大阪学院大学 大学紹介
  1. 大阪学院大学ホーム
  2.  > 大学紹介
  3.  > 大阪学院大学 学則(聴講生・科目等履修生・単位互換履修生・外国人留学生、賞罰、入学検定料・学費・聴講料・受講料及び奨学制度)

大阪学院大学 学則

第8章 聴講生・科目等履修生・単位互換履修生・外国人留学生

第30条

  1. 特定の授業科目について聴講を願い出る者があるときは、選考のうえ聴講生として、これを許可することができる。
  2. 特定の授業科目について履修を願い出る者があるときは、選考のうえ科目等履修生として、これを許可することができる。
  3. 他の大学・短期大学の学生で大学間の協定にもとづき特定の授業科目の履修を願い出る者があるときは、選考のうえ単位互換履修生として、これを許可することができる。
  4. 科目等履修生及び単位互換履修生は履修した授業科目の試験に合格した場合は、所定の単位を与えることができる。
  5. 聴講生・科目等履修生・単位互換履修生に関する規程は、別にこれを定める。

第31条

  1. 外国人留学生として、本大学に入学を希望する者があるときは、選考のうえ、入学を許可することができる。
  2. 外国人留学生に関する規程は、別にこれを定める。

第32条

特別の規定のない限り本学則は、聴講生・科目等履修生においてもこれを準用する。ただし、第5章第13条の規定は、これを準用しない。

第9章 賞罰

第33条

特に品行方正・学術優秀・志操堅固な者は、これを表彰する。

第34条

本大学の規則に違反したとき、又は学生の本分にもとる行為があると認めたときは、懲戒を加える。

第35条

  1. 懲戒処分は、謹慎・停学及び退学とする。退学は、次の各号の一に該当する者について行う。
    (1)性行不良で改善の見込みがないと認められる者
    (2)学業を怠り成業の見込みがないと認められる者
    (3)正当の理由がなくて出席常でない者
    (4)本大学の秩序を乱し、その他学生としての本分に反した者
  2. 前項の懲戒処分は、教授会の議を経て、学長がこれを行う。

第10章 入学検定料・学費・聴講料・受講料及び奨学制度

第36条

本大学に入学を志願する者は、入学検定料を納付しなければならない。

第37条

本大学に入学又は編入学を許可された者は、入学金・授業料・施設設備費並びに設備維持費を所定の期日までに納付しなければならない。

第38条

学生は、授業料を前期と後期に分納することができる。

第39条

  1. 聴講生は、聴講料を納付しなければならない。
  2. 科目等履修生は、受講料を納付しなければならない。

第40条

第36条の入学検定料、第37条の学費並びに第39条の聴講料・受講料は、別表のとおりとする。

第41条

既納の入学検定料及び学費その他は、如何なる事情があっても返付しない。

第42条

  1. 本大学に奨学制度を設ける。
  2. 奨学制度については、別にこれを定める。
このページの先頭へ
.
.