2014年12月アーカイブ

韓国~ペジェ大学(舟越 烈斗)

| コメント(0) | トラックバック(0)
外国語学部2年次生 舟越 烈斗 こんにちは! 韓国のペジェ大学に留学中の舟越 烈斗です。韓国はもう雪も積もり、気温も毎日凍えるほど寒くて大変ですが、今学期の授業が全て終わり、ここでの生活にも慣れて、楽しく快適に過ごしています。 Letto snow 教室からの景色 そして韓国での生活に慣れていくにつれて、日本に興味のある韓国人の友達と出会う度に、韓国の人々が日本人に対してどう思っているか、日本に対してどんなイメージを持っているかなど、学ぶ事は増えていくばかりです。
韓国に来て1番胸にささり、真剣に考えようと思わされたのは、両国の歴史についてでした。韓国人の友達と日本について会話する機会がたくさんあるのですが、その時は大体歴史の話になります。韓国では若者も歴史に強い意識を持っていて、日本の歴史も日本人よりも良く知っているので、僕は日本のことを何も知らずに来てしまったんだなと思わされることがよくあります。 歴史や文化について「日本はどうしてこうなんだ」と言われても、僕は逆に「韓国はどうしてこうなんだ」と思ってしまいます。1番近くて言葉も文化も似ている国なのに、国や人柄などはお互いに理解できないところがたくさん見えてきて、不思議な気持ちと切ない気持ちがあります。それでも、相手を理解し、分かり合いたいと思っていますし、日本人に優しくしてくれる韓国の人々のあたたかさが僕は大好きだと感じる日々です。 Lett friends 日本学科の学生たちと食事(本人右3人目) 実際、日本と韓国が良い関係とは言えませんが、ペジェ大学には日本学科があります。日本学科の学生たちはみんな日本に興味を持ってくれていて、この間あったセミンジェ(外国関係の学部の学生たちがさまざまな国々の民謡やダンスを披露する発表会)では、彼らがソーラン節などを一生懸命踊っている姿を見て、僕は涙が出ました。両国の歴史的問題においては、日本は韓国にとって決して良い国とは思われていないにも関わらず、日本にここまで興味を抱き、日本大好きと言わんばかりの表情でソーラン節を踊る姿は、とても感動的で幸せな気持ちになりました。 Letto dance 日本学科の学生のダンス このように今学期の韓国での生活では、悲しい現実の中でも嬉しくて感動的なことをたくさん発見することが出来て、海外で生活するということがとても意味のあることだと実感する4ヶ月でした。しかし、テジョンはソウルなどの都市に比べると田舎すぎて遊び場も何もなく、韓国人の友達は休みの日になるとほとんどみんなソウルなどの実家に帰ってしまうので、寂しくて退屈だと思うこともあります。でも、ここは日本人も少なく韓国語学習には最適で平和な場所です!来年も引き続き積極的に頑張りたいです。

韓国~ペジェ大学(桂 真都香)

