2012年12月アーカイブ

Hello from the Netherlands!~フォンティス応用科学大学

| コメント(0) | トラックバック(0)
外国語学部3年次生 竹島 由実加 遅くなりましたが秋休みをどう過ごしたかについて報告したいと思います。 フォンティス応用科学大学では、10月12日から21日まで約10日間の秋休みがありました。私はこの期間を利用して、ルームメートと一緒にスペイン(バルセロナ、マドリード)、イタリア(ローマ)、フランス(パリ)、ベルギー(ブリュッセル)の4カ国、5都市を周遊してきました。かなりの弾丸旅行だったのですが、大きなトラブルもなく、とても充実した旅行になりました。今回は時間がなかったので、飛行機と列車を使って移動しましたが、ヨーロッパは大陸続きなので気付いたら国境を越えていて、話されている言葉も移動するたびに変わって、今まで体験したことのない不思議な感覚でした。今回の旅行では、とりあえず世界遺産や観光名所をめぐって、各国々の名物料理を食べたりできたらいいなあという目的を持って行きましたが、目的は大部分達成できました。皆さんも旅行へ行く際(もちろん日本国内でも)は、何か“目的”を持って行けばとても充実した旅行になると思います。 サグラダファミリア マドリッド ローマ パリ ブリュッセル 上からサグラダファミリア(バルセロナ)、ソフィア王妃芸術センター(マドリッド)、パンテオン(ローマ)、エッフェル塔(パリ)、グランプラス広場(ブリュッセル) 最近では夜行バスで10から12時間かけてデンマークのコペンハーゲンに行ってきました。滞在は一泊と半日でしたが、小さな街なので結構周ることができました。ただ北欧なので、何もかもが高かった印象が強いです。 チボリ公園 チボリ公園 ニューハウン ニューハウン これからの予定は、クリスマスはスウェーデンに留学している水川絵美さんと一緒にフィンランドで過ごし、年末年始はロンドンに滞在予定です。ではまた次回をお楽しみに!

Hello from the U.S.!~ミシシッピ大学

| コメント(0) | トラックバック(0)
国際学部3年次生 中野 遼 こんにちは。留学をしてもう約4か月が経ちました。振り返ってみると時間はあっという間に過ぎ去っていきました。 こちらでの生活が本当に楽しいので尚更早く感じます。僕が今留学している先はミシシッピ大学というところで、ここに来ていろいろな体験をしました。今日は、この4か月で体験したことをお伝えしたいと思います。 まず、違う国の人たちとの寮生活。最初は緊張しましたが、僕のルームメイトたちは、一緒にいるのが本当に楽しくて、よく一緒に出かけたりします。次に、僕はこっちにきてアメリカン・フットボールにすごくはまってしまいました。大学の中にスタジアムがあるので、試合のある日は必ず見に行きます。ただ試合中はあちこちからジュースなどがいっぱい飛んできます。そしてハロウィーン。日本では特別何かをしたりはしませんが、こちらではみんな仮装してパーティをします。感謝祭は日本には存在すらしませんが、とてもすばらしいイベントです。僕は感謝祭の日、現地の友達の家に招待され、たくさんのごちそうを頂きました。それと同時に家庭の暖かさにも触れられて、とても幸せな瞬間でした。これ以外にも、毎週開催されるパーティに参加したり、学生の作るミュージック・ビデオに出させてもらったりなど、数えきれないぐらい色々な体験をしています。 Ryo roommates ルームメイトたち(本人中央、右ブラジルから来たIwyson、左スペインからきたEleder) Ryo Greman girl ドイツに伝わった小人図鑑に関するイベント(本人右)ドイツ人のVerenaは、ドイツ語と英語はもちろん完璧ですが、それ以外にもスペイン語とフランス語も流暢に話します。僕と年齢が一緒なのに本当にすごい。 Ryo Thanksgiving 伝統的な感謝祭の料理を食べに行ったイベント。本当においしかった! ミシシッピ大学にはGlobal Ambassadorと呼ばれる学生たちがいて、彼らは留学生のこちらでの生活をサポートしてくれる人たちです。僕のGlobal Ambassadorは最初から決まっていたようで、留学生5~6人に1人のGlobal Ambassadorがいるといった感じです。僕のGlobal Ambassadorは本当にいい人で、生活をサポートしてくれるというよりは、色々なところに遊びに連れていってくれます。ただ残念なことにほとんどの人たちは、1回会ってそれっきり連絡なしのようです。 Ryo Christmas party 少し早いクリスマスパーティー(本人左から2人目)左にいるのが僕のGlobal AmbassadorのRee 僕はこのミシシッピ大学に留学出来て本当に幸せです。この約4か月間、さまざまな体験や出会い、発見がありました。授業は課題もプレゼンテーションも多くてかなり大変ですが、それ以上にこちらには楽しいことがたくさんあるので、全く苦にはなりません。こっちにいられるのは残り約半年ですが、はっきり言ってしまうと、もう一生日本には帰りたくないぐらいです。それほどこちらでの生活は刺激的で楽しいものです! Ryo grand canyon Ryo Las Vegas 本文とは関係ないですが、大自然のすごさを体験したグランドキャニオンとThanksgivingの休暇中に行ったラスベガス。

