2014年2月アーカイブ

留学を目指す人へのメッセージ from Finland

| コメント(0) | トラックバック(0)
外国語学部3年次生 上野 未祐 ヘルシンキ フィンランド・ヘルシンキ 自分と向き合える時間の多い大学生の今、留学をすることの意味を考えてみて欲しいです。生活する場所や環境ががらっと変わる留学が持つ可能性は、みなさんが想像する以上にとても大きいです。留学をするか、しないかで悩んでいるみなさん、是非前向きに考えてみてください。簡単に決断できることではありませんが、簡単に諦めてしまうことでもないと思います。実際に私も想像していた以上の出会い、挑戦、発見を体験しています。決して楽しいばかりの毎日ではないですが、きっと良い意味でみなさんの期待を裏切ってくれると思います。

ロッキーズ大学~カナダ

| コメント(0) | トラックバック(0)
外国語学部2年次生 野口 大輔 こんにちは!今日(2月22日)でカナダに来て丁度6ヶ月です。残りは3ヶ月を切りました。2月の末ですが、今も雪が降ったり止んだりしています。道の雪はほとんど溶けているのですが、家からバス停までの道はまだ雪があり、さらに所々は凍っているので、歩くのが怖いです。今日は、久しぶりに温度計でプラスの気温を見ました。 クランブルック雪 先月からは新しいセメスター(学期)が始まり、新しい学生や前のセメスターからのお馴染みの学生とワイワイ楽しんでいます。このセメスターと前のセメスターで最も変わったところは日本人学生の人数です。前のセメスターはクラスに日本人が多く、授業中でも日本人の友達から日本語で話されて日本語で返すという感じの悪循環でした。しかしこのセメスターではクラスに日本人は3人と、とても少ない状態で、日本人同士でも英語を使っています。休み時間や放課後は日本語を少し使うこともありますが、日によっては日本語を一切使わない日もあります。この状態が続くようであれば、もう少しは英語力が伸びると思います。 Daisuke with friends2 最近はほぼ毎週のようにSUSHIMASAというお寿司屋さんに行っています。そのお店のお寿司は日本人が作っていてとてもおしいです。よく行っているので無料でお茶碗1杯のごはんをサービスしてもらったり、パーティーセットのメニューを少し豪華に変えてもらったりしています。他の国からの留学生からも絶賛で、この店が一番うまいと言っています。留学が終わるギリギリまで通いたいと思っています。 Daisuke 日本食 明日からはリーディングブレイクに入り、9日間の休みです。予定はポツポツ入っております。9連休の初日は、まず中国人と韓国人と一緒にお昼に鍋を食べ、夜は日本人学生と一緒にパーティーをします。9連休でこれまでたまった疲れを取りたいと思います。そして連休明けからまたしっかり勉強をしようと思います。
外国語学部2年次生 峯松 愛 Ai with friends 本人後列左から2人目 私は台湾にある靜宜大学へ1学期間 (9月3日~1月11日) 留学しました。台湾から帰国し、約1か月が経ちましたが、今の私の口癖は「台湾に帰りたい~!!!」です。日本にいれば、絶対できない体験をたくさんしてきました。例えば、歩道を普通に(日本同様に)歩いているのにも関わらず、歩道を爆走するバイクにクラクションを鳴らされたことがありました。日本では考えられないことなので、非常に驚きました。他にも、台湾には夜市というものがあり、食べ物(屋台)や飲み物、服や雑貨など様々なものが毎日売られています。平日でもかなりの人が夜市に集まります。そこでは「値切る」ことが頻繁に行われます。私も勇気を振り絞り、人生で初めて値切りました(もちろん中国語で値切りました)。帰国間際には、値切ることも普通にできるようになっていました。 私は、この留学を通して精神的に成長することができたと思います。世界各国の友達を作ることもできました。そして、私が得たモノの中で最も大きいことは、自分自身の弱いところやできないところを認め、自分自身を知り、その上で挑戦する勇気を身に付けることができたことです。台湾に来たばかりの頃は、英語に頼り、中国語を話そうとしませんでした。中国語の授業でもたくさんつまずきました。悩んだり、挫折したり、悔しい思いもたくさんしました。正直、最初のころは辛いことばかりで、「はやく留学が終わらないかな~?」とばかり考えていました。ですが、自分自身と真正面から向かい合い、できないところを認めることで、切り替えることができ、またそこからスタートラインを引いて、前に進むことができました。 英語力が足りなくて、一度は諦めかけた留学生ですか、諦めず台湾へ留学して本当によかったと思っています。辛いとき支えてくれる友達に出会うことができ、台湾の美味しいものをたくさん食べ、色々な場所にでかけ、現地の人と触れ合えたおかげで、一回りも二回りも大きく成長できたのではないかと思います。 帰国後、私は中国語と英語を活かせるアルバイトを始めました。接客で使う中国語は学ばなかったので、今でも必死に中国語を勉強しています。これからは、留学を考えている人や留学に興味がある人に、留学を通じて得たものや学んだことを伝えていきたいと思います。
外国語学部3年次生 河田 勇 IMG_5232.jpg ペッソク大学のサークルの仲間と合宿 오래간만입니다~!(お久しぶりです。) 韓国留学から帰ってきて2週間ほど経過しました。帰ってきた当時は、韓国で不摂生をしすぎたせいか貧血で倒れたり、普段かかることのないインフルエンザにかかったりして苦しみました。しかし、今では体調も良くなり、毎日のように韓国で過ごした楽しい日々の思い出が蘇り、再び韓国に行きたいという気持ちでいっぱいになります。今回の留学を思い返してみると、韓国の良さを知り、友達のありがたさや日本のすばらしさを改めて知りと、たくさんの事を得られた留学でした。さらに、韓国語を今よりももっと向上させるという新たな目標もできました。そのために、これからも韓国に関係のある授業を履修し、もちろん普段の韓国語の勉強も欠かさずしようと思います。また、K-Chatを利用したり、本学に留学に来ている韓国人の留学生と仲良くなったりして、韓国語で会話をするなどして韓国語を向上させていこうと思います。そして、次に韓国へ行く時までには、今よりももっと流暢な韓国語が話せるようになり、韓国でできた友達を驚かそうと思います。 끝까지 읽어 줘서 감사합니다♪(最後まで読んでくださってありがとうございます!)

