大阪学院大学 大学紹介
  1. 大阪学院大学ホーム
  2.  > 大学紹介
  3.  > 大阪学院大学 学則(授業科目履修方法)

 

第1章 総則

第6条

  1. 本大学の修業年限は、4年とし、8学期に分ける。
  2. 本大学に在学する年数は、8年を超えることはできない。

第7条

  1. 本学生の卒業に必要な授業科目及び単位数は、次のとおりとする。
    商学部 商学科
    区分 卒業必要単位数 備考
    共通科目 初年次教育 1年次前期に履修すること。
    修得した単位は、卒業単位数に充当できる。
    教養 10単位以上  
    言語 4単位以上 1外国語4単位必修
    実務基礎 修得した単位は、卒業単位数に充当できる。
    専攻科目 基礎科目 52単位以上 必修4科目8単位(基礎科目)及び専攻するコースの必修科目4単位と選択必修科目から修得した16単位を含む。
     ・マーケティング戦略コース
     ・グローバル・ビジネスコース
     ・財務情報コース
    基幹科目
    専攻応用科目
    専攻共通科目 12単位以上  
    演習科目 ゼミナールⅠA 2単位 8科目16単位
    「ゼミナールⅣA・ⅣB」の4単位は専攻科目の単位で代替できる。
    ゼミナールⅠB 2単位
    ゼミナールⅡA 2単位
    ゼミナールⅡB 2単位
    ゼミナールⅢA 2単位
    ゼミナールⅢB 2単位
    ゼミナールⅣA 2単位
    ゼミナールⅣB 2単位
    実践課題研究Ⅰ 修得した単位は、卒業単位数に充当できる。
    実践課題研究Ⅱ
    実践課題研究Ⅲ
    合計 124単位  
    規定の卒業必要単位数以外の単位については他学部等で修得した単位を充当することができる。

    経営学部 経営学科
    区分 卒業必要単位数 備考
    共通科目 初年次教育 1年次前期に履修すること。
    修得した単位は、卒業単位数に充当できる。
    教養 10単位以上  
    言語 4単位以上 1外国語4単位必修
    実務基礎 修得した単位は、卒業単位数に充当できる。
    専攻科目 基礎科目 14単位  
    経営基幹科目 16単位以上 規定の単位数を超えて修得した単位は、経営応用科目・経営関連科目・経営グローバル科目の単位数に充当できる。
    経営応用科目 28単位以上 コース別必修科目8単位を含む。
    経営関連科目
    経営グローバル科目
    演習科目 ゼミナールⅠA 2単位 「ゼミナールⅡA・ⅡB・ⅢA・ⅢB・ⅣA・ⅣB」の12単位は、専攻科目の単位で代替できる。
    ゼミナールⅠB 2単位
    ゼミナールⅡA 2単位
    ゼミナールⅡB 2単位
    ゼミナールⅢA 2単位
    ゼミナールⅢB 2単位
    ゼミナールⅣA 2単位
    ゼミナールⅣB 2単位
    実践課題研究Ⅰ 修得した単位は、卒業単位数に充当できる。
    実践課題研究Ⅱ
    実践課題研究Ⅲ
    合計 124単位  
    規定の卒業必要単位数以外の単位については他学部等で修得した単位を充当することができる。

    経営学部 ホスピタリティ経営学科
    区分 卒業必要単位数 備考
    共通科目 初年次教育 1年次前期に履修すること。
    修得した単位は、卒業単位数に充当できる。
    教養 10単位以上  
    言語 4単位以上 1外国語4単位必修
    実務基礎 修得した単位は、卒業単位数に充当できる。
    専攻科目 基礎科目群 10単位以上 必修10単位含む。
    経営学基礎科目群 4単位以上 必修4単位含む。
    ホスピタリティ経営学科目群 コア科目 12単位以上 必修4単位含む。
    業界科目 ホテル・レストラン業界 32単位以上  
    ツーリズム・エアライン業界
    イベントマネジメント業界
    専門科目 マーケティング
    ファイナンス
    経営人材
    企業実習
    演習科目 ゼミナールⅠA 2単位 「ゼミナールⅢA・ⅢB・ⅣA・ⅣB」の8単位は、専攻科目の単位で代替できる。
    ゼミナールⅠB 2単位
    ゼミナールⅡA 2単位
    ゼミナールⅡB 2単位
    ゼミナールⅢA 2単位
    ゼミナールⅢB 2単位
    ゼミナールⅣA 2単位
    ゼミナールⅣB 2単位
    実践課題研究Ⅰ 修得した単位は、卒業単位数に充当できる。
    実践課題研究Ⅱ
    実践課題研究Ⅲ
    合計 124単位  
    規定の卒業必要単位数以外の単位については他学部等で修得した単位を充当することができる。

