2015年11月アーカイブ

外国語学部2年次生 渡邉 隼六

こんにちは。大阪学院大学2年次生の渡邉 隼六です。私がこのアラスカ大学に来て、ほぼ三か月が経とうとしています。気温が突然下がり始め、マイナス二十度を下回ることが普通にあります。しかし、実際まだ十一月なので、気温が十二月になるともっと下がるということなので、改めてアラスカは日本と大きく違うところだと思います。それとピザを食べる機会が日本より確実に増えています。と言うのも、友達がピザ好きでよく一緒に食べています。ピザの恐ろしいところは、何故か飽きないところです。勿論運動しないと後々、大変でしょう。

picture1.jpg

前置きはここまでで、初めにここまでの授業の話をします。エッセイを書く機会がここまでかなり多かったと言えます。今まで日本でそれなりにエッセイを書いてきて、色々学ぶことが出来たと思っていますが、ここに来て、新たに学ぶことも多かったように感じます。それと、プレゼンをする機会も多く、少し辛く感じることもあります。しかしながら、本番の為に準備を進め、クラスメートの前に立ち、本番を無事に終える度に、表現することの出来ない達成感があるように思えます。その為に、私は頑張っていると言っても過言ではないのかもしれません。

picture2.jpg

最近の私は、聖書に関心を持っています。聖書からは色々学べそうな気がします。熱心なキリスト教徒の方ともお話し、キリスト教徒の思想についても聞きました。この思想について簡単に説明しますと、私たちは罪人で、真に地獄へ行くべき者ですが、我々への真の愛によって、イエス様は我々の罪を被り、自ら命を差し出したという内容です。このイエス様と言うのは、史上唯一の神の子です。それと信仰者は身の周りで自分にとって良いことが起きたら、それは全てイエス様のお陰と考えています。まだまだ理解が浅くて、説明として足りてないかもしれませんがご了承ください。文面で説明するのは非常に難しいです。それと、キリスト教徒友人が彼らの思想について説明してくれ、日本人など仏教徒が行っている偶像崇拝について疑問を呈していました。彼の言い分は、日本人は仏壇などに手を合わせ祈祷するが、その仏壇はただの物に過ぎないということです。少々説明するのが文面では難しいですが、私がもし熱心な仏教徒ならば、彼の発言に怒りを覚えるでしょう。大げさかもしれませんが、世界で起こっている宗教戦争の発端を垣間見た気分でした。教会にも行ってきたので写真を載せておきます。

最後に中国人の友達主催の食事会に招待された時の写真を載せておきます。最後まで読んで頂きありがとうございました。

picture3.jpg

台湾~静宜大学(小山 慶)

| コメント(0) | トラックバック(0)
国際学部3年次生 小山 慶

こんにちは。台湾の静宜大学に交換留学をしている国際学部3年次生の小山 慶(ちか)です。今回が2回目の投稿です。

こちらの生活にもずいぶん慣れて、先週行われた中間考査を終えてほっとしているところです。そして、台中市の気温はまだ真夏のような暑さです。11月も後半になりますが、今年は寒波がくる時期が遅いようです。
v 前回の投稿からいろんなことがあったので何から書こうか迷いました。でも、留学に向けて準備している人や興味を持っている人に少しでも静宜大学や留学の魅力を伝えられればと思っています。

私はこちらで中国語の授業を毎日4時間受講し、午後からは正規授業を英語で受講し、さらにビジネス日本語の授業で日本語を学ぶ学生たちに敬語を教えるボランティアをしています。

中国語の授業は進むペースが速くなり、毎日の宿題や毎週行われるテスト範囲も難しくなりました。しかし、留学が終わるまでに中国語の会話力を伸ばしたいので意欲が高まります。また、先生が学生の母国の文化を紹介する時間を設けてくれたので、異文化を学ぶ時間もありました。クラスメートはアジア、欧米の学生なので様々な国の文化の話を聞きました。英語の授業は、グローバルマーケティングと映画の講義を履修しています。二つともグループワークです。グループの点数が成績に反映されるので、ディスカッションやプレゼン、スピーチの一つ一つを大切にしています。映画の授業では台湾人の中に1人だけ日本人ですが、同じグループの学生が日本に興味を持ってくれているので、その学生に日本の文化を教えたり、私が台湾の文化を教えてもらったりしています。先週は映画を観て「100年後食料不足になったらどんな問題が起きるか」と「新しい惑星を創るならどんなものにするか」について発表しました。この授業は、「もし~なら、どうするか」といった自分で考えるトピックが多いので、考えることも他の人の意見を聞くことも楽しいです。今週からは実際に自分たちで映画を撮り始めるのでどんな映画ができるのか楽しみです。また、この授業が終わると同じグループの学生たちが遊びに連れて行ってくれます。彼女たちは日本語学科でないのにもかかわらず、日本のドラマや歌を聞き、日本語が少し話せます。このように日本に興味をもっている台湾人が本当に多く、また独学で日本語を学んでいる人も多く、とても驚きました。