ロッキーズ大学~カナダ

| コメント(0) | トラックバック(0)
経営学部ホスピタリティ経営学科 3年次生 中村 龍人 こちらへ来てから、5ヶ月が経ち、残り3ヶ月となりました。気温は-30度の日が続いていますが、日本程湿度や風がないので、寒さは感じません。今でも私はセーターに半袖で登校しています。今回は、私がロッキーズ大学に来て、気をつけていることを話したいと思います。 1794644_392053870931343_780786025_n.jpg 私は目標を明確に決めてこちらへ来たので、時間を上手く使うことができていると思います。1つ目は、自分で自分の勉強環境を作ること。例えば、こちらのカレッジには、毎秋20名以上の日本人がELT(英語クラス)で勉強していたので、英語を勉強する上で、その人たちの存在は私にとって脅威となりました。なぜなら、教室がほぼ日本人学校みたいな状況だったからです。こちらへ来る前にそれを知らされていなかったので、とても驚きました。この状況の中、私は教室で極力日本人一人の環境を作り、ブラジル人の友達と勉強していました。彼らはブラジル人で集まって座っていたので、よく母国語であるポルトガル語で話をしていました。私は、ポルトガル語を勉強したことがありませんでしたが、聞いているうちに、少し理解できるようになりました。したがって、英語はもちろんポルトガル語まで少し勉強できました。 Ryuto winter 2つ目は、極力外出すること。宿題は毎日ありますが、授業が終わってすぐに学生寮に帰って宿題するのは、非常に時間がもったいないです。いくら宿題が多いとは言っても、寝る時間がないほどの量ではないので、時間をしっかり決めてこなせば問題ないです。したがって、放課後は、極力、学生寮にいる時間を減らし、外出します。カレッジでのアクティビティもあれば、ショッピングモールに行き、カナダ人の人達と話をたくさんしたりと色々やっています。思っていた以上にカナダ人はフレンドリーではない感じがしますが、それも人によります。 最後に、3つ目は、少しでも時間があれば、小旅行に行くこと。旅行するのは安くありませんが、とても良い経験になります。いつも、同じ場所に居ると、慣れてしまって、新鮮な気持ちがなくなってしまいます。言い換えると、たまには息抜きも大事ということです。多くの友達はショッピングが好きですが、私は興味がありません。こちらに来ると、おしゃれなどという気持ちはなくなりますので、清潔であれば服に関して気をつける必要がありません。むしろ、そのお金を使って旅行する方が何倍も自分に対するご褒美になることでしょうか。このことは、特に女性に伝えたいです。 まとめると、目標をしっかり決めておけば、焦ることなく目標を達成することができ、余分な時間ができるので、その国その国でしかできないことをたくさん経験できます。もしこのBlogの読者の方、もしくは友人にロッキーズ大学を希望している方がいれば、なんでもお話します。あらゆる手段で連絡をお待ちしています。

ハーガヘリア応用科学大学~フィンランド

| コメント(0) | トラックバック(0)
外国語学部3年次生 上野 未祐 みなさん、もう2月ですがHyvää Uutta Vuotta!!(あけましておめでとうございます)。気が付けばもう2014年になっていたという感覚ですが、昨年は本当に人の縁に助けられてきた一年だったなと思います。 まず、10月のIntensive Weekの間にスウェーデンを挟んだお隣の国ノルウェーに旅行に行きました。世界一とも言われる物価の高さに仰天しながら、同じ北欧ということで、風景は似ているところもありましたが、フィヨルドの雄大な景色に圧倒された4日間でした。 フィヨルド ノルウェーのフィヨルド 11月には、ヘルシンキで開催されたJapani Päivä (Japan Day)というイベントに参加し、ヘルシンキに留学中の日本人学生を集めて、フィンランドの友人の助けを得ながらブースを出しました。