2013年12月アーカイブ

ペッソク大学~韓国

| コメント(0) | トラックバック(0)
外国語学部2年次生 大西 諒 今月20日で留学生活が終了します。長いようであっという間だったこの留学生活では色々な事がありました。 まず、食べ物ですが、僕は留学するまで辛い食べ物をあまり食べた事がなかったので、韓国で辛いものを食べすぎ、胃の調子が悪くなることが多々ありました。 Ryo2 (3) これはトッポッキです。本場のトッポッキは辛いです。けれども韓国の料理は辛いものばかりではないので、胃にやさしいお粥や韓国で人気あるチキンもたくさん食べました。 それから、韓国での生活は日本と違って困ることがたくさんありました。まず、韓国は地下が深いので、降りる時や上がる時が大変です。日本では普通にあるエスカレーターがあまりなく、停まっているエスカレーターもあり、階段で上がらないといけない所が多くありました。他にも韓国のバスは、つり革を持っていないと怪我をします。普通に立っていれないぐらい揺れるので、とてもびっくりしました。 Ryo2 (1) この写真は11月ごろに撮った写真ですが、最近では道も凍ってしまい、なかなかバスのブレーキが効きません。だからバスのスピードがすごく遅くなり、いつも行っている場所に行くのも15分程遅くなります。タクシーについても、「早くその●●に行ってください」と言うと、日本では考えられないぐらいのスピードで行ってくれる事にも驚きました。 韓国の電車でも驚くようなことがたくさんあります。日本では電車の中で電話をすると迷惑になり、みんなの目線も痛いです。けれども韓国はそのようなマナーがあまりなく、良く電話をしている光景を目にします。電車販売も多いです。韓国でも電車販売は違法行為だそうですが、電車に乗ると8割ぐらいの確率で見ました。電車の中で販売している物がまた面白く、おにぎりやドライバーを売っている人もいました。車椅子に乗ってガム売りをしている人にも会いました。特に面白かったのが、音楽をスピーカーで大音量で流し、そのCDを売っている人です。このような事は日本では目にすることがないので、最初は不思議な感じでしたが、今では普通になりました。留学して本当に文化の違いを肌で感じる事がたくさんできました! 流行という点でも、日本とは違うことがあります。韓国で今、流行っている歌があります。クレヨンポップと言うアーティストが歌う曲で、すごく耳に残るので、一度耳にすると頭から離れません。そして、街に遊びに行ったら1日に3回ぐらいはこの曲を耳にするので、この曲を街で聞くたびに憂鬱になるぐらい嫌でした。日本に帰った時、流れていない事を願います。 大学の授業についてですが、授業でわからないとこがあると、先生がすぐに教えてくれました。上手くない韓国語で会話するのが楽しかったですし、少しずつ話せるようになると嬉しかったです。また、授業の進行が早かったですが、何とかついて行く事ができました。 Ryo2 (2) これは最後の授業が終わった日に撮った写真です。僕は前の一番右端にいます。 この留学を通して、授業を一緒に受けてきた仲間、他の学部の人たちとも友達になれたのでよかったです。残りの日々で、まだ行っていない所に観光に行きたいです。そしてたくさんの思い出を作って帰りたいと思っています。

