中国~香港理工大学(戎谷 紫都華)

| コメント(0) | トラックバック(0)

法学部4年次生 戎谷 紫都華

香港理工大学人文学部に留学中の法学部4年次生戎谷紫都華(えびすだにしずか)です。 

今回は、香港での生活環境について3つの観点から皆さんにお伝えしたいと思います。 

1. 日本の商品が多い

香港では、コンビニ、スーパーに驚くほど日本の商品が売られています。日本ではおなじみのイオンが香港にはたくさんあるのですが、香港のイオンに一歩足を踏み入れると、日本のスーパーそのものです。とても親日な国のため、日本の商品は特に人気があります。それも商品の良し悪しに関わらず、日本語が書かれている商品=良いというイメージがあるため、本当は日本製ではない商品がたくさん売られていたりします。よく見ると間違った日本語になっていたりするので、スーパーでそれらを見つけるのもおもしろさの一つです。

IMG-6045.jpg ソーセージ!?

2. 冷房が寒すぎる

香港の夏はかなり暑いため、エアコンが欠かせません。しかし、エアコンを効かせ過ぎているためか室内はかなり寒いです。特に教室や図書館の温度が低く、本当に震えます。そのため、みんな上着を持参しているのですが、外は汗ばむほど暑いので気温の変化に慣れるまではとても大変でした。また、11月になった今でも海やプールで泳ぐことができるくらい外はまだまだ暑いです。沖縄の気候を想像してもらえるとわかりやすいです。冬は比較的過ごしやすい寒さらしいので、今から冬が待ち遠しいです。ちなみに、理由はわかりませんが冬でも冷房をつける場所があるそうです。

IMG-6836.jpg

3. 交通手段について

香港は小さな街ですが、交通機関がとても発達しています。主な移動手段は、地下鉄、2階建てバス、ミニバス、トラム、フェリーの5つです。主要な場所はほとんど地下鉄(MTR)が通っていてかなり便利に過ごすことができ、日本に比べて料金も安いです。さらに学生は半額で利用でき、一駅間は30円ほどしかかかりません。また、香港島の方にはトラム(路面電車)も走っていたりして移動しながら景色を楽しむこともできます。この路面電車は降りる駅に限らず、どこに行っても一律30円ほどです。とにかく交通機関が安いので、香港人の友達は10分以上歩かないと言っていました。また、バスが信号待ちをしている時には前の車との幅が数センチ程しか空いていないくらいギリギリに停まるため、いつもハラハラさせられます。しかし、バスの2階から見る香港の景色は爽快なので、バスに乗る際は2階の座席で景色を楽しむことをお勧めします。これからもいろいろな交通手段を駆使して残りの香港生活を楽しみたいと思います。

IMG-6414.JPG

経営学部2年次生 Natalie Ng Lika

ここに来て一ヶ月に経って、ヨーロッパでの生活段々慣れて来ました。

先日、台湾の友達とCesky Krumlov(チェスキークルムロフ)で一泊二日行きました。プラハからバスで3時間かかりました。初めてプラハを離れ、別の都市に行くのはこんな早く行くことになるとは思わなかったです。

Cesky Krumlov.jpg Cesky Krumlov中心の地図

Cesky Krumlov2.jpg

街は小さくて、一日で周れます。写真では建物がプラハと同じように見えますが、街の雰囲気が違います。童話の世界に踏み込んでいるような感じでした。しかし、観光客特に中国人が多くて、自分が本当にヨーロッパにいるのか時々疑問に思うくらいでした。人気スポットで写真を撮るために、人を押したり自分勝手なことをしている人たちが目立ちました。だから私たちは観光客が少ない場所でゆっくりと景色を眺めました。チェコの国内の交通費は安いので、また近いうちに他の都市も見に行きたいと思います。

Cesky Krumlov3.jpg

それだけではなく、大学の交流会にも行きました。その交流会はバーで行われ、地下室のようなデザインですごく特別です。そこでたくさん人と出会って、たくさん話しました。そこでトルコ人の大学院生に出会って、2日後プラハの色々な観光スポット以外のところ連れていってもらいました。一番気になったのは街中にマーケットがあって、リーズナブルな値段でローカルの品物が売れていることです。12月のクリスマスマーケットはもっと規模が大きいと聞いたので期待しています。 

オリエンテーションで知り合った学生たちとは履修する授業が違うため、今はほぼ一人で授業を受けています。大学で友達と出会うことが難しいので、大学以外でももっと積極的に友達と交流ができる機会を作ろうと考えています。Na shledanou! Bye!

