2015年3月アーカイブ

台湾~プロビデンス大学(西脇 拓冶)

| コメント(0) | トラックバック(0)
国際学部2年次生 西脇 拓冶 こんにちは。台湾の静宜大学に留学している西脇拓冶です。私がここに来て早くも約7カ月になろうとしています。以前のブログでも書いていましたが、時間が経過するのが非常に早く感じます。このままあっという間に帰国の日が来ると思うととても悲しい気持ちになります。 Takuya 留学生 (本人左端) こちらでは新学期が始まって約1カ月が経過し、新しい外国人留学生と友達になることができました。静宜大学ではFamilyという交換留学生を対象としたプログラムがあるのですが、今回私のFamilyのメンバーは4人の日本人、2人の台湾人、4人の中国人となっています。顔合わせの日に彼らと会話したのですが、みんな親切で良い環境だと感じています。こちらがFamilyでの食事会風景です。時間が合わず全員集合することができなかったのですが充実した食事会でした。 Takuya Family食事会 Familyでの食事会(本人中央) 授業の方ですが、新しい中国語のクラスは韓国人が圧倒的に多いです。ルール上では教室の中では母国語の使用が禁じられていて、中国語で会話をしないといけないのですが、たまに韓国語がちやほやと聞こえてくるくらい韓国からの留学生が多いです。しかし、みんな中国語のレベルが高いので、最後にこのクラスを受講できて正解だったと思っています。 午前の中国語のクラスが終わると前学期と同様に大学の授業があります。今回以前の学期よりかはやや少なめに履修してあります。なぜかというと最後の学期なので自分の時間を作るということと、何より現地の台湾人学生と一緒に受ける授業を履修しているからです。その授業では先生が100%中国語で話し、台湾の学生と同様の宿題、レポートが課されます。正直言って、静宜大学は日本人留学生が多いということもあって、日本人留学生に対して少し甘いところもあるのではないかと気がつきました。しかし、この授業は先ほども述べたように、みんな同じ条件で授業に参加するので、自分にとって有益だと思ったので、難しいですが後悔はしていません。結果、今学期履修している中国語の授業も、大学の授業も、自分にとっては良い環境だと思います。一部ですがこれが私の中国語クラスのクラスメートです。 Takuya Chinese classmates 中国語の授業のクラスメートたちと(本人後列左から2人目) 今、授業が終わると週に4回キックボクシングの練習に参加しています。この活動を紹介してくれた韓国の留学生達は、前学期で留学を終え、すでに帰国してしまっているので、今は私以外に外国人がいないので少し寂しいですが、周りの人達がとても親切なのでとても良い環境で運動しています。ちなみにこの写真は練習場の写真です。 Kickboxing 練習場 Takuya Kickboxing キックボクシング仲間(本人後列右から4人目) 私の留学生活は残り約3カ月弱になってしまいました。もう少しで帰国なので、残りの時間を後悔しないように過ごすにはどうすればよいのかと考える時間が増えてきています。正直今は様々な事情が重なり、とても忙しくて、自分の時間を作ることができていないので、落ち着いたら自分の時間を有効的に使っていこうと考えています。

韓国~ペジェ大学(桂 真都香)