先週は私の誕生日を台湾式で祝ってくれました。台湾では、ケーキにお願い事を3つするそうです。2つは口に出して言い、1つは心の中で唱えるそうです。また、誕生日の人がケーキを切ります。しかも、全部切ると縁起が悪いそうで、半分だけ切りました。里芋のケーキも始めて食べました。彼女たちのおかげでとても楽しい誕生日を過ごすことができました。

IMG_2906.jpg
台湾人の友達と(本人中央)

そして、授業中に留学生と関わって一番感動したことは、「異文化理解」への意識です。台湾文化はもちろん、世界中の人と関わって異文化を知りたいという気持ちをもった学生にたくさん出会いました。日本のことが知りたい、日本人と話したい、そういう留学生も多く、留学生と話すと異文化を学ぶ大切さを実感します。

今回は授業や異文化を知ることについて書きました。留学に来て、語学力をのばすだけでなく、様々な国から来た留学生と話しをし、良い刺激を受けています。また、授業の話ばかりしましたが、毎週のように友達と遠出をしたり、近場に出かけて遊んだりする時間もたくさんあります。

securedownload (1)
高美湿地にて。運が良く天気が晴れたので綺麗な景色が観られました。
securedownload (2)
彩虹春村にて中国人の友達と。(本人左)

授業の話が多く、少し真面目な話になってしまいましたが、ここまで読んでくださった方々、ありがとうございました。

韓国~ペッソク大学(福田 輝行)

| コメント(0) | トラックバック(0)
経営学部経営科3年次生 福田 輝行

最近、私は温度差に困っています。気温の上がり下がりが激しいので体調管理に気を付けています。洗濯を外干しにすると乾きが悪く、そろそろオンドル(韓国特有の床暖房)のある温かい部屋の中で乾かせるよう、ルームメイトに相談しようと思っています。
 
最近は何かしら忙しく過ごしています。忙しいと時間を過ぎるのが分からなくなりますが、日本に何を持って帰れるかと考えるようにしています。韓国に来てから今まで、恐ろしく困ったことは起きていないですが、逆にそれは良いことと思っています。何かしらの備えができているからこそ防げていると思います。それでも1人で困ったとき、誰かの力が必要になるときは何度かありました。こちらにきてこれは身に付けたと思う能力が一つできました。それは断る能力です。何でも協力できるようになってきましたが、私の中で後のことを考えると断れない自分がいます。綺麗な断り方もできるような人になりたいです。

前にレポートを書いたときより、さらに大学のイベントが多いです。秋は学部ごとにキャンパス内で屋台を出すお祭りがありました。自分でもよく分からないのが一日ごとに学部が変わって屋台を出していたことです。日本なら1、2日程度でそのような文化祭は終わりますが、ペッソク大学では一週間ぐらいやっていました。その時、懐かしい飴作り(韓国式ですが)も経験しました。また、まさか大学生活で運動会に参加するとは思っていませんでした。留学生だけの運動会があり、サッカーやダンスをしました。ダンスのおかげかどうか知らないですが、私はMVPに選ばれました。次にキムチ作りがありました。ペッソク大学はキリスト教の大学なので、奉仕活動の一つとして貧しい人のためにキムチ作りをしました。1人15個ぐらい作ったのでとても疲れました。また先週は外国人留学生だけでサバイバルゲームをしました。視界不良の雨の中でやったため、どこからペイント弾が来るのか分からなく苦戦しました。さらに印象的なこととしては、私の誕生日会のことです。韓国の学生文化に誕生日の人には選択権がないという話があります。言われたら全部しなければならないということです。そのため色々な料理が入ったビールを飲みました。もう絶対に味わいたくない味のビールでした。

キムチ作りTeru
サバイバルゲームTeru
誕生日会Teru
上から:キムチ作り(本人右端)、サバイバルゲーム(本人右端)、誕生日会

留学生活を送っていると、世界と自分の日本式の考えが違うと思うことが多々あります。そのため、いろんな視点で物事を考えないといけないと思いました。日本人の考えも大切ですが、違う国の人たちの視点も考えれば、きちんと話し合えると思っています。残り一か月、体調管理に気を付け乗り切ろうと思います。一か月で何が自分にできるかを見定めて、アクションを起こします。

今回もつまらない文章を読んで頂きありがとうございます。

韓国~ペッソク大学(與那城 祐歩)

| コメント(0) | トラックバック(0)
外国語学部2年次生 與那城 祐歩

こんにちは!韓国のチョナン市にあるペッソク大学に留学している外国語学部・英語学科の與那城 祐歩です。

早くも2回目のブログ更新日がやってきました。中間試験も終え、もう留学の半分以上が終わりました。ペッソク大学に初めて来た時はここで半年間やっていけるのか、とても心配でしたが、すごく良い人達に出会えて、毎日充実した生活をしています。韓国はだんだん寒くなってきていて、紅葉もだいぶ散ってきています。