経済学部2年次生 川島 空斗

チェコで生活し始めて約1か月が経ちましたが、1ヶ月暮らしてようやく生活に慣れてきた感じがします。さて、今回のブログでは学校生活と僕の休日の過ごし方について話そうと思います。 

といいつつ、大学生活については授業のある日は毎日ほとんど同じことをしているのであまり話すことはないように思います。僕の住んでいるところから学校まで片道1時間くらいかかるので、授業が一科目しかない日は行くのが嫌になります。。。しかし、大学で友達と話をするのが楽しみになっているので何とか通えています。 

授業についてはかなり大変です。僕は経済系の授業を履修しないといけないのですが、先生の話すスピードも速く内容も難しいので日々苦労しています。授業はすべて英語ですが単語の意味が分からなさ過ぎて言っていることが理解できないことも多々あります。そのため日々の復習が欠かせません。また、聞いていた通りヨーロッパの学生は気になることがあればすぐに発言します。それを実際に目の当たりにしたときは日本との違いにただただ驚いていました。大学生活は以上になります。

IMG_2235.jpeg カレル橋

次に休日の過ごし方についてです。僕は履修の関係上金土日が休みなのですが、暇な日はほんとに何もせず1日中家にいることもよくあります。しかし、大学生活に慣れてきたのもあって、最近は友達と買い物に行ったり、ルームメイトと一緒にジムに行って運動したり、一緒に出掛けたりなど外出する日が増えてきました。また、ルームメイトに限らず毎日なるべく誰かと英語でコミュニケーションするようにしています。この前はルームメイトの友達と一緒にアニコンに行ったのですが、そこで思ったのはとにかく日本のアニメが人気だということです。ナルトはもちろんですが進撃の巨人や僕らのヒーローアカデミアなどのアニメもとても人気でした。ここに来てから幸いにも何人か友達ができたのですがその友達に共通しているのは みんな日本のアニメが好きだということです。正直僕はあまりアニメに興味がないのもありますが、彼らはほんとに詳しいです。日本については何かしら(アニメや日本食など)知っている人が多く、共通の話題もあるので、これからも彼らと積極的に会話しようと思います。

最近は先ほど言ったように生活にも慣れてきてようやくここでの生活が楽しいと思えてきました。もちろんまだ言いたいことが言えないもどかしさや発音が悪くうまく伝わらない悔しさはありますが、たとえ文法的に間違っていてもなんとか伝えることができるので、友達ともっと会話したいと思えるようになってきました。

IMG_2343.jpeg

今日は今から友達とジムに行くので今回はこのぐらいで終わろうと思います。

Na shledanou!!!

アメリカ~センテナリー大学(栩原 佑依)

| コメント(0) | トラックバック(0)

外国語学部2年次生 栩原 佑依

留学生活も残り1ヶ月と少しになりました。 

大学生活 

二週間前ほどにMidterm(中間試験)を終えました。私の取っているクラスのMidtermはアートクラスではアートについてのプレゼンテーション、ライティングとヨガクラスではレポート、映画クラスでは映像について分析した感想のペーパーテストという比較的難しくない方だったと思います。ですが、レポートは二週間ほど前から準備し始め、毎週のレポート課題も2つあるためMidterm期間が終わるまで課題やテスト、プレゼンテーションの準備で忙しく過ごしていました。1セメスターの半分を終え、後半から始まるダンスのクラスが新しく始まりました。ダンスクラスではまずは基本のリズムやグループでダンスを作ったりしています。この授業は舞台芸術専攻の学生が多いので、色々なアイディアがありとても楽しい授業です。

アートクラスでは定期的にイベントを開いてくれます。みんなで夕食を食べに行ったり、ハロウィン前に映画鑑賞会を開いてくれたり、私事ですが誕生日を迎えた時にサプライズでお祝いしてくれました。私が留学生だということもあり、みんなとてもよくしてくれます。

IMG_5571.jpg

留学生活 

11月になり、すでに冬が来たように感じます。10度前後の気温が続いていますが、体感温度はそれより寒く感じます。寮では暖房が効いているため部屋にいることが増えたように思います。私は、冬が来るのが早くすごく寒くなると寮の友達から聞いていたので、その前に行きたい所がたくさんあったため毎週のようにニューヨークを観光しました。私はメディア、映画専攻のために開催されたこちらのテレビ局のツアーに参加しました。それに加え、自由の女神、ハイライン、チェルシーマーケット、セントラルパーク、チャイナタウン、ウィリアムズバーグ、ブロードウェイ、いくつかの展覧会など。このように以前に加えたくさん観光に行くことができました。そして、CETの時の友達にニューヨークで再会することができました。