| コメント(0) | トラックバック(0)
国際学部2年生 桂 真都香 여러분! 안녕하세요。(皆さん こんにちは)ペジェ大学に留学している国際学部2年次生の桂 真都香です。ここで私の留学生活についてご紹介したいと思います。 〜ソウル旅行〜 IMG_20150228_213949.jpg ミュージカル鑑賞 冬休み中に日本から遊びに来ていた友達とソウルで会いました。そして、そこで私は人生で初めてのミュージカル鑑賞をし、「ロビンフッド」というミュージカルを見ました。舞台の横にあるスクリーンに日本語字幕が表示されていて驚きました。いつかは、それに頼らずに見ることができたらいいなと思いました。このミュージカルを見て、またミュージカルを見に行きたいと思いました。 IMG_20150228_145400.jpg バナナツリー(カフェの名前) 韓国にはかわいいカフェがたくさんあります。こちらに来て、よくカフェに行くようになり、カフェが好きになりました。上の写真はバナナツリーというカフェのケーキとレモネードの写真です。植木鉢の中にケーキがあるというとても面白いケーキです。砂の部分がリアルで一口目は躊躇しましたが美味しくいただきました。スプーンがスコップの形をしていて、こだわっているところが私は気に入りました。このような面白いカフェにまた行きたいです。 ソウルといっても、思いの外行くところや見るものがたくさんあり、旅行はいつもバタバタしていて忙しいです。今は、バスや地下鉄、タクシーに上手く乗れるようになりましたが、道を歩くのはまだまだ難しく、よく迷子になっています。いろんな場所に行き、韓国生活を楽しんでいます。 〜私のルームメイト〜 IMG_20150312_204940.jpg ルームメイトと(本人右側) 私の住んでいる寮は、16人の大部屋で2人部屋の個室が8個並んでいます。ソウル旅行から帰宅し新しいルームメイトとご対面!今学期も私のルームメイトは中国人でした。彼女は、明るくて本当によくしゃべります。彼女は中国語と韓国語が話せ、日本語も勉強していて上手です。ルームメイトは日本語でよく話しかけてきますが、私は韓国語で会話するようにしています。お互いに勉強や宿題を教え合うこともあります。私たちは、一緒にご飯に行ったりペダル(デリバリー)をしてピザやチキンやジャージャー麺を食べたり、買い物にも行き、仲良く過ごしています。 去年のルームメイトが一人暮らしを始めたので、彼女の家に遊びに行きました。彼女の家に遊びに行った時に、中国料理を作ってくれて、美味しくいただきました。こうやってまた会えたことを嬉しく思っています。 〜今学期の目標〜 今学期は語学堂だけでなく、韓国語で文化、旅行、食べ物についての授業も受けることにしました。すべての韓国語を聞き取ることはまだまだ難しいでが、友達に韓国語のリスニングが伸びると言われ一生懸命頑張ろうと思っています。 また、釜山に行ってみたいと思っているので釜山旅行も目標の一つです。他も機会があれば旅行に行きたいと思っています。 또 만나요(また 会いましょう)!
外国語学部3年次生 谷本 竜基 1238.jpg こんにちは。外国語学部3年次生の谷本竜基です。私は、アメリカのセンテナリー大学に一学期間留学していました。帰国してもう2ヶ月が過ぎようとしています。少し時間が経ってしまいましたが、留学生活を振り返ってみようと思います。 自分の英語の発音の悪さ、ライティング能力のなさをどうにかしたいとフィリピンに短期留学をしたのが海外初体験でした。そこで初めて感じたこと、考えたことが色々あったので、交換留学ではどんな経験ができるのか楽しみにして、アメリカのニュージャージー州にあるセンテナリー大学に留学しました。留学中は楽しいこともありましたが、ストレスが溜ることがたくさんありました。それまであまり怒る事のない人間でしたが、現地にいる日本人留学生の行動や態度を見ていると腹が立つことが多々ありました。彼らの姿を見ていて、何のために留学しているのかなと思うこともあったので、日本人留学生と少し距離を置き、他の国から来ている留学生と一緒にいるようにしました。結果的にそれによって友達が増え、私にとって充実した5か月の留学生活になりました。帰国後も、アメリカ人や韓国人の友達とカカオトークやメッセンジャーで連絡を取っています。これからも英語の勉強や国際交流は続けていくつもりですが、今年は就職活動、教育実習でとても忙しくなりそうです。アメリカで培った精神力、忍耐力で一歩ずつ頑張ろうと思っています。

韓国~ペジェ大学(舟越 烈斗)