| コメント(0) | トラックバック(0)
国際学部2年次生 桂 真都香 여러분! 안녕하세요.(みなさん!こんにちは。) ペジェ大学に留学している国際学部2年次生の桂 真都香です。今月19日に語学堂の修了式があり、早くも1学期目が終わりました。あっという間の4ヶ月間でした。今学期の後半にあったエピソードを紹介します。 Madoka with friends 「最後のクラス写真」 (本人3列目左端) ~語学堂~ Madoka sports event 体育祭 留学生のための体育祭がありました。4チームに分かれ、私のチームは赤でみんな赤色のTシャツを着て、色々な競技に参加しました。私たちのチームは総合成績は3位でしたが、リレーでは1位になりました。綱引きは今までに経験したことのない激しさで驚きました。どの競技もとても盛り上がりました、また競技以外にも抽選大会があり、私はラッキーにも抽選が当たったうちの一人です。そして体育祭が終了後は、みんなでピザとコーラでお疲れパーティーがありました。 Madoka紅葉 ある秋の日(本人前列右から3人目) 次に 紅葉が綺麗なので語学堂の先生とクラスメイトで写真を撮りに行きました。ペジェ大学は山にあるため、周りは自然がたくさんあり、四季折々の景色がとても綺麗だと思います。この語学堂での4ヶ月でたくさんの思い出を作ることができました。 Madoka snow 雪遊び(本人2列目右端) 12月に入りテジョンでは雪が降りました。私が考えていたよりも、韓国の冬はとても寒かったです。先生とクラスメイトと一緒に写真を撮り、雪合戦をしました。私たちは本当に大学生なのかなと思うくらい楽しんでいました。クラスメイトの中には初めて雪を見たという友達もいました。大阪ではなかなか見ることのできない真っ白な雪景色が広がり、雪の降る日に外を歩いているとスノーボールの中にいるみたいで嬉しい気持ちになりました。しかし、ここは急な坂道が多いため雪道を歩くのは一苦労でした。 ~ピカピカ~ Madoka event 幼稚園訪問 私は学習組「ピカピカ」に参加しています。その活動で幼稚園に行ってきました。幼稚園に行き日本の昔話『桃太郎』の劇を披露してきました。台詞はもちろん韓国語でした。その他にも日本語を教えたり、クイズをしたりしました。また、後日、自分達で『桃太郎』を翻訳し、絵を描いて絵本を作り、幼稚園に寄付しました。学習組は色々あるのですが、私たちのチーム「ピカピカ」が最優秀賞に選ばれ、とても嬉しかったです。 ~寮生活~ Madoka with friends2 (本人左端) 今学期はルームメイトとよくペダル(日本でいうデリバリー)をしました。日本に比べて種類がたくさんあり、何を注文しようかいつも迷ってしまいます。私たちはよくチキンをペダルして食べていましたが、チキンは日本よりもたくさんの種類があります。私は韓国に来てよくチキンを食べるようになり、チキンが好きになりました。来年もたくさん食べたいです。 今学期が驚くほどあっという間に過ぎてしまいましたが、思っていたよりもたくさんの思い出を作ることができ、本当に楽しかったです。私の留学生活は、残り半分になってしまいました。悔いのないようにたくさん学び、たくさん遊びたいと思います。화이팅!(ファイティン!)
外国語学部3年次生 新垣 一成 こんにちは。新垣一成です。もうはやいものでこちらに来てすでに4ヶ月がたちました。 カリフォルニアは今年珍しく雨が多く、気温も例年と比べると寒いです。あとここでは折りたたみ傘が主流です。 僕はThanksgivingの間、ルームメイトのアメリカ人と日本人2人の男3人で3日間にわたりロードトリップをしました。みんなでお金をだして車を借り、南のほうでどんちゃん騒ぎをしたい僕と自然と触れ合いたい日本人とアメリカ人のルームメイトたちが話し合った結果、アメリカ人のルームメイトに説得されてモントレーから北上し、オレゴンまで行ってきました。アメリカ人のルームメイトは見た目はロン毛でサーファーっぽいのですが、彼は海より山派です。オレゴンに着く前に、ビーチやナショナルパーク(国立公園)などに寄り道をし、大自然を楽しむことができました。やっぱり自然も日本と比べものにならないくらい規模がすごくて、感動しっぱなしでした。今思えば、北上する選択は大正解だと思います。 Issei trip 一緒に旅をしたルームメイトたちと(本人右) Issei beach 生活面では、4ヶ月もたてば会話も最初よりスムーズにできるようになってきて、少しずつ聞き取れる量が多くなり、言いたいことが最低限は相手に伝えることができるようになってきていると実感しています。でもまだまだ内容が伴いません。例えば、好きな事、趣味についてなら自信を持って話す事はできると思います。でも政治的な話、今世界で議論されている事についてなど聞かれた時に、自分の意見は持っていて、それを伝える努力はするのですが、大まかには伝わっても真意が伝わらないということが多々あります。あるパーティーで、音楽の趣味から意気投合したアメリカ人と話をしていた時に、「俺らアメリカ人は基本みんなマリファナ吸っているけど、日本人はそれを見てどう思っているの?偏見はある?」と聞かれて、僕は「日本では違法だから、みんな危険なものだと認識している。でも偏見はもってないよ」って言ったつもりが、相手には「日本人はマリファナ吸うやつが嫌いだ」と伝わったらしく、「日本人はマリファナにはどんな効果があって、どのように作用するのかという研究結果を調べようともせずに偏見を持つなんて、間違っている!」と言われてしまいました。結局、こんな小さな誤解を解くのに凄く時間がかかりました。自分の英語力のなさに失望しました。もっともっと英語を勉強しようと思った出来事でもありました。常にアンテナを張り巡らせて色々な情報や知識を身に付けること、自分の意見や真意をしっかり伝えることが大事だと再認識しました。余談ですが、彼とはすっかり誤解も解けて、今では毎日ランチを一緒に食べる仲です。 Issei friend 友人たちと(本人左) 最後に、今週(実際は先週のことです)アメリカ人のルームメイトのお別れパーティーがあり、その後は冬休みに入ります。LA出身の友達の家に一ヶ月泊まる予定です。 今後もしっかり勉強しながら、楽しんで生活したいと思います!

