その他の最近のブログ記事

国際学部2年次生 栗林 千歌

私は201931日から37日までカンボジアでスタディーツアーに参加して来ました。このツアーはボランティアプラネットファーム(ボラプラ)が主催するNGO海外派遣ボランティアです

4FD46A86-299B-478D-8D9F-BF9CB4917248.jpeg

私は、夏の短期研修でフィリピンを訪れた時にストリートチルドレンの存在を知りました。しかし、私はその時子供達に何もできませんでした。その歯痒さが自分の中でずっと残っていて、帰国後、自分に出来ることは何かないかを考えました。その時にこの海外ボランティアの存在を知り、思い切って1人で参加することを決めました。 

出来るだけたくさんの子供達に寄付品を届けるために、大学にポスターを貼ったり、出発の1ヶ月前からSNSを利用して寄付品の募集を呼びかけました。すると、合計137点の寄付品が集まりました。キャリーケースの半分を使って全ての寄付品を現地へ持って行きました! 

ボランティア活動では、孤児院を訪問しました。私達が日本から持って行ったカレーのルーを使って子供達とカレー作りをしたり、折り紙や縄跳び、ボールなどで子供達と遊んだりしました。また、別の日には日本のからの支援で建てられた小学校を訪問し、授業風景を視察したり、子供達と学校周辺のゴミ拾いをしたりしました。

孤児院の子供達

IMG_5750.jpg

IMG_6579.jpgIMG_6600.jpg

孤児院の子供と遊んでいる様子

IMG_6604.jpg

ボラプラのツアーは、ボランティアをするだけではなく、現地の歴史や観光地を周り文化を知るという活動もありました。現地の事を知る活動として、病院へ行ってカンボジアの医療状況を聞いたり、戦争博物館へ行ってカンボジア内戦で使用された武器や戦車、ミサイルや地雷について詳しく学ぶことができました。

戦争博物館

IMG_5718.jpegIMG_5722.jpg

IMG_5725.jpegIMG_5719.jpg

観光地を周り文化を知る活動では、いま日本人が海外で行きたいランキング1位のアンコールワットへ行ったり、天空の城ラピュタの舞台となった遺跡を訪れたり、サーカスを見に行ったり、歴史のあるお寺を訪れたり、地元民御用達のオールドマーケットやナイトマーケットにも行きました。

アンコールワット

Snapseed.jpg

天空の城ラピュタの舞台となったベンメリア遺跡

LRG_DSC01120.JPG

サーカス

LRG_DSC00976.JPG

オールドマーケット

LRG_DSC01055.jpeg

多くの経験ができた1週間。しかし、この経験をただの自己満足で私は終わらせたくはありません。私の役目はこの経験を沢山の人へ伝えることです。世界には、学校に行きたくても行けない。病院に行きたくてもお金がない。1日たった$3(日本円で約300)で生活している人達が山のようにいると言うことを多くの人に知ってもらいたいです。そして、自分に出来ることを考えてほしいです。自分の生活を見つめ返してほしいです。11人の小さな行動で命が救えるということを多くの人に知ってもらいたいと思います。

このブログを読んでくださった方が少しでも自分にできることを考えてくだされば幸いです。

Snapseed_1.jpg

「ジャポニズム2018」に参加して~吉田 美咲

| コメント(0) | トラックバック(0)

昨年8月から今年の1月までオランダに交換留学に行っていた吉田美咲さんですが、得意のダンスを活かしてフランスで開催されたイベントに参加をしました。大学生活以外のところでもこのように活躍する学生は本当に素晴らしいと思います。吉田さんからの今回のイベントレポートです。


外国語学部2年次生 吉田 美咲

日本とフランスの国交160周年を迎え、フランスでは昨年7月から日本の多様な文化を紹介する「ジャポニズム2018(文化庁主催)が開催されています。

Misaki France1.jpg

そのイベントの一つに参加するために、2019224日から31日までフランス・パリに行ってきました。公演は227日、28日の2日間、パリの日本文化会館で行いました。この2日間の公演は、障がい者の舞台芸術を伝えるイベントで、長崎の瑞宝太鼓さん、滋賀の湖南ダンスカンパニーさんと私の所属する大阪のジェネシスオブエンターテイメントの3グループが参加しました。

Misaki France2.jpg

私が所属するジェネシスオブエンターテイメントは、車椅子ダンスを通じて障害のある人とない人が活動を「生きがい」から自分で生活を支えるための「職業」にしていくこと目指している市民活動団体です。大学に入った頃から、様々な公演会や学校公演(文化芸術による子供の育成事業)に参加してきました。 

今回初めての海外公演に出演したのは障がい者2人・健常者2人の計4人で、フランスに行くまで毎週何度もメンバーで集まり、どのようにダンスを表現するのかを試行錯誤しながら練習しました。パリ公演では、障害のある人とない人がペアになって踊るスタイルと障害のある人同士で踊るスタイル、4人で踊るコンテンポラリーダンスの計9曲披露しました。

224日 関西空港よりパリに向けて出発。

Misaki France3.jpg 本人後列左端

225日 公演参加者全員でフランス日本大使館へ表敬訪問させていただきました。

226日 リハーサルと打ち合せ。

227日 ゲネプロ(本番前通し)と本番1日目。

Misaki France4.jpg

平日公演のため、20時から公演が開催されました。1日目の公演は、様々なアクシデントや失敗があり、メンバー全員が納得のいく踊りができませんでした。

228日 本番2日目。

昨日の失敗を乗り越え、一人一人が納得のいく踊りを披露することができました。全員が後悔なくパリ公演を終えることができました。

Misaki France5.jpg

今回のイベントに参加したことで、様々な人に出会うことができました。瑞宝太鼓、湖南ダンスカンパニーと一緒に一つの舞台を作ることができ、ダンス以外の場面でも学ぶことがたくさんありました。たくさんの人に支えられてフランスに行くことができ、障がいを持つ人々と関わり、障がいを越えて一つのものを作り出すことができました。このような素敵な経験をすることができ、本当に感謝しています。

香港理工大学サマースクール2016~外間睦常

| コメント(0) | トラックバック(0)

経営学部4年次生 外間 睦常

よし、香港、行こう!