紅葉
ペッソク大学の紅葉

ペッソク大学では留学生対象のイベントがあり、留学生同士が触れ合う機会が多くとても盛り上がります。10月には運動会が11月3日にはキムチ作り体験がありました。どちらのイベントも私たちが楽しめるように先生達が様々な工夫をしてくれたのでとても楽しかったです。

運動会
運動会
日本人会
運動会後の日本人会(本人左から3人目)

韓国語のクラスの先生たちとも何度か飲みに行く機会もあり、先生との距離が近くて本当に素敵だなと思っています。先日11月11日のペペロデーには会話をメインに教えてくれている先生とクラスメートとお昼ご飯を食べに行き、その後お菓子パーティーまでしてくれて、更にクラスメートと先生と仲良くなれたと思います。

お菓子会
お菓子パーティー(本人右から4人目)

既に留学生活の半分以上の月日が経ちましたが、私はもっともっと自分が成長できるように悔いのない留学にしたいと思っているので、勉強に遊びに様々なことにチャレンジしていきたいです。最後まで読んでいただきありがとうございました!!

韓国~ダングック大学(上田 芽依)

| コメント(0) | トラックバック(0)
国際学部2年次生 上田 芽依

こんにちは。韓国のダングック大学に留学している国際学部2年次生の上田芽依です。

早くも2回目のブログ更新日がやってきました。私は相変わらず毎月コンサートやミュージカル、イベントに行ったり、休みの日や平日でも学校が終わってからソウルへ出るなど活発的に動いています。日本からたくさんの友達が頻繁に遊びに来るので楽しく過ごしています。日々の生活や学校にはもう慣れて、先月初めての中間考査も終え、今は来月の期末考査に向けて毎日授業に取り組んでいます。ですが、前のブログ更新日から自分の語学力が向上したと自信を持って言えない状態です。聞き取れる文章や単語量は日々の生活と授業で増えましたが、まだ思うように話すことはできず、その度にもっと努力しなければと思っています。

私は語学堂以外に一般の授業で韓国語文生活史という週2回の外国人留学生向けの授業を取っているのですが、クラスメートは私を除いて残りの十数人全員中国人です。そして先生はもちろん韓国語で授業を進めるのですが、中国語も話すことができる先生なので正直疎外感を感じることもあり、苦労しています。ですが、先生も気を使って日本語がわかる単語であれば日本語でも伝えようとしてくれ、仲良くしてくれている中国人の友達もいつも助けてくれるのでなんとか乗り越えています。その授業で日本と韓国のことわざを比較して同じ点、違う点をまとめて発表するPPTを作る課題が出たのですが、私1人では少し大変だったので日本人の友達に相談したところ、休みの日に日本人の友達数人と日本語サークルの韓国人の会長さんが課題を手伝ってくれました。

韓国へ来て出会った友達みんながとても親切で助けてもらうことも多く、本当に感謝しながら日々過ごしています。友達の部屋へ遊びに行ったり、授業が終わって一緒にご飯を食べに行ったり、お酒を飲みながらいろいろ話をしたり、共有スペースで一緒にドラマを見たり、毎日少しずつ様々な思い出を作っています。ここで出会った日本人の友達はみんな12月で留学を終え、日本に帰国してしまうので、そのカウントダウンが始まっていて、とても寂しいです。語学堂の同じクラスの友達も何人か12月でそれぞれの国へ帰国してしまうので、それまでにみんなで雪が降ったらスキーに行く約束やご飯を食べる約束をしています。日本に興味のある友達もたくさんいて日本語が上手な台湾人の友達とは本当に仲良くなることができて、私が台湾に遊びに行く計画を立て、その時には家に泊めてもらう約束もしています。

授業mei
【クラスの友達(本人右端)】

この間、もうひとつ履修している日本語実習という授業の担当の日本人の先生にランチに連れて行ってもらい、初めて韓国へ来て本格的な日本料理を食べました。うどんとお寿司どちらも思っていた以上に美味しかったです。海苔巻きが薄すぎてびっくりしました。この日本人の先生は、お母さんのような存在で「何かあればすぐ相談してね」といつも言ってくれるので、すごくありがたいです。私たち日本人がいつも通りに日本語で会話をしていると、先生はすごく嬉しいと言って感動してくれるので、なんだか不思議な気分になります。

日本食mei
【:韓国で食べた初めての日本料理】

ここ数日で気温が一気に下がり、コートなしでは外に出られなくなりました。部屋の浴室に浴槽がないので、湯船がとても恋しく思います。韓国にはチムジルバンという日本でいう健康ランドのような温泉やサウナなどの設備がある建物がたくさんあるのですが、休みの日にたまに行って疲れを取りに行きます。