私たちは、日本のマナー、ファッション、震災の3つのテーマを元にブース作りをしたのですが、当日は予想以上に多くの方々が足を運んでくださいました。 私たちのブース以外にも、書道、剣道、日本の骨董品、温泉、アニメなど様々な日本文化をテーマにしたブースをフィンランド人の人たちが開いていて大盛況でした。当日は、同じように留学生として他の国で学ぶ友人たちも遊びに来てくれました。また、私は日本人だということで、折り紙のブースの手伝いにも行きました。小さい子供からおばあちゃんまで笑顔で楽しそうに折り紙をしている姿を見て、折り紙という一枚の紙から生まれる交流の可能性に素直に感動しました。折り紙を通してそこで知り合ったフィンランド人の友人とは未だに交流が続いています。日本の文化を別の角度から改めて見ることが出来たとても素敵な経験でした。 折り紙 折り紙ブース(本人右から2人目) その後も、プロジェクトやグループワークが多く何かと忙しいですが、忙しい授業の合間をぬって、初めてフィンランド映画も見に行きました。ちなみに字幕はフィンランド語とスウェーデン語です。フィンランドの南の方の一部にはスウェーデン語を母国語とする人やスウェーデン語を話す人も住んでいるので、デパートや道路標識、駅など、様々なところでスウェーデン語の表記を見かけます。優先順位としては、フィンランド語、スウェーデン語、英語で、最後に観光客用にロシア語の表記がある場合が通例だそうです。ヘルシンキの駅前には、冬になるとスケート場ができるので、そこで人生初のアイススケートもしました。誰でも利用できるように、一般市民に公開されている場所ですが、ちらほらと未来のオリンピック選手候補のような素晴らしいスピンや滑りをする人たちがいたので、思わず拍手を贈りました。その他にも、フィンランド語字幕のとなりのトトロ(Naapurini Totoro)を見たり、友だち同士で集まってお寿司を作ったり、外国人の友人たちを招いての日本食パーティーも何度かしました。 新年 個人花火 しかし、最も記憶に鮮明に残っているのは新年のことです。フィンランド人の友人が自宅に招待してくれたので、彼らと一緒に日本とフィンランドの文化を混ぜた形で年越しを過ごしました。まず、紅白歌合戦を見ながら年越しそばを食べて、日本時間の新年を祝いました。その後、フィンランドの年が明ける時間に合わせて花火をしました。しかし、この花火、ただの花火ではありません。一年分の気持ちがこもった花火です。というのも、フィンランドでは法律により基本的に一般人の花火は禁止されています。大晦日の夕方6時から1日の朝6時までの12時間が唯一誰でも花火をして良い時間なのです。そのため、ここぞとばかりに張り切るので、打ち上げ花火の威力が違います。花火をしながらフィンランド時間の年明けを迎え、そして、フィンランドでは伝統である新年の占いのようなものを体験しました。馬のヒヅメの裏につける蹄鉄(ていてつ)をおたまのようなものに乗せて暖炉のなかに入れて溶かします。そしてすぐに水の入ったバケツの中に落として、冷えて固まった形を見てその年の運勢を占います。お金が貯まる、旅行にいけるなど、色々あるようです。ちなみに私は細長い形になったので、「暇な時間ができる時があるから、その時間を有効に使うようにしたら良い」だそうです。 日本食パーティー 仲のいい友人とパーティー 年が明けてから寒さが増し、川も凍っていますが、意外と平気です。雪が全て結晶なことには本当に驚きました。キラキラしていてとても綺麗です。 雪の結晶 春学期はお休みが多く、今月半ばのロンドンを始め、旅行もたくさん計画しています。折り返し地点を過ぎた留学生活を楽しんで頑張っていこうと思っています。今年はついていくだけでなく、自分から発信できるようになろうと努力中です。

