2011年5月アーカイブ

他己分析~㈱エストレリータ 鈴木信之社長

| コメント(0) | トラックバック(0)
今秋、交換留学に行く学生向けに、㈱エストレリータ 鈴木 信之社長にお願いして、3回にわたり授業を担当していただきました。そのシリーズの最後が、他己分析。 この授業のハイライトともなるのが、鈴木社長が「言葉の花束」と呼ばれるグループワークです。これは何かと言うと、自分が第一印象でどう見えるのかを客観的に教えてもらうワークです。グループ内の学生たちから、第一印象で得たポジティブな面、ネガティブな面を教えてもらうことによって、自分を良く知らない他人が自分をどう見ているのかを知ることができます。これは相手を否定する、あるいは批判することとは全く別物です。これはあくまで、お互いを思い、会う人たちがほとんど初対面の海外生活でつまづかないようにすることを目的としています。そしてさらには、この先、就職活動の面接に行ったときに、初対面の面接官にどれだけ良い印象を与えられるかが、面接にパスする第1歩ともなるので、その時にも役立つワークです。 中々、周りの人から「あなたはこう見えるよ」といってもらうことのない私達。学生たちは、このワークを通して、自分では気付かないところを教えてもらえたことが、非常に良かったとコメントしていました。みんなからの愛のこもる「言葉の花束」を持って、留学に旅立ってもらいたいと思います。 本学の学生たちのためにご尽力くださった鈴木社長に、この場をお借りして御礼申し上げます! Suzuki1.jpg 真剣さあり、笑いありの授業 Suzuki2.jpg Classroom2.jpg

春期短期受入日本文化体験研修生19名が来学

| コメント(0) | トラックバック(0)
2011年5月8日(日)~5月21日(土)に、本学の提携大学であるカナダのメディシンハット大学から12名、今月提携したばかりのタイのコンケーン大学から7名の研修生が来学しました。 午前中は、日本語、日本文化、日本のビジネス、観光ビジネスといった授業を受け、午後からはキャンパス内外で日本を知るため様々なイベントに参加したり、社会見学を行なったりしました。また、京都と奈良への一日観光旅行もしました。 午後のアクティビティー ■5月13日(金)大阪城天守閣見学 ■5月17日(火)I-Chat Lounge でのたこ焼クッキングイベント ■5月18日(水)アサヒビール吹田工場見学  等 両校の情報です! メディシンハット大学(カナダ) 1965年に創立。生涯教育開発、ビジネス、芸術、科学、貿易等の学部を擁し、ロッキー山脈の近くにキャンパスを持つ、自然に恵まれた環境の大学です。特に、アジア諸国(日本、中国、韓国、台湾)の大学と国際交流を盛んに行っています。学生数は約3,000人。本学とは2009年から学術交流協定を締結しています。 コンケーン大学(タイ) 1964年に設立。経営科学、工学、社会学、芸術、薬学等の学部を擁する、タイ東北地方最大の大学です。国際交流も盛んで、アジアをはじめ、アメリカやヨーロッパ諸国の大学と交換協定を結んでいます。学生数は約24,000人。本学とは2011年から学術交流協定を締結しています。 KKU and MHC students 清水寺の前で記念撮影 KKU students with Arakaki sensei コンケーン大学の学生たちと彼らのホスピタリティの授業を担当してくださったアラカキ先生 during I chat event I-Chat Loungeでのイベントで

自己分析~㈱エストレリータ 鈴木信之社長

| コメント(0) | トラックバック(0)
この4月からInternational Programとして2コースを開講しています。 そのうち交換留学生として選抜された学生向けの出発前の準備コースとして開講している「Global Learning」の授業に、先週も講演をお願いした㈱エストレリータ 鈴木 信之社長に来ていただきました。今週は、エコグラムを使って自己分析をし、自分の強み、弱みを客観的に知ることが課題でした。 アメリカの心理学者エリック・バーンの理論をベースにした性格分析ツールであるエコグラムによると、人には5つの性質があるそうです。 1.厳しい批判的な父親 2.優しい擁護的な母親 3.冷静で合理的な大人 4.親の言うことを聞く従順な子供 5.元気で自由奔放な子供 これが組み合わさってそれぞれの性格を作り出しています。 学生たちは真剣に授業に取り組み、それぞれが改めて自分を見つめ直す良い機会になったようです。 さて、人が第1印象を決めるに、どれぐらいの時間がかかるかご存知ですか?なんと3秒から4分だそうです!だからこそ、自分を知るとともに、他人が自分をどう見ているかを知ることが非常に重要になってきます。 ということで、来週は引き続き、鈴木社長をお迎えして、学生たちは「他己分析」に取り組みます。 Suzuki_resized.jpg Classroom.jpg AkaneKounjpg.jpg 真剣に取り組む学生たち DSCN0468resize.jpg 個別指導を受ける学生たち
留学生のキャリアコサルタント会社である株式会社エストレリータの鈴木信之社長をお迎えして、5月12日(木)午後5時50分から11-01-03教室で講演会を開催いたしました。 当日は、今年の秋から交換留学に行く学生を含め31名が参加しました。日本企業が求める人材、留学に行くことで得られるスキル、どのような心構えで留学に望むべきかなどをお話いただきましたが、参加学生たちは真剣に鈴木社長の話に聞き入っていました。講演会終了後も、学生たちが列をなして鈴木社長に質問をしている姿が印象的でした。 この講演を通して、勇気を出して留学に踏み出してくれる学生が一人でも増えることを期待しています。 Suzuki.jpg DSCN0392.jpg 学生たちを引きつける鈴木社長のトーク DSCN0363.jpg DSCN0359.jpg 学生たちの様子

International Fair 2011

| コメント(0) | トラックバック(0)
5月11日・12日の両日にわたって、13号館1階ラウンジで「Intenational Fair 2011」を開催しました。昨年は、2号館1階で「留学フェア」を開催しましたが、今年は短期の海外研修や交換留学のみならず、学内でできる国際交流も紹介することで、少しでも学生たちに「海外」に興味を持ってもらうことを目的に開催しました。 また初めての試みとして、旅行会社の方々にも来ていただき、個人旅行やチケットの手配などの相談に載っていただきました。 まだまだ成功したとは言い難いですが、「国際センター」の存在を知ってもらう良い機会になったのではないかと思っています。 何がきかっけになって、自分の進む方向が変わるか誰もわかりません。この「International Fair」が、その小さな「きっかけ」になるように、来年度も開催していきたいと考えています! DSCN0263.jpg 交換留学からの帰国学生のプレゼンテーション DSCN0313.jpg プレゼンテーションに参加してくれた学生たち DSCN0335.jpg 旅行会社の相談ブース DSCN0273.jpg アメリカのスナック~ピーナツバター&ストロベリージャム

このアーカイブについて

このページには、2011年5月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2011年4月です。

次のアーカイブは2011年6月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

ウェブページ