トリア大学~ドイツ

| コメント(0) | トラックバック(0)
外国語学部3年次生 久保 美沙都 こんにちは、ドイツのトリア大学に留学している久保美沙都です。 ここに来て早くも3ヶ月が経ちました。現在ドイツの気候は完全に冬という感じで、分厚い上着と手袋、そして暖かいブーツが必需品となり、毎日それらが私を暖めてくれます。 IMG_2894.jpg 最近では街の中心部でWeihnachtsmarkt-ヴァイナハツ•マルクト-(ドイツ圏のほぼ全都市で行われるクリスマスのイベント/マーケット)が開かれており、クリスマスが近くなって来たなと、そして今年ももう終わるなと思うと、ここでの生活がとても早く過ぎていくように感じます。このWeihnachtsmarktは、11月25日から12月22日まで、毎週月曜日から日曜日の朝から夜まで開かれています。広場にはたくさんの出店が出ていて、ろうそく、クッキーなどの甘い物や毛糸で作られた小物などが売られています。その他には、スケートリンクやメリーゴーランド、もちろん大きなクリスマスツリーも設置されています。その周りは、老若男女さまざまな人たちで溢れています。ここには地元の人たちだけでなく、フランスなどの他国から来ている観光客もおり、毎日賑わっています。それを見ているだけで、とてもワクワクします。私は、本当にクリスマスが好きです。 大学の授業では、毎日必死です。ドイツ語の聞き取りに慣れていない私の耳にとって、先生や周りの友達が話す言葉がとても早く感じます。いつも授業中に発言しようと心がけますが、他の友達に言われてしまうか、単語や文の意味を電子辞書で調べている間に、いつの間にか次のトピックに進んでいます。もちろんここに来た時よりは、聞き取りの力や話す力はついていますが、授業でさまざまな文法用語を交えながら意見を言うとなればなかなか思い通りに話す事が出来ません。その度に落ち込んでいますが、毎日改善策を考えながら少しずつ乗り越えています。 IMG_2724.jpg 11月には、サッカーの日本代表対オランダ代表戦を観にベルギーへ行きました。ベルギーでは主にフランス語、オランダ語、そして申し訳程度のドイツ語が話されていますが、フランス語とオランダ語を話せない私は、もちろん英語を話さなければいけませんでした。ドイツに来てからは英語をあまり話す必要がないと考えていた私は、英会話が全くできなくなっており、簡単な質問をするのにもとても大変な思いをしました。英語を話す事が出来ない恥ずかしさと情けなさでいっぱいでしたが、この旅のおかげで改めて英語の必要性と重要性に気づく事ができました。ドイツにドイツ語を勉強しに来ているからそれだけを学べばいいのではなく、また一歩外の世界に出た時の事を考えると、どのような場面でも英語は必要不可欠な存在であるということをもう一度頭の中に入れたいと感じました。 IMG_2841.jpg 本人右端 一時期、人間関係や言語についてとても悩んで、引きこもりがちになっていました。そんな時ある友達が「勉強も大事だけど、遊ぶ事も勉強だよ」と私に言ってくれました。日本にいた時もこの言葉を聞いた事がありましたが、この時ほどこの言葉が心に響いた事はありませんでした。その言葉のおかげで、こうして旅行に行き、様々な問題に出会いながらも沢山の事を吸収することが出来ました。これからも旅行だけでなく、色々な事に興味を持ち、新しい物にどんどん出会っていきたいと思います。

ペッソク大学~韓国

| コメント(0) | トラックバック(0)
外国語学部3年次生 河田 勇 오랜만이에요♪(お久しぶりです!)ペッソク大学に留学している河田勇です!   韓国での留学生活は早くも4ヶ月が過ぎました。私は天安(チョナン)という田舎で生活をしていますが、今では環境にも完全に慣れ、毎日楽しい生活を送っています。最初は外国人登録などのやるべき事がたくさんあり、韓国語も全くできなかったので、大変だったのですが、最近は生活自体も落ち着き、韓国語も少しずつできるようになってきたので、カカオトークで気軽に韓国の友達と連絡を取り合い、よく遊んでいます。そして、最初はあまり楽しくなかった授業もどんどん楽しくなってきました。先生もフレンドリーで熱心に教えてくれるので、頻繁に質問をして、毎日順調に韓国語を学んでいます。 最近では壁に設置している扇風機が急に落ちてきたり、シャワーからお湯が出なくなるなどのトラブルにも恵まれ(笑)、その度に寮長に報告に行くので、それもよい韓国語の勉強になっています。 私は留学へ行く前に韓国でバンドを組み、一発ライブをして帰ってくるなどと言いましたが、現実は厳しく、今の時点ではまだ実現していません。音楽学部に交渉したり、部活にも交渉したりしましたが、受け入れてもらえず、失敗に終わりました。しかし、音楽とは全く関係ないのですが、英語のサークルに入り、毎週月曜日と木曜日に活動して楽しんでいます。また、図書館で映画を観たり、勉強したり、トレーニングルームを利用して筋トレをするなど、学校の施設を思う存分利用しています。 IMG_5059.jpg これはサークルの写真です。わかりにくいと思いますが、私は右下の写真の真ん中に居ます。 そして、留学も後半になり、友達を作る機会が少なくなってきたので毎週日曜日にやっているという教会のお祈りへ顔を出しました。良い友達もでき、日本ではなかなか見る機会がないキリスト教の礼拝も見る事が出来、一石二鳥でした。 IMG_5034.jpg 教会でできた友達と食事に行った時の写真です。 IMG_4886.jpg これは日本人と韓国人の友達と飲みに行った時の写真です。韓国式の飲み会ゲームも体験し、楽しい飲み会でした。 とにかく良い友達にも恵まれ、毎日楽しくて、あと約2ヶ月で帰らなければならない事をとても残念に思います。残り少ない貴重な時間を無駄にしないように何事にも積極的に取り組み、友達とたくさん遊び、最高の留学にしたいと思います。 最後に今までの観光で最も印象に残っている韓国の伝統武術の写真で終わりたいと思います。 IMG_4652.jpg

