2016年6月アーカイブ

フォンティス応用科学大学関係者来校

| コメント(1) | トラックバック(0)

平成28620日、オランダの提携大学であるフォンティス応用科学大学から国際センターディレクターのArian van Hulselさんと、留学生の英語プログラムを担当されているSarah de Pontiが来校されました。本学とフォンティス応用科学大学とは現在活発に学生交換を行っています。本学の学生たちの中でも留学先として人気の高い大学です。

IMG_2742.JPG

まず、交換留学説明会の中で、Arianさんがフォンティス応用科学大学の大学紹介をしてくださいました。オランダ国内に3つのキャンパスを有し、学生総数44,000人ですが、本学の学生が学んでいるVenloキャンパスは3,500名と一番規模が小さいです。また、Venloキャンパスはドイツの国境まで自転車で10分の距離にあり、オランダ人のみならず多くのドイツ人学生が学んでいる国際色豊かなキャンパスです。余談ですが、VenloVVV Venloというプロサッカーチームがあり、以前は日本代表の本田選手や吉田選手がプレイをしていたことでも知られています。

IMG_2680.JPGIMG_2685.JPG

その後引き続きSarahさんが英語の模擬授業をしてくださいました。ヨーロッパではグループワークやプレゼンなど学生参加型の授業スタイルが多く、学生が発言する機会が多いのが特徴です。khoot!と言うオンラインプログラムは、学生が常日頃使い慣れているスマホを使ってグループワークができ、また回答がその場で確認できるというすぐれものです。最初は戸惑っていた学生たちも、すぐに慣れて使いこなしていました。模擬授業を受けた学生たちから、フォンティス応用科学大学に留学したいというコメントがあったので、「百聞は一見に如かず」で自分が実際に体験することで学ぶことも多いと思いました。

IMG_2726.JPGIMG_2705.JPGIMG_2737.JPG

今回、2016年秋と2017年春に出発する交換留学予定者3名もお二人に直接お会いし、話しができたので、彼らにとっては出発前に先方の担当者にお会いする貴重な機会になりました。

IMG_2695.JPG

これを機会にオランダへの留学を希望する学生が増えることを期待します。

ダングック大学(韓国)~北村 亜衣

| コメント(0) | トラックバック(0)

国際学部3年次生 北村 亜衣

こんにちは 韓国のダングック大学に去年の9月から留学している北村亜衣です。いまは6月になり、もう残すところ1ヶ月もなくなりました。長かったような短かったような、正直なところよくわかりません。あぁ、あと1ヶ月もあるのかと思うときもあれば、もぅ1ヶ月しかないのかと思うときもあります。確かに言えるのは、この9ヶ月間は本当に楽しかったです。すごく充実していたし、新しいことも学んだり、新しい人や物に出会ったり、本当に留学してよかったと思っています。留学は大変なこともあるけれど得るものがたくさんあるから良いと留学前にたくさん聞きましたが、私は正直大変なことはありませんでした。韓国という隣国だからかも知れませんが、大変なこともなく、楽しいことで溢れていました。もちろんたくさん得ることもできました。この留学は私にとって、ただの良い思い出です。友達に出会えたことも、色々な人に助けてもらったのも、素敵な思い出です。

最近はよくどこかに出かけることが増えました。どこかでお互いがもぅ少しで会えなくなってしまうと思っているのかも分かりませんが友達と今までは月に何回会うぐらいだったのが、週に何回かどこかに行くようになりました。

今、わたしは韓国人に日本語を教える授業を持っています。教師の知識が全くないのですが、楽しくやっています。そのメンバーと一緒に、漢江(ハンガン)にピクニックに行ったり、お酒を飲みに行ったり、野球を見に行ったり、文化祭を一緒に楽しんだりして過ごしたりしています。年齢もバラバラなのにこのメンバーでいつも楽しく過ごしています。

Ai friends final.jpgAi frends final2.jpgAi baseball.jpg

先日、この日本語クラスの友達と部屋を借りて泊まりに行ってきました。みんなでごはんをつくって食べて、夜はお酒を飲んで、ゲームをして、楽しかったです。みんなと離れるのが本当に辛いです。

Ai friends final3.jpgAi friends final4.jpgAi friends final5.jpg

また、いつもお世話になっている韓国人のお姉さんに連れられて釣りに出かけました。朝の5時半から船を借りて出発し、一日ずっと釣りをしていました。わたしは2匹しか釣れなかったですが、お兄さんたちがたくさん釣ってくれて、最後は食べられないくらいの大漁でした。