アメリカ~ミシシッピ大学(佐藤 しおり)

| コメント(0) | トラックバック(0)
国際学部3年次生 佐藤 しおり こんにちは。佐藤しおりです。サンクスギビングブレイクが終わり、テスト期間も終了しました。そして、一昨日からウィンターブレイクに突入しました。ほとんどの留学生は昨日までにそれぞれの国に帰ってしまいました。なので、私の住んでいるアパートメントを含め周辺はとても静かで、すこし寂しく感じます。気候も冬の寒さなので余計に友だちが恋しいです。 IMG_9803.jpg ミシシッピ大学キャンパス 私は、このミシシッピ大学で日本語補習校という日本人の子どものたちをサポートするボランティアに参加していました。プライバシーに関わることなので詳しくは書けませんが、小学校から中学校までの子どもたちが学んでいて、彼らはアメリカの学校に通いつつ、週一日この学校で日本語で授業を受けています。この補習校では、運動会もあり、今年は最高の人数が参加した運動会となりました。保育園児や赤ちゃん、おじぃちゃんおばあちゃんも来ていて、家族全員が一緒に楽しめる機会だったと思います。私も参加させていただきましたが、子どもたちの元気な姿、笑顔には圧倒されました。それくらいこの学校には純粋な子どもたちが多いのだと思います。ここの学校の生徒に留まらず、アメリカに住む子供たちは、日本とアメリカの文化や習慣の違い、外見の違いに戸惑っていたり、傷ついたりすることがあると思います。私は何度かその光景を目にして、悲しくなったりしました。しかし、補習校では同世代の日本人の友だちがたくさんでき、日本人の先生が話を聞いてくれたりするので、彼らにとっては良い環境ではないかと感じました。その彼らの少し複雑な環境に触れ、私が中途半端な気持ち、知識で子どもたちに接すると、彼らを傷つけたり、誤解されたりするリスクがあることも学び、私にとって貴重な体験になりました。 日本に帰るまでもう残り1か月もありません。私はそのほとんどをミシシッピで過ごし、日本に帰る"ついで"に少しアメリカを旅行してから家に帰ろうと思います。初めはさまざまな理由からアメリカを観光せずに帰国しようと思っていました。しかし、ルームメイトや友だちに「せっかくここまで来たのだからもったいない」と言われ、低価格の小旅行をすることに決めました。日本に帰るまでの一日一日を充分したものにしたいと思います。

アメリカ~センテナリー大学(谷本 竜基)