友達mei
【:チムジルバンにてアイと】

寮の前の山や木々も紅葉でとても綺麗ですが、気温は冬のようです。夜はもう吐く息も白く、これからの冬本番に耐えられるのか不安で仕方ありません。

紅葉mei
【:寮の前から見える山】

私の最近の楽しみは、好きなK-POPグループのメンバーの家族が経営しているカフェに行くことです。いつもそこで勉強するのですが、メンバーのお母さんや弟が分からないところがあれば教えてくれ、時間があると会話の練習になるように一緒に話をしてくれます。昨日(11月11日)も行ったのですが、昨日はペペロデー(日本ではポッキーの日)だったのでペペロ(ポッキー)をくれ、ずっと勉強していたら、「休憩してちょっと屋上においで」と言われて屋上でお母さんがリンゴを剥いてくれ、カフェに来ていた他の中国人の留学生など数人で一緒にリンゴを食べながら話をしました。その留学生たちは私より長く留学生活を送っていて、私よりも話すことができるので、ここに来るたびにもっと頑張ろうと思えます。そしてそこでは新たな出会いもあり、楽しく韓国語を学べるのでお気に入りの場所です。

韓国~ダングック大学(北村 亜衣)

| コメント(0) | トラックバック(0)
国際学部2年次生 北村 亜衣

こんにちは。韓国ダンクック大学に留学中の国際学部2年次生の北村 亜衣です。

留学がスタートしてもう2ヶ月ちょっと経ちました。こちらの生活には慣れはしましたが、正直言って満足いっているかどうかはよくわかりません。胸を張って「韓国語がわかるようになってきた!」とは言えないです。こちらに来てからの会話はほとんど韓国語で、韓国人の友達もいっぱいできましたが、自分で納得できるくらいの成長がまだ全然実感できなくて悔しいです。時々自分が情けなく感じます。でも一緒にご飯を食べに行ったり、カフェに行ったり、わたしを誘ってくれる韓国人の友達が増えたので本当にありがたいです。私は、語学堂の授業の他に自然学専攻の授業とブランディングの授業を取っているのですが、教室に日本人がいるわけもなく、授業も全て韓国語です。ブランディングの授業では、自分があるブランドショップを立ち上げることになり、そのブランド名、アイテム、ブランドロゴ、ショップの外見などを作り、PPTにまとめるという授業です。この授業でわからないことがある時は、私が授業の初めに話しかけた年上の韓国人女子学生にいつも助けてもらっています。本当にいい人で、いつも話す時も二人でよく笑っています。最近は、クラスのみんなが私に興味を持ってくれて、アイチャン!アイチャン!と話しかけてくれ、よくご飯も誘ってくれます。

こんな感じで毎日を過ごしています。この間は留学生たちでナミソム(南怡島)という島に行ってきました。学校から車で2時間くらい行き、さらにフェリーに乗り換えていきました。そこは紅葉がすごく綺麗なところで、実際にとても綺麗でした。私の語学堂のクラスメートたちと一緒に行きましたが、本当にいい学生ばかりで、韓国語能力も高く、おもしろくて大好きです。とても楽しかったです。

IMG_1873.jpg
紅葉
IMG_1869.jpg
留学生たちと(本人左から2番目)

最後に、最近本当に美味しい食べ物によく出会います。想像以上に美味しい食べ物が次々と出てきてびっくりしています。ルームメイトのメイと私の予定がなかったら、ちょっと歩いたところにあるオシャレなカフェ通りに行って、新たな美味しい食べ物を発見するということにはまっています。この間はイタリアン行きましたが、カプレーゼの個性が強すぎてびっくりしましたが、味はおいしかったです。

IMG_1984.jpg
左 個性の強いカプレーゼ

逆に理解できない組み合わせもたくさんあります。本当に理解できないのは、こちらでサラダを食べる際に使うドレッシングの味が、メロン、パイン、キウィといったフルーツ味なことです。これだけは理解できません。韓国に来てから本当によく食べるようになったので、体型管理のためにジムに通っています。もちろんトレーナーは韓国人なので、韓国語でのコミュニケーションの練習にもなって一石二鳥です。

最近は本当に寒くなってきています。今年の秋は多分3日くらいで終わりました。もう確実に冬です。先輩曰く、そろそろ雪が降るそうなので気合を入れて待ち構えています。そんなこんなで、楽しく過ごしています。これから、もっと勉強して、次の投稿の時には堂々と自分の成長ぶりをお話できるようになります。ではまた1ヶ月後に!