| コメント(0) | トラックバック(0)
外国語学部2年次生 舟越 烈斗 こんにちは。韓国のペジェ大学に留学中の外国語学部2年次生の舟越 烈斗です。 春が訪れる前に一気に気温が下がりとても寒くなる時期を越えて、韓国も少しずつ暖かくなってきて過ごしやすい気候なってきました。 IMG_20150305_115807.jpg 語学堂の新しい教科書 3月からは新学期が始まり、語学堂の1番上のレベルのクラスに上がることができました。午後には『韓国の文化や食文化』の授業も受講しています。この授業は、語学堂よりもハイレベルな韓国語が必要な授業なのでとても難しいのですが、韓国の歴史や文化など、知らなかったことをたくさん知る機会が出来ました。僕は歴史分野がとても苦手なのですが、これは意外と楽しくて興味深い授業です。留学生活最後の今学期は自分にとって簡単なものよりも、少しでも難しい内容を学びたいと思っていたので、昨年よりもよりいっそう自分のためになる留学生活になりそうでワクワクしています。あと、僕はまだTOPIC(韓国語能力試験)を受験したことがないのですが、今年は必ず挑戦したいという目標を持って日々一生懸命勉強をしています。 1425914765040.jpg アイスクリーム IMG_20150318_222825.jpg チキン そして相変わらず、韓国にある美味しいものを探して食べる生活がとても楽しいです。初めは辛くて大変だった韓国の食生活も、今では毎日の食事の時間が一番幸せと言っていいほど慣れて、中国人や韓国人の友達と出かけては美味しい物を見つけて、食べての感動を繰り返しています。 1426482397797.jpeg 中国からの留学生たちと(本人左側真ん中) 今学期はまだ始まったばかりなのですが、僕の留学生活は残りわずかになってしまいました。仲の良い韓国人や中国人の友達と笑い合い、助け合う度に、既に寂しい気持ちが生まれ始めています。残りの貴重な毎日をどう使うかをしっかり考えて後悔しないように頑張りたいです。
国際学部2年次生 三野 香澄美 Australia beach small こんにちは。オーストラリアのCQ大学に1学期間留学していた、三野香澄美です。帰国してから1か月が経ったところで、私の留学生活を振り返ってみようと思います。 帰国してから、「留学どうだった?」と久々に会う人たちによく聞かれるのですが、毎回自分の留学を一言で表現することが難しくて、「すごくよかったよ。」と言うものの、いつも何か物足りない気がしてもどかしくなります。言葉ではうまく言い表せないほど、オーストラリアで過ごした5か月間は中身が濃くて、確実に自分の人生の中でなくてはならない貴重な経験でした。 今回の留学でオーストラリアに行ったのが、私にとっての初めての海外で、ずっと海外に出て日本の外の世界を見てみたいと思っていたので、この5か月間は私にとってまさに夢のような毎日でした。 しかし、現実は夢のようなことばかりではなく、普通に日本で生活している時にはめったに泣かない私が、この5か月間では何回泣いたか分からないほど泣きました。悔しかったり、寂しかったり、ストレスがあったりと、大変なことがたくさんありました。でもその度に、自分でどうすればよいのか考え、行動して、時には周りの人たちにも助けてもらいながら、乗り越えていくことができました。そんな経験を通して、改めて自分自身と向き合って、自分の弱さと闘う強さを持つことができ、そして、いつも自分の周りにいる人たちが支えてくれることのありがたさを知ることができました。 今、留学生活を振り返って、すごく楽しかったことも辛かったことも、全部含めて私の留学生活は本当に素晴らしいものだったと、心からそう思います。今後、次へのステップに進んでも、留学していた時の自分に負けないくらい目の前のことに一生懸命取り組んで、これからもまた新しいことに挑戦していきたいと思います。

韓国~スンミョン女子大学(森 歩香)