Ai fish.jpgAi fish2.jpg

私はこの留学を始める前、たくさん経験して帰りたいと考えていました。今、わたしはたくさん経験できているかも知れませんが、もっともっと色々なことをしたかったです!!この残り1ヶ月を悔いのないように素敵な毎日を送りたいなって思っています。

ペッソク大学(韓国)~塚本 莉衣奈

| コメント(0) | トラックバック(0)

経営学部ホスピタリティ経営学科4年次生 塚本 莉衣奈  

お久しぶりです。ホスピタリティ経営学科4年次生の塚本莉衣奈です。このブログも最後になってしまいました。そして、韓国留学生活もあと1ヶ月をきり、寂しさが日々募っています。授業はまだあるのですが、チュータリングという勉強会のようなものが1つずつ終了していき、本当にあと少しで帰るのだと実感がわいています。

5月は誕生日会を2回しました。1回目は中国人のクラスメイトと福岡から同じく留学にきている日本人の後輩が同じ誕生日だったので、中国人、韓国人、日本人の大人数でチキンを食べ、お酒を飲み、カラオケに行き、お祝いをしました。韓国や中国では誕生日の日には、誕生日の人がたくさんお酒を飲まなければいけない習慣があるらしく、韓国で誕生日を迎えなくて良かったと心から思いました。お酒が強くて好きな人には良い文化ですね。

Riina birthday.jpg

2回目は大阪から一緒に留学に来て、ルームメイトでもあり後輩の誕生日をお祝いしたのですが、皆で一緒に人生で初めてのクラブに行ってみました。たぶん、今後はもう行くことはないと思いますが、私は海外だったから出来た経験だと思っています。この留学で出会った日本人同士も本当に仲が良いので、幸せな誕生日会で、楽しい反面、泣きそうになりながら、残りの時間も楽しもうとみんなで話しました。

Riina 集まり.jpg

そして5月は韓国で文化祭の時期なので隣のダンクック大学の文化祭を見に行ってきました。私はK-Popについて、あまりよく知らないのですが、2Bicという歌手と、今とても人気がある여자친구(ヨジャチング)というアイドルが来ていたので、すごく前の方で見ることが出来ました。名前と歌は聞いたことがあったのですが、あまり知らなかったのでMVをたくさん見て予習して行ったので、とても楽しむ事が出来ました。実際に見てから少しファンになってしまいました。

Riina 学祭.jpg

もうすでに6月になり、今月帰国するのですが、テスト勉強もしっかりして、この留学を最高の経験にできるように、気を抜かないように予定管理もしようと思っています。帰国の前日には、お世話になっている日本人の先生が、韓国人の方と結婚なさるので、最後に異国のウェディングとホスピタリティを学んで帰りたいと思います。

ペッソク大学(韓国)~藤岡 彩乃

| コメント(0) | トラックバック(0)

経営学部ホスピタリティ経営学科4年次生 藤岡 彩乃 

こんにちは。私は、韓国のペッソク大学に留学している、ホスピタリティ経営学科4年次生の藤岡彩乃です。

もう最後のブログになってしまいました。あと一か月も残ってないと思うと、本当に寂しい気持ちでいっぱいです。最近の韓国はかなり暑くなってきて、早くも夏を感じています。

5月のはじめに韓国人の一番仲良しの友達と釜山に行ってきました。ネットで調べた人気ランキング1位から5位の場所をすべて制覇しました。釜山までバスで行きましたが、思っていたよりも近くて4時間くらいで着きました。釜山で一番印象に残っている場所は、この写真の場所です。

IMG_4474 (1).JPG 甘村文化村

ここは家や壁がカラフルにペイントされていたり、とても韓国っぽい可愛い場所でした。日本にもこんな可愛い街のようなところがあればいいのになと思いました。釜山のチャガルチ市場も行きました。刺身とたこを食べて、すごくおいしかったですが、私的には日本の刺身の方がおいしいと思いました。韓国人の友達のハンちゃんが、いろいろ案内してくれたり、助けてくれたので、本当に感謝しています。

520日についに同じ大学から来ているゆりかの誕生日会がありました。韓国では家族のようになって本当に仲良くなれてよかったと思っています。誕生日会では沢山お酒を飲みました。また、たくさんの友達が来てくれて、本当にいいところにきて、いい人たちに出会えたと改めて実感することができました。ゆりか、本当におめでとう。

