除籍する。
  2. 前項により除籍された者が復籍を願い出たときは、試験のうえ許可することができる。

第10章 図書館

第31条

本学に図書館を置く。

第32条

図書館の細則は、別にこれを定める。

第11章 職員組織〈抜粋〉

第33条

本学に学長、教授、准教授、講師、助教、助手、事務職員及びその他必要な職員を置く。

第12章 教授会〈抜粋〉

第36条

本学に教授会を置く。

第13章 聴講生・科目等履修生・単位互換履修生・外国人留学生

第40条

  1. 特定の授業科目について聴講を願い出る者があるときは、選考のうえ聴講生として、これを許可することができる。
  2. 特定の授業科目について履修を願い出る者があるときは、選考のうえ科目等履修生として、これを許可することができる。
  3. 他の短期大学・大学の学生で大学間の協定にもとづき特定の授業科目の履修を願い出る者があるときは、選考のうえ単位互換履修生として、これを許可することができる。
  4. 科目等履修生および単位互換履修生は履修した授業科目の試験に合格した場合は、所定の単位を与えることができる。
  5. 聴講生・科目等履修生・単位互換履修生に関する規程は、別にこれを定める。

第41条

  1. 外国人留学生として、本学に入学を希望する者があるときは、選考のうえ、入学を許可することができる。
  2. 外国人留学生に関する規程は、別にこれを定める。

第42条

特別の規定のない限り、本学則は、聴講生・科目等履修生においてもこれを準用する。
ただし、第12条の規定はこれを準用しない。

附則
本学則は、昭和37年4月1日から施行する。

附則 〔経営実務科第二部増設及び名称変更による学則改正〕
本学則は、昭和38年4月1日から施行する。

附則 〔名称変更による学則改正〕
本学則は、昭和42年4月1日から施行する。

附則 〔経営実務科第二部廃止による学則改正〕
本学則は、昭和57年4月1日から施行する。

附則 〔定員変更による学則改正〕
本学則は、昭和61年4月1日から施行する。

附則 〔国際文化学科増設による学則改正〕
本学則は、昭和62年4月1日から施行する。

附則 〔経営実務科・国際文化学科再課程認定申請による学則改正〕
本学則は、平成2年4月1日から施行する。

附則
本学則は、平成3年4月1日から施行する。
ただし、第2条の規定にかかわらず平成3年度から平成11年度までの入学定員は次のとおりとする。

学科 入学定員
経営実務科 400名
国際文化学科 400名

附則
本学則は、平成4年4月1日から施行する。

附則
本学則は、平成5年4月1日から施行する。
ただし、平成4年度以前の入学生に対しては、第7条、第8条、第9条は適用せず従来どおりとする。

附則 〔期間付入学定員変更及び教育職員免許状に係る教科についての課程認定申請による学則改正〕
本学則は、平成12年4月1日から施行する。
ただし、第2条の規定にかかわらず平成12年度から平成15年度までの入学定員は次のとおりとする。
学科 入学定員
平成
12年度
平成
13年度
平成
14年度
平成
15年度
経営実務科 300名 300名 280名 240名
国際文化学科 260名 220名 200名 200名

附則
本学則は、平成13年4月1日から施行する。

附則
本学則は、平成14年4月1日から施行する。

附則
本学則は、平成17年4月1日から施行する。

附則
本学則は、平成18年3月1日から施行する。

附則
本学則は、平成19年4月1日から施行する。

附則
本学則は、平成20年4月1日から施行する。

附則
本学則は、平成21年4月1日から施行する。

附則
本学則は、平成22年4月1日から施行する。

附則
本学則は、平成23年4月1日から施行する。

附則
本学則は、平成24年4月1日から施行する。

附則
  1. 本学則は、平成25年4月1日から施行する。
  2. 前項にかかわらず、平成24年度以前に入学した者については、従前の例によるものとする。

附則
本学則は、平成26年4月1日から施行する。

附則
本学則は、平成27年4月1日から施行する。

附則
本学則は、平成28年4月1日から施行する。

附則
  1. 本学則は、平成29年4月1日から施行する。
  2. 第6条第1項の夏期休業日及び冬期休業日は、学年暦に基づくものとする

附則
本学則は、2020年4月1日から施行する。

第7条

別表(略)

第28条

別表

  1. 検定料 35,000円
  2. 入学金 200,000円 (入学時のみ)
  3. 授業料・施設設備費 (年額)
    (円)
    種別 入学年度
    2020年度 2019年度以前
    授業料 928,000 928,000
    施設設備費 140,000 120,000
    1,068,000 1,048,000
  4. 聴講料 8,000円(受講科目1単位につき)
  5. 受講料 10,000円(受講科目1単位につき)
このページの先頭へ
.
.