| コメント(0) | トラックバック(0)
国際学部2年次生 森 歩香 こんにちは。韓国のスンミョン女子大学に留学している国際学部2年次生の森 歩香です。 もう3月になり韓国の気候も徐々に暖かくなっていたのですが、最近-7℃ほどの気温に戻ってしまいました。日本でも桜の花が咲き始める頃の一時的な寒さのことを『花冷え』などというように、韓国ではちょうどこの時期の寒さのことを『꽃샘추위(コッセムチュイ)』」と言います。꽃(コッ)は「花」という意味で、샘(セム)は「嫉妬、ねたみ」추위(チュイ)は「寒さ」という意味があり、冬が春に嫉妬をするというような意味になります。韓国語にはこのような表現の言葉が沢山あってとてもおもしろいです。 2月末に語学堂の冬学期の授業が終了しました。私達の学校の語学堂は、大学の授業と並行して行われていないため、長期の休みはありませんでした。少し他の韓国の学校に留学している友達が羨ましかったりもしましたが、これもまたたくさん韓国語を学ぶいい機会だと思いました。たくさんの新しい文法を学ぶことができよかったです。4級の韓国語の授業は3級の時よりも単語の数が一段と増えて難しくなり、頭で整理することがとても困難になりました。文法も同じ意味なのに少しニュアンスが違うものがたくさん出てきて、合格することが出来るかとても不安でしたが、無事合格することができたので、とても嬉しかったです。そして合格した嬉しさの反面、寂しい別れもたくさんありました。3級から一緒だった友達が帰国したり、ルームメイトも帰国しました。今よりももっと韓国語を上達させ、また韓国で再会する約束をしました。 1424148590622.jpeg クラスメイトたち(本人前列左から4人目) 無事4級を合格し、新学期から5級に進級できることになったので、スンミョン女子大学に共に留学している福吉さんと春休みに釜山に遊びに行ってきました。 20150303_182616.jpg 市場の様子 ここはチャガルチ市場という所で、海に接しているため毎日新鮮な魚介類が市場に出回ります。 20150303_174450.jpg 海鮮類 この写真の中央に写っているタコですが、食べる寸前にさばいたのでまだお皿の上で動いています。刺身とあわびもその場でさばいてもらいました。私が日本で住んでいる神戸にはこのような体験ができるところが少ないので、とても楽しかったです。その他にも水族館や海雲台(ヘウンデ)という有名な海などにも行きました。すごく短い時間でしたが良い気分転換になりました。 私は韓国語の勉強のためにK-POPをよく聞いたり、音楽番組を見たりしているのですが、テレビで視聴するのではなく、実際にその場に訪れて見てみたいという好奇心から、実際に音楽番組の観覧に行ってきました。テレビで見るのとは違う雰囲気の中見ることができ、番組の構成や裏側なども見ることができたので良かったです。 そして新学期も始まり新しい留学生がたくさんやってきました。5級の授業も始まり、4級よりも更にレベルがあがった授業についていくのに必死な毎日です。難しいレベルだからこそ、日本で独学するのではなく韓国で学ぶことに意味があると思うので、帰国後に後悔することがないように、今のうちにたくさんのことを学びたいと思います。 IMG_1300.jpg 釜山の海
外国語学部3年次生 新垣 一成 こんにちは。カルフォルニア州立大学モントレーベイ校に留学している新垣一成です。留学生活も残り少なくなってきました。つくづく時間の早さを感じます。 Beach small 今、ここに来てやっと学校面でも生活面でも余裕が出てきました。一日一日がすごく充実しています。遊ぶにしても、勉強するにしても、自分に余裕があるので、自分がやりたいように、自分のペースで進めることができていると感じています。僕は結構自分の精神状態によって行動が左右されやすいので、秋学期は勉強もしないといけいけど、遊びもしたくてもどかしいなと思うことがありましたが、今学期は自分のやるべきことがはっきりしてきているので、改めて、自分がしたいことをはっきりさせること、自分に自信を持つことの大切さを肌で感じました。 Issei1.jpg Issei2.jpg 友人たちと(上 本人右側、下 本人右端) 僕が留学しているモントレーベイ校にはたくさんの日本人がいます。最近気付いたのですが、みんながお互い助け合い、切磋琢磨しながら頑張っているのですが、先学期に比べると日本人同士でも意識の違い、留学に対する気持ちの違いがはっきり出てきました。日本人だけで固まって楽でいたいと思う人たち、自分の考えがはっきりしていてやるべきことを明確にしている人たちの両方のタイプがいます。個人的には、来た当初から多少英語ができる人たちが楽な方にいっていて、まだまだ改善の余地がある人が頑張っているという感じです。たまに周りに流されて、自分の意思がないような人もいます。僕はせっかくアメリカに来ているので、やっぱりアメリカ人とできる限り絡んでいこうと思います。向上心というかそういう気持ちを持っている人は、それが日々の行動に現れているなと思ったので、ちょうど今日からSpring Break(春休み)が始まるので、自分の時間を作りながら、自分がやりたいこと、達成したいこと、そういう目標を再確認したいと思っています。 ちなみにSpring Breakはアメリカ人の友達のお家でお世話になる予定です。彼の家はLAなので、観光もしながら貴重な経験となるような時間が過ごせればいいなと思っています。 残りの留学生活を無駄にしないように、効率よく時間を使いながら頑張っていこうと思います。