IMG_4215.JPG

そして、先週、初めて大田(テジョン)に行ってきました。大学で知り合った友達が、大田に住んでいて、街を案内してくれ、家にまで泊めてくれました。私たちの住んでいる天安から大田までバスで1時間くらいですが、大田は天安より都会だという気がしました。その日初めて韓国で映画を見ましたが、韓国では映画館で普通に大きな声で笑ったりするので驚きました。でもポップコーンやナチョスを食べたりするところは日本と似ていると思いました。

友達のお家のリビングは、ドラマで見たことあるような部屋で、綺麗で広かったです。友達の家族の方は本当に親切に接してくれて、朝ごはんまで出してくれました。韓国の文化をたくさん学ぶことができ、貴重な体験をすることができました。

IMG_4515.JPG

韓国に来てから、いい人にしか出会っていません。本当にみんな親切で、毎日感謝の日々です。授業やサークルも終わりが近づいてきました。本当に残り少ない時間を、後悔しないように、大切にしていきたいです。

ペッソク大学(韓国)~大東 優里香

| コメント(0) | トラックバック(0)

外国語学部3年次生 大東 優里香 

こんにちは、外国語学部3年次生の大東優里香です。早いもので3回目のブログとなりました。韓国は30度に達する日も多く、毎日暑くて学校に行くまでの道のりで汗だくになり大変です。こんなにも早く、暑くなるとは思っていなかったので、半袖を一枚も持ってきておらず今慌てて半袖を買い、この気候をしのいでいます。韓国は物価も安く₩5,000(日本円で500円)で買えたりするので助かっています。

とうとう残り1カ月となりました。まだ実感もわかず先日来たばかりのように感じます。この3カ月はとても濃い3カ月となりました。まず、부산(釜山)へ旅行にいきました。

韓国にきてから知り合った韓国人の友達と同じ大学の先輩たちと一緒に行きました。残念ながら風邪を引いてしまっていたため、思いっきりはしゃぐことができなかったのですが、観光地を巡り、写真も沢山撮ることができたので、とても良い思い出となりました。また韓国にも日本と同じように方言があり、釜山は方言がある地域なので実際に方言を感じることができたのでとてもよい経験となりました。

21CE9449DEAA46FEB1533133051F5DC3.jpg

誕生日の日にはみんながお祝いをしてくれました。韓国に来てからまだ食べたことのなかったプルコギを食べたり、お酒を呑んだり、クラブへ行ったりと、韓国でしかできないことをして色々と楽しんで幸せなとてもいい日となりました。

8CA7BF7664A64684B1F53ABD46D56AE2.jpg 誕生日の日に(本人中央)

また、大田(テジョン)という韓国で5番目の大都市に旅行も行きました。私が今いる天安という場所から高速バスで一時間ほどの場所にあります。韓国に来てから知り合った韓国人のお家に泊まらさせてもらいました。私は韓国人の家に行くのが初めてだったので、冷蔵庫が二個あることや、家具の配置の仕方、家庭料理などの韓国の文化に触れてとてもいい経験になりました。夜景を見に行ったり、教会にも初めて行き、礼拝に参加させてもらいました。そのあとレクレーションや教会に通っている人たちと話すことができとても貴重な2日間でした。

 EFE2A7E3CA6B46E4A5C7ED93E9E56F05.jpg

その他にも中国人や韓国人など色々な国の人と関わり、彼らの文化を知り、毎日とても充実した時間を過ごしています。残り1カ月、気を抜かずに楽しく韓国に触れられたらいいなと思っています。ありがとうございました。

ダングック大学(韓国)~上田 芽依

| コメント(0) | トラックバック(0)

国際学部3年次生 上田 芽依

こんにちは。韓国のダングック大学に留学している国際学部3年次生の上田芽依です。

5回目のブログ投稿になります。最近の韓国は昼間の気温が30度を超える日が増え、夜はまだ肌寒い日もありますが、一気に夏に向かっています。天気も比較的快晴が続き過ごしやすい日々を送っています。

先月、中間テストを無事に終え、テストが終わった翌日に留学生で民俗村というところに行ってきました。ここは昔の韓国の家屋などを見ることができ、韓国の時代劇の撮影ではよく使われているような場所です。この日もドラマの撮影中で女優さんに遭遇しました。今のクラスでどこかに出かけたのは初めてだったので、みんなで一緒に回るだけでとても楽しく、いつも以上に色々な友達と話し、思い出を作ることができました。