自由の女神.jpgIMG_4898.JPG

CETはアメリカの学生がほとんどだったため、この留学に来て以来連絡を取ることが増えました。よくお互いの近況報告を行い、課題の相談にも乗ってくれ、日本での留学中お世話になったからとよく私を助けてくれています。留学に来てさらにCETに参加して本当に良かったと感じています。

韓国~ダングック大学(梅原 燎)

| コメント(0) | トラックバック(0)

国際学部3年次生 梅原 燎

ダングック大学留学中の国際学部3年次生 梅原燎です。

早いくも留学生活が残り2ヶ月を切りました。10月半ばから昼と夜の温度差が目立つようになってきました。気温差で体調を崩し、留学生活では体調管理も大切な事に改めて気づかされました。

韓国での夏休みは釜山旅行に行きました。ずっと行ってみたかったので楽しみにしていたのですが、残念ながら2日目に雨が降り、綺麗な海の景色を見ることができずに帰ってきました。またリベンジ旅行したいです。

IMG_3912.jpg

9月から2学期目の語学堂の授業が始まり、毎日9時からの授業も再開しました。クラスも変わり、習う単語数も増え、勉強は大変ですが、充実した日々を過ごせていると思います。午後に履修している授業は少人数クラスで、教授と私たちとの距離が近く前期に履修していた授業と雰囲気が違い面白いです。ディスカッションや発表など難しいことも多いですが残り少し頑張っていきます。

残り2ヶ月、毎日を大切に過ごしたいです。

ドイツ~トリア大学(伊藤 涼果)

| コメント(0) | トラックバック(0)

外国語学部2年次生 伊藤 涼果

こんにちは。ドイツ・トリア大学に2学期間留学している伊藤涼果です。10月25日までオリエンテーション期間で、ドイツ語の授業を受けながら留学生向けのイベントに参加しました!2回目の今回は参加したイベントについて紹介します! 

1013日はトリアと同じラインラント=プファルツ州にあるライヒスブルク(コッヘム)城に行きました。 

IMG_E3910.JPG

この日は奇跡的に気温が高く、ドイツに来てから初めての快晴でした。みんなで外出するということしか知らなかったので、到着するまではどこに行くのかわかりませんでした。(皆さんはちゃんと予定表を確認しましょう。)

天気が良かったおかげか、たくさんの観光客で賑わっていました。ツアー形式での見学で、丁寧に英語で説明してくださるグループがありました。余談ですが、私は聞き取りも発音もアメリカ英語ですが、ドイツ訛りの英語にも慣れてきました✌

お城の入り口に行くまで歩いて行ったのですが、朝だったので気温が上がるまで時間がかかるためか霧がかかっていて幻想的な景色が見られました!

IMG_3577.JPG

中はこんな感じです。

dazz_camera_ct2f_20191013110830938.jpg

敵から王様を守るためのたくさんの種類の仕掛け扉があって時代ならではだなと感じました!足元にボタンがあって踏んで開けるドアの説明のときにどうやって開けるかというクイズがだされたときにガイドさんが「open sesame(ひらけゴマ)」と冗談でおっしゃったのが面白かったです!

IMG_3908.jpg

1019日にはトリアから北へ114㎞進んだところにあるボン(ノルトライン=ヴェストファーレン州)に行きました。まだ東西ドイツだったころ、西ドイツの首都だった街です。

IMG_E3909.JPG

皆さん、ボンと言えば?はい、そうです。ベートーヴェンの故郷ですよね!音楽好きとしてはとても嬉しかったです。(6年の吹奏楽人生でベートーヴェンを吹いたのは1曲だけ...16年のピアノ人生では何曲弾いたはず...記憶が曖昧)世界中で愛されている楽聖の故郷なので生家のその名もベートーヴェンハウスに行きました!

