2012年8月アーカイブ

オーストラリア生活~CQ大学

| コメント(0) | トラックバック(0)
 派遣先大学に到着している学生たちの中には、すでに授業が始まっている学生もいます。今年度、初めてオーストラリアのCQ大学に学生2名を派遣しました。まだ始まって2週間ほどですが、元気に頑張っているようです! 国際学部2年次生 山中 美希  オーストラリアに来て1週間が経ちました。最初は期間が長いこともあり不安しかなく、飛行機の中でも常に不安と戦っていたような気がします。授業はEAP(正規授業を受講するまえの英語クラス)に入る前の準備クラスに現在通っています。クラスのほとんどが日本人だったことは意外でした。中にはトルコ人、中国人、韓国人が数人いますが、中国人と韓国人は日本語が話せます。日本語話者が多いので、先生の言っていることが分からない時は、正直つい日本語で話してしまうことも多々あります。周りが分かっているのに自分が分かっていない時が一番つらいです。また、私はホームステイをしています。ホストファミリーがとても親切にしてくれ、携帯電話の手続きや銀行の口座開設も一緒にしてくれました。夕食の手伝いは毎日欠かさずやっています。週末にはいろんな所に連れて行ってくれて、毎日がとても充実しています。まだまだ先は長いですが、目標に向かって精一杯頑張ります! P1000766.jpg (本人右側の列の真中、両サイドはホストファミリーのお父さんとお母さん) 外国語学部2年次生 有馬 冴栞  8月18日の夜に留学先であるクイーンズランド州ロックハンプトンに到着し、ホストファミリーが空港まで迎えにきてくれました。オーストラリアの季節は冬ですが、昼間は気温が上がり半袖でも十分なくらいでした。一週間経った今では1日中あたたかい日が多いです。19日にはホストファミリーが町を案内してくれました。家から車で30分くらいのところにビーチがあり、周りも自然がたくさんでとても住みやすい町という印象を受けました。20日からCQ大学での生活がスタートしました。どの生徒も意欲的に授業に参加しているので楽しく授業を受けることができ、また自分自身の意識も高まった気がします。宿題と授業の復習、予習に追われたり、授業が難しすぎて1日の終わりにはダウンしたりしている日もありますが、週末はホストファミリーや友達と息抜きをして1年間の留学生活を楽しみたいと思います。 P1000779.jpg
 今年度の交換留学生の3分の2がすでに、派遣先の国へと旅立ちました。一番早く旅立ったのが、フォンティス応用科学大学に留学する4人のグループです。彼らは、新学期が始まるまでに、現地で開講されるサマースクールに参加しました。今日は、そのサマースクールの様子を報告です。 Venlo_river.jpgVenlo_city.jpg 外国語学部3年次生 竹島 由実加 こんにちは。私は8月4日からオランダのVenloという街にあるフォンティス応用化学大学に留学しています。こちらに来てすでに3週間が経ち、現地の生活にも段々慣れてきました。フォンティスには本学期が始まる前に約2週間のサマースクールがあります。サマースクールでは、授業は9:00~14:00まであり、12:00~13:00がお昼休憩です。私はEnglish-Beginner-Plus levelというプログラムを履修しました。授業内容はプレゼンテーションがほとんどで、他には雇用者と従業員の設定でのビジネス会話の練習などがありました。またフォンティスにはバディ制度があり1人1人に学生がついてくれて色々とお世話をしてくれます。サマースクールの放課後にはこのバディチームが様々なアクティビティーを計画してくれます。もちろん参加する、しないは個人の自由です。このサマースクールが終わると、本学期が始まる27日までは休暇に入ります。私はこの期間を利用してイギリスのロンドンへ行ってきました。本学期が始まる前のいい息抜きができたと思います。 Venlo_summer school 外国語学部3年次生 金井 拓也 サマースクールでは、英語の中級コースを受け、週末を除き朝の9時から14時まで授業が行われました。1週目はミーティング、2週目はプレゼンテーションのレクチャーがあり、それぞれの週の最後にテストがありました。ミーティングとプレゼンテーションでは、ある会社が抱えている問題をどう解決するのかを話し合い、また自分の考えをプレゼンするのですが、ミーティングでは他の学生は英語が出来て当たり前で、尚且つ自分の言いたい事はすべて主張するので、なかなか議論に参加できず、テストの結果もとても悪かったです。しかし、プレゼンでは初日から1、2時間の予習復習を継続し、何回も練習することで、テストではとても高い評価を得ることができ、このコースを何とか合格する事が出来ました。授業後には大学主催で、ドイツのケルン観光やサッカーのvvvのスタジアムツアーなど毎日イベントがあり充実した生活を送ることが出来ました。 Venlo_vvv.jpg 経営学部3年次生 小林 大祐 私はオランダに8月6日から留学をしています。8月6日から2週間のサマースクールが始まりました。私のクラスは英語の中級コースでした。30人くらいのクラスメートと共に2週間を過ごしました。アジア人は私を含め、3人だけでした。他は、ドイツ、ロシア、リトアニアなどから来ていました。教室内はドイツ語が響きわたっていました。始めの1週間目はミーティングの仕方を勉強して、2週間目はプレゼンテーションの仕方を勉強しました。ミーティングは、1グループ7人で、問題を抱えた会社の記事を読んで、その問題の原因と結果をまとめて、みんなで改善策を出し合うものでした。そして、その改善策を誰がいつまでに、どのくらいの予算でするかも決めました。プレゼンテーションは、1グループ4人で、一人一人が役職を持ちました。私は、製品開発部でした。一人6分のプレゼンテーションでした。プレゼンテーションのスキルを身につけるため、はじめにスティーブ・ジョブズのプレゼンテーションを見ました。そして、一人一人が感じたことを共有し、どこが実際のプレゼンテーションで使えるものかを話し合いました。問題を抱えた会社の各役職に就いて、ミーティングの時に習ったことも活かしながら行いました。 Venlo_classroom.jpg 本人後列  フォンティス応用科学大学では、すでに新学期もスタートし、いよいよ本格的に留学開始です。これからどのような毎日が待っているのか、次回の報告を楽しみにしています。

このアーカイブについて

このページには、2012年8月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2012年5月です。

次のアーカイブは2012年9月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

ウェブページ