Hello from the U.S.!~ミシシッピ大学

| コメント(0) | トラックバック(0)
外国語学部3年次生 加藤 紗采 アメリカに来て、約半年が過ぎました。今回はアメリカならではのイベントと私の近況を書きたいと思います! まずは、ハロウィーン!!約一ヶ月前から近くのお店でコスチュームやパンプキンが売られていました。街全体がワクワクしている感じがして、私もコスチュームを選ぶのにとても悩みました。ハロウィーン当日の授業では、コスチュームを着たまま授業を受けるという、アメリカならではの体験ができました。 Halloween.jpeg 本人前列右から3人目 Pumpkin.jpeg 次にサンクスギビングデー!!アメリカの祝日で、毎年10月の第4木曜日にあり、この前後に長い休みがあります。日本では、収穫感謝祭とも呼ばれます。今年は、休みが一週間程あったので、この休みを利用して私はラスベガスに行ってきました!ラスベガスは、カジノやショー、ナイトクラブなど、大人の雰囲気が漂っていて、とても魅力的な街でした。私は、その中でも、シルクドソレイユのショーが印象的に残っています。 Las Vegas 今は、テスト期間中で寮と図書館を行ったり来たりしています。テスト週間後は、長い冬休みが待っています。私は、カリフォルニア、そして新年にNYに行く予定です! この時期に留学に来るチャンスを得た意味を考え、無駄のない留学生活を送ります!

Hello from Australia!~CQ大学

| コメント(0) | トラックバック(0)
外国語学部2年次生 有馬 冴栞 こんにちは、最近は気温が40度を越えることが多くなってきてとにかく暑いです。そして私のいる町は本当に自然がたくさんで、逆に言えば行くところもなく交通手段もないので大変です。しかし、今ではここでの楽しみ方を知っているたくさんの友達のお陰で、充実した日々を過ごしています。週末は4駆、バギー、モーターバイク、馬に乗ったりして遊んでいます。そして1番忘れられないのは洞窟アドベンチャーです。最初は、洞窟の中の綺麗さに感動していましたが、まさかの移動はほふく前進だったり、腕の力だけで上に登らないといけなかったりと、あの2時間半は私の人生の中で一番過酷でした。 Sayaka_horse.jpg 友人の家の牧場で Sayaka12_1.jpg 洞窟アドベンチャーへの出発前(本人右端) ここにきて、3週間英語コースを受け、その後10週間EAP2という大学準備コースを受けました。かなり大変な10週間でしたが、勢いでなんとか乗り越えました。クラスのほとんどが中国人で最近はみんな私に中国語を教えようと必死なので、よく分からないまま必死に中国語の勉強をしています…。みんなとてもおもしろくて優しいので毎日学校が楽しいです。 Sayaka_Chinese friends 中国人クラスメートたち(本人左端) それから1週間の休暇に入り、友達と車で8時間かけてブリスベン、ゴールドコーストへ旅行に行きました。ドラキュラレストランでのショーに室内迷路、ホーンテッドハウス、シーワールド、ドリームワールド、ショッピング、ビーチ、そして少し早めのペースで6周まわった観覧車には驚きましたが、どれも最高でした。 Sayaka Dracula ドラキュラレストランで(本人前列中央) Surfers paradise サーファーズ・パラダイス そして11月末にEAP DEという大学準備コースのさらに厳しい版が始まり、すでに2週間が経ちました。残りの8週間を受け、このコースをパスできれば、ようやく正規科目を受けることができます。CQ大学の良いところの1つは、最初に正規科目を受けられるほど英語力がなくても、努力次第でどんどん次に進むことができるところだと思います。残りの留学生活も頑張ります。

