2018年10月アーカイブ

オランダ~フォンティス応用科学大学(山下 彩)

| コメント(0) | トラックバック(0)

外国語学部3年次生 山下 彩

留学って不思議。色々な気持ちが一気に得られる。今日は嬉しいことがあった~って眠りにつこうと思ったら、急に悲しい気持ちになったり、その逆もあったり。人から遊んでいるように思われがちな留学だけど、本当はみんな死ぬ気で頑張っていることをどうやったら伝えられるのかなと考えることもここ最近多くなりました。一歩踏み出している人はみんなかっこいい。でもその魅力に気付く人って少ないですよね。それを遊んでいると捉える人、ただただ留学に行って何もしていないと捉える人、色々な人、色々な物の見方があるのだなと改めてこの留学で感じさせられました。どんなことにも過程は大切。だけど、みんなが見る結果も必要。そのために今この瞬間を全力で生きることが今の私に求められているなと思うと、それが自分自身奮い立たせてくれました。

Aya friends.jpegAya friends2.jpeg

そんな私の留学ですが、「毎日、必ず誰かと英語で会話する」という目標を立てています。休日でも必ず誰かと英語でしゃべる。どんな些細なことでも自ら話かける。これは今日までも、そしてこれからも怠ることは決してないです。

最近は私にとって嬉しいこともありました。最初オランダに来たとき、英語と日本語が交じることが多くあったので、日本人としゃべることを避けていたのですが、最近は英語脳が出来てきており、日本人と日本語を喋っても大丈夫という余裕が自分に持てるようにもなりました。ですが、やはり留学しに来ている人は意識が違います。日本人同士でも自分たちの母国語ではなく、「英語で会話をする」という良い環境を作ることができています。どんなに最悪な状況に自分が置かれていても、周りの環境だけは、私は胸を張って「最高」と言う事ができます。いつでもどこでもたとえ国が違っても、私の周りは『最高で最強』なのです。そして私の気持ちを淡々と書いてきましたが、留学とは「毎日が新鮮で、毎日が日曜日」です。つまり私は留学先でも、毎日を死ぬ気で楽しんでいます!!!

Aya dress.jpg

他の留学生は「留学でこんなことをしました」「こんなところにいきました」などと日常を書くことが多いかと思いますが、私は皆さんに今の私の素直な気持ちを知ってほしいと思いこの機会に書かせていただきました。次のブログはもっとまともなことが書けるように頑張ります。

外国語学部2年次生 吉田 美咲

こんにちは!オランダ留学中の吉田美咲です。オランダに来てから2か月が過ぎ、留学生活の折り返し地点まできました。 

2週間ほど前に中間試験のプレゼンテーションなどがあり、約一週間のFall Breakも過ぎました。海外の友達と話すことで新しい日本の魅力を知り、また他の国との習慣の違いなどをたくさん知ることができ、毎日が新しい発見です。授業内でMaastrichtという場所に行き、オランダの伝統的なパイ作りをするという体験もしました。10月は特にたくさんの体験をすることが多かったです。1027日には留学生のための旅行があり、Movie Parkというドイツの遊園地に行きました。ちょうどハロウィーンの時期で、夜にゾンビや魔女などがたくさん道に出てくるHalloween Night Partyも行われて、お昼から夜まで楽しむことができました。学校が行うイベントはどれも楽しくて一日がすぐに過ぎてしまいます。

Misaki Pie.jpgMisaki Movie Park.jpg

こちらでは、授業の数が少なく自由な時間が多いので、電車賃は高いですが、旅行にもたくさん行くことができるので、とても充実した留学生活を送っています。旅行に行くことで英語を使う機会も増え、たくさんの人と会話できることも楽しいです。電車の中で会った人やお店の人がフレンドリーに話しかけてくれるため、英語で話す練習ができ英語力向上にとてもいいと思いました。あと半分の留学も楽しみつつ頑張っていきたいと思います。

 

韓国~ペッソク大学(北村 公香)

| コメント(0) | トラックバック(0)

国際学部3年次生 北村 公香

韓国に来てもう2ヶ月がたちました。とても早く感じます。この前、中間テストがありました。会話のテストは出来たと思うのですが、300字の作文を書くテストは不安です。全てのテスト結果は分からないのですが、次の期末テストでも勉強をしっかりしていこうと思います。 

最近は韓国での生活にも慣れて、外で韓国語を使って会話できたときはとても嬉しいです。韓国人の友達もできてその友達は日本語が少しできるので日本語と韓国語をまぜながら会話をしています。私も韓国語を話す機会ができたのでとても嬉しいです。よくカフェでお喋りをしたり、ご飯を食べに行ったりして、他にもお互いの言語を教え合ったりしてとても楽しいです。 

Kimika drinks.jpg

韓国は寒くなってきてもうコートを着ています。昼間はそんなに寒くないのですが、夜がとても寒くてコートを着ないと凍えそうです。最近私は、夜によく散歩に行きます。学校の近くに大きい池があり、その周りにはオシャレなカフェもたくさんあるのでそこによく歩いて行きます。韓国はカフェがたくさんあるのでカフェ好きの私にはとても嬉しいです。値段も安いのでとても行きやすいと思います。

Kimika sunset.jpg

私は辛い食べ物が苦手だったのですが、韓国で住み始めてから前より辛い物が食べられるようになりました。韓国は辛いものばかりではなく、辛くなくて美味しい物もたくさんあります。

Kimika cheese.jpg

上の写真は最近食べてとても美味しかった物です。

韓国留学生活も後、残り2ヶ月になりました。韓国語の勉強も頑張り、悔いのないように過ごしていこうと思います。

台湾~静宜大学(陳 俊友)

| コメント(0) | トラックバック(0)

外国語学部3年次生 陳 俊友

どうもこんにちわ!静宜大学に留学中の陳俊友です。

留学が始まり1ヶ月ちょっとが経ちました。今のところ大きな問題は起きていません。

新しい環境、新しい生活を生きています。この時期は新人戦があり、学部ごとに部活があり、日本語学科のバスケ部に参加しました。留学生ということで新入生扱いになるので、新人戦にメンバー登録してもらいました。3戦中3勝でリーグ戦を突破できたので、このまま優勝目指して頑張ります!

課外授業のようなもので1泊2日でぷち旅行のようなものにいきました。クラスの学生に引率者が付き、歴史的な観光地を巡り、行ったことのない所ばっかりだったので、とてもいい経験になりました。

Chen Tri@.jpgChen Trip2.jpeg

大学周りはだいぶ開拓できて、台湾人もバイクで近くを開拓させてくれるので、付近は熟知してきました。遊ぶとこであったり飲食店であったり、色々あるので朝から夜中までとても便利です。最近は夜中にケイドロ{(どろけい)警察と泥棒に分かれて鬼ごっこのようなもの}を大学内にしてやっています。こういう遊びは小中学校以来なのでとても懐かしく楽しいです!

