2019年1月アーカイブ

台湾~文藻外語大学(餅崎 眞子)

| コメント(0) | トラックバック(0)

国際学部4年次生 餅崎 眞子

聖誕快樂&新年快樂

高雄はまだまだ暑くて、昼間は半袖で過ごせるのですごく変わった年末になりました。クリスマスも全然クリスマスという感じがありませんでした。

Mako12_1.jpeg

12月はイベントが多い月ですが、1218日には台湾原住民社團の講演を見に行きました。そして原住民に夢中になりました。講演を見てやはり原住民のダンスのリズムや音楽好きだと再認識し、彼らの付けているピアスやブレスレットがとても可愛く、私も欲しいと思いました。そして、原住民はイケメンと美女が多いです。台湾にいる間に原住民の友達を作って帰ろうと思います。

Mako12_3.jpeg

そして、クリスマスは中国語のクラスメイトのフランス人留学生たちとタロコパークという鈴鹿サーキットとコラボしているテーマパークとショッピングモールが合体したような場所に行きました。その後にカラオケに行きました。フランス人留学生たちは初めてカラオケ体験だったので、すごく盛り上がりました。2時間だけでしたが、私たち日本人はカラオケオールで慣れていますが、彼らは慣れていないので最初は盛り上がっていましたが、一時間くらいすると疲れていました。カラオケでフランス語の曲をフランス人が歌うのを聞くという体験を台湾でしました。また彼らがたくさんフランス語を教えてくれ、難しいですが勉強してみたいなと思いました。台湾に来てクリスマスを一緒に過ごしたのがフランス人留学生というのがすごく不思議です。イケメンと美女の彼らと一緒にクリスマスを過ごすことはこの先ないかもしれないので、思い出に残る日になりました。

Mako12_2.jpeg

(20181228)

外国語学部3年次生 山下 彩

オランダにきて約4カ月がたちました。先月ブログを書いた時から比べて、私はまた一回り成長した気がします。今回のブログは少し真面目に何があったのか書いていこうと思います。

Aya1222_1.jpg

この一カ月怒涛のプレゼンテーションweekが私を待ち受けていました。プレゼンテーションは私の得意分野だと自信を持っていたのですが、今まで自分のやってきたプレゼンテーションは全く違ったなと痛感させられました。少し心が折れそうになりましたが、そんな暇もなく「私には勉強する」という選択肢しか残されていませんでした。ここで一からまたプレゼンテーションとは何か、どれだけ大切なのか、限られた時間でどのように自分を表現していかなければいけないのかという事を学びました。それを終えてのプレゼンテーション。今まで頑張ってきたことが少し実った気がしました。 

この4カ月、今までにないぐらい死ぬ気で勉強しました。毎日が勉強。勉強。勉強。するとあら不思議、勉強が毎日の習慣に変わり、勉強することが楽しくなりました。勉強することが当たり前になった時、次は日本の今の教育に目を向けるようになりました。どれだけの人が勉強に真剣に取り組んでいるのか、単位を取ることだけに必死になっていないか、日本の英語教育はどうなっているのか、そんなことを考えるたびに、若い人たちに「勉強することの大切さ」を伝えていかなければならないと思うようになりました。自分が勉強に真剣に取り組むのが遅かった分、若い世代の人たちに伝えるべきことはいっぱいあるなと思いました。よく海外の大学では遊ぶ時間が少ない。あるいはバイトしている暇がないという事を耳にしますが、海外の大学に通って初めてその意味を痛感しました。毎日課題との戦い。授業が終わっても学校に残って勉強。金、土曜日に息抜きで遊ぶ。自分の大学と比べるのは違いますが、留学を経て、大学生の学ぶ姿勢に差があるのは一目瞭然でした。 

いつでもスタートは切れるという言葉がありますが、それは「いつでも」ではありません。自分で決めたその時からがスタートです。遅いと置いていかれます。大切なのはいつも「今」。今は今しか生きられない。留学が終わってもずっと今を駆け抜け続ける人間でありたいです。

Aya1222.jpg

Aya1222_2.jpg

(20181222)

このアーカイブについて

このページには、2019年1月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2018年12月です。

次のアーカイブは2019年2月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

ウェブページ