| コメント(0) | トラックバック(0)
外国語学部3年次生 谷本 竜基 みなさん、ご無沙汰しています。外国語学部3年次生で、現在、センテナリー大学に留学中の谷本竜基です。早くも4ヶ月が過ぎ、残り1週間を切りました。 この留学は楽しいことばかりではなく、日本人とも喧嘩をしました。普段あまり喧嘩しないのですが、やはり日本語を使うのは良くないという気持ちが焦りを生み出し、喧嘩になった次第です。喧嘩をした後は、ちゃんと仲直りをし、やはり日本人という存在は何よりも安心するという気持ちになっています。次回にセンテナリーに留学しようとしている後輩たちに忠告したいことがあります。英語しか喋らないというつもりで来るなら、とことん日本人とは距離を置くべきだと思います。もちろん最初は、心細くて頼ってしまいがちになりますが、私はそこから引き続き日本人との交流が中心になってしまったので、それを後悔しています。だから、私の英語力は伸びたといえ、急激に伸びたとは言い難いと思っています。 そこで、どうしても自分とインターネットしか頼ることのできない環境、つまり一人旅の準備を計画しています。1人でホテル、航空券、移動手段を探すことは今まで経験もないし、計画通りに上手く行くかどうかわかりません。これまでは計画通りにいかないことが多かったのですが、これが上手くいった時には、自信と行動力を身につけることができると思っています。 私はこの留学生活で数え切れないほどのことを学びました。次回の学生の皆さんには、もっと多くの経験をしてもらえるように、お土産と言ってはなんですが、情報をお伝え出来たらなと思います。私は、留学する前は、もちろん勉強もまともにしておらず、よく国際センターのみどりさんに怒られました。こっちに来て勉強が好きになったと言うつもりはないですが、全ての環境が英語になってからは、知識が大切だと強く感じました。それから、留学先では、すべてが1からになるので、州はどこでも構いませんが、留学に出発する前にアメリカ人の友達を作ってから行くことをお勧めします。 写真 2 写真 5 写真 3 友人たち さて、堅苦しい話はここまでにして、最近の生活を紹介したいと思います。11月の最終週には、Thanksgiving Dayがあり、これはアメリカ人にとって重要な日です。Thanksgiving Day には、アメリカのファミリーと一緒にターキー(七面鳥)を食べたり、ビンゴゲームをしたりして楽しみました。Thanksgiving Day の翌日は、Black Fridayと呼ばれていて、ご存知かもしれませんが、多くの商品が半額近い値段になります。私は、Woodburyというアウトレットに行きたかったので、初めて会ったアメリカのファミリーに無理を言って、車で1時間ぐらいかかるDorvaという駅まで連れて行ってもらいました。本来は地元の駅から電車に乗るのですが、この日は電車が走っておらず、遠くまで送ってもらうことになりました。そして、さらにDorvaからニューヨークまで電車で行きました。深夜にもかかわらずたくさんの人たちがショッピングに来ていてびっくりしました。私が欲しかったものがたくさんあったので、4万円ぐらい使ってしまいました。でも、私が一番に欲しかったBeats Headphones Over-ear Wirelessは、定価の半額で売っていたためか、私が行った時にはすでに売り切れていたのが非常に残念です。この日は、多くの人が買い物に来るため、毎年怪我をする人や死人まで出ると言われています。買い物の際は気をつけてください。 写真 4 Thanksgivingの食事 写真 1 Black Fridayで購入した物 もし、質問があれば何なりと受け付けます。旅行中はなかなか返信することができないと思いますが、できる限り返信したいと考えています。私のメールアドレスはtanimon0611@icloud.com、LineIDはtanimon-ryukiです。何かあればここにメッセージをしてください!
国際学部3年次生 近藤 弓恵 こんにちは。アラスカ大学フェアバンクス校に留学中の近藤 弓恵です! 現在、アラスカはマイナス20℃ぐらいでとても寒いです。日照時間がどんどん減っていて、現時点で日照時間は一日4時間ほどしかありません。午後3時前には日が落ちて暗くなるので、毎日眠気と戦っています。最終的に日照時間が2時間ほどになるそうで、今はその時が来るのがとても怖いです。過酷な気候のアラスカですが、景色がとてもきれいです。現在は一面雪で真っ白で、オーロラもきれいに見えます。 IMG_3313[1] 寮から見た雪の景色 IMG_3167[1] オーロラ アラスカでの生活はとても楽しいです。色々な体験をしていますが、すべてが私にとっては初めてで、ワクワクしています。先日は初めてアメリカのハロウィーンを体験しました。アメリカのハロウィーンは日本よりも格段に気合いが入っていて楽しかったです。私はVenusに変身しました。また、寒さで鼻毛が凍るなど、驚くこともたくさんあります。 IMG_3082[1] ハロウィーン(本人右) 最近は、留学当初と比べると会話もスムーズになり、英語での会話を楽しめるようになりました。平日の放課後はアメリカの友達と一緒に勉強しているので、楽しみながら英語を学んでいます。週末は映画館に行ったり、ご飯を食べに行ったり、友達の家に行ったりと、とても楽しんでいます! 先週はThanksgiving(感謝祭)のため、4日間学校が休みだったので、思う存分遊びました!友達の家でパーティーをしたり、Nenanaという小さな村に行ってみたり、温泉に行ったり、映画を観に行ったりと、充実した4日間を過ごしました! IMG_3311[1] 友人たちと(本人中央) IMG_3296[1] 氷のグラス 今学期も残すところあと2週間ほどで終わりですが、これから期末試験もあるので、遊びもほどほどに今週末は勉強しようと思います。私事ですが、留学期間を1学期から2学期に延長できることが決定したので、協力してくださった方々に感謝して、これからもより一層頑張りたいと思います。また、今月23日に21歳になるので、友達と飲みに行けるのを楽しみにしています! ※ご参考までに、アメリカの飲酒可能年齢は20歳ではなく21歳です。スーパーやバーなどでも厳しくIDチェックされます。