また、台湾人学生が企画してくれた日本人のみのBBQイベントがあったり、少し遠い土地に行ったりとしています。

Chen BBQ.jpgChen Mango.jpeg

アメリカ~センテナリー大学(阿部 愛伽)

| コメント(0) | トラックバック(0)

外国語学部3年次生 阿部 愛伽

アメリカに留学してもう2ヶ月が経ちました。私の留学生活もう半分を切ったと思うと本当に早くて、まだまだやりたい事、学びたい事たくさんあります!時間が足りない! 

授業は2ヶ月も経つとだいぶ慣れましたが、未だに言いたい事を上手く伝えるのに苦戦しています。私は英語の他にもファッションの授業を履修していて、その授業は主にグループワークとプレゼンテーションをしています。グループワークではなかなか他の学生が行っていることが聞き取れず何回も聞き返してしまったり、上手く文章が作れなくて必死で単語やジェスチャーで伝えたりしていて1人でパニックになっています。プレゼンテーションでは発音がとても苦手なのでちゃんと伝わっているのか不安でいっぱいです。まだまだ言葉の壁を乗り越えれそうにありません。暇な時間はたくさんあるので授業後もひたすら勉強に励んでいます! 

休日に出かけるのはやっぱりNYです。NYしか行くところがありません!この前は友達とブルックリンに行ってきました。

 

Aika Bridge.jpgAika Brooklyn.jpg

Aika friends.jpg

ブルックリンブリッジを背景に写真を撮れる有名なスポットに行って写真を撮ったり、実際にブルックリンブリッジを歩いて渡ってきました。ブルックリンブリッジからとても小さかったけど自由の女神が見えました。景色も最高でした!街並みもオシャレで、ブルックリンは古着が有名らしく可愛い古着屋さんがたくさんありました。NYでもエリアによって違った雰囲気、特徴があるのでNYを探検するのは楽しいです。これからハロウィーン、サンクスギビングやクリスマスの季節になるので街並みはどんな雰囲気になるのか、どんなイベントがあるのか楽しみです!

スンミョン女子大学Summer School~名山 瑛未里

| コメント(0) | トラックバック(0)

外国語学部3年次 名山瑛未里

外国語学部3年次の名山 瑛未里です。私は夏休みの期間中に韓国のスンミョン女子大学で実施された1ヶ月間のサマースクールに参加しました。1ヶ月というとても短い期間でしたが、学校で行われたイベントでの韓国人と交流をし、授業に参加していた世界中からの留学生の関わることができ、とても中身の濃い時間が過ごせました。

Emiri Korea.jpg

私の履修していた授業は午前中に韓国語、午後に韓国アートでした。韓国語の授業はレベル1だったので基礎から学ぶことができました。日本の大学の先生と比べ、私の授業を担当してくださった先生はとても楽しく元気で、授業がこんなに楽しいと感じるのは久しぶりでした。クラスにはアメリカ人、台湾人、ブラジル人など8ヵ国以上の国から来た留学生がいました。授業は基本的には英語で行われ、前日に習った単語は先生が英語と韓国を交えて説明してくれましたが、授業が進んで行くにつれて先生が話す韓国語が増えていき、それが理解できるようになるのがとても嬉しかったです。最終的には簡単な会話を韓国でできるようになりました。アートの授業では自分でブレスレッドや指輪をデザインから、形作り、磨く作業までやりました。野外授業では韓国の美術館に行き、歴史や文化について深く知ることができました。日本では美術とは無縁だったので新しいことができる良い機会になりました。

休みの日にはアメリカ留学で知り合った友達に会いに行くことが多かったです。アメリカにいた時の思い出話をし、ご飯を食べ、買い物に行きました。また、アメリカで1年間同じ部屋過ごしたルームメイトにも会いに行きました。ルームメイトの家に一泊、泊まらせてもらい、ルームメイトの家族とも会うことができました。家でご飯を食べ、寝る前に話す、アメリカ生活に戻ったように感じました。

Emiri Korea2.jpg

私が韓国に留学しようと思った理由は、韓国の雰囲気、言語が好きだからです。日本とは違った空気や街並の雰囲気、人の温かさが私は好きです。この留学で、もっと韓国のことを知りたい、言語ももっと勉強したいと思いました。この留学に行くまでは韓国語は趣味で少し話すことができればいいという気持ちでしたが、後期に履修した韓国語の授業でしっかり学び、英語とともにもっと勉強してレベルアップしていきたいです。

オーストラリア~CQ大学(武田 和也)

| コメント(0) | トラックバック(0)

外国語学部2年次生 武田 和也

おはようございます、こんにちは、こんばんは。 

外国語学部2年次生の武田和也です。オーストラリアに留学しています。(←それ前も言った) 

今日は、

・留学中の授業はどんななのか、

・ロックハンプトン、ある程度回ったらすることないから、23日でSydneyに行ってみた。

この2つについてブログを書いていきます!!!

では、1つ目~

オーストラリアに来て約1か月半経って思ったのは、LEIと授業形態が似ているなと思ったことかな。

教室.JPG

(これが教室のある棟でーす。)

それがあったからこそ、オーストラリアの授業にすぐに慣れることができたかなと思います!それと、先生と昨日授業終わってから何をしたかを授業の最初に発表してクラスメイト自分含めて3人とスピーキングの練習をしたり、このトピックについて意見、理由を言ったのですが、自分の意見には必ずWhy?がついてきます。意見を言って終わり!ではなく、「こうだからこう!」という自分の意見と理由をしっかり持つべきだと改めて思いましたね。まだまだ言いたいことがしっかりと伝えられないことがあります。LEIでもやっているはずなんですけどね。

留学したいと思う人は、意見+その意見に対する理由を言うのは必要だと思います!!!

他にも色々あるのですが、ここら辺まで。(あまり言いすぎると次のネタがなくなる)

では、2つ目~

929101日、この3日間を使って念願だったSydneyに行ってきました~。と、ここで10月1日?授業サボって?と思った人、いるんじゃないでしょうか?この日はオーストラリアではQueen’s Birthdayといって祝日でした!留学するときは、当然ですが、日本の祝日と外国の祝日は違う!ということをお忘れなきように。

それで!やっぱり大都会は違いますよね!電車あるし、それでいろんなところに行けるし。田舎から上京してきた田舎者みたいな感じになってたかな。それでも、東京よりも大都会‼(そりゃ海外だもの)ロックハンプトンは超田舎すぎてなんか寂しくなりました。でもなんかおかしな話ですよね、ロックハンプトン校に通ってるのに、シドニー校に訪れるなんて。

シドニー校.JPG

Bronte ParkBBQしたり、Bondi Beachに連れていってもらったり。

あ、そうそう。CQ Sydney校に留学している3年次生の波さんとそのお友達と一緒に遊んだりしました!

