交換留学ワークショップ2015

| コメント(0) | トラックバック(0)
.

交換留学ワークショップ2015

昨年の12月、当時国際センターで仕事をしてくれていた卒業生の小栁 明子さんが、大学生活のできるだけ早い時期に、留学という選択肢があることを在学生に知ってもらいたいということから、第1回目の交換留学ワークショップを企画、実施しました。今年度は、交換留学から帰国した在学生がすべての企画、実施を担当し開催されました。

内容は大きく3つで、1)交換留学中の学生とのSkype通話、2) 交換留学帰国学生から学ぶ留学の魅力、3) 卒業生から聞く留学とキャリアの関係でした。

1)交換留学中の学生とのSkype通話
現在、台湾の静宜大学に留学中の国際学部3年次生小山 慶(ちか)さんとカリフォルニア州立大学に留学中の外国学部2年次生原田 克典君と同時にSkypeを繋いで、現地の様子を聞きました。二人とも現地での勉強に奮闘しながらも、現地になじみ元気に留学生生活を送っているようでした。参加者からも二人に質問が出て、留学先からの生の声を直接聞く貴重な機会になりました。文明の力はすごい。

IMG_0360.JPG

2) 留学から帰国した学生たちが留学の魅力について語ってくれました。彼らの経験はまさに「百聞は一見に如かず」で、実際に彼らが体験した留学生活から学ぶことは多かったのではないでしょうか。留学は苦労を買いに行くようなもの。でもその苦労が自分を大きく成長させるのだというメッセージが在学生に届いていますように。

IMG_0368.JPGIMG_0366.JPG

3) 留学経験のある卒業生がビデオメッセージを送ってくれました。今回は、在学時代にミシシッピ大学に交換留学に行き、卒業後にクイーンズランド大学の大学院に進学、現在はニトリで働いている三﨑大地君です。様々なところで取り上げられていたのでご存知の方もいらっしゃると思いますが、入学当初TOEIC280点から卒業時には800点を超える点数を取るまでになった伝説の卒業生です。もう一人は、在学中にセント・トーマス大学に交換留学に行き、現在オレゴン州のコンコルディア大学の大学院で、国際開発とサービス学を学ぶ比嘉春奈さんです。アメリカで学びたいという一心で大学進学を実現し、毎日泣きながら頑張った大学院生活ももうすぐ無事に修了を迎えるそうです。二人とも努力の結果、自分の夢を実現したすばらしい先輩モデルです。努力をすれば不可能なことはないことを語ってくれました。

IMG_0374.JPGIMG_0375.JPG

三﨑大地君             比嘉春奈さん

すべて学生企画で開催されたこのイベントは、今後も継続して実施していく予定です。交換留学中のみなさん、帰国後はよろしくお願いします。

 

Special thanks to Ms. Chika Koyama, Mr. Katsunori Hara, Ms. Haruna Higa, and Mr. Daichi Misaki!!

 

Many thanks for your great job!

IMG_0381.JPG

Ms. Mitsue Oshima, Ms. Madoka Katsura, Mr. Yuki Sagayama, Mr. Takao Matsumoto, and Mr. Tasuya Tanaka!

 

 

 

 

 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: https://www.osaka-gu.ac.jp/mt/mt/mt-tb.cgi/3528

コメントする

このブログ記事について

このページは、国際センター(ライター)が2015年12月11日 11:51に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ドイツ~トリア大学(伊達 翼)」です。

次のブログ記事は「フィンランド~ハーガヘリア応用科学大学(中田 楓)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

ウェブページ