交換留学ワークショップ 2014.12.03

| コメント(0) | トラックバック(0)
交換留学ワークショップ開催! 昨日、12月3日に交換留学を目指している学生を対象に「交換留学ワークショップ」を開催しました。 今回のワークショップは、現在国際センターで仕事をしてくれている国際学部卒業生の小栁明子さんが、企画、準備、運営のすべてを担当してくれました。小栁さんは在学中にアメリカ、フランスへの留学を経験し、卒業後に台湾の大学院に進学しました(現在、大学院休学中)。英語と中国語の語学力を身に付けているだけでなく、自分で考えて何かを作り出すことができる能力を有した素晴らしい人材です。実際に留学を体験した彼女が、少しで多くのOGU在学生に留学を目指してほしい、留学に踏み出してほしいという熱い思いを持って、今回のワークショップに取り組みました。 IMG_0617.jpg 最初に、オーストラリアのCQ大学に留学中の国際学部2年次生三野 香澄美さんとSkypeを繋ぎ、ライブで現地の体験を語ってくれまいた。南半球のオーストラリアは、連日30度を越す真夏日だそうです。留学をしてみて、目標を持って留学をすることの大切さを身に染みて感じたという話は、これから留学する学生たちに知っておいてほしい大切なことだったと思います。 IMG_0623.jpg Skypeで参加してくれた三野さん 次に、諸事情で一時帰国をしていた台湾の文藻外語大学に留学中のホスピタリティ経営学科の岩井 優奈さんが登場。台湾での大変だけれど、何物にも代えがたい貴重な体験を話してくれました。アジアを留学先に選ぶ学生はまだ少ないですが、台湾の学生たちの語学力や向上心の高さ、世界から学生たちが集まる場所であることを考えると、アジアも留学先の選択肢に加えてほしいものです。 そして、交換留学帰国生の中からフランスのオルレアン大学に留学した外国語学部4年次生の東郷翔大君、オランダのフォンティス応用科学大学に留学した国際学部4年次生の大川耀君が留学体験プレゼンをしてくれました。東郷君は、積極的になることの大変さ、大変でもそれを乗り越える努力をすることの大切さを話してくれました。大川君は、人並み外れた行動力と積極性で中身の濃い4か月間を過ごしたことを話してくれました。教室での学びももちろん大切ですが、教室の外での学びこそ留学の醍醐味、留学したからこそできることだということが良くわかったような気がします。 IMG_4838.jpg 左から東郷君、小栁さん、大川君、岩井さん 最後に小栁さんが、留学を目指すにあたっての心構え、事務手続きについての説明をして、ワークショップは終了しました。欲を言えば、参加学生からの質問がもっと出ても良かったのかなとは思いましたが、真剣に話を聞く学生たちの目は輝いていました。このワークショップに参加した学生全員が、来年の今頃は日本を飛び出して、世界のどこかで生活していることを願いします。 (国際センターM.H.)

