2011年8月アーカイブ

2011-2012 派遣交換留学生壮行会

| コメント(0) | トラックバック(0)
夏休みを挟んでしまったので、タイムリーにご報告できませんでしたが、去る8月2日に派遣交換留学生の壮行会を実施しました。壮行会には、11名の学生たちが日ごろお世話になっているゼミの先生、推薦状を書いてくださった先生、学部の授業を担当されている先生、国際センター委員の先生をお招きしました。 DSCN1032.jpg 国際センター所長 マイク・マツノ先生の挨拶 DSCN1060.jpg 学生たちが一人ずつ留学への意気込みを述べました! DSCN1123.jpg 歓談時間 DSCN1147.jpg 派遣交換留学生&帰国留学生 このような形で壮行会を実施するのは初めてでしたが、先生方にたくさんの励ましの言葉をいただき、盛り上がりのうちに終了しました。この場をお借りして、参加してくださった教職員の方々に御礼申し上げます。 すでに1名を除き、全員が派遣先国へと旅立ちました。きっと大変なことがたくさん彼らを待ち受けていると思いますが、限られた留学期間の中で精一杯がんばってくれることと信じます。 今後は、現地からのレポートを随時アップしていきますので、楽しみにお待ちください。

Open Campus July 30 & 31

| コメント(0) | トラックバック(0)
現時点で、学生交換のできる提携大学が48校あることから、今年のOpen Campusでは、国際センターは「OGU48~国際交流ヘビーローテーション」をテーマに様々な準備をしました。 7月30日・31日はお天気が心配されましたが、どうにか土砂降りをまぬがれ、暑い2日間でした。 これから交換留学に出発していく学生、留学から帰国した学生が、自分たちのOGUでの今までをポスターにしました。それを見ると学生たちがOGUでどのようなことをしてきたのか、どうすれば充実した学生生活が送れるのかがわかると思います。次回のOpen Campusでも掲示しますので、ぜひご覧ください! Opencampus4.jpg 7月のOpen Campusでは、学生たちにヘルプに入ってもらいました!やはり現役の学生たちが、自分の経験を語ると誰よりも説得力があり、高校生たちも興味深々で話を聞いている姿が印象的でした。 Opencampus3.jpg Opencampus1.jpg 海外経験を通して、語学力を身につけ、異文化を理解することのできる人材が求められています。そういう意味でも、Open Campusという一つの機会を通して、高校生の皆さんに海外に目をむけてもらえれば良いなと思います。

台湾・静宜大学 Summer Program

| コメント(0) | トラックバック(0)
こんにちは。外国語学部3年次生の福田汐理です。 私は、台湾の静宜大学で半年間の留学を終え、本来なら7月に帰国する予定でしたが、静宜大学で6週間のサマープログラムがあるというのを聞き、いい機会だと思い参加することにしました。 サマープログラムに参加しているのは、アメリカ人6人と私の7人という少人数で、アメリカの学生は午前中、私と違うクラスのビギナーの中国語のクラスを受けているので、あまり話すチャンスはありませんが、週に2回ほどある午後から授業で話したり、授業がない日には一緒に出かけたり、旅行へ行ったりしています。午後からの授業は、台湾の会社を見学したり、台湾の文化や食べ物などについて学んだりしています。サマープログラムを受けてから、英語を話す機会が増えたのでとても勉強になるし、また台湾にいながらもアメリカの学生と交流することが出来て、毎日を有意義に過ごしています。 台湾での生活も残り2週間を切りました。精一杯学び、楽しみたいと思います。 Shiori Taiwanresize クラスメートたちと映画館へ(本人後方右から2人目)

このアーカイブについて

このページには、2011年8月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2011年7月です。

次のアーカイブは2011年9月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

ウェブページ