韓国~ダングック大学(平野 真帆)

| コメント(0) | トラックバック(0)
国際学部2年次生 平野 真帆 こんにちは、ダングック大学に留学している平野です。 留学生活も残り数か月になってきました。そして、春学期もはじまり、また忙しい毎日の始まりです。 最近わたしは日本語を教える機会が多く、月曜日には韓国人3人とわたしを含む日本人2人でスタディというランゲージエクスチェンジをしたり、毎週木曜日にはひらがなもまだわからない韓国人の友達に一から日本語を教えたりしています。また、個人的にミュージカル俳優の方に日本語を教える機会があり、その時はステージのアドリブなどで使える日本語のセリフや単語を一緒に考えたりしてとても楽しかったです。さらに、最近、大阪旅行をきっかけに日本語に興味を持ったという違う大学に通う韓国人学生を知り合うこともでき、一緒に遊びながら日本語を教えたりしています。 そして、この間、交換留学に志望した時に書いた留学中の計画表を見ていたのですが、そこの2月の欄に「電話など実際に会って話していない状況でも問題なく韓国語で意思疎通出来るようになりたい。」と書いてあり、3月の欄には「ダングック大学の最寄り駅にCGV(映画館)があるので、そこで韓国語の映画を見ても理解出来るようになりたい。」と書いてありました。実は2月頃から韓国人の友達と電話をする機会が増え、毎日のようにしていたのですが、その時に韓国語で会話することが出来ていることに気付き、この計画表を思い出しました。また、今週には韓国に来て初めて韓国人の友達と映画を観に行く約束をしたのですが、これで映画の内容をちゃんと理解出来たら、留学前に計画した通りになるなあと思い、とても不思議に思いました。 日常生活では、なかなか韓国語力の向上を自覚することができないのですが、韓国人の友達に久しぶりに会うと「前よりすごく会話が自然で言葉がスラスラ出てるいからびっくりした。」とか、初めて会った方にも私の韓国語を褒めてもらえる機会が増え、知らず知らずに韓国語の力が伸びているのかなあと思うことが出来ました。しかし、まだまだ自分自身では、完全に韓国語力がついたと納得できる状態ではないので、残りの日々を後悔のないように頑張っていきたいと思います。 1_201503140919535b6.jpg 久しぶりに会った韓国人の友達と(本人左) そして来週末からはついにソウルファッションウィークです!ソウルファッションウィークは、ファッションショーがあったり、モデルが集まったりするイベントなのですが、私は韓国のファッションとモデルが好きなので今回も会場に行こうと思っています。前回のファッションウィークでは、チケットがなくファッションショーの会場には入れませんでした。しかし、今回は運良くファッションウィーク関係者の方と知り合うことができ、ファッションショーを一緒に見られるみたいなので本当に楽しみです。また、最近好きなモデルの方達とお会いする機会が増え、お会いする度にたくさんの刺激を受けています。こうした経験は韓国に留学したからこそ出来た経験であり、勿論勉学も重要ですが、私が好きなことに触れることができ、充実した毎日を送れています。モデルの方達との会話を楽しめるように、日々の韓国語の勉強にもますます力が入り、とても良いモチベーションになっていると思います。これからもこれらを糧に勉学に意欲的に取り組み、充実した留学生活を過ごしていきたいです。 Maho歓迎会small 新しい留学生の歓迎会で(本人右側前から2人目)

韓国~スンチョンヒャン大学(田中 里佳)