韓国~スンチョンヒャン大学(野嵜 光和)

| コメント(0) | トラックバック(0)
外国語学部2年次生 野嵜 光和

こんにちは。韓国のスンチョンヒャン大学に留学している外国語学部2年次生の野嵜 光和です。

韓国に来てから約2か月が経ちました。こちらの気候の状態は、昼は暖かいですが朝と夜はとても肌寒いです。そして秋らしい銀杏の木がとてもきれいです。

銀杏の木の写真
銀杏の木

今回はまず僕が韓国に来たかった理由の一つであるテコンドーについて書きたいと思います。僕はテコンドーの授業を取っていて週一回習っています。テコンドーは韓国の国技なので、ただの授業といえ、とても礼儀を大事にしないといけません。ただトレーニングをするだけでなく、授業の始まりと終わり、それから休憩をする時でさえ感謝の言葉を言わなければいけません。厳しいところはありますが、テコンドーの技術だけでなく礼儀なども身につくので、自分にとっていい経験ができていると思います。

遊びで取った写真
遊びで取った写真

9月が僕の誕生日だったということで、たくさんの外国人留学生たちが祝ってくれ、みんなでHappy birthday を歌ってくれました。感動して若干涙が出ました。そして20歳になったということで初めてビールを飲みました。そこで、僕はお酒が弱いということがわかりました。この日は、今まででの中で一番思い出に残る誕生日を過ごすことができました。

初めてのビール
初めてのビール

今学期も残り約1か月です。一日一日大切に過ごし、いい思い出を作っていきたいと思います。

韓国語のクラスの写真
韓国語のクラス

韓国~スンチョンヒャン大学(稲葉 愛実)

| コメント(0) | トラックバック(0)
外国語学部2年次生 稲葉 愛実

こんにちは。韓国のスンチョンヒャン大学に留学中の外国語学部2年次生の稲葉 愛実です。今回が2回目の投稿となります。

韓国に来てすでに2ヵ月が経ち、気温がとても変化しました。私が韓国に来たのは8月後半でした。その時は、半袖で過ごしていましたが、9月になると徐々に寒くなり、10月に入ると急激に寒くなって、11月に入ると韓国の秋は終わってしまい、今では暖かいパーカーやコートが欠かせません。寒いので外に出るのが嫌になってしまいます。

さて、授業のことですが、先日中間テストが終わり、今は少しほっとしています。中間テスト期間は、みんな寮のラウンジや図書館に行って夜遅くまで勉強していました。私もみんなを見習い、一緒に夜遅くまで勉強しました。中間テストが終わると、韓国語の授業は進むスピードが以前より早くなり、今はたくさんの文法を学んでいます。そのおかげもあって、韓国語を少しずつですが、話せるようになりました。最初は、私は英語が話せず、私からルームメイトに話しかけることができなかったのですが、それではいけないと思い、勇気を出して私から話しかけてみると、ルームメイトも心を開いてくれて、たくさん話をしてくれるようになりました。そのおかげで、私の英語力は少し上がり、ルームメイトとも仲良くなることができました。最近では、ルームメイトと少し韓国語で会話をすることもできるようになったので、私はとても嬉しいです。

ルームメイトと
ルームメイトと(本人左)

スンチョンヒャン大学には、Exchange(1週間に1回、韓国人と留学生が1対1で1時間会い、お互いの言語を教えあう)というプログラムがあります。私の場合は、3人の学生たちとExchangeをしていて、日本語を勉強したい人と仲良くなれたり、韓国の文化等を教えてもらったりできるので、このプログラムは本当にいいと思います。他にも私は、韓国人学生の日本語クラスに参加させてもらい、先生のヘルプをしていますが、今はまだ韓国人の学生と一緒に日本語で会話練習をするという感じです。1週間に6コマ、この授業に参加しています。最初は、私が日本語を教えるだけで、自分にはメリットがないと思っていましたが、先生が"この単語は韓国語で何と言いますか?"と聞いたり、日本語の下に韓国語の訳があったりで、私もこの授業に行って、韓国語の勉強ができるメリットがあることに気が付きました。また、この授業を履修している韓国人の学生たちとも仲良くなり、一緒にご飯を食べに行くようにもなりました。

日本語の授業の人達と
日本語の授業の学生達と(本人左の前から2番目)

この1か月ほどで大学ではたくさんのイベントが行われましたので紹介します。
まずは大学祭ですが、3日間で行われましたが、普通に授業もあったので、授業のない人が店番をするという感じで、出店しているお店は少なかったです。しかし、夜になると運動場に居酒屋みたいなお店がたくさん出て、お酒を販売するという光景が見られました。そして運動場には特設ステージが設置され、有名な歌手が来て、ライブみたいな感じになりました。最終日の夜には、ここはクラブかと思うほど、みんなで楽しく踊りました。

他にも色々なイベントがありました。まずCoffee Hourというものがあり、これは留学生同士の交流を深めようといった感じのイベントです。私は水風船を投げ合うゲームに参加しました。次にSports Festivalでは、部屋ごとに赤と青のチームに分かれて競い合いました。しかし、誰が何に出るというのは決まっておらず、出たければ出るという感じだったので、私はドッジボールに参加しました。最後にHalloween Partyがありましたが、2年ぶりに行われたらしく、私は参加できてラッキーだったと思います。みんな仮装をしたり、メイクアップをしたりで、私はたくさんの友達と写真を撮りました。

大学祭
大学祭

Coffee Hour Coffee Hour(本人2列目右から5番目)

Sports festival Sports festival(本人左端)