    経済学部 経済学科
    区分 卒業必要単位数 備考
    共通科目 初年次教育 1年次前期に履修すること。
    修得した単位は、卒業単位数に充当できる。
    教養 6単位以上  
    言語 4単位以上 1外国語4単位必修
    実務基礎 修得した単位は、卒業単位数に充当できる。
    専攻科目 基礎科目 6単位 規定の単位数を超えて修得した単位は、コース科目の選択必修科目の単位数に充当できる。
    コース科目 理論 46単位以上 専攻するコースの必修科目2単位と選択必修科目26単位を含む。
     ・産業経済コース
     ・公共経済コース
     ・スポーツ経済コース
     ・グローバル・エコノミーコース
    分析・ツール
    政策・制度
    歴史
    コース外科目 修得した単位は、卒業単位数に充当できる。
    関連科目 スポーツサイエンス
    特別講義
    ワークショップ
    研修・留学
    演習科目 フレッシュマンゼミナール A 2単位 8科目16単位

    「基礎ゼミナールA・B」
    「専門ゼミナールI・II・III・IV」
    の12単位は、ワークショップと専攻科目(関連科目を除く)の単位で代替できる。ただし、専攻科目(関連科目を除く)の上限は8単位とする。
    フレッシュマンゼミナール B 2単位
    基礎ゼミナールA 2単位
    基礎ゼミナールB 2単位
    専門ゼミナールI 2単位
    専門ゼミナールII 2単位
    専門ゼミナールIII 2単位
    専門ゼミナールIV 2単位
    実践課題研究Ⅰ 修得した単位は、卒業単位数に充当できる。
    実践課題研究Ⅱ
    実践課題研究Ⅲ
    合計 124単位  
    規定の卒業必要単位数以外の単位については他学部等で修得した単位を充当することができる。

    法学部 法学科
    区分 卒業必要単位数 備考
    共通科目 初年次教育 1年次前期に履修すること。
    修得した単位は、卒業単位数に充当できる。
    教養 10単位以上  
    言語 4単位以上 1外国語4単位必修
    実務基礎 修得した単位は、卒業単位数に充当できる。
    専攻科目 先修科目群 64単位以上 専攻するコースの先修科目群と基幹科目群を合わせて40単位以上修得すること。ただし、先修科目群は18単位以上修得すること。
    基幹科目群
    展開科目群
    関連科目 修得した単位は、卒業単位数に充当できる。
    演習科目 一般ゼミナール A 2単位 8科目16単位
    「専門ゼミナールⅡA・ⅡB」の4単位は、専攻科目(先修科目群または基幹科目群)の単位で代替できる。
    一般ゼミナール B 2単位
    入門ゼミナール A 2単位
    入門ゼミナール B 2単位
    専門ゼミナールⅠA 2単位
    専門ゼミナールⅠB 2単位
    専門ゼミナールⅡA 2単位
    専門ゼミナールⅡB 2単位
    実践課題研究Ⅰ 修得した単位は、卒業単位数に充当できる。
    実践課題研究Ⅱ
    実践課題研究Ⅲ
    合計 124単位  
    規定の卒業必要単位数以外の単位については他学部等で修得した単位を充当することができる。

    外国語学部 英語学科
    区分 卒業必要単位数 備考
    共通科目 初年次教育 1年次前期に履修すること。
    修得した単位は、卒業単位数に充当できる。
    教養 6単位以上  
    言語 4単位以上 英語以外の1外国語4単位必修
    実務基礎 修得した単位は、卒業単位数に充当できる。
    専攻科目 基礎科目 28単位  
    応用科目 英語実践科目群 24単位以上 〔英語実践コース〕
    「英語実践科目群」から16単位以上修得すること。

    〔英語教育コース〕
    「英語教育科目群」から16単位以上修得すること。
    英語教育科目群
    関連科目群
    演習科目 ゼミナールⅠA 1単位 16単位
    ゼミナールⅠB 1単位
    ゼミナールⅠC 1単位
    ゼミナールⅠD 1単位
    ゼミナールⅡA 1単位
    ゼミナールⅡB 1単位
    ゼミナールⅡC 1単位
    ゼミナールⅡD 1単位
    ゼミナールⅢA 1単位
    ゼミナールⅢB 1単位
    ゼミナールⅢC 1単位
    ゼミナールⅢD 1単位
    ゼミナールⅣA 1単位
    ゼミナールⅣB 1単位
    ゼミナールⅣC 1単位
    ゼミナールⅣD 1単位
    実践課題研究Ⅰ 修得した単位は、卒業単位数に充当できる。
    実践課題研究Ⅱ
    実践課題研究Ⅲ
    合計 124単位  
    規定の卒業必要単位数以外の単位については他学部等で修得した単位を充当することができる。