韓国~ペジェ大学(細川 健太)

| コメント(0) | トラックバック(0)
国際学部2年次生 細川 健太 こんにちは。ペジェ大学に留学中の国際学部2年次生の細川健太です。今年の3月から授業が始まり、あっという間に残り1か月を切ってしまいました。今年1年が非常に早く感じました。 さて、夏休みからインターンとして、韓国・テジョン市の国際交流センターで働く機会をいただきました。仕事初日から職員の話す韓国語を聞くのが精いっぱいで、仕事どころではなかった気がします。それでも、徐々に韓国語も聞き取れるようになり慣れていきました。 どの言語もそうかもしれませんが、自分自身をその言語を話さなければならない環境に置くことが重要であると気づかされました。インターンのおかげもあり、韓国語の勉強に対する考え方が180度変わったような気がします。 最近、仲の良い韓国人の友達が軍隊に行きました。友達との別れがこんなに辛いものなのかと思うほど悲しくなりました。その友達とは、休暇や軍隊が終わったら必ず会おうと約束しました。 韓国語の授業は1学期同様に、女子留学生がクラスの大半を占め男子留学生が僕を含め3 人しかいません。それでも、みんなで仲良くボーリングやアイススケートなどを楽しんでいます。写真は11月11日に撮ったものです。韓国ではこの日がペペロデーで、日本のポッキーと同じようなお菓子をみんなにあげます。この日は、みんなにペペロを配るため、ハート形にしたものを教室まで持っていきました。非常に雰囲気のいいクラスなので、いつも楽しんで勉強しています。 Kenta_201412031442305d5.jpg 本人中央 残りの留学生活がもっと充実したものになるよう、努力していきたいと思います。

韓国~ペジェ大学(井筒 久雄)

| コメント(0) | トラックバック(0)
国際学部3年次生 井筒 久雄 こんにちは。韓国のペジェ大学に留学している国際学部3年次生の井筒です。韓国に来てから3ヶ月がたちました。本当に時間が過ぎるのが早く感じます。12月の中旬には期末試験が始まり、それが終わると冬休みに入ります。 韓国に来た時に比べて韓国語能力が伸びたのかと問われると、新しい文法や単語を覚えることはできましたが、自信をもって上手になったとは全然言えません。韓国に来た当初は、ずっと日本人の友達や日本語がとても上手な韓国人の友達といることが多かったのですが、最近は中国から来た留学生や中国語を専攻している韓国人の友達など、日本にほとんど興味がなく、日本語も全く話すことができない友達とも交流することが多くなりました。そしてそのような友達が自分と関わることで日本に関心を持ってくれたり、日本語で挨拶や簡単な話をしてきてくれたりすると、とても嬉しく感じます。 Hisao with friends 韓国人の友人と(本人左) 実は私は10月の中旬頃に右足の神経が麻痺して、膝から下が動かなくなりました。その時も日本人の友達だけでなく、他の国の友達が本当に心配してくれ、とても幸せな気持ちになりました。日本語は全くできないし、韓国語も全然上手じゃないけれど、一緒に病院に行こうと言ってくれた中国人の友達もいて、その時韓国で本当に良い友達に出会えたと感じました。病院で検査を受け、完全に動くようになるまで3ヶ月から長くて1年ほどかかるとは言われましたが、心配する必要はないと病院の先生に言われたので大丈夫です。今も全力で走ることはできませんが、それ以外は特に不自由することなく生活しています。もっと動き回ってたくさんの友達をつくることができたらいいなと思います。 Hisao message2 シャツに色々な国の友達がメッセージを書いてくれた! 韓国はとても寒くなり、つい最近まで暑いと言っていたのに、時間の進む早さを感じます。この留学でもっともっと積極的になっていきたいと思っていますが、まだまだ周囲の目を気にしたり、韓国語がうまく話せなかった時の失敗を考えたりしてしまって、友達に助けを求めてしまっていることがたくさんあります。もう3ヶ月以上も経過しているのに、このままの自分でいいのか、これからどうすべきか良く考えます。残りの半分の留学期間を一日も無駄にすることなく、もう一度今日から留学しに来たような気持ちで、やり直して行きたいと思います。ありがとうございました。 足が動かなくなったのは、寝るときの姿勢が悪く、体をひねっていたために神経を傷つけてしまったことが原因のようです。。。皆さんも寝る時の姿勢には気を付けて寝るようにしてください^^;

このアーカイブについて

このページには、2014年12月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2014年11月です。

次のアーカイブは2015年1月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

ウェブページ