Halloween party
Halloween party(本人左、ルームメイト右)

そして、私は先日、大学内で行われた第2回バドミントン大会に出場しました。私はバドミントンが好きで、韓国に行く前から留学中にできたらいいなと思っていました。私は韓国語でバドミントンという字が書かれたポスターを大学内で見て、とても興味を持ち、翻訳してみると、バドミントン大会が行われるという内容でした。私はすぐに、この大学で日本人留学生のサポートをしてくれている日本人スタッフに相談をし、エントリーをしてもらいました。大会に参加していた人は、みんな韓国人で、私は最初とても戸惑いましたが、予選を通過し、本選の時には、1人の韓国人が私に話しかけてきてくれたので、楽しく大会に参加できました。大会の結果、私は優勝しました。そして賞品として鞄をもらいました。とても嬉しかったです。ちなみに私に話しかけてくれた韓国人は、2位になり決勝で私と戦いました。

バドミントン大会
バドミントン大会(本人左、話しかけてくれた韓国人右)

こんな感じで私は特に困ることもなく、楽しく留学生活を過ごしています。そして、私の留学生活も残り1ヵ月半なので、1日1日を大切に、みんなと楽しい思い出を作っていきたいと思います。長くなりましたが、最後まで読んでいただきありがとうございました。

韓国~ペジェ大学(森下 友微)

| コメント(0) | トラックバック(0)
経営学部ホスピタリティ経営学科3年次生 森下 友微

こんにちは、韓国のペジェ大学に留学している森下です。こっちへ来てもう2ヶ月が過ぎました。すっかり生活にも慣れて、困ることも無くなってきました。

Paichai紅葉
ペジェ大学の紅葉

10月中旬には中間テストがありました。その際に、韓国の学生たちの勉強に対する力の入れ方がすごいことが分かりました。テスト前になると図書館の自習室が24時間空いていたり、自販機のブラックコーヒーだけが売り切れになっていたり。。。私も来学期からは今以上に勉強しなくてはいけなくなるので、彼らの姿勢を見習おうと思います。

10月には体育祭やハロウィンパーティーが行われました。体育祭では危険だと思う競技もありましたが、幸いにもかすり傷と切り傷だけで済みました。なぜか運動系の行事が行われると必ず途中で(ほぼ強制の)ダンスタイムが何回も入ってきます。初めはそのテンションについていけませんでしたが、今は日本では出来ない体験だと思い、楽しんでいます。また、プレゼント抽選会も毎回行われ、賞品の中には現金もありました。

体育祭Yumi
体育祭
Halloween Yumi
Halloween Yumi2
ハロウィーンで(下:本人中央)

私は中国人の友達といることが多いですが、もちろんお互いが韓国語を使って生活しています。初めの頃よりも理解できる単語や文法が増えて話の幅が広がりました。隣の部屋には韓国語が堪能な友達がいるので、彼女に色々教えてもらっています。

先日、留学生の音楽祭に行った時に、日本に留学経験のあるフィリピン人や、日本に興味があるドミニカの人が声をかけてくれました。その二人はまだ韓国語が話せないらしく、「これは何?」「今何時?」など彼らと日本語で会話しました。それはとても不思議な光景でしたが、日本語を勉強してくれていることがとてもうれしかったです。

最近は10°以下の日が増え、寒くなってきました。部屋の中は暖房があるのでまだ半袖半ズボンで寝ていますが、今後も風邪を引かないように過ごしたいです。

今年の学校行事はエバーランド(遊園地)が最後ですが、寒さに負けて部屋にこもらないように、残された今学期を楽しみたいと思います!
外国語学部3年次生 浅井 悠

こんにちは。カリフォルニア州立大学モントレーベイ校へ留学している外国語学部3年次の浅井悠です。

あっという間に10月も終わってしまい、学期が始まって10週目がちょうど過ぎたところです。また私自身の留学生活も終わりに近づいており、時間が経つのがとても早く感じられます。それは私の生活が充実しているということだと思います。さらにこちらで生活する中で、新たな「学び」も得ています。しかしそれはあまりにもの多いので、一気にお伝えすることは不可能ですが、その中でも私が特に伝えたいことをここに紹介します。

最初は「言葉」・「言語」についてです。私は中学校入学後に「英語」という新しい科目に初めて出会い、高校ではその「英語」を将来に活かしたいと考え、英語科への進学を決意しました。そして現在在籍しているOGUに入学してからも、英語力を向上する努力をしてきました。その一方でOGUで出会った留学生達、そして留学先大学のアメリカ人の学生や私と同じように他国からこの大学へ留学している学生達からよく日本語を教えて欲しいと言われることがありました。その時に、私が1番気にしていることは、「良い言葉遣い」です。先日も日本人留学生と韓国から来ている留学生とお互いの国の言語を教え合っていた時に、色んなことを考えました。それがどの言語であっても、相手が「嬉しい」言葉もあれば、「傷つく」言葉も存在している等。だからこそ「言葉」・「言語」とは興味深いものであり、同時に恐ろしいものでもあるとその時私は感じたのです。普段何気なく使っている言葉が、相手にどのように取られるのかわからないということを常に心しておくべきことだと思います。もっと多くの言葉を知っていく必要があるとも感じているので、この留学を通じて、「日本語」と「英語」をバランスよく学びながら、他言語も習得して、言語学習を深めていきたいです。

