ドイツ~バイロイト大学(前田 理央)

| コメント(0) | トラックバック(0)
.

外国語学部2年次生 前田 理央

こんにちは。ドイツのバイロイト大学に留学中の前田理央です。ドイツに着いて早くも一ヶ月が経ちました。ここでの生活には少しずつ慣れてきましたがまだまだドイツ語に苦戦しています。

Rio 留学生.jpg

そんな僕がドイツに来て気づいたことがあります。それはドイツに住む人たちの優しさと勤勉さです。僕はドイツに来てから今日までたくさんの困難にぶつかりました。自分から解決しようと行動をすることももちろんありましたが、それ以上に困っている自分を見かけて手を貸してくれる人がたくさんいました。重い荷物を運ぶのを手伝ってくれる人、僕の拙い英語、ドイツ語を一生懸命に理解して助けてくれる人、ドイツに来てから僕は人の優しさを肌で感じる毎日です。また、学校へ行けばたくさんの学生が図書館で勉強している姿を見かけます。英語、ドイツ語ともに彼らより劣る自分は、そんな勤勉な姿を見て刺激を受けています。 

最近、ようやく授業が始まって、僕は主に英語で行われているコミュニケーションやプレゼンテーションスキルの授業を履修しながら、初心者クラスで韓国語、中国語、ドイツ語を学んでいます。そのため、ほぼ全ての授業で英語を使っているのですが、自分の英語力と積極性のなさにかなり絶望しています。ここでは自分のように意見や意思を示さないことは存在がないのと同じなので、間違うことを恐れずに何事も積極的に取り組んでいきたいです。幸い僕の通っているバイロイト大学には日本語や日本の文化に興味がある学生がたくさんいるので、その人たちとコミュニケーションをとりながら、今の自分に足りない力を伸ばしていこうと考えています。

少しずつ冷え込んできたバイロイトの街を探検しながら、今月は自分の住む街がどんな街なのかを知る月になりました。ドイツの誇る音楽祭の会場、水と自然が創る景色を肌で感じて自分の住む街の魅力を堪能することができたと思います。来月からは、バイロイト以外の街やドイツ以外の国にも積極的に足を運んでヨーロッパに留学した人にしかできない楽しみ方をしていきたいと考えています。

Rio 町2.jpgRio森.jpgRio町.jpg バイロイトの街

今は学校やその他の手続きに追われることや、日本人のほとんどいない環境に余裕のない日々を送っているのが現状ですが、全て日本にいてはできない経験だと思うので、こういった状況にもその先の成長のために全力でぶつかっていきたいです。

トラックバック(0)

トラックバックURL: https://www.osaka-gu.ac.jp/mt/mt/mt-tb.cgi/5872

コメントする

このブログ記事について

このページは、国際センター(ライター)が2017年10月24日 11:09に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「台湾~文藻外語大学 (才木 大樹)」です。

次のブログ記事は「スウェーデン~リネアス大学(屋嘉比 聖弥)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

ウェブページ