初めて会ったのに優しくしてくれて楽しかったし、コルク栓が遠くに飛ぶほどのシャンパンを持ってくるし、終始圧倒されていました。そのことは波さんがブログに書いてあるはず!(他人任せ)

IMG-5771.JPG

でもやっぱりSydneyにきたら必ずここに行かないといけないでしょう!

オペラハウス.JPG

オペラハウスは前からずっと来て見てみたいと思った場所なんですが、見ていても飽きないというか、アートの才能とか、専門なことは残念ながらこれっぽっちもないのですが、引き込まれる不思議なところなんですよ。

そうこうしているうちに、3日間が過ぎて、時が経つのがあっという間でした。そこで思ったのは当然のことながら英語がまだまだ上達してないということをこのシドニーの旅で実感しました。残りの約2ヵ月どうすればいいのか、わかったような気がしました。

メインはシドニーのことになってしまったかも。でもしょうがない!楽しかったんで!

こんな感じでゆるーく生活しております。若干、鳥恐怖症になってますが。

読んでいただきありがとうございました。

IMG-5666.JPG

(2018.10.21)

台湾~文藻外語大学(大谷 風花)

| コメント(0) | トラックバック(0)

外国語学部2年次生 大谷 風花

こんにちは。私は今台湾の文藻外国語大学に留学しています。台湾に来て早くも1ヶ月が経ちました。 

台湾に着いてから1週間後本格的に授業も始まり、毎日が忙しくあっと言う間に時間が過ぎています。毎日授業は2コマか3コマ取っていて、午後は毎日『華語中心』と言う中国語のセンターで中国語を学んでいます。中国語のクラスは最初に筆記と先生との会話の面接テストがあるため、自分にしっかり合った中国語のレベルのクラスで学ぶことができます。まだまだ知らない単語がたくさんあり、毎日新しい単語が教科書に出てくるので、とても勉強のやりがいを感じます。中国語の先生達は凄く教え方が上手で、新しい単語も授業を受けている内に自然に身についていきます。周りの人達や環境、友達にも恵まれ毎日とても楽しいです。 

そしてこの1ヶ月でたくさんの思い出ができました。夜市や台湾の有名な観光名地に行ったり、Team SOSで出会った台湾の友達が会いに来てくれたり、家族がたくさん会いに来てくれました。本当に自分でもびっくりするくらいホームシックがありません。私が台湾に来てから1番感じることは、台湾の人たちの温かさです。分からないことがあれば、知らない人でもみんな優しく教えてくれるし、小さな事でも手伝うよと全て助けてくれます。高雄の人は台湾の中でも1番人が暖かいと聞いていたのですがその通りでした。そして文藻外語大学ではたくさんのアクティビティがあり、私はそれにたくさん参加しています。毎回多くの外国人留学生と出会えるのでとても楽しいです。

毎日の生活の中で中国語、英語、日本語が飛び交っているので、とても刺激的な環境になっています。1年後には中国語も英語も今よりもっともっと向上されることができるように毎日頑張っていきたいと思います。

Fuka.jpeg

 

ドイツ~マインツ専門大学(中村 文哉)

| コメント(0) | トラックバック(0)

外国語学部2年次生 中村 文哉

海外に留学する目的は人それぞれ違った特別な思いがあると思う。自分の英語運用能力を向上させたいと思う者や外国の友達を作りたい、遊びに行きたいと思う者、はたまた生活環境を変えることによって何か新しいものを得ようと考えている者もいるかもしれない。しかし、私はこれらのどれにも当てはまらない。私の留学の第一目的は一人旅をしながら、今までに見たことない建造物や景色を自分の目で見て、感じることだった。そのために、留学先の大学がスタートする一か月前に日本を出発して、その間に色々な場所に旅行しに行こうと考えていた。幸い、私の母の友達がドイツに15年ほど住んでいるのでホームステイさせてもらえるかどうか聞くと、快諾してくれた。 

私がドイツに着いて次の日には最初の旅先、ハイデルベルクを訪れた。古都、ハイデルベルクでは初旅行にふさわしい、素晴らしい景色を見ることができた。ヨーロッパらしい古い町並みを楽しみ、時間の流れが少し違うように思えた。 

第二の訪問都市はフランス、コルマールだ。あまり聞きなれない都市だが、映画「美女と野獣」や「ハウルの動く城」のモデルになった街である。この街はドイツから非常に近く、電車で行くことができるので二番目の都市に選んだ。まさに映画さながらの景色を見ることができ、映画の世界にもぐりこんだかのような錯覚を覚えた。

文哉コルマール.jpg コルマール

第三の都市に選んだのはスイスのチューリッヒである。チューリッヒはアルプス山脈の近くということもあり、空気が澄んでいて、川の水も透き通っていた。家の造りもドイツと少し違っていて、いわゆる「シャレ―スタイル」だった。

そして、ドイツのケルンに行き、世界遺産のケルン大聖堂を拝み、さらにフランスのストラウスブルクに行った。その次の日に私が一番訪れたかったノイシュバンシュタイン城に行った。一時間ほど山を登ったところにある「三大名城」の一つは高くそびえたち、堂々と私を待ち構えていた。私はおおいに魅了され、感動した。その次の日に訪れたのが、ここもまた「三大名城」の一つ、ホーエンツォレルン城だ。こちらも山の上にそびえたち、色が抜け落ちたような茶色い名城からこの国の波乱に満ちた歴史がうかがえた。さらに、この城に入城することができ、皇帝や貴族の生活を目と肌で感じることができた。

私が最後に行こうと決めていた都市がベルリンである。日本に似た歴史や惨劇を持っているこの都市に私は強い興味を持っていた。私はベルリンに着くなり、最初にベルリン市内にある「ホロコースト記念碑」に行った。ここはドイツで虐殺されたユダヤ人犠牲者のための記念碑である。無数に建てられている灰色の直方体の記念碑は訪れた人に何か本当に大切なことを問いかけているように思われた。そして、ベルリンの壁を訪れた。壁に描かれている絵は来る者を不思議な世界に誘ってくれる。その壁に触れ、感じ、魅了されながら、私は平和を祈った。

ベルリン墓地.jpegベルリン壁.jpeg

これらの経験をした私が学んだことは、やはり自分の目で見て感じなければならないということだ。今やその場所へ行かなくても、ネットで検索すれば写真で見ることのできる景色。それらより自分の体で感じ、五感を使って「見る」ほうがその何百倍も価値があり何千倍も「学ぶ」ことができると思う。今から私がこれらの旅先全てを熱弁し、その素晴らしさを写真とともに伝えようとしても、本当の景色の半分以下しか伝わらないだろう。どんなにカメラが改良され、画質が良くなろうとも伝わらない素晴らしさがあるということを学んだ。

(2018.10.23)

台湾~静宜大学(森澤 育美)

| コメント(0) | トラックバック(0)

経営学部ホスピタリティ経営学科 森澤 育美

你好!こんにちは!台湾の台中に位置する静宜大学に留学してもう1カ月が経ちました!早い。。。でも、毎日充実した生活を送ることができています!その理由は3つ。1つ目は、友達に恵まれたこと!2つ目は、食べ物が美味しいこと!3つ目は、睡眠時間がきちんととれること!この3つがそろった台湾留学生活、素晴らしい! 