    国際学部 国際学科
    区分 卒業必要単位数 備考
    共通科目 初年次教育 1年次前期に履修すること。
    修得した単位は、卒業単位数に充当できる。
    教養 6単位以上  
    言語 4単位以上 1外国語4単位必修
    実務基礎 修得した単位は、卒業単位数に充当できる。
    専攻科目 基礎科目 14単位以上 必修8単位を含む。
    海外留学科目 16単位以上 必修8単位を含む。
    国際協力科目 20単位以上 〔国際協力コース〕12単位以上を含む。
    地域理解科目 〔地域理解コース〕12単位以上を含む。
    演習科目 ゼミナールⅠA 2単位 必修
    ゼミナールⅠB 2単位
    ゼミナールⅡA 2単位
    ゼミナールⅡB 2単位
    卒業研究ⅠA 2単位
    卒業研究ⅠB 2単位
    卒業研究ⅡA 2単位
    卒業研究ⅡB 2単位
    実践課題研究Ⅰ 修得した単位は、卒業単位数に充当できる。
    実践課題研究Ⅱ
    実践課題研究Ⅲ
    合計 124単位  
    規定の卒業必要単位数以外の単位については他学部等で修得した単位を充当することができる。
    また教職課程を除く資格課程及び資格養成課程で修得した単位(国際学部指定科目のみ)は、卒業単位数に充当することができる。

    情報学部 情報学科
    区分 卒業必要単位数 備考
    共通科目 初年次教育 1年次前期に履修すること。
    修得した単位は、卒業単位数に充当できる。
    教養 10単位以上 「数学」は必修
    言語 4単位以上 1外国語4単位必修
    実務基礎 修得した単位は、卒業単位数に充当できる。
    専攻科目 基幹クラスタ 18単位
    以上
    左記の要件を満たしかつ、基幹クラスタと主専攻クラスタから36単位以上 64単位
    以上
    「プログラミング実習IA・IB・ⅡA・ⅡB」は必修

    開クラスタ
    コンピュータのハードウェアとソフトウェア 主専攻クラスタから12単位以上  
    情報システムとネットワーク
    マルチメディアとコンテンツ技術
    情報ビジネスと社会
    データ情報の活用
    演習科目 ゼミナールⅠA 2単位 必修
    ゼミナールⅠB 2単位 必修
    ゼミナールⅡA 2単位 2年次で履修すること。
    ただし単位を修得できなかった場合は、それぞれ専攻科目の単位で代替することができる。
    ゼミナールⅡB 2単位
    ゼミナールⅢA 2単位 必修
    ゼミナールⅢB 2単位 必修
    卒業研究A 2単位 必修
    卒業研究B 2単位 必修
    実践課題研究Ⅰ 修得した単位は、卒業単位数に充当できる。
    実践課題研究Ⅱ
    実践課題研究Ⅲ
    合計 124単位  
    規定の卒業必要単位数以外の単位については他学部等で修得した単位を充当することができる。
  2. 教育職員免許状を取得しようとする者は、本条前項の規定による他、第5条別表1から別表9の科目の中から、教育職員免許法・同法施行規則に定める所定の単位及び本学で定める所定の単位を修得しなければならない。
    学校図書館司書教諭の資格を得ようとする者は、本条前項の規定による他、教育職員免許法に定める教諭の普通免許状を有し、学校図書館法・学校図書館司書教諭講習規程に基づき、第5条別表12の科目の所定の単位を修得しなければならない。
  3. 本大学にて取得できる教育職員免許状は、次のとおりとする。
    学部 学科 取得できる教員免許状の種類 免許教科
    商学部 商学科 高等学校教諭一種免許状 商業
    経営学部 経営学科 高等学校教諭一種免許状 商業
    経済学部 経済学科 中学校教諭一種免許状 社会
    高等学校教諭一種免許状 地理歴史
    公民
    法学部 法学科 中学校教諭一種免許状 社会
    高等学校教諭一種免許状 地理歴史
    公民
    外国語学部 英語学科 中学校教諭一種免許状 英語
    高等学校教諭一種免許状 英語
    国際学部 国際学科 中学校教諭一種免許状 社会
    高等学校教諭一種免許状 地理歴史
    公民
    情報学部 情報学科 高等学校教諭一種免許状 情報
  4. 本大学国際学部に、図書館司書課程を置く。
    図書館司書の資格を得ようとする者は、本条第1項の規定による他、図書館法・図書館法施行規則に基づき、第5条別表10の科目の中から本学で定める所定の単位を修得しなければならない。
  5. 本大学国際学部に、学芸員課程を置く。
    学芸員の資格を得ようとする者は、本条第1項の規定による他、博物館法・博物館法施行規則に基づき、第5条別表11の科目の中から本学で定める所定の単位を修得しなければならない。
  6. 本大学国際学部に、日本語教員養成課程を置く。
    本課程を修了しようとする者は、本条第1項の規定による他、第5条別表13の科目の中から本学で定める所定の単位を修得しなければならない。
  7. 本大学国際学部に、認定心理士養成課程を置く。
    本課程を修了しようとする者は、本条第1項の規定による他、第5条別表14の科目の中から本学で定める所定の単位を修得しなければならない。
  8. 本大学は、正規の授業の他に特別講座を開設することができる。

第8条

各学部の授業科目の単位数は、次の基準によって計算する。
(1)講義及び演習については、15時間から30時間までの授業をもって1単位とする。
(2)実習及び実技については、30時間から45時間までの授業をもって1単位とする。

このページの先頭へ
.
.