2018年7月アーカイブ

ドイツ~マインツ専門大学(福島 由隆)

| コメント(0) | トラックバック(0)

外国語学部3年次生 福島 由隆

こんにちは。ドイツに留学している福島由隆です。季節もすっかり夏になり、刻々と学期の終わりが近づいています。授業も終わり、期末試験の期間になりました。時間が経つのが早かったような、ゆっくりだったような、どちらともとれるような感覚です。

今学期は、前学期以上に友達と遊ぶことが多かったです。買い物に行ったり、行ったことのなかったレストランやカフェに行ってみたり、友達の誕生日パーティーに参加したりなど、とても楽しい時間を過ごしました。

マインツには大きな劇場があります。そこではマインツの大学に通う学生であれば無料で催し物を楽しむことができます。私はハムレットのミュージカルとオーケストラを鑑賞しました。ハムレットは近代的な演出で、原作とはまた違った感覚で見ることができました。オーケストラではドビュッシーの楽曲を初めて生で聴き、改めて綺麗な音楽だなと感じました。また、指揮者の方が作曲した楽曲に日本の影響を受けて作られたものがあり、オーケストラの中で日本の楽器が使用されていたのはとても新鮮で迫力のあるものでした。

 5月に参加したドイツ人の友達の誕生日パーティーでは文化の違いに驚きました。日本では、周りの家族や友達が誕生日人を招き、祝うということが多いですが、ドイツでは誕生日の人が日頃の感謝を込めて周りの人を招待するというのが一般的だそうです。私が参加したパーティーはレストランで食事をしながらお祝いをしたのですが、料金は全て誕生日の人の負担でした。

そのドイツ人の友達は日本で働きたいという目標を持っていて、とても熱心に日本語を勉強しています。今学期は、彼と週に1度会ってお互いに言語を教え合う時間をとりました。その方にはドイツ語と英語の両方を教えてもらい、私は日本語を教えました。会話しながら楽しんで学ぶことが出来ました。そして母国語を教える大変さも知りました。慣れというものもあるとは思いますが、改めて自分の語彙力の無さを感じました。社会に出る前に日本人としての日本語をしっかり学んでおく必要があると痛感しました。

旅行にも行きました。今回の行き先はフランスのコルマールという街です。私の好きな映画の街のモデルにとなった場所で、小学生の時から数え切れないほど繰り返し見た映画と同じ景色が広がっていて、とても感動しました。

写真③Yutaka720.jpg写真③Yutaka720.jpg写真①Yutaka720.jpg写真④Yutaka720.jpg

 残りわずかですが、悔いのないよう生活して行きたいと思います。

(2018年7月19日)

国際学部3年次生 岩崎 亜由美

最初は4ヶ月なんてとても長いだろうなと思っていましたが、実際はとても短くあっという間に終わってしまいました。この留学を振り返ってみるとこうしておけば良かったと後悔したことはたくさんありますが、自分が何をするべきか、この留学を通して学ぶことができました。 

今回の留学では多くの壁にぶつかることはなかったのですが、韓国に到着して早々言葉の壁にはぶつかりました。空港まで留学先のハルリム大学から交換留学生をサポートするBuddyが迎えに来てくれました。しかし、Buddyは日本語が話せないので韓国語か英語で会話するしかなかったのですが、私は韓国語がほとんど話せなかったので、英語で会話しようと試みたところ、発音が正しくないのか理解してもらうことができませんでした。そのせいでBuddyとはそのまま仲良くなることもなく留学が終わってしまったのですが、この経験から二度と言語のすれ違いで疎遠になってしまうのは嫌だと思い、語学勉強に対して意欲がわきました。 

この留学ではルームメイトに助けられたことが多かったです。私が住んだHIDという寮は日本語階、中国語階、英語階と分けられており、韓国人は勉強したい語学の階に住んでいました。私のルームメイトは4年次生と2年次生の韓国人でした。二人とも日本語が上手で、とても親切で、よく三人でご飯を食べに行ったりしました。ただ、4年次生の韓国人は課題や発表で忙しくて、徐々に部屋にいないことが多くなり、2年次生の韓国人と過ごすことが多くなって、彼女とはどんどん仲良くなりました。二人でデリバリーを頼んで食べたり、遊びに行ったりと、好みや性格がよく合ってとても楽しい日々を過ごしました。授業で韓国語で発表する機会があったのですが、その時は韓国語の発音が正しいか聞いてもらったり、韓国語に翻訳してもらったりと色々助けてもらいました。この先こんな風に韓国人と一緒に住むことはないと思うので、とても良い経験と仲の良い友達ができました。ルームメイトだけでなく、他にもHIDに住んでいる学生限定で、体育祭のようなちょっとしたイベントでチームごとに競いあったり、日本語階のメンバーとお花見やBBQなどもしました。

