スペイン~サンホルヘ大学(横田 寛季)

| コメント(0) | トラックバック(0)
.

外国語学部3年次生 横田 寛季

スペインのサンホルヘ大学に交換留学をしている外国語学部英語学科3年次生の横田寛季です。

image5.jpegimage1.jpeg

スペインに来てから2週間ほどが経過しました。日本からバルセロナまで3度も乗り継ぎをしないといけなかったので、スペインに着くまでとても不安でした。また、スペインまではかなり遠く約18時間もかかりました。大学2年の夏にトロントへ語学留学した時に出会った友達がバルセロナ空港まで迎えに来てくれ、その日は友達の家に泊めてもらいました。翌日、友達の家がサグラダ・ファミリアに近かったので、徒歩で見物をしに行きました。またスペイン式サンドイッチのボカディージョを食べ、買い物もしました。その日の午後にバスでバルセロナ駅に向かい、友達に手伝ってもらってAVE (新幹線)のチケットを買い、2時間半くらいかけてサンホルヘ大学のあるサラゴサに着きました。着いたばかりで何も分かなかったので、ある優しそうな男性に英語で道を尋ねたところ、アパートまで連れて行ってくれました。この時に改めて英語を話すことの大切さを実感しました。

image2.jpeg

アパートのルームメイトは、ペルー、メキシコ、ポーランドと中国から来ている留学生です。また、同じアパートにサンホルヘ大学に通っている学生たちもいます。彼らが開催したバーでの歓迎パーティーで様々な国の留学生と出会い、英語でコミュニケーションを取り、友達になることができました。

大学の初日はとても緊張しましたが、周りの学生たちが暖かく歓迎してくれました。オリエンテーションでは、クイズゲームなどがあり賑やかな雰囲気の中で楽しめました。また、留学生には学校生活を支えてくれるチューターがいて、何でも相談にのってもらえるので非常に助かっています。現在は、様々なイベントを通して友達を作り、毎日を楽しんでいます。例えば、カラオケ、ダンス、バーで話すなど、スペイン独自の文化に触れることができています。

image3.jpeg

image4.jpeg

授業自体はまだ始まったばかりで、今はシラバスの確認をしているので、本格的な授業はこれからです。授業を受けた印象は、英語でのディスカッションやパソコンを利用した授業になりそうです。また、こちらの大学では留学生向けのスペイン語の授業が開講されており、私はA2レベルの授業になりました。今後、B1B2レベルに行けるように日々頑張っていこうと思います。まだまだ慣れない部分も多々あるので、これから様々なことに挑戦をし、新たな知識をたくさん得ていきたいと思います。

トラックバック(0)

トラックバックURL: https://www.osaka-gu.ac.jp/mt/mt/mt-tb.cgi/6839

コメントする

このブログ記事について

このページは、国際センター(ライター)が2019年2月12日 11:58に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「「私の留学: 最初の一歩」~村上 健太(フォンティス応用科学大学)」です。

次のブログ記事は「「私の留学: 新たな一歩」~北村 公香(ペッソク大学)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

ウェブページ