信号.jpg

弦楽器の他にベートーヴェンが使っていたピアノもありました。この信号機は生家に向かう途中で見つけました。車の信号機なのですが、青信号にだけ顔が描かれています。なぜ青だけなのかはわかりません。マンホールにもベートーヴェンが描かれていたのでとても愛されているなと感じました。

再び余談ですが、ボンよりもう少し北に行くとノルトライン=ヴェストファーレン州の州都であるデュッセルドルフという街があります。この街は私がドイツ語を勉強したいと思ったきっかけの大好きな声優さん・柿原徹也さんの出身地なんです。幼稚園のころは日本にいたそうですが18歳まで過ごしたそうです。YouTubeに日本語のセリフを英語とドイツ語に訳した音声があるのでぜひ聞いてください!(でもセリフの内容はあまり良くないのでイヤホンをして一人でいる時に聞いてください。)他に同じく声優さんの駒田航さんもどこの街かは分かりませんがドイツ出身だそうです。(両方イケメンなのでぜひ検索してみてください!)ふたりとも英語とドイツ語が話せるのでマルチリンガルです!かっこいい!私の夢がマルチリンガルになって外国語を使う仕事に就くことなので、ふたりみたいになれるように頑張ります!

余談のほうが長くなってしまいましたが、今回は以上です。次回は本格的に授業が始まって一ヶ月経っていると思いますので授業のことと学校のことを紹介できたらいいなと考えております。

Tschüss

フランス~ESCE(長島 唯)

| コメント(0) | トラックバック(0)

国際学部2年次生 長島 唯

こんにちは!国際学部2年生の長島 唯です。交換留学生としてフランスはパリのESCEに約半年間留学しています。全45回に渡り留学生活をブログ形式でお伝えする第3回の今回は、観光、旅行を中心に書いていきたいと思います。 

が、留学ブログという事で少し学校生活の話をさせて下さい。10月も後半に入り、パリはもうすっかり秋模様です。朝は暗く夜は肌寒く、日中も基本的には曇り空です。学校では中間テストの期間が始まり、留学生や在学生が空き時間にカフェテリア等で難しそうな顔をしながらパソコンと向き合っているのをよく見かけます。自分も例に洩れず、ここ一週間は今まで勉強した事を復習しています。この特に関係が無さそうに見える写真はマレ地区のカフェで撮った物です。ここは居心地が良い上においしいコーヒーが手頃な価格で飲めるので、友達と行くのにも課題をするのにも良い場所で、このテスト期間中は特にお世話になっています。

カフェ.jpeg

ESCEのテスト形式は様々ですが、自分の場合はプレゼンかケーススタディのどちらかです。プレゼンは与えられたテーマを調べ発表するという一般的な物ですが、ケーススタディというとあまり馴染みのある言葉ではないかも知れません。これは個人、会社、その他の特定の事例を分析し特定の理論に当てはまっているか確認したり、実際の状況においてどういった行動を取るのが適切なのかを考察したりする物です。自分達の場合まず67ページ程の報告書を読み、その後個人で自分たちが勉強した理論等を基にどこに問題点があるか、また事例から分かる理論の弱点は何か、自分ならどう問題を解決、改善するか等をレポート形式で記述し、提出します。かなりしんどいですが、テストが終わると最長10日間程の秋休みが待っています。実家に帰る人、パリに残る人、旅行に行く人など過ごし方は様々、自分は一週間ほどフランスを離れバルト三国の方に行きました、これに関しては後半でまた詳しく書きたいと思います。 

という訳でここからは今回のメインである観光の話を「市内」「国内」「国外」の大まかな3つに分けて書いていきたいと思います。

市内

まずは市内から。初回のブログで少し触れましたがパリはとても小さな街で、その上東西南北の端のエリアには特に観光する場所もないので移動範囲は更に狭まります。バス・メトロ共通のチケットを1回€1.9で買えばこれ1枚+徒歩でほぼどこにでも行けるので移動手段を考えるのに悩む事はまず無いです。そしてもう1つ絶対に紹介しておきたいのがパリ市が提供しているシェアリングサービスのVelibです。これは市内の至る所に設置されている自転車を月額€3で使い放題に出来るというとんでもないサービスで、雨の日以外ではこれ一択の交通手段です。

国内

続いて国内の移動について、これは基本的にバス・電車・飛行機の3つになります。それぞれの長所短所としてはまずバスが一番安く移動出来ますが時間がかかります。電車、つまりTGVはバスより早いですが、料金がしばしば高額になります。これは利用する時間帯を変える、極力早く予約しておく、割引サービスを利用する事などで出費を抑える事が可能です。数週間前にニースに行った時は片道約€60程でした、しかしこれは早く予約すれば片道€30以下になるので、早めに予定を決めておくのはかなり大事になってきます。そして少し話がズレますがニースはめちゃくちゃ良い所でした。シーズンも終わっていたのでどこも混んでおらず、気温も快適、とにかく海と空と街がきれいで、パリに戻るのが嫌になる程でした、ここはいつかまた来たいです。そして飛行機、料金はTGVと同等かそれより高く、また荷物の制限が厳しい、空港での手続きに時間がかかる等の弱点がありますが、当然3つの中で一番早く目的地に辿り着けます。個人的にはTGVをオススメしますが、前述の通り割引等の情報の確認は必須です。