Ikumi1.jpeg

毎日、朝9時から12時まで中国語の授業をして、午後は留学生用の英語の授業や台湾の歴史の授業を受けています。1カ月経過して思うこと、それは台湾は住みやすい!それと私の中国語が少し上達したこと。台湾に到着当時、全く話すことも理解することもできなかった私が、今、夜市やお店で中国語を使って注文することができている。まあ、まだまだちんぷんかんぷんの時の方が多いけど。できるようになるためには、とにかくやるしかないんだ。私は、習った言葉を使うために、友達と一緒に外へ出掛けるようにしている。実際に使えなかったら意味がないので。 

Ikumi2.jpeg

最後に、睡眠について。私は、毎日午前中の授業が終わると大学近くの寮に戻り、昼寝をしてから次の授業へ挑んでいる!日本の大学に比べて授業数が少ないため、空き時間がある。空き時間あるなら勉強しろよって感じですが、この休憩がないと次の授業でフリーズしてしまい、ポカーン状態。昼寝したら復活できる私!勉強に集中するために寝る!でも寝すぎには注意かな?たまに虫に刺されてる。適度な睡眠をとり、ON/OFFを大切にしていきたい!時間に余裕がある留学中にしっかり自分と向き合い、自己分析をしていきます。

Ikumi4.jpeg

次の1カ月の目標

  中国語の漢字を見て中国語の発音で言えるようにすること!

  自分の言いたいことを中国語で文章にして発すること!

 (2018.10.17)

韓国~ペジェ大学(金 大樹)

| コメント(0) | トラックバック(0)

国際学部3年次生 金 大樹

私は831日に韓国に来ました。初めての飛行機で初めての海外だったので正直不安しかありませんでした。韓国と日本という近い国ながら、少し路地に入れば街の雰囲気は一気に変わり、外国に来たのだという実感が一気に高まりました。

韓国人でありながら言葉を話すことができない私は正直不安しかありませんでした。ペジェ大学にはOGUの学生の他、日本人学生が数名います。始めの頃は先輩のサポートを受けながら生活をしていました。その時に一番嬉しかった事は、先輩が大学の先生に私の家族の事情を説明すると、先生は微笑んで優しく肩を叩いてくれた事です。私はその時に本当に韓国に来てよかったと思いました。

Tess1.jpegTess2.jpeg

韓国に来て数日が経ち、授業が始まりました。私のクラスは12人で私を含め3人の日本人学生がいます。私以外は全員女子学生なので初めは話しをするのが難しかったですが、勇気持って話しかけると優しく話しをしてくれました。私クラスの先生は本当に優しく、先生のクラスで良かったと思いました。早く韓国に慣れるために、日本語学科の学生達と話しをしたりしました。初めはトイレットペーパーを便器に流せない事やバスの運転が基本的に荒いことなど、日本ではあり得ない事がいくつかありましたが、今はそれにも慣れました。これからはたくさんのイベントにも参加し、出来るだけ日本語を話さず、語学向上のために韓国語を使って話しをしようと思います。 

(2018.10.17)

韓国~ダングック大学(船曳 未翔)

| コメント(0) | トラックバック(0)

外国語学部2年次生 船曳 未翔

안녕하세요 

こんにちは。韓国の檀國大学に留学中の船曳未翔です。 

韓国に来てからもう1ヶ月が経ちました。韓国は秋が短くほとんどないので10月なのに上着が必須なくらい寒くなってきました。何も知らない土地で一から生活するという恐怖はほんの1週間程でなくなり、今ではすっかり韓国での生活に慣れ、驚きと共に慣れてしまう事の怖さと戦っています。

平日の午前は語学堂に通い、午後に英語の授業を2科目受けています。最初は韓国人の話すスピードについていけず、聞き取るのに必死でしたが、最近は耳が慣れてきて聞き取りができるようになってきている事に感動しています。

学校以外ではいろんな国籍の友達と漢川でのんびりしたり、同じアイドルが好きで仲良くなった中国人やインドネシア人と遊びに出かけたり、チュソクという日本のお盆的な休みに合わせた行事にも参加したりしています。また、ハングルの日という祝日には韓国人のルームメイトと一緒に映画を観て、ショッピングをしました。他にも日本人の友達のルームメイトの台湾人や韓国人の友達やいろんな人とご飯を食べに行ったりもしていて、色々な国の習慣やほんの少しですがお互いの国の言葉を教えあったりしていてとても楽しいです。

Mika3.JPGMika1.JPG

Mika2.JPG

友達がたくさんでき、とても充実した毎日を送っています。

最後に、一つ感じたのはやっぱり英語は必要だということです。見事に日本人以外の韓国人含む外国人はほとんど英語が話せるので、恥ずかしくなりました。でもそれが英語も頑張ろうというバネになっているので、とてもいい環境にいるなと感じています。

残りの時間を無駄にしないように1日1日楽しんで一生懸命勉強しようと思います!

(2018.10.11) 

韓国~スンチョンヒャン大学(熊野 由希)

| コメント(0) | トラックバック(0)

国際学部3年次生 熊野 由希

こんにちは。スンチョンヒャン大学に留学中の国際学部3年次生の熊野由希です。 

春学期を終えて、2学期目の秋学期が始まりました。春学期に過ごしたルームメイトやスイートメイト達は違う寮や違う部屋になり、私も新しい部屋、新しい環境で過ごしています。 

最初は部屋がすごく静かで、スイートメイトに話しかけても気まずく、どうしようと思いましたが、見かけるたびに話し、スイートでご飯に行くことを計画したりして、今は仲良く楽しく過ごすことが出来ています。

Yuki spring.jpg

また、前学期のスイートメイト達とも連絡を取ってご飯を食べに行ったり、遊びに行ったりしています。日本語が上手な子達ですが、今学期は日本人も多く、また部屋も日本人ばかりのスイートなので日本語を使う機会が多くなってしまうので、韓国語で会話するように心がけています。 