私の留学:新たな一歩~香港理工大学 鄭 秋瑩

| コメント(0) | トラックバック(0)
経営学部4年次生 鄭 秋瑩 Aki2.jpg 2013年12月26日、香港理工大学での4か月間の交換留学が終わりました。自分の視野が広がり、友達が増え、英語力も上達させることができました。香港理工大学で交換留学ができて、本当に良かったと思います。 2013年12月30日に日本に戻ってから、自動車免許を取るために、合宿に行きました。そして、合宿を終了し、今は、母国の中国に戻って来ました。今年の旧正月は家族と一緒にいるので、家族旅行に行ったり、親戚の家を訪問したりして、家族と一緒に過ごす時間を大事にしています。 3月から会社の研修も始まりますので、商品に関する知識の勉強と社会人としての常識問題についての勉強もしています。それ以外に、英語の勉強も毎日続けていて、TOEICの勉強はもちろん、英語で会話をする練習もしています。 これからの目標ですが、来年から仕事をしながら夜間の大学院にも通うつもりです。入社してから早く成長して、色々な国に出張できるようになりたいです。そのためには、語学力が大事だと思います。中国語はもちろん、英語の勉強も継続して頑張りたいと思います。どんなに忙しくても毎日英語で会話の練習もするつもりです。そして、土日が休みなので、中国語を教えるボランティアもやりたいです。 若いうちに、いろいろなことを経験し、どんなに大変でも諦めずに挑戦したいです。

このアーカイブについて

このページには、2014年2月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2014年1月です。

次のアーカイブは2014年3月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

ウェブページ