画像2.jpeg ニースのプロムナードから

国外

そして最後に国外への旅行について、これは国内と同じでバス、電車、飛行機のどれかになってきます。メリットデメリットもほぼ同じです。1点だけ注意したいのは、1つの国に行く時は往復でどれか1つの交通手段を選べば大丈夫ですが、ヨーロッパ旅行ではメジャーな周遊をする際には、複数の交通手段を選ぶ事で費用を抑える事が可能という事です。今回バルト三国に行った自分を例にすると、まず一番距離のあるパリからリトアニア、そしてエストニアからパリまでを飛行機で取ります、往復で3万円程かかりますが時間と手間を考えると払う価値は十分あります。そしてその分3ヶ国間の移動をバスにしたり宿を極力安い物にしたりする事で何とか最終的に快適さと費用の両方の釣り合いを取れました。そしてあの辺り、特にリトアニアはとても物価が安いので、一度現地についてしまえばお金に関して心配することはまずないと思います。€10あれば確実に三食は食べられますし、バスには1時間50円で乗れます。現地の方々はとても親切で英語も普通に通じます。また全体的に観光客が少なくゆっくりと街を観光する事が出来るので、世界遺産である三都市の旧市街もストレスフリーで散策する事が可能です。

 画像3.jpeg ヴィルニュスの川沿いを走るトロリーバス

画像4.jpg バルト三国最大の都市リガの旧市街

鳩.jpeg カラフルな建物と鳥の街、タリンの展望台

という事で今回はパリを起点とした観光と旅行にテーマを絞って書いてみました。留学には興味がないけどフランスには旅行してみたい、という人の助けにもなれれば幸いです。次回の更新は126日以降を予定しています、次回のテーマは未定ですが、細かいテーマの物をいくつか書ければと思います。それではまた!À bientôt

中国~香港理工大学(戎谷紫 都華)

| コメント(0) | トラックバック(0)

法学部4年次生 戎谷 紫都華

香港理工大学人文学部に留学中の法学部4年次生 戎谷紫都華(えびすだにしずか)です。前回のブログでは学校生活について述べたので、今回は香港の食文化について話したいと思います。 

まず、私が一番驚いたことは香港の飲料は、温かい飲み物より、冷たい飲み物の方が値段が高いことです。料理を頼むとホットドリンクはセットとして無料で付いてくることが多いのですが、コールドは7HKドル(100円)ほど支払わなければなりません。それはカフェでも地元のレストランでも学食でも同じで、とにかく冷たい飲み物の方が高いです。また、日本だと食事中はお茶を飲むことが多いですが、香港ではレモンティーかミルクティーが主流です。普通に頼むとこの二つの飲み物は本当に甘い(コーラと同じ量の砂糖)ので、いつも少甜(シウティン)と言って注文しています。香港は温暖な気候なので暑いことが多いですが、どんなに暑い日でも我慢して、熱いものを頼んで節約したりしています! 

香港人の朝は、「飲茶」といって香港・マカオなどの広東地域で食べられている点心料理を食べる文化があります。この飲茶の食事方法が少し変わっていて、食事の前にはお湯を使って自分で食器を洗います。そうしてお皿やお箸を殺菌した後に食べるのがマナーです。中国茶と一緒に食事を楽しみ、お茶がなくなるとポットのフタを開けたままにしておきます。それが、お茶がなくなった合図となっていて、気づいた店員さんがお茶を足してくれます。その際、3本の指で机をポンポンポンと3回叩くと「ありがとう」という意味になります。飲茶には香港のおもしろい文化がたくさん詰まっているので、香港を訪れた際はぜひ食べに行ってみてください。

unnamed (1).jpg

また、イギリスの植民地の影響もあり、アフタヌーンティの文化があります。だいたい14時~15時頃に軽食と紅茶を楽しみます。この時間は、食事よりも食事相手とコミュニケーションを取ることが目的のため、一つのお店に長居する人が多いです。軽食には、香港のエッグタルトやパイナップルパンが有名です。

