「私の留学:最初の一歩」(フォンティス応用科学大学(オランダ)誉田 智)

| コメント(0) | トラックバック(0)
.

外国語学部3年次生 誉田 智

リビングからの眺めSatoshi.JPG アパートのリビングからの眺め

部屋にある唯一の窓Satoshi.JPG アパートの部屋にある唯一の窓

オランダに来てから約一週間が経過しました。こっちに来てからいくつかの問題に遭遇しましたが、Buddyや友達に助けてもらい何とか過ごせています。 

オランダでは日本で言うシェアハウスのようなアパートで生活をしており、私と二人の中国人の3人で暮らしています。最初の頃はあまり話す機会がなかったのですが、少しずつ一緒にご飯を食べる機会が増え、中国料理を作ったのを分けてくれることがあり、食生活は予想していたより安定しています。先日、日本食を買ってきて寿司を作ったのですが、美味しいと言ってくれました。アパートについて一つだけ問題があるのですが、それは虫の多さです。部屋にある窓には網戸がないから開けているとよく入ってきます。たまに日本でもなかなか見かけないぐらい大きな虫が飛んでいることがあり、頑張って退治しています。

829日から授業が始まりました。私は英語、マーケティング、ヨーロッパ文化とプレゼンテーションの合計4つの授業を履修しています。まだ始まったばかりだから何とも言えませんが、自分から積極的に意見が言えるようになれるように頑張ります。

トラックバック(0)

トラックバックURL: https://www.osaka-gu.ac.jp/mt/mt/mt-tb.cgi/5047

コメントする

このブログ記事について

このページは、国際センター(ライター)が2016年9月 5日 10:01に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「「私の留学:最初の一歩」(大連工業大学(中国)西沢 安那)」です。

次のブログ記事は「「私の留学:最初の一歩」(センテナリー大学(アメリカ)谷脇 愛弓)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

ウェブページ