静宜大学~台湾

| コメント(0) | トラックバック(0)
経営学部ホスピタリティ経営学科4年次生 高井 優紀 こんにちは。ホスピタリティ学科の高井優紀です。私は現在台湾の台中にある静宜大学へ留学にきています。9月1日に日本を出たので、ちょうど3ヶ月が過ぎようとしています。9月1日に空港でわくわくしていたのがまるで昨日のことのように、この数か月は一瞬で過ぎていきました。留学した人は、海外での1セメスターは日本で同じ時間過ごすよりも早いと感じる人は多いはずです。それくらい異国の地での生活は毎日が目まぐるしく、楽しいです。 Yuki Takai airport 台湾の桃園(タオヤン)空港で まずは台湾のことから紹介していきたいと思います。台湾は立地からもわかる通り南国なので、気温はとても暑いです。もう12月なのでFacebookで日本の友達が、やれ初雪だ!イルミネーションだ!などという更新しているのを未だに半袖で見ています。寒がりの人には良い国だと思います。 次に交通ルールです。アジアの国で、バイクが大量に並んでいる映像が良くありますが、現実に生活してみるとかなり危険です。日本では「横断歩道は青になったら手を挙げて、車にわかるように渡ろう」ですよね?台湾は違います。運転手が歩行者を見ても関係ないです。車優先のようです。青になったら車をよけながら渡ろうです。日本と同じ感覚でイヤホンをして、スマホを見ながら歩いていたらひかれます。気を付けましょう。 Taiwan.jpg 次に食べ物です。台湾の料理はおいしいです。味も日本人向けで、他の国とは違って、台湾に来て食事には困ることはないでしょう。台湾料理ばかりではなく、パスタや日本風の料理、韓国料理もとても流行っています。僕のオススメはタピオカミルクティーです。どこでも安く購入できるので、毎週飲んでいます。先日、タピオカミルクティー作りにも参加しました。後、マイナーなところで言えば、豆皮という湯葉のようなものも格安で食べることができます。かなりオススメです。 タピオカミルクティー タピオカミルクティー教室で 最後に学校についてです。私の通っている静宜大学は留学生がとても多い大学で、色々な国籍の人がいます。そのため、留学生へのサポートもよくしてくれ、さまざまなイベントが行われます。最近ではハロウィーンの仮装パーティや学校創立記念に2000人ぐらいの学生が全員でダンスを踊るなど、おもしろいことが多いです。 創立記念日 創立記念日のダンス 授業は、午前中に中国語があり、午後に選択授業です。私は言語力がまだまだ足りないので、選択授業で体育を取り、言葉の壁の少ないスポーツをしながら、台湾人の友達を増やしたり、交流をしたりしています。静宜大学はスポーツする環境が整っていて、授業が終わると、みんなバスケットボールやテニス、バレーなどを夜までやっています。 出発前、トラブルをたくさん経験して来い!と送り出されました。アクティブに行動しているはずですが、私は三度目の留学で、台湾という住みやすい環境も働いて、意外とカルチャーショックも少なく、加えて周りの人に恵まれているため今トラブルは少ないです。ですが、良い体験がたくさんできていると感じています。残りの留学生活も充実させていきたいです。

トリア大学~ドイツ

| コメント(0) | トラックバック(0)
外国語学部2年次 山本 拓真 Guten Tag 私はドイツのトリア大学に留学している山本拓真です。 トリア夜景 丘からの夜景 in Trier トリアに来てから早くも2ヶ月が過ぎ、生活にも慣れてきました。街では初雪が降り、寒くなってきましたが、ドイツ名物でもあるクリスマスマーケットが始まり、温かいワインを飲む多くの人で賑わっています。 トリア大学では、午後からDaF (Deutsch als Fremdsprache)という語学のコースを受講し、午前中や空いている時間には正規科目の履修やドイツ語のネイティブスピーカーとタンデムを組み、互いに言語を教えあったりしています。トリア大学の学生はとても勉強熱心で、図書館が夜12時まで空いていることもあり、夜遅くまでみんなで課題に取り組んでいます。 トリアはドイツ最古の都市であり、さらにはマルクス経済で有名なカール・ハインリヒ・マルクスの故郷ということで、世界中から留学にきている学生がいるので、ドイツ語だけでなく様々な言葉が教室や大学内で飛び交っています。 Takuma飲み会 Takuma with friends また、毎週週末になると、ガソリン、タバコ、コーヒーがドイツに比べて安い、隣国のルクセンブルクへの買い出しの車で道が渋滞になります。この光景はさすがヨーロッパだなと感じます。

このアーカイブについて

このページには、2013年12月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2013年11月です。

次のアーカイブは2014年1月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

ウェブページ