①Mei.JPG②Mei.JPG

5月に入ると、韓国も子供の日があり、日本と同じ日で祝日だったので4連休だったのですが、韓国に来て初めて熱を出し、さらに40度近くまで上がる高熱が3日ほど続き、せっかくの連休は寝込んでしまいました。周りの友達が飲み物や食べやすいものなどたくさん買って持ってきてくれ、たくさん助けてくれました。つい2日ほど前にもひどい腹痛で自力で病院に行くことができず、国際館の日本人留学生担当の方に車を出してもらい病院に連れて行ってもらいました。日本では体調を崩すことは少なかったのですが、海外にいるということだけで知らない間にストレスが溜まって体調を崩したのかもしれないと医者に言われ、韓国に来てすでに9ヶ月経っていますが、油断してはいけないなと思いました。

そして最近、一大イベントである学祭がありました。韓国の学祭は日本と大違いで夜になると大学内がクラブのようになり、広場はすべて飲み屋のためにテーブルとイスが敷き詰められ、夜遅くまでお酒を飲むという日本では見たことのない光景にとても驚きました。3日間あったのですが、夕方までは色々なブースで出店があり、食べ物などが売られ、お酒も普通に売っていたので昼からお酒を飲んでいる学生もたくさんいました。メインステージの舞台では夕方から様々なサークルのステージ披露などがあり、夜8時くらいからは毎日アーティストが34組出演し、とても盛り上がりました。私も好きなグループが出たのでとても盛り上がり、楽しい時間を過ごすことができました。

③Mei.JPG

1日目は韓国人のお兄さん、お姉さんたちと夜中までお酒を飲み、3日目の最終日はクラスの友達と夜中までたくさんお酒を飲みました。本当に韓国はお酒をたくさん飲む国で周りの友達もお酒が強く、たくさん飲んでは喋って笑い、DJブースなどもあったのでみんなで踊りに行ったり、すごく盛り上がり、たくさん写真も撮って楽しい思い出が増えました。本当に3日間とても楽しく、貴重な経験ができて嬉しかったです。

④Mei.JPG

⑤Mei.JPG

私の留学生活も残り1か月少々になりました。最近授業が今までより楽しく思え、友達と楽しい時間を過ごすことが増えたのでここで出会った友達と別れる日が近づいていると思うととても寂しくなってきました。6月に入ると最後の期末テストがあり、それが終わると夏休みに入ってしまうので残りの授業もあと数回になってしまいました。最後の最後まで楽しみ、勉強もしっかりしてたくさんの思い出を作って帰るために残りの日々も一日一日を大切に過ごそうと思います。

⑥Mei.JPG

 

 

オランダ~フォンティス応用科学大学(楊 樂華)

| コメント(0) | トラックバック(0)

大学院商学研究科2年次生 樂華 

こんにちは。オランダのフォンティス応用科学大学に留学している大学院商学研究科2年次生の楊樂華です。

今回は3回目の投稿になりました。あっという間にオランダに来て3カ月経ちました。4月に入ると、こちらはだんだん暖かくなって、所々で花が咲く様になりました。初めてヨーロッパの春の生命力を感じていて、こちらの春の自然が好きになりました。

これはこの間、交換留学生たちと一緒にオランダの「Zaanse Schans」という町で撮った写真です。ここの風景は素晴らしくて、古い風車も初めて体験しました。

Rakka friends5.jpeg (本人右端)

427日はオランダの「King’s Day」で、所々でイベントもありました。私は仲の良い友達と一緒に近くの大都市に行きました。その日は忘れられない日になりました。可愛い子供たちが私たちに中古自転車を買わないかと声をかけてきました。残念ですが、私は自転車を持っているので断りました。また、その日は現地でロックのイベントがあり、私はロック音楽が好きなので、初めてヨーロッパで音楽イベントを体験し、すごく楽しかったです。しかし、その日は、参加した人たちがお酒を飲んだり、踊ったりして、たくさんのゴミを道に捨てていったので、とても汚い様子に驚きました。

Rakka festival3.jpegRakka festival2.jpeg

また、51日から大学が1週間の休みになり、私はメキシコの友達とフランスのパリに行きました。パリは歴史的建物がたくさん並んでいて、道も広く、オランダのアムステルダムとは違う素晴らしさを感じました。フランス人は英語が嫌いだという話を聞いたことがありますが、その通りで、地下鉄で駅の係員に道を聞く時、何回英語で聞いても、ずっとフランス語で返事してきました。でも、すべてのフランス人は英語が嫌いな訳ではなく、他の所で道を聞く時、英語で返事してくれたフランス人もいました。

Rakka Paris.jpeg

勉強のほうは、試験日が近づいていて、ほとんどの科目の試験日は5月の末です。最近入門英語とビジネス英語の発表の準備、インタビューの準備、マーケティングの試験の準備にがんばっています。また、自分の修士論文も早めに完成しないといけないので、最近はすこく忙しくなりました。