昨年5月に バンコク大学での10カ月間の交換留学を終え、次に香港理工大学でのSummer Schoolに参加しました。

・天国バンコクから、地獄へ。

週に4日、 朝は9:30〜12:30、昼は2:30〜5:30の間で授業は行われました。このサマープログラムには前期と後期があり、それぞれ2つずつ、計4つ授業を履修することができます。私はビジネスの講義を2つとデザイン、料理の講義を1つずつ履修しました。授業の難易度は教授により大きく異なります。共通して言えることは、どのクラスにも英語を苦手としている人はいませんでした。なので、英語ができない人にとっては地獄です。しかし、逆に圧倒的に英語力を伸ばせる環境でもあります。「居心地の悪い場所に身を置くこと」とはまさにこの事だと思いました。

 

HKPU Chikatsune.jpg 

・22ヵ国から来たクラスメートたち

 個性的な学生がたくさんいました。それまで一度も出会ったことのなかったブルネイ、カザフスタン、スイス、エチオピアからの学生を始め、偏りなく多国籍な学生で溢れていました。その環境は、互いの文化を尊重しあう良い雰囲気でした。私のルームメイトは30台半ばのフィンランド人でしたが、彼の年齢を気にする人など誰もいませんでした。日本から2時間という好立地ながら、多様な文化に触れることが出来るのが香港留学の1番の魅力だと思います。

HKPU Chikatsune classmate.jpg クラスメートたちと(本人右から2人目)

・渇きを潤す、休日

香港は都会と自然との距離が非常に近いです。通っていたキャンパスは都会のど真ん中に位置しながら、学校終わりには山へハイキングに行くことができました。加えて、日常的にサーフィンや登山、キャンプなどを楽しむことも出来ます。また、世界一安いミシュラン1つ星のお店など、有名なレストランが数多くあり、グルメを探求できる街でもあります。観光客に人気なビクトリアピークだけではなく、「100万ドルの夜景」を一望できる場所は多々あり、地元夜景スポットを探すのも楽しかったです。

HKPU Chikatsune food.jpgHKPU Chikatsune nightview.jpg

・最後に、香港理工大学で学んだこと!

クラスメートの英語力、学力が高すぎて、最初は付いて行くのに精一杯で(ほとんど付いて行けてなかった)大変でした。しかし!!!1ヶ月も経てば、、、、、もちろん、そんないきなり付いていける訳もなく、やはり、必死で聞き返す、聞き返されるを繰り返していました。そこで、考え方を変え、相手の英語レベルに合わして会話するのではなく、自分はこういう人間なんだ!ということを伝えるのに努力を費やすようにしました。そしたら、徐々にコミュニケーションが上手くいくようになり、ほぼ毎日行われたプレゼンテーションも余裕がでて、相手の感情を読み取り、そこから思いついた言葉で喋れるようになりました。英語レベルはまだまだ底辺ですが、これからも少しずつ成長出来たらなと思います。

就職基礎能力のためのワークショップ

| コメント(0) | トラックバック(0)
派遣留学生の準備コースでお世話になっている㈱エストレリータ 鈴木 信之社長が、今度はOGU学生のためにキャリアワークショップを開催してくださいます。以前にも紹介したように、鈴木社長は以前は大手企業の人事担当のお仕事をされていた経歴をお持ちで、今も、多くの学生にキャリアアドバイジングをされています。 「就職基礎能力のためのワークショップ」 日時:9月12日(月)~16日(金) 12:50~14:20/14:30~16:00 場所:02-B1-03 対象:全学年 定員:65名 ワークショップの主な内容: ● 就活戦略(何から始めれば?) ● 自己PR(モチベーショングラフと人事語翻訳) ● 面接対策(前日までに出来ること) ● 就活力(社会人基礎力やコンペテンシー面接って何?) ● 自己分析(4つの自己分析) ● 就活マナー(企業への連絡/当日) ● 企業研究(4つの研究視点) ● 人事の視点(各選考で見ているもの) ● スタンス(OB・OG訪問/合同企業説明会/内定後etc.) 見ての通り、1日2コマ×5日間の集中講座です。この集中講座はすべて無料!!OGU学生のみに与えられた特権です。 就職活動だけでなく、これからの大学生活をどう過ごしていくかのヒントを得られること間違いなしです。まだどんな仕事に就きたいのか分からない、自分が何がしたいのかもわからないという人たちにも、自分を見つめるのに役立つワークショップです。 一人でも多く参加してください! 申込み・お問い合わせは16号館2階のキャリアセンターまで。締切りは9月5日(月)午後5時ですが、早めに申込みしましょう!

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうちその他カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリはOGU卒業生です。

次のカテゴリは提携大学です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

ウェブページ