学期が9月に始まりましたが、18日から20日まで学祭がありました。韓国の学祭はK-POPアイドルや有名な歌手が来たり、フードトラックが来たりと、日本の学祭より規模が大きくて驚きました。今回は日本でも有名なiKONというアイドルが来ました。韓国では校内で普通にお酒を飲んだり、運動場にレジャーシートを広げてご飯を食べたりと日本では見ない光景で新鮮でした。私も韓国の学祭を楽しむために、韓国人の友達と学校の敷地の芝生でデリバリーをしてご飯を食べて、そのあとにiKONを見に行きました。日本語が出来ない韓国人と一緒にいたので大変でしたが、普段より勉強になり、楽しく充実した日でした。

Yuki1010_3.jpgYuki1010_2.jpg

左:学祭に来たiKON 右:韓国人の友人たちと

長くなりましたが秋学期の始まりはこのように、新しい出会いと環境に慣れはじめ、楽しく充実して過ごせています。 

今回は勉強のことについてあまり書きませんでしたが、韓国語の授業は2級に進級し、先生も授業中は韓国語しか使わないので、難しいですが予習と復習をして授業を受けています。今回は英語を使う授業をとっていないので、継続して自分で英語も勉強したいと思っています。今学期は目標ややりたいこともたくさんあるので、全て出来るように無駄なく11日を過ごしたいと思います。

(2018.10.10)

韓国~スンチョンヒャン大学(日野 雅也)

| コメント(0) | トラックバック(0)

外国語学部3年次生 日野 雅也

こんにちは。私は韓国のスンチョンヒャン大学に留学している外国語学部3年次生の日野雅也です。最初に私が韓国に来て思ったことを書きたいと思います。

私が韓国へきて1週間目はルームメイトがまだ来ていなかったので、日本人以外の人たちとコミュニケーションをとる方法が英語であったということです。英語をあまり話せない私にとっては最初の1週間がとても辛かったです。ですが1か月たった今では、週末に留学生たちとご飯を食べに行って、英語を話したり、一緒に遊びに行ったりしています。その結果、自分の英語力が上がっているのを実感できるようになりました。特にリスニング能力が向上しているとわかりました。自分の話す英語が正しい文章でなくても相手が理解してくれます。自分の英語が正しくないから話したくないと思っていた自分が今ではもっと英語を話したいと思えるようになりました。 

次に授業について話したいと思います。私は韓国語の授業を4つとっていますが、一番下のレベル1のクラスなのでOGUで韓国語の授業を履修していた私にとってとても簡単です。レベル2のクラスに行きたいと言っても駄目だと言われたので、もっと勉強をしてクラス分けテストで良い点数を取るべきだったと後悔しています。授業は中国人がほぼ半数を占めています。中国人は韓国語の発音が苦手なのでよく授業の進みが遅くなります。曜日によって先生が違うので、授業のペースが速い日と遅い日があります。ペースが速い日は韓国語を全く勉強していなかったら授業についていけないくらい早いと思いました。

Masaya.jpg

この写真は留学生のみんなと韓国のエバーランドに行った時の写真です。みんなでジェットコースターに乗ったり、お化け屋敷に入ったりしました。みんな英語を話していたので言い回しやどういう状況でこの言葉を使えばよいかの勉強になりました。韓国留学もあと少しで半分が終わるので悔いのないように一日一日を大事にしていこうと思います。 

(2018.10.05)

韓国~ハルリム大学(松村 早紀)

| コメント(0) | トラックバック(0)

法学部3年次生 松村 早紀

お久しぶりです。9月初旬から韓国では2学期がスタートしました。

 

今回はHIDという学生寮から一人で別の寮に引越ししました。今回のルームメイトは日本語が全く話せない学生なので、毎日部屋では韓国語で話しています。また、寮の中では韓国語しか通じず、前の寮の時のように親しい友達が一人もいないので寂しく思うこともありますが、韓国語を勉強しに来たので今回は挑戦という意味で難しい道を選択してみました。また、前の学期は日本人教授の方に頼まれて日韓交流の授業を3つも受講していましたが、このままでは自分のために勉強にならないと思い、今学期はすべてお断りして韓国語の授業だけを取りました。なので、今学期の授業はどれも難しく、すべての科目を予習していかなければ授業についていくのが難しく、前の学期に比べて勉強漬けの毎日です。クラスは私以外9割の学生が中国人留学生で時々心細くなります。しかし、その授業の中で一緒に遊びに行く友達もできて嬉しく思います。 

 

2学期が始まったばかりでしたが、9月下旬にチュソクという韓国の旧正月がありました。韓国人の友達がみんな帰省してしまい、少しだけ退屈な時間を一人で過ごしましたが、最後の2日に12日で友達とソクチョへ旅行に行ってきました。ソクチョという町は海辺にあり、海産物のお店が多くありました。 


Sakiソクチョ3.jpeg


そこで夜ご飯に貝焼きを食べたのですが、焼酎と合ってとても美味しかったです。


Sakiソクチョ2.jpeg


次の日には山へ行きました。私は高いところが苦手な上、足元がとても不安定な岩を登って歩かなければならなかったので本当に怖かったのですが、日本にいたときは自然とのかかわりが少なかったのでとてもいい思い出になりました。山は涼しく空気が澄んでいたので、リフレッシュできました。


Sakiソクチョ.jpeg


2学期が始まって早1ヶ月、毎日が大変で何から手を付けたらいいのか戸惑うこともありますが、留学最後の学期なので、自分のしたいことはすべて挑戦して、悔いのない留学生活を送りたいです。

(2018.10.03)

オーストラリア~CQ大学(服部 映乃)

| コメント(0) | トラックバック(0)

外国語学部3年次生 服部 映乃

G’day!(こんにちは) 

CQ大学ロックハンプトン校に1学期間留学している外国語学部3年次生の服部映乃です。ロックハンプトンに来て1ヵ月が経ちました。この1ヵ月間を振り返ってみると、パーティーなどのイベントや旅行を通じて、他の国の学生と仲良くなれるキッカケができたことでかなり充実した1ヵ月を過ごせました。そして個人的な旅行としては、ゴールドコーストとブリスベンに行きました。ゴールドコーストは、留学中にどうしても訪れたかった場所だったので一人で行きましたが、すごく楽しかったです。