Ayumi with friends.jpg

留学をしなければこうして韓国人と一緒に住んだり、言葉の壁にぶつかることもなかったのだろうなと思うと、今回の留学は貴重な体験ができました。これからに向けて考えていることが2つあります。まず1つ目は留学経験を無駄にしないように韓国語の勉強は続けることと、英語力をもっと上げることです。言葉の壁にぶつかって初めて英語の大事さに気付き、英語はどこにいても意思疎通の手段であり、将来必要になってくるであろうと思い英語を勉強しようと決めました。

2つ目は自分の専攻である国際について深く学ぶことです。韓国に留学して日本の大学での専攻について聞かれることが多く、国際と答えるとどんなことを学ぶのかと突っ込んで聞かれても上手く答えることができませんでした。そこで、自分が国際学部で何を勉強してきたのだろうと考えさせられ、残りの2年間は国際学部で学びたいことをはっきりしなければといけないと思いました。これからは卒業のために単位に必要だから講義を取るのではなく、興味があるから取るようにしていきます。この2つをこれからの目標として過ごしていきます。 

国際学部3年次生 中村 穂野花

こんにちは。国際学部3年次生の中村穂野花です。私の約11カ月間のオランダ留学生活から帰ってきて3日が経ちました。日本に帰ってきて、自分がオランダに留学していたのが、なんだか夢のように感じています。この約11カ月間、楽しいことやその反面辛く悩んで日もたくさんありました。この留学生活は何事にも全力で取り組んだし、後悔も全くありません。

Honokafinal1.jpgHonokafinal2.JPG

私が留学前に決めていた目標がありました。まず一つ目は日本人の友達と一緒にいずに留学先の友達と仲良くなること。これは思っていたより簡単なようで難しかったです。実際、留学先で友達を作ろうと話しかけても、もちろん最初は自分の英語の問題もありましたが、それ以前に自分に特に趣味や特技がなかったので、日本やアジアの国に興味がない人とは、なかなか仲良くなることが難しかったです。1学期目の留学生活のときはアジア以外の友達や現地の友達を作ることばかり考えていました。しかし、文化も全く違うし話も続かないし、そこまで無理して仲良くなる必要ないと考え、自分と仲良くしてくれる人と一緒にいようと考えを変えました。私が友達を作るきっかけとしてはランゲージパートナーや、日本食パーティーなどを企画して友達を作りました。またアジア人の友達の中で、日本との歴史的な問題について話してくる友達もいて、その問題のせいで言い合いになってしまい、関わらなくなったしまった友達もいました。すごく仲が良かったのに、日本をよく思っていない人もいることが分かり、こんな体験は留学生活しかできないので、それが知られてよかったと思います。 

二つ目は授業で積極的に発言すること。これも1学期目は難しく、ほとんどできませんでしたが、2学期目はチームでプロジェクトを企画する授業が多く、自分から発言しないと自分がいないかのようにチームのメンバーにほっとかれたり、自分に意見を聞いてもくれないし、他にも「どうして意見がないの?」と言われたりしました。そこからは自分の存在感を示すために、自分の意見を述べ、わからないときはわからないとはっきり言いました。自分よりみんなのほうがアイデアがたくさんあって、本当にわからない時もあり、これはすごく大変でした。英語の授業だけでなく、英語で正規の授業を受けることができ、現地の学生の授業が体験できたので良かったです。 

三つ目はヨーロッパを旅行すること。この留学生活で11か国に行きました。留学がヨーロッパではなかったら、なかなかヨーロッパを周るのが難しいと思うので、若いうちにたくさんの国を旅行できいい体験ができました。その旅行やオランダ生活の中で、ヨーロッパはアメリカなどに比べアジア人が少ないためか、アジア人差別などにもあったりしました。嫌な思いもしましたが、日本ではできない経験なのでこんなこともあるんだなと思いました。

この約11ヶ月間、長いような短いような留学生活でした。この留学生活の中で得られたのは、自分自身のメンタルが強くなったこと、自分の意見をしっかりもつことが出来るようになったこと、料理ができるようになったこと、英語以外に韓国語もできるようになったこと、日本のことがもっと好きになれたことなど他にもたくさんあります。私にとって、この留学生活は本当にいいものになったと思います。そして、3日後には一ヶ月間の香港サマースクールに行きます。オランダで経験したことを、香港でもさらに活かしていきたいと思います。

Honokafinal3.jpeg

最後まで読んでくださりありがとうございました。

 

このアーカイブについて

このページには、2018年7月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2018年6月です。

次のアーカイブは2018年8月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

ウェブページ