さらに、香港のデザートショップは、日本とは違い深夜遅くまで開いていることが多いです、レストランがほとんど閉まっているなか、夜中の12時や1時にデザート屋さんには行列ができていることがあります。香港の人は15食くらい食べているそうです。それでもみんな細くスタイルがいいので、今度その秘訣を教えてもらいたいです。

unnamed (4).jpg (本人右端)

特別なお祝い事や誰かの誕生日などに食べる「火鍋」という食文化もあります。日本でいうしゃぶしゃぶ鍋みたいなもので、一つの大きな鍋で2種類のスープを楽しめることが特徴です。日本ではあまり見ないような魚介類や練り物が多く、どれもとてもおいしいです。さすがに鴨の肝臓が入っていたときはびっくりしました。

unnamed (5).jpg

香港料理は非常に美味しく、日本よりも安く外食できます。持ち帰りの文化も発達していたり、ストローは紙でできていたりと環境への関心も高いです。香港のいろいろな美味しい料理を残りの滞在生活で開拓し、文化に触れたいと思います。

タイ~コンケーン大学(北尾 円)

| コメント(0) | トラックバック(0)

外国語学部3年次生 北尾 円

サワディーカー!タイ留学終了まで残り1か月になろうとしています。今回はタイ留学をした時必ず必要になるビザと90日レポートについて書こうと思います。

移民局.jpeg

私はタイ留学に行くにあたってビザを取得してタイに向かいました。ビザは初めに日本で三か月分のビザを取得し、タイの移民局に行って延長をしなくてはなりません。ビザに必要なものはほとんどコンケーン大学で用意してもらえるので前もって手続きをしていれば焦っていく必要はないです。それにビザには期限が書かれているため、忘れることを心配する必要もありません。 

忘れがちなのは90日レポートの方です。私も先日行ってきました。90日レポートはタイに来てから90日の前15日以内、後7日以内に自分が住んでいる住所やパスポート番号などの記入し移民局に提出しなければなりません。手続き自体は簡単にできるのですが、もし手続きを忘れてしまい、期間内に出来なければ最低でも2000バーツ(約7000円弱)か5000バーツ(18000円)ほどの罰金が科せられてしまいます。そうなるとタイの警察署のハンコが必要になり、パスポートに傷がついてしまうことになってしまうため、このレポートを提出することはかなり重要になります。タイ留学に行くことを考えている人は要注意です!!

カナダ~メディシンハット大学(松下 茉以)

| コメント(0) | トラックバック(0)

外国語学部3年次生 松下 茉以

私の住んでいるカナダのメディシンハットでは10月初め頃から気温はマイナスになり雪が降り積もる日が何度かありました。まず日本ではこんな時期から雪が降る事はなかったので心の底から驚き、これがカナダかと感じました。 

Mai snow.jpeg

この頃は寒くなってきたこともあり友達の寮でみんなと一緒にご飯を作って食べたり、いろんな国籍の人たちとパーティーをしたりする休日が増えてきました。 

先日はアクテビティーで無料シャトルバスに乗ってカルガリーに行く機会がありました、片道3時間という長旅でしたが新しい友達も増えてとても充実した1日だったと感じました。

私は今まで海外の友達ができたことがなかったのですが、こちらに来て初めて同じ留学生としてきている韓国人の友達がたくさんできました。彼らと話すときはもちろん英語ですが、韓国語を教えてもらったり、私が日本語を教えたりしています。私はもともと韓国に興味がなかったのですが、彼らと話しているうちに韓国についてたくさんのことを知ることができ、この留学が終わった後もいつかお互いの国を訪れてまた会おうねという約束をしました。こういった面で海外の友達を作ることは新しい自分の興味を見つけることの出来るとてもいい機会だと思いました。

Mai friends.jpg (本人右端)

来月は学校のスタディーブレイクという連休を使って韓国人の友達と2人でLAへ行く計画をしているので、次のブログではその旅行での体験などを伝えることができればと思っています。

最近のコメント

アイテム

  • IMG-6414.JPG
  • IMG-6836.jpg
  • IMG-6045.jpg
  • Cesky Krumlov3.jpg
  • Cesky Krumlov2.jpg
  • Cesky Krumlov.jpg
  • IMG_2343.jpeg
  • IMG_2235.jpeg
  • IMG_4898.JPG
  • 自由の女神.jpg

月別 アーカイブ

ウェブページ