Hello from Canada!~Embassy CES Victoria

| コメント(0) | トラックバック(0)
経済学部1年次生 堀本 直孝 私はカナダに語学留学に来て、3か月が経ちました。 初めの授業のときには、周りの生徒たちの積極性とネイティブかと疑ってしまうほどのナチュラルな話し方にただ慌てふためくばかりでした。自分はというと・・話す英語のすべてが「小学生程度の英語ではないか?」と思うほど簡単な言葉しか使えず、頭の中で作文してから話すので、とても時間がかかってしまい、相手を待たせ、自分はもちろんのこと相手もいらいらさせてしまうことがありました。最初の1か月は本当に苦しく、何から手をつけていっていいかわからない日々を過ごしていました。 しかし、その後、徐々にカナダの生活にも慣れてきた私は、2か月目から敢えて苦手なスピーキングに焦点を当てたクラス・パワースピーキングクラスに変え、どんどん積極的にチャレンジしていきました。学校では積極的に話し、家に帰ると様々なジャンルの本を聞いては音読するという繰り返しを続け、TOEICのスコアが2か月間で120点伸び、710点になりました。これは、実際に留学でカナダに来て、日々英語を使うことによって、私の意識が大きく変わってきているからこその結果だと思います。今の目標は、日本に帰るまでにTOEICで800点以上を取ることです。 勉強面だけでなく、私は他の留学生と積極的に交流することによって、多くのボディーランゲージや文化について知ることができました。しかし、やはり1番楽しかった異文化交流は、本場のハロウィーンを味わった事です。夜には私も仮装をして、「トリック オア トリート (Trick or Treat!)」と言いながら、ホストファミリーの子供たちと一緒に近所の家を周り、お菓子をいただいた時には、とても感動しました。留学中に日本では味わえない、たくさんの異なる文化に触れることができ、今とても幸せです。 DSC03140(1).jpg ハロウィーンで(本人右から4人目) さらに、カナダにはたくさん素敵な観光スポットがあり、私はその中の1つのロッキーマウンテンに行ってきました。2泊3日のツアーに参加し、様々な国の人と話したり、綺麗な雪景色を一緒に見たりして、とても楽しかったです。そして今度、私はオーロラを見に行く予定です。 178913_449114331815431_2102451944_n.jpg カナダは本当に素敵な国で、フレンドリーで暖かい心を持った人たちがたくさんいて、私は本当にこのカナダという国に留学することができて良かったと感じています。残りの1か月、しっかり勉強し、オーロラも見て、日本に帰国したいと思います。 ※堀本君は、経済学部のグローバル・エコノミーコースの学生で、9月からカナダのビクトリア州にある語学学校に通っています。
10月のことになりますが、経営学部ホスピタリティ経営学科の1年ゼミナールにおいて、「異文化交流の勧め~国際センタープログラム体験報告会」が実施されました。今年で5回めになるこの取り組みですが、国際センターのプログラムについて説明をする機会をいただき、それを通してホスピタリティ経営学科の多く学生の皆さんが交換留学や夏期・春期海外研修に参加しています。 異文化交流2 異文化交流3 異文化交流1 当日の教室の様子 今後とも、学部と協力しながら、異文化交流、海外留学をPRしていきたいと思います!

このアーカイブについて

このページには、2012年12月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2012年11月です。

次のアーカイブは2013年1月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

ウェブページ