オーストラリア生活~CQ大学

| コメント(0) | トラックバック(0)
.
 派遣先大学に到着している学生たちの中には、すでに授業が始まっている学生もいます。今年度、初めてオーストラリアのCQ大学に学生2名を派遣しました。まだ始まって2週間ほどですが、元気に頑張っているようです! 国際学部2年次生 山中 美希  オーストラリアに来て1週間が経ちました。最初は期間が長いこともあり不安しかなく、飛行機の中でも常に不安と戦っていたような気がします。授業はEAP(正規授業を受講するまえの英語クラス)に入る前の準備クラスに現在通っています。クラスのほとんどが日本人だったことは意外でした。中にはトルコ人、中国人、韓国人が数人いますが、中国人と韓国人は日本語が話せます。日本語話者が多いので、先生の言っていることが分からない時は、正直つい日本語で話してしまうことも多々あります。周りが分かっているのに自分が分かっていない時が一番つらいです。また、私はホームステイをしています。ホストファミリーがとても親切にしてくれ、携帯電話の手続きや銀行の口座開設も一緒にしてくれました。夕食の手伝いは毎日欠かさずやっています。週末にはいろんな所に連れて行ってくれて、毎日がとても充実しています。まだまだ先は長いですが、目標に向かって精一杯頑張ります! P1000766.jpg (本人右側の列の真中、両サイドはホストファミリーのお父さんとお母さん) 外国語学部2年次生 有馬 冴栞  8月18日の夜に留学先であるクイーンズランド州ロックハンプトンに到着し、ホストファミリーが空港まで迎えにきてくれました。オーストラリアの季節は冬ですが、昼間は気温が上がり半袖でも十分なくらいでした。一週間経った今では1日中あたたかい日が多いです。19日にはホストファミリーが町を案内してくれました。家から車で30分くらいのところにビーチがあり、周りも自然がたくさんでとても住みやすい町という印象を受けました。20日からCQ大学での生活がスタートしました。どの生徒も意欲的に授業に参加しているので楽しく授業を受けることができ、また自分自身の意識も高まった気がします。宿題と授業の復習、予習に追われたり、授業が難しすぎて1日の終わりにはダウンしたりしている日もありますが、週末はホストファミリーや友達と息抜きをして1年間の留学生活を楽しみたいと思います。 P1000779.jpg

トラックバック(0)

トラックバックURL: https://www.osaka-gu.ac.jp/mt/mt/mt-tb.cgi/3215

コメントする

このブログ記事について

このページは、国際センター(ライター)が2012年8月31日 16:01に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「サマースクール~フォンティス応用科学大学(オランダ)」です。

次のブログ記事は「アメリカ生活最初の一歩~ミシシッピ大学」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

ウェブページ