2012年1月アーカイブ

平成23年度冬期短期受入日本語研修生40名が修了

| コメント(0) | トラックバック(0)
2012年1月27日(金)に、本学の提携大学である韓国のスンチョンヒャン大学学生40名が、2週間の日本語研修を無事に修了しました。  2012年1月16日(月)から本学で日本語研修プログラムに参加していた学生たちは、午前中は日本語の授業を受け、午後からはキャンパス内外で日本を知るための様々なイベントに参加したり、社会見学に行きました。スンチョンヒャン大学学生は、日本語運用能力が高い学生が多く、ランゲージパートナーである本学学生や他の短期留学生と楽しい時間を過ごしたようです。 P1150715.jpg P1150724.jpg P1150730.jpg P1150743.jpg

アメリカ留学奮闘記~Part 1

| コメント(0) | トラックバック(0)
僕は外国語学部卒業生の鶴皐雄介(ツルオカユウスケ)です。現在、アメリカのミシシッピ大学へ留学しています。大学4年生の時には、リトアニアのビリニュス大学に留学していました。ブログ(2010年9月分)内にその模様が掲載されているので良かったら見て下さい!! OGUでは外国語学部専攻でしたが、リトアニアでは国際ビジネスを専攻していました。これがキッカケでビジネスについてより深く学びたいと意欲が湧いてきました。それと同時に外国語学部である以上、英語をもっと伸ばしたいとも思いました。そんな時に、奨学金の支給を受けながら海外の大学院に進学できるというプログラムがあるというのを聞き、自分の目的と一致すると思い、迷わず応募しました。そして、運良くこのチャンスを得ました。 Yusuke_Olemiss1.jpg さて、今回の留学は大学からの交換留学とは異なり、TA(ティーチング・アシスタント)プログラムというものに参加しています。このプログラムは、TAをする代わりに、授業料や生活費の一部が奨学金として支給されるといもので、経済的に負担が少なく大学院進学できます。 TAとは、その名の通り、先生のアシスタントとして働くことです。僕は日本語補習校というところで小学2年生の担任をしています。この学校では、アメリカの学校に通っている日本人の生徒たちを、日本に帰国しても日本の授業についていけるようにサポートする学校です。僕は、主に学校が休みである土曜日に、国語・算数・せいかつを教えています。その他にオフィスで簡単なデスクワークをしています。 大学のあるオックスフォードは、大阪と違い田舎町で車がないと何もできないので不便を感じることはありますが、勉強をするには良い環境だと思います。OGUに来ていた留学生たちのサポートもあり、自分自身の留学経験も役に立ち、特に問題なく生活には馴染むことができました。しかし、肝心の大学院の方ですが、残念ながら大学院進学のための語学試験のスコアを満たしていないので、現在は英語集中コースで進学を目指し勉強中です。 Yusuke_Olemiss2.jpg また、近況などはブログで報告したいと思います。

フランス~オルレアン大学

| コメント(0) | トラックバック(0)
皆様、明けましておめでとうございます。今年も様々なトピックをアップしていきたいと思いますので、どうぞよろしくお願いいたします。さっそく、今年初のブログ更新です。 こんにちは、外国語学部2年次生の田嶋紋奈です。 私は今年の秋からオルレアン大学に留学し、フランス語やフランスの文化について学びながら過ごしています。 クラスはDPF~DSFまでレベルによって分けられていますが、今回はDPFの授業について紹介したいと思います。 授業は90分の授業と120分の授業があります。Écrite(筆記)、orale(会話)、phonétique(音声学)、Civilisation(文化)とそれぞれあり、私たちのクラスは16人います。授業はもちろんすべてフランス語なのですが、正直最初はほとんど先生方の言っていることが聞き取れませんでした。でも先生方は身体を動かしたり、絵を描いたりして説明してくれるので、全く理解できないということはありません。授業は日本と違って、みんなで授業を作るという感じです。自分の国についての文章や小さな発表をしたりするので、他の国のことも知ることが出来てとても楽しいです。 オルレアン大学はパリから電車で一時間ほどのところにあるオルレアンという街にあります。大学はオルレアンの中心街からtram(トラム)という路面電車に乗って30分くらいのところです。私は大学の近くの寮に住んでおり、その寮の周りにはリスやウサギがいて、よく間近で見かけます。寮には海外からの留学生だけではなく、フランス人の学生も住んでいて、実際に私の部屋の左隣はイギリス人ですが、右隣はフランス人です。寮では人とすれ違うと、知り合いじゃなくても必ず挨拶を交わすので様々な国の人と交流することができます。 Ayana1.jpg オルレアンの中心街は写真のように真ん中にトラムの線路があって、その線路沿いにお店が並んでいます。それぞれのお店がそんなに大きくなく、店員さんもとても親切です。フランスの日曜日はほとんどのお店が閉まっていて、たまにレストランやカフェやバーが開いているくらいですが、日曜日にはちょっとしたfêteが開催されていてお店が開いてなくても人が多く賑やかです。そして特に私が気に入ったことは、オルレアンの街の道には写真のようにオルレアンのシンボルでもあるJenne d’Arc(ジャンヌ・ダルク)のマークが埋め込まれています。一つだけではなく、いくつもあるので見つけるのがとても楽しいです! Ayana2.jpg 留学が始まってもう4ヶ月が経ちました。残りはもう半年程度しかないので、なかなか経験できないフランスの生活一日一日を大切にして過ごしていきたいと思います。

このアーカイブについて

このページには、2012年1月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2011年12月です。

次のアーカイブは2012年2月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

ウェブページ