Akino10.JPG

ここで生活していると毎日同じルーティンなのに毎日色々な刺激があり、あっという間に1ヵ月が過ぎていきます。ここは他の場所とは違って、自分がアクティブに行動しない限り部屋にこもる事はすごく簡単なぐらい周りに何もありません。毎日学校に行ってただ授業に出席するだけの4ヵ月で終わる事だって出来ます。友達の輪を広げる・キラキラした充実した留学生活を送るには、積極的になることが一番重要です。私はこの1ヵ月間、このことに一番苦戦したけれど一番伸びた力だと思っています。もともと人見知りで自分から話しかける事や、授業中に発言・質問するなどほとんどしたことがありませんでしたが、今めちゃくちゃしています。普段の生活の中でInternationalの学生と長く話すことはあまりないですが、毎日挨拶を交わすこともあれば勉強を教えてもらうこともあります。授業では、毎回分からない時はその場で質問したり自分の考えを他のクラスメイトと共有したりしています。積極的になる事に今まで無縁だった私が、1ヵ月でここまで変わりました。 

本題の語学力を上げることは、こういった日々の積み重ねだと思います。もちろん全て上手くいっているわけではありません。Internationalの学生同士が話している中で、会話に混ざれないことも多々あります。会話が単発で終わってしまうことや、言いたい事が上手く伝えられないこともしょっちゅうあります。その度に、自分の語学力の無さに情けなくなったりして一人で反省しています。“毎日同じルーティンなのに毎日色々な刺激がある”理由はこのことです。ですが、どれも積極性なしでは成立しません。色々事にどんどんチャレンジしていかないと、留学をしている意味がありません。語学力の向上を目指すだけが留学ではないからです。限られた期間の中で、ここでしか経験できない事に挑戦したり、新しい自分を見つけるのも留学をして良かったと思える理由の一つです。

そして“何をするにも自分次第”だということが、1ヵ月を過ごしてみて感じた事です。周りに何もないロックハンプトンだからこそ積極的になるしかなかったのかもしれませんが、シドニー校やブリスベン校などの自分に合った都会な場所ではなく、あえてロックハンプトンを選んだことに後悔はありません。

Akino10_2.JPG 本人後列右から2番目

そして、もうすぐ寮の学生の8割は帰ってしまいますが、私は気を引き締め直して残りの3ヶ月弱を過ごしたいと思います。また、この私の記事が誰かの留学の後押しになれば嬉しいです。

台湾~文藻外語大学(餅崎 眞子)

| コメント(0) | トラックバック(0)

国際学部4年次生 餅崎 眞子

こんにちは。私は文藻外語大学に留学している餅崎眞子です。台湾に来て1か月が経ちました。 

毎日、友達とご飯を食べにいって、週末はクラスメイトと台中弾丸ツアーや西子湾に観光に行ったりします。学校の周りのご飯がとても安くて美味しくて、太りそうです。タピオカも安くて美味しいです。タピオカを我慢して週2回にしようと思いますが、毎日飲みたくなって結局ずっと飲んでいます。でもタピオカ以外にも美味しいのはたくさんあって、おすすめは冬瓜檸檬です。本当に美味しいです。美味しいものと美味しいものを合わせると美味しいっていうのでこの前冬瓜檸檬にタピオカを入れてみました。美味しかったですが、私は別で飲んだほうが好きです。

tapioka18.10.12mochizakimako.jpgtakaoblog18.10.12mochizakimako.jpg

中国語の授業は、授業が主にスピーキングとリスニングです。クラスメイトはフランス人9人、日本人4人と韓国人1人です。日本人のほうが圧倒的に多いと思っていたので、フランス人の多さに驚きでした。でも日本語を使う機会が少ないので中国語の練習になります。 

そして、この1か月で英語の壁にぶち当たりました。台湾に中国語を勉強しに来てまさか英語で心が折れそうになるとは思いませんでした。ですが、英語は大事ですし、いい機会なので勉強しようと思って、英語のクラスを履修しました。全く聞き取れないし話せないですが、みんな優しくて助けてくれて、台湾人の優しさに涙が出そうでした。11月になるとプレゼンがあるので頑張ります。

韓国~ペッソク大学(谷 拓海)

| コメント(0) | トラックバック(0)

外国語学部3年次生 谷 拓海

こんにちは。ぺッソク大学に留学している外国語学部3年次生の谷拓海です。  

 私は韓国語は話せないので、仁川国際空港に着く前から不安でいっぱいでした。ですが、その時はすぐにその不安な気持ちを変えることはできなかったので、前向きに物事を取り組もうと思いました。最初は、病院での検査、証明写真を撮りに行くなど、手続きに追われていました少し住み慣れてきて、友達5人でヤウリ、明洞、弘大という街を何日かに分けて散策しました。そこで気付いたことは、想像以上に韓国は辛い食べ物が多く、すべて辛すぎました。でも外食に行っても日本より安く美味しかったです。その他、車の運転が荒かったです。街まで行く際、バスに乗るのですが、急発進、急停止が多く慣れるまでは本当に怖かったです。 

IMG_1548.JPGIMG_1549.JPG

 授業が始まり、正直な感想は不安に不安が重なる感じでした。私は基礎のクラスでした。先生の話を聞いて、簡単な単語を覚えていきましたが、難しい話になると先生は中国語で話し出します。英語はほとんど通じません。ですが、先生とコミュニケーションを取るようにし、片言の韓国語やジェスチャーで質問をし、授業の内容を理解するようにしました。さらにもっと理解をするため、授業終わりに韓国人の友達に分かりやすく教えてもらっています。その友達は色々な事を教えてくれるので、授業の復習になっています。おかげで、今は授業には十分ついていけています。  

他の韓国人の友達もできました。バスケットボールやサッカー、日本語学部のサークルに参加し、どんどん輪が広がっています。これから学校やサークル、授業でイベントがあるので積極的に参加し、得られるものを全て吸収し、これからの留学生活、人生に生かせれるようにしたいです。また、語学力だけでなく他のスキルも向上させていきます。

(2018.10.3) 

外国語学部3年次生 淡路 明日香

Image_1b93069.jpgImage_370bcce.jpg

こんにちは。私は今、韓国の天安市にあるぺッソク大学に留学している外国語学部3年次生の淡路明日香です。8月からこの韓国に来ています。留学経験は無く、今までに韓国には一度旅行として来ています。その他にもインドネシア・バリ島や、台湾にも行った経験があり、カナダには語学研修で4週間滞在していました。韓国は綺麗な場所も汚れた場所もどちらもあります。トイレのペーパーも流すことが出来る所と、流すことの出来ない所があります。ここで日本の生活のありがたみをつくづく実感しました。コンビニにも日本のようにトイレはなく、品揃えも十分ではないです。特に今、住んでいて困っていることは、食べ物です。寮には共有の電子レンジとポットしかなく、火がないのでとても不便です。そして何よりも野菜が簡単に手に入らず、栄養不足になりがちです。そこで私は美容大国とも言われる韓国の力を生かし、サプリメントで栄養を補っています。ですが、これからずっとそうしている訳にはいかないので、新たな方法を見つけたいと思います。 