次は私自身が日本人であることに対する「誇り」についてです。これは一例にしか過ぎませんが、友人と一緒に行った日本食レストランでの話です。お店は当然アメリカンスタイルで、味はおいしくても食べきれない量が出てきました。皆さんがイメージされているように、こちらの食事は量が多く、「もったいない」という言葉はもちろん存在していないので、食べ物を残す人がたくさんいます。日本では、「もったいない」という言葉もあり、さらに自分に適した量が食べられ、自分の満腹感に合わせて量も調整することができます。さて一体私は皆さんに何を伝えたいのでしょうか。それは私たちが「日本」という国に住むことで、いかに恵まれた環境の中で生きているのかということです。だからこそ私はそのような国に住んでいることにとても誇りに思います。海外へ行く機会がない限り、なかなかこのようなことを真剣に考えることはないですし、「食事」とは「当然」なことではなく、「感謝」すべきことでもあるという新たな「学」びに出会い、改めて考えさせられました。これをもとに今の自分にできることが何かをしっかり考え、実行していきます。

Yu Donburi
量の多かった丼

最後は「留学」の「魅力」についてです。OGU生の中には、留学を考えている学生が大勢いると思います。私の意見としては、場所や期間に関係なく、留学は行くべきです。留学していて、日本に帰りたい気持ちがないわけではないですし、実際今、日本でやりたいことがたくさん頭に浮かびます。例えば日本食が食べたい、友達や家族と会いたい等です。しかしそれは日本にいればいつでもできることで、海外でしかできない体験がたくさんできるのが留学です。それが留学の魅力の1つなのです。今の時期はどの国においてもHalloweenで盛り上がっていることでしょう。私は日本でのHalloweenしか経験したことがなかったので、こちらでは少し新鮮な気持ちでHalloweenの雰囲気が味わえました。そして授業でも資料や動画を通じてHalloweenについて学習し、Halloweenにまつわるイベントにも参加しました。これもここ海外でしかできない体験です。

Yu skull1
Yu skull2
イベントで作ったデザイン
Yu pumpkin
授業で顔を書いてみました

またある時には友人と大学の近くにあるビーチにも行きましたが、日本のビーチより綺麗だと思います。ジョギングに行くのも最適な場所なので、また行きたいです。さらに別の日にはBonfireのイベントにも行き、夜景の綺麗さにも驚きました。単純に誰かが撮った写真を見たり、パソコンで調べたりしたとしても、その「魅力」は感じられないはずです。まさに「留学」では「百聞は一見に如かず」を実感することができます。だからこそこの4年間という限られた大学生活を充実させるために、「留学」を考えてみてはいかがでしょうか。
11月の後半には、Thanksgivingの連休があります。どのような場所に行くのか、どんな体験ができるのか、今のところまだ計画中ではありますが、充実した休みにしたいと考えています。とても楽しみです。

海外へ行くことは、すべてがバラ色で良いことばかりではありません。私も大変なことや面倒なことが今までたくさんありましたが、それらは全て貴重な体験で、大きな財産です。

Yu Beach
友人と一緒に行ってきたビーチ。写真がぼやけていますが、とても綺麗でした。
Yu Bonfire
Bonfireの時焚いた火

ここまで読んで、言われなくても分かっている部分が多々あったかと思われますが、最後まで読んで下さってありがとうございます。次回が最後になりますので、そちらの方も楽しみにしていてください。
外国語学部3年次生 浅井 悠

こんにちは。私は現在カリフォルニア州立大学モントレーベイ校(CSUMB)に留学している外国語学部3年次生の浅井 悠です。

9月に入り、こちらに来てから4週間が経ちました。私がこの大学に着いてから早速様々なことがあり、どれもお伝えしたい内容ばかりです。その中でも、今回は「授業」とこちらでの「生活」についてそれぞれ感じたことをお伝えします。

最初は「授業」についてです。私が現在履修している科目は「Writing」,「Reading」,「Oral Communication」,「American Culture」,そして「ESL」の5つです。質問の内容が理解できても、英語で意見をまとめるのに苦労してしまうことが多々あります。また、課題の量が多くなくても、終えるのに時間がかかってしまうこともあります。その上、私も含めた受講生はほとんどが日本と韓国からの留学生です。しかし、お互いに協力し合うことのできるすばらしい仲間達に恵まれています。また授業中にパソコンをうまく活用させるアクティビティや発言の機会も多いので、楽しく取り組んでいます。分からないことがあれば、先生に直接質問をしたり、メールで聞いたりすることができるので、学習環境は良いです。これからも学習面に関しては、辛いことが多々あるかと思いますが、友人や先生に助けてもらい、そして他の留学生たちから刺激をもらいながら乗り越えていきます。