今振り返ってみると、最初オランダに来た頃は、英語がうまく話せなかったり、ヨーロッパ人に会った時に緊張したりしましたが、今は日常の会話は自信を持ってできるようになり、ヨーロッパ人と一緒に話したいという気持ちにもなります。もちろん、他の留学生と比べると、自分の英語はまだまだですが、3か月前の自分と比べると、かなり進歩しました。これからも頑張り、残りの少ない時間を大切に過ごしていきたいです。

静宜大学(台湾)~船曳 彩佳

| コメント(0) | トラックバック(0)

経営学部ホスピタリティ経営学科4年次生 船曳 彩佳

みなさんこんにちは、ホスピタリティ経営学科の船曳彩佳です

55日は母の日ですね。皆さんは何をしましたか?台湾でも母の日があります。台湾ではレストランを予約して家族で過ごすそうです。1が月前になると予約が難しいとか。。。みなさんはどのように母の日を過ごしましたか?日頃の感謝の気持ちを伝えることはできましたか??まだの方は今からでも「ありがとう」の気持ちを伝えてみましょう(^.^)

さて、私の約1年間の留学生活も残りおおよそ2か月になってしまい少し寂しく感じています。これからは過去のこと、現在のこと、残された時間のことを少し書き進めたいと感じます

留学が始まってから今まで

この留学が始まったときはわくわくした気持ちであふれていました。毎日を全力で過ごしていました。少しでも多くの人と、少しでもたくさん話せるように真剣に授業を受けて、全力で宿題を終わらせて、どこに行くのも、何をするのも全て全力でした。

最近は慣れてきて適当に力を抜くことができるようになり、今までよりたくさんのことができるようになりました。例えば、今、私は週に一度にボランティアで日本語を教えています。日本にいる時にはできなかったことなので良い経験に感じています。他にも今度スピーチコンテストがあります。文章を記憶することが苦手な私にとっては、本当に面倒に感じていますが、自分から参加を申し込みましたし、何より日本ではできない(することが無い)経験なので楽しみです。確かに私にとってこれまでやったことがないことをすることは面倒であり、ストレスも多く感じます。しかし、今しかできない経験なのでとても楽しみです。

この留学が終わり、帰国する頃、私も就職活動がはじまります。その時に本来の私を見せられるようにプレッシャーに強く、自分をもっとアピールできるようにたくさんのことを私自身のものにしようと考えています。

Ayaka classroom2.jpg 教室

これもこの留学で得たものの一つかもしれませんが、この前は友達の家にお邪魔して台湾の手料理をごちそうしてもらいました。そして、たくさんのことを教えてもらいました。文化のことや健康のこと、考え方など色々。。。

Ayaka food.jpg 台湾の家庭料理

日本にいる時はそんなに詳しく考えなかったことを考えたり、以前は全く違う考えを持っていのが、今は考えが変わったりしていることがたくさんあります。このように他の考え方と出会うとき、今でもわくわくしてもっと知りたいと感じます。台湾と日本は飛行機でわずか3時間、時差なんて1時間しかありませんが、考え方がこんなにも異なることに驚きます。今度機会があれば、皆さんにお話ししたいと思います。

Ayaka festival2.jpg 2人の神様と

ちなみにこの写真はお寺の神様が他のお寺を回って、神様同士が交流を深める儀式の時、神様の前を歩く巨人と写真を撮ったものです。一人は千里先まで見える目を持っていて、一人は遠くまで聞こえる耳を持っているそうです。この二人が神様を守っているそうです

残された2か月について

私にとって台湾はまだまだ知らないことがたくさんあり、まだまだ知りたいことがたくさんあります。そしてまだまだ台湾が大好きです。だからこれからの時間を使って友達の輪を広げたいと思います。勉強してもっと話せるようになって、たくさんの人とつながりたいです。私は毎日中国語の授業を4時間受けています。かわいい動物の付箋がついているところが今学期勉強したところです。この教科書はレベル5まであります。今学期ではこの教科書より先に進むことはできませんが、きちんと理解し、授業に臨みたいです。もちろん帰国後も継続して中国語の勉強をしたいと感じています。

Ayaka testbok.jpg 教科書

最後まで読んでいただきありがとうございました。

あっ!台湾に来たときはたくさんの面白い看板があるのでぜひ探してみてくださいね

Ayaka restaurant.jpg 看板

「味覚は新しく体現してぃる」

それではみなさんがんばってくださいね!

 

このアーカイブについて

このページには、2016年6月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2016年5月です。

次のアーカイブは2016年8月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

ウェブページ