最後に勉強の事ですが、大学の授業が韓国語で行われるのでとても大変です。韓国に来たときは、ハングル文字を読むのに精一杯だったのに、今では少し文章を理解できるようになりました。寮ではルームメイトが日本人1人と中国人2人で、部屋の中を飛び交う言語は日本語、中国語、韓国語、そして英語です。言葉で気持ちを伝えることの大変さ、大切さを日々実感しています。これからもその環境を生かし、韓国語でも英語でも伝えることが出来るよう、頑張りたいと思います。 

(2018.8.28)

「私の留学:最初の一歩」~陳 俊友(静宜大学)

| コメント(0) | トラックバック(0)

外国語学部3年次生 陳 俊友

IMG_5780.jpg

9月12日。それは留学出発の日。だったはずなのですが、台風の影響でまさかの関西国際空港が沈没。第1ターミナルの復旧作業が間に合わなくて、当日に飛ぶことができませんでした。急遽航空券を取り直し、前日に出発することになりました。本来の着陸地点は台北で、そこから台中へ移動の予定でしたが、あくまでも予定は未定。フライト変更のため高雄に着き、高雄から台中へ移動することにしました。まさかこんなハプニングがあるとは思ってもいませんでした。

前日に到着したのはいいのですが、1日早く寮に入れるのかわからないし、せっかくなので高雄の観光も含めて1泊することにしました。すぐさまネットで予約し、ホテルへ向かいました。・・・そんな感じで到着後は、さほど大きなハプニングは起きず、翌日大学の寮に入ることができました。自分は台湾国籍ですが、日本生まれ日本育ちなので日本人だとして、寮には日本人2人とアメリカ人1人でした。寮生活にも慣れてきて、仲良く楽しくできています!

大学の授業は英語の授業と中国語の授業を半分半分履修しました。中国語の授業は留学生用ではない科目を履修したので正規生になった気分です。中国語で授業を受けるのは、5年間のブランクがあったので、授業内容はとてもいい勉強になります。英語の授業では日本人がいない授業もいくつかあるので、だいぶ苦労しています。頭で処理が追いつきません。

来週は学科のバスケ部の練習にも参加します。

こんな感じで来てまだちょっとですが、日々学校生活が充実してきています。勉学面、生活面共に頑張っていきたいと思います。

(2018.9.28)

 

経営学部ホスピタリティ経営学科3年次生 森澤 育美

IMG_4673.JPG

私が台湾に到着したのは、授業開始の1週間前!到着して分かったことは、日本人留学生が非常に多いこと。そして、その数と同じぐらいの外国人留学生がいるということ。寮では、日本人同士が同じ部屋になっている所がほとんどだ。そのため、部屋ごとに固まってグループができているように感じた。私は、到着して3日間ルームメイトがいなかったため、様々な人に声を掛けて挨拶した。グループで固まってしまうと、どうしても自分から行動するということを避けてしまう。最初にグループになってしまうと次に行動するということが難しい。だから、私は、最初から自ら行動することにした。日本人の友達、外国の友達、関係なく声を掛けた!これから4カ月間同じ大学で学ぶ仲間に挨拶することは大切なこと。様々な人と知り合い、いろいろな人とコミュニケーションを取りたい。 

中国語は初心者クラスで、毎日少しずつ自分の中に中国語単語が増えているので楽しい。到着したときは、お店に行っても全く中国語を使うことができなかったのに、今は少しだけ使えるようになった。 

今、中国語が分からなくて一番困るのはお店だ。そのため、注文に時間が掛かってしまう。現在の抱負は、お店での注文をスムーズに現地の人と同じように行うこと。

4カ月の間にいろんなお店に足を運びたい。

(2018.9.26)

韓国~ペッソク大学(北村 公香)

| コメント(0) | トラックバック(0)

国際学部3年次生 北村 公香

韓国留学へ来てもう一か月がたちました。とても早く感じます。 

この1ヶ月にあったことを書いてみたいと思います。 

留学へ来てすぐに長崎から来ている友達の誕生日があったので女子メンバーで誕生日会をしました。皆でご飯やケーキを食べてお祝いしました。始めてアイスケーキを食べたのですが、とても美味しかったです。

1536498207154.jpg20180910_194204.jpg 本人左から3人目

912日に私が住んでいる天安でお祭りがあり、アイドルが来るというので見に行きました。会場はとても人が多かったです。私はEXIDという女性グループが見たかったのですが、寮の門限の時間がギリギリだったので見ることができませんでした。とても悔しかったです。

1536766228293.jpg

9171819日に私が留学しているペッソク大学の学園祭がありました。中国人の友達が中国料理のお店を出していたのですが、閉店時間ギリギリに着いたのでほとんどお店終わっていましたが、友達が中国料理を食べさせてくれました。料理の名前は分からないのですがとても辛かったです。夜には公演があり、ステージでダンスを披露している学生を見ました。韓国で有名な歌手も来ていて会場はとても盛り上がっていました。

20180926_182923.png

10月の中旬に中間テストがあるので韓国語の勉強やこれからの留学生活も頑張っていこうと思います。

(2018.9.26)

 

カナダ~メディシンハット大学(久野 江里菜)

| コメント(0) | トラックバック(0)

外国語学部2年次生 久野 江里菜

こんにちは。カナダのメディシンハット大学に留学中の久野江里菜です。カナダに来てから早くも1ヶ月以上が経ちました。こっちでの生活は大分慣れてきて、とても楽しいです。授業はLEIのようなので、LEIでの経験がとても活かされています。学校はだいだい9時頃から14時頃までで、そのあとはたっぷり時間があるので、その時間を無駄にしない様に、毎日まっすぐ家に帰るのではなく、図書館に行ったり、ジムに行ったり、学校のイベントに参加したりしています。イベントはできるだけすべて参加して、新しい人にたくさん出会う機会を作っています。自分から行動しなくては何も始まらないので、私はたくさんの人に声をかけ、たくさん友達を作って放課後や週末も予定を作る様にしています。週末の過ごし方は様々で、友達とダウンタウンに行ったりボランティア活動に参加したりしています。

Erina Event.JPGErina friends.JPG

Erina Event3.jpgErina Event 2.JPG

先日、カナダでは、Thanksgivingという祝日がありました。私はホームステイをしているのですが、ホストファミリーの知人がたくさん集まってパーティーをしました。Thanksgivingの定番料理のターキーやパンプキンパイなどをいただきカナダの文化に触れることができました。 

Erina ターキー.jpg

私のクラスには、メキシコ人や韓国人や中国人もいるので、英語だけでなく、色々な言語を学ぶことができてとても楽しいです。また彼らに日本語を教えることもあるのですが、日本人の私ですら日本語の難しさを改めて感じて面白い経験がたくさんできています。 

