「私の留学: 最初の一歩」~藤原 侑女(静宜大学)

| コメント(0) | トラックバック(0)
.

外国語学部2年次生 藤原 侑女

こんにちは。台湾の静宜大学に留学している外国語学部2年次生の藤原侑女です。

unnamed.jpg

まず私が台湾に来て思ったことは台湾の人はすごく優しいです。例えば飲食店で私たちが店のメニューを携帯の翻訳機能を使って訳していると、店員さんが英語で説明してくれたり、道がわからない時に店の人に尋ねると、口頭の説明だけでなくわかりやすいところまで案内してくれたりします。ただ、バイクや車が多くて日本の感覚で道路を渡ろうとすると非常に危険です。また、ご飯がすごくおいしいです。印象に残っているのは餃子やラーメン、蚕餅がおいしいです。そして、台湾の気候は暖かく、2月ですが汗が出るほど暑い日もあります。しかし、風があるため過ごしやすい気候だと思います。

今はまだ中国語の授業が始まっていないため、午前中はみんな時間が空いているので一緒ご飯を食べに行き、とても楽しく過ごしています。また、留学に来ている人たちは積極性だったり、向上心の多い人たちばかりなので、とても良い影響を与えてくれます。また、私は静宜大学のダンス部に入って、現地の学生たちと一緒に練習をしています。

現地での勉強は日本とはまた違うものになると思うので、頑張ってできるだけ多くのものを吸収し、サークル活動にも取り組み、休みには友達とどこかに出かけていろいろなものを見て感じたいと思います。

トラックバック(0)

トラックバックURL: https://www.osaka-gu.ac.jp/mt/mt/mt-tb.cgi/6879

コメントする

このブログ記事について

このページは、国際センター(ライター)が2019年3月 5日 17:07に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「「私の留学: 最初の一歩」~河本 雅(文藻外語大学)」です。

次のブログ記事は「「ジャポニズム2018」に参加して~吉田 美咲」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

ウェブページ