| コメント(0) | トラックバック(0)
国際学部3年次生 田中 里佳 こんにちは。韓国のスンチョンヒャン大学に留学している田中里佳です。つい最近大学のオリエンテーションがあり、春学期の始まりを迎えました。韓国はまだまだ寒く、今でも体感温度はマイナスということもあります。 オリエンテーションでは新しく来た外国人留学生と以前からいた学生のアイスブレイク、寮の規則について、授業についての説明が2日間に亘り行われました。今学期は前学期に比べると、外国人留学生の数は少なくなりましたが、中国人留学生の割合は多くなり、以前にも増して中国語が飛び交っています。2日間のオリエンテーションが終わった後は、留学生全員でビュッフェ形式の食事会が行われました。前学期は中国人のマナーが悪かったのですが、今回も中国語で再三注意されていました。留学して改めて、それぞれの国の習慣が違うことに驚き、郷に入れば郷に従えと言いますが、自分の国の常識で行動するより、韓国にいるなら韓国の習慣に合わせて行動するべきだと感じています。お酒を飲む席でも韓国のルールに従って飲むようにしていますが、やはり韓国人のペースについて行くのは無理だなと毎回感じます。 After orientation Rika オリエンテーション後の食事会の様子 Rika with friends 友人たちと(本人右から2人目 私の住んでいる寮では、色々なイベントが行われますが、その中にCoffee Hourというものがあります。寮のロビーでお菓子を食べたり、飲み物を飲みながら、ゲームをしたりします。欧米人はやはりノリがいいので簡単なゲームでもうるさいほどに盛り上がります。今回は工作もあり、私も中学生以来の工作に挑戦しました。 Rika with friends 2 Coffee Hourのイベント 大学の冬休みに日本に一時帰国をしましたが、海外から日本に戻ると改めて日本の良さに気付き、年々日本が好きになっている気がします。私はニュージーランドへ一度留学経験があるのですが、その時、日本についてもっと勉強しておくべきだったと後悔しました。今回は少し勉強したつもりなのですが、やはりすべてを理解して、説明するのは難しいです。 ある日のエピソードを紹介します。日本と韓国は歴史上において切っても切れない縁がありますが、竹島について話をする時も、純粋に日本人の意見が聞きたい人、竹島は韓国の物だと言いたいだけの人など、様々な人がいます。ある日、韓国人に真っ向から「竹島は韓国の物だ!」と言われたので、初めは聞き流していましたが、私も日本人ですので少しかっとなって、「国際裁判所に出てこないのはどこの国?そこに出てくればすぐに竹島はどこの物かはっきりするよ。」と大人げない発言をしてしまいました。韓国人もこれには何も言えない様子でおとなしくなり、私は心の中で勝ったと思っていましたが、部屋に戻って冷静になって考えてみると、いくらかっとなったからと言って、これはとてもデリケートな問題なので、もっとどんな言い方をすればいいか予習しておけばよかったと後悔しました。歴史問題は一般市民が解決できることではないので、話題にするのも難しいですが、熱くなりやすい韓国人をどう上手くかわすかも、今韓国に留学を考えている人はある程度考えておく方がいいと思います!

韓国~ペジェ大学(井筒 久雄)

| コメント(0) | トラックバック(0)
国際学部3年次生 井筒 久雄 こんにちは。4月から国際学部4年次生になる韓国のペジェ大学に留学している井筒です。 去年の12月の中頃から長い休みに入っていたのですが、私たちの学校ではいよいよ3月2日から新しい学期が始まります。この休みの間、韓国の友達はほとんど皆地元のソウルや釜山に帰ってしまい、私が生活している大田にはほぼ誰もいない状況でした。日本人の友達も皆日本へ一時帰国していました。しかし中国から留学に来ていた友達たちはずっといたので、その友達と一緒に過ごすことがほとんどでした。いつも中国人2~5人に対して日本人私1人という状況だったので、心の中では、「自分がいなければ皆中国語で不自由なく会話できるのに。。。なんか申し訳ないな」と思っていました。しかし、みんなが韓国語を勉強しに来ているのだから、中国語禁止!と向こうからそんなやり取りをしてくれ、毎日のようにご飯食べに行こうとか、一緒に韓国語を勉強しようと私を誘ってくれました。旧正月の時には皆で集まって、中国では正月をどのようにすごすのか再現してくれたりもしました。料理の品数が決まっていたり、年越しそばのように中国では餃子を食べる時間があるようで、皆で料理をして、それを食べて新年を迎えるという体験ができました。本当にいい友達に韓国でめぐりあうことができ幸せです。彼らには本当に感謝したいです。 Hisao1.jpg Hisao2.jpg 餃子作り Hisao3.jpg 中国人留学生と(本人左) つい最近日本の友達から電話があり日本語を話した時、少し不思議な感覚になりました。きっとしばらく周りに日本人が全然いなくて、日本語を話す機会がなかったためにです。この時に、この長い休みの間の留学生活は、少しは充実していたのかなと感じました。残りの留学生活は、恐らくすぐ終わりの時が来ると思っているので、少しでももっと充実したよい留学生活になるように心がけて生活していきたいと思っています。もう新しい学期が始まる直前なので、今は韓国人の友達もほとんど学校周辺に戻ってきています。やはり韓国人の話す韓国語は全然違うなと。。。当たり前ですけれど、そう感じます。自分も少しでも韓国の人に近い韓国語を話せるように、頑張っていきたいなと思います。読んでくださって、ありがとうございました。

このアーカイブについて

このページには、2015年3月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2015年2月です。

次のアーカイブは2015年4月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

ウェブページ