メディシンハットはとても安全で美しい街です。人々はとても親切でフレンドリーで、知らない人でも挨拶をしたり声をかけたりします。挨拶をするだけで私はいつも明るい気持ちになれます。日本にいると一人で街を歩いているときはムスッとしてしまいがちなので、カナダのこの文化はとても素敵だと思いました。また、カナダはとても寒くて10月の頭に雪が積もりました。次の週が暖かくてすぐに溶けてしまいましたがとても綺麗でした。

MHC Snow.JPG

時間が経つのはとても早くてあっという間に過ぎていきます。留学に来てから、日本ではできないたくさんのことを経験できて、とても有り難いです。この経験を無駄にしない様にこれからも自分から何事も挑戦して色々なことを吸収していきます。

韓国~ハルリム大学(植田 真雪)

| コメント(0) | トラックバック(0)

外国語学部2年次生 植田 真雪

韓国に留学しに来て1ヶ月ちょっと経って、だいぶ韓国の生活にも慣れて来ました。 

この約1ヶ月間でまだ韓国語はそんなに話すことはできないですが、耳が少しずつ韓国語に慣れて来たかなと感じています。 

韓国では9月には추석(チュソク)という連休があり、違う大学に同じく交換留学している友達と찜질방(チムジルバン)という日本で言う岩盤浴に行きお互いの近況報告的な感じで話したり、

Mayuki1.jpg

ハルリム大学の留学生何人かと韓国人とで大学の近くの公園にピクニックに行ってみんなでピザを食べたりして楽しい生活を送っています。

Mayuki Pizza.jpgMayuki friends.jpg

それから私は学院大でダンス部に入っているのですが、まだ時間が合わなくてあまり行けてないのですが、こちらの大学でもダンスのサークルに入りました。こちらのダンスサークルの学生たちの中には日本学科の方もいるのですが、ほとんどの学生が日本語が分からないです。これを機にもっと耳が韓国語に慣れて、理解して話すことができるように頑張りたいです。そして108日にそのダンスサークルの公演があったのですが、私は踊っていないのでみんなと早く仲良くなって一緒に踊りたいなと思いました。

Mayuki friends2.jpg

10月の後半には中間試験があり、私は韓国語の授業を2つ履修しているのですが、そのうちの1つが付いていくので精一杯という感じの授業なので、早いうちから復習や試験勉強をして悪い成績を取らないように頑張りたいと思います。

韓国~スンチョンヒャン大学(石﨑 瑞季)

| コメント(0) | トラックバック(0)

外国語学部3年生 石﨑 瑞季

こんにちは。外国語学部3年生の石﨑瑞季です。韓国のスンチョンヒャン大学に留学しています。こちらにきて1か月と少しが経ちましたが生活にも完全に慣れ私はこの1か月がとても早く感じました。

そんな中919日から21日の間、大学祭がありました。韓国の大学祭は盛り上がると聞いていたのでとても楽しみでした。グラウンドにはフードトラックが来て、ステージが設置され、聞いていた通り3日とも夜までとても盛り上がっていました。特に2日目はルームメイトと彼女の学部の友達とステージを観ることができ楽しかったです。

Mizuki1.jpgMizuki2.jpg

また、その週末からチュソクという5日間のお盆休みに入りました。この期間は授業もなくルームメイトたちや韓国人のみんなが実家に帰り家族や親せきと過ごします。私はこの期間に天安や弘大、明洞へ行きました。弘大に行く際は、私は韓国にきてから初めて1人で電車に乗りました。乗る前は心配で乗り換えの駅や線を何度も確認していましたが、いざ乗ってしまえばなにも心配はいりませんでした。これを機にもっと遠くまで出かけていきたいと思います。弘大や明洞、特に明洞はとても賑わっており、チュソクの期間でもすべてのお店が営業していました。色々なものを食べたりとても充実した一日でした。

Food Yumeto.jpg

時々、スイートメイトたちとも集まってご飯を食べます。スイートで集まったときはほとんどが韓国語での会話になるので、私はまだまだ会話についていくことが出来ません。しかし、1か月前と比べると少しずつ簡単な文や単語の聞き取りや自分の言いたいことが言えるようになってきたと思います。もっと韓国語で会話出来るように頑張りたいと思います。

Mizuki3.jpg 本人左端

韓国~スンチョンヒャン大学(坪内 夢都)

| コメント(0) | トラックバック(0)

外国語学部3年次生 坪内 夢都

韓国のスンチョンヒャン大学に留学している外国語学部英語学科の坪内夢都です。こっちに来てから一か月が過ぎました。はじめの頃は様々なものに新鮮さを感じていたのですが、昔から環境に慣れるのが早いので、今では少し新鮮さに欠けてきました。しかし、それは環境に限る話です。語学習得には力を入れています。今回は普段の生活と遠出をしたことについて話していきたいと思います。

まずは、普段の生活についてです。僕は月から木曜日まで授業があります。朝9時から12時までは韓国語の授業です。英語を使う授業は1つだけ履修しています。生活の中で英語を使う人がたくさんいるので、英語はそこで使うようにしています。韓国語はここに来てから学び始めたようなものなので、私は一番下のクラスで勉強しています。そして、この大学にはexchangeという韓国人のパートナーと必ず一時間過ごさないといけないというプログラムがあります。パートナーの人たちは日本語を話すことができるので、その人たちにも協力してもらい勉強することができています。

外にご飯を食べに行くのもルームメイトたちが一緒なので、様々な状況で韓国語に触れることができます。分からないことがあれば「これなんて言うん」と関西弁で聞いてしまっているので、そこは直していかなければならないところです。この留学が終わるころにはほとんどの会話を韓国語を使ってしたいものです。

次に遠出をした時について話していきます。9月の最終週に韓国のお盆がありました。その時、日本人2人とルームメイトの1人とソウルのホンデという場所にホテルを取って12日で旅行してきました。旅行といってもショッピングやおいしいと評判のお店を周るだけになりましたが、とても楽しかったです。ここでの思い出はルームメイトの誕生日をお祝いできたことです。夜、日にちが変わりたくさんのメッセージを受け取って「あ、俺誕生日やん」と自分の誕生日に気づいたルームメイトでしたが、もう一人の日本人とプレゼントをあげることができてよかったです。

Yumeto1.JPGYumeto2.JPG

たまに日本に帰って友達と遊んだり、自分のベッドでゆっくり休みたいなと思うことはあります。しかし、こんな大切な時間を無駄にはしてはいけないと自分に言い聞かせるようにしています。特に大きなことをしているわけではありませんが、まだまだこの留学をもっと意味あるものにしてくれる物はたくさん残っていると思うので、今一度自分が何をすべきかを考えて行動していきたいと思います。

このアーカイブについて

このページには、2018年10月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2018年9月です。

次のアーカイブは2018年11月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

ウェブページ