Yu textbook1
American Cultureの授業で使用しているテキスト
Yu2.jpg
教室の建物

最後にこちらでの「生活」についてお伝えします。実は私がこの大学へ初めて来たのが、今回ではなく、1年次の時に参加した短期研修の時でした。そのため、「懐かしく」感じられて、すぐ雰囲気に馴染むことができると思っていました。しかし、そのようなことにはなりませんでした。「環境」や「状況」が少しでも異なっていると、それに対応することがいかに困難なことかということを肌で感じました。それでも、私が短期研修で出会った学生や先生たちとの「再会」も実現し、少しホッとしています。今、その友人達と一緒に図書館の中にあるカフェで会話をしながら、時には課題をしながらゆっくり過ごしている時間が多いのです。今度はお互いの都合の良い時にでも、一緒にどこか遊びに行きたいとも考えています。


Yu3.jpg
図書館
Yu Lounge
友人と一緒に時間を過ごしているカフェ

私は現在「North Quad」の「Vineyard」と呼ばれる寮で生活しています。ここで私は5人の「ルームメイト」と呼べる学生たちと出会いました。しかし、私自身の積極性のなさから、今のところまだ彼らとうまくコミュニケーションが取れていません。それに加えて、私にはこの大学で留学できるのが1セメスター(4ヶ月間)という限られた期間しかありません。今は何事も焦らず、すべきことを1つずつこなしていき、1日1日が「学び」となるような日々をこれからも送っていきたいと考えています。この留学を通じて、1年次の時に出会った素晴らしい先輩たちのように、「英語力」を究め、この大学で留学して良かったと言える「自分像」も作っていきます。

Yu Mascot
大学のマスコットキャラクターの"Monte Rey"くんと
Yu dorm
寮の建物

韓国~スンチョンヒャン大学(糸谷 春香)

| コメント(0) | トラックバック(0)
経営学部ホスピタリティ経営学科3年次生 糸谷 春香

こんにちは。韓国のスンチョンヒャン大学に留学している経営学部ホスピタリティ経営学科の3年次生の糸谷春香です。

こちらに来て約2ヶ月が経ちました。私の住んでいるアサン市はとても寒くなりあっという間に秋が過ぎていきそうです。学校にはたくさん木があり、今はとても紅葉が綺麗です。

紅葉
紅葉

つい先日、中間テストが終わりました。私は韓国語のリスニング、リーディング、ライティング、スピーキング、韓国の伝統的なダンス、貿易、映画の授業を履修しています。ダンス、貿易、映画の授業は英語で学んでいます。先生によって授業の仕方が違いますが、ダンスの授業はとても先生との距離が近く、いい環境で授業を受けています。先生は私たち学生が楽しんで踊らないと意味がないと私たちの意見を尊重してくれます。そのため、クラスメイト達とも仲良く授業を受けています。韓国語の授業は今まで日本で習ってきたことの復習だったので比較的簡単でしたが、最近では習ったことがない文法や単語がたくさんあるので難しくなってきました。しかし、知らないことをたくさん学べるので勉強が更に楽しくなってきました。また、自分の履修している授業以外にも日本語授業のサポートやエクスチェンジプログラムなどに参加しています。そして、私は韓国人の友達にお願いし、毎週韓国の文化や韓国語のわからないところを教えてもらっています。その代わりにその友達に私は日本の文化や日本語のわからないところを教えてあげています。このように出来るだけ時間を有効活用するようにしています。

勉強会
勉強会(本人左端)

スンチョンヒャン大学では、留学生と韓国人が交流できるイベントがいくつかあります。9月後半にはコーヒーアワーと言って水風船やちょっとした遊びをみんなでしたり、お菓子を食べたりなどというイベントがありました。10月初めにはスポーツ大会がありました。2つのグループに分かれドッチボールなどいくつかのスポーツをしました。先日にはハロウィーンイベントがあり、仮装する人やメイクアップする人がいたり、仮装コンテストがあったり、みんなで写真をたくさん撮るなどして楽しみました。このようなイベントがあるので今でも新しい友達が出来、たくさんの人とコミュニケーションをとれる機会があります。この機会を無駄にしないように思いっきり楽しむようにしています。

スイートメイト
スイートメイト達と(本人中央右から二人目)
ハロウィン
ハロウィーン(本人右端)

また、授業のない休日や連休は小旅行をするなどと楽しんでいます。旅行をするとみんなとの距離も近くなり、色々な話が出来るようになりました。このような友達をこれからも大切にしていきたいと思います。

旅行
旅行

留学生活も折り返し地点にきたので1日1日を大事にして、後悔のない留学生活を送りたいと思います。

このアーカイブについて

このページには、2015年11月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2015年10月です。

次